2022_08
25
(Thu)22:30

演奏会前のレッスンに参りました。

先日、阿部裕之先生のレッスンを受けに参りました。
9月4日のsalon classic芦屋でのソロ・リサイタルのリハーサル代わりとして、全体のプログラムを通して見て頂きました。


ほとんど注意はなく、細部の細かい気になる点だけ、レッスンされました。


モーツァルトやハイドンはよく弾けているとのことで、ブラームスはよく手の内に入っているでしょうしということで、ラヴェルはやはりオーソリティでいらっしゃるだけあり、いつもにましてお耳は厳しく、ソプラノがしっかり聞こえてくるようになど、デイテイユーは、前回テンポについてよく、考えるようレッスンを受けましたが、そのようなことを注意しながら、今回は仕上げて行き、特段何もおっしゃられませんでした。

とても速く弾いているピアニスト、演奏が多いように思いますが、この1ヶ月、自分で納得行くテンポ設定を行いました。


♪ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ♪
2022_06
21
(Tue)12:11

阿部裕之先生のレッスンにお伺い致しました。

京都市へ阿部裕之先生のご自宅へレッスンに来ています。

モーツアルト幻想曲、デユテイユーソナタ第3楽章、ブラームスラプソディー、グリーグのホルベアの時代からを見て頂きました。

突然さらう曲が増えました。練習の時間配分やバランスが大事。1曲だけ練習するときとは違って、細部を注意しつつ、あまり細かいことにこだわりすぎず、全体のバランスも大事。

立派なピアニストの方はたくさんいらっしゃいますが、リサイタルをレッスンするような先生をされる方は女性の方はやはり少ないのではないでしょうか。

ハイドンは、チェンバロのような軽いピアノの時代に作曲された曲。練習するには身体的負担はやはり少なく、頭脳労働。

ハイドンとデユテイユーは並行して練習していて、6月5日のコンサート前はハイドンだけに絞ったものの、以前やった曲を取り出してさらう時に、慣れた感じではなく、新鮮さを失わないことというご注意。いつも新鮮さが大切ですが、難しいことです。

モーツアルトの幻想曲は、幻想曲は元々どの形式にも当てはまらない曲に着ける便利のよい題名だったそうですが、即興性、断片というシューマンの幻想曲Op.17と同じ要素を感じます。

グリーグは元はピアノ曲ではないですから、テクニックをさらい直すだけではダメで、音楽的にもう一度組み立て直す必要があるかと思います。
こういうのと比べると、ショパンやリストの曲はテクニックを解決して練習し弾いただけで様になるところがあり、よく出来ているなあと思います。
デユテイユーは著作権保護期間内にある現代曲。現代曲は子どもの頃からとても好きですが、この曲にはフランスものの星か天体のような煌めきを感じます。
ブラームスは陰鬱とした感じ。ちょうど梅雨の時期の天候と相まっています。


皇帝コンチェルトを20代の頃独学で譜読みしました。テクニック的に弾くのはそれほど困難ではないものの、曲について理解することや、まとめることは独りでは不可能でした。この頃に見てもらえていたらなあと思います。
それほど内容の難しい曲です。

♫次回コンサートのお知らせ


【日時】2022年9月4日(日)14時開演(13時半開場)
【会場】Salon Classic (芦屋市東芦屋町3-9)
【コンサート名】谷真子ソロ・リサイタル
【入場料】 全席自由 ¥3,000(税込)

【プログラム】
モーツァルト  幻想曲 二短調 KV397
ハイドン ピアノ・ソナタ第59番 変ホ長調 Hob.ⅩⅥ/49
グリーグ 組曲「ホルベアの時代から」作品40

ラヴェル ソナチネ 
ブラームス 2つのラプソデイ 作品79
デュティユー ピア ノ・ソナタ 第3楽章 「コラールと変奏」

Mozart  Fantasie d moll KV397
Haydn Sonate Nr.59 Es dur ⅩⅥ/49
Grieg Aus Holbergs Zeit Suite Im Alten Stil Op.40

Ravel Sonatine
Brahms Zwei  RhapsodienOp.79
Dutilleux Sonate pour piano Ⅲ. Choral et Variations



【お問い合わせ先】
TEL 0742-46-2302 (谷)


♪ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ♪

2022_05
04
(Wed)14:45

チョソンジンによるコンサートオンライン視聴

20220504143522662.jpeg
20220504143520d17.jpeg


チョ・ソンジンのコンサートオンライン配信を視聴しました。

ラヴェルの夜のガスパール、ショパンのスケルツオ全曲などの、今年、ヨーロッパやアメリカなど全世界を回っているプログラムです。


がなり立てるのではなく、繊細な音で癒されます。

アンコールはショパンの革命エチュード。

番組終了後は、ラヴェルのソナチネ第2楽章がかかっていました。

愛らしい曲です。

私のCDには元はオーケストラのために書かれたピアノ編曲ヴァージョンのラヴェルのラ・ヴァルス la Valseが収められていますが、9月4日のsalon classic(芦屋)でのソロ・リサイタルではラヴェルのソナチネを演奏する予定にしております。


♪ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ♪



2022_03
20
(Sun)11:58

Seong-Jin Choインタビュー記事から。

Seong-Jin Cho 2020年1月25日ベルリンでのインタビューから。by Young-jin Hur.

パート2 視野を広げたマーラーの交響曲を聴くことについて


影響を与えた作曲家は、グスタフ・マーラーです。

最初に、マーラーの交響曲第1番のバーンスタインのCDを聴きました。

Deutsche Grammphon から、出ているDVDをよく聴いていました。

ピアノ音楽は人生とともにいつもあった。

たとえば、小学校に行くときも、ポータブル・プレイヤーを持ち歩いて、ツイメルマンのCDを聴いていました。

次に、マーラーの交響曲第2番を聴き始めました。

第7番と第8番は最も難しいと思います。

最近では、第9番を好んでよく聴いています。

数年前までは、第3番と第5番が好んでよく聴いていました。

マーラーの曲が直接ピアノに影響を与えるわけではないが、自分の視野を広げるのに役立っています。

例えば、ピアノ協奏曲を新しい方法でみるようになりました。すべてピアノパートだけでできているわけではなく、作曲家がオーケストラパートにソリストと同じようにオーケストレーションに費やしたかということです。
ショパンの協奏曲に限りません、ベートーヴェンのピアノ協奏曲など。

ソリストは木管楽器の副次的となるように、木管楽器が先導します。特に、オーケストラとソリストのハーモニーには注意しなければならない。それらは偶然ではなく作曲家が熟考したうえのことです。



♪小さい頃からよく音楽を聴いていることがわかります。

交響曲などは、ピアノ以外の楽器も出てきますから、ピアノの多彩な音色を広げるためにも役立つでしょう。

自分自身は、小さい頃から、演奏する方も聴く方もアンサンブルがとても好きでした。

特にピアノ曲(器楽曲)には、歌詞がありません。(練習を積めば積むほど、指の動きだけになってしまいかねません。)
そこで、自分は、オペラからは、文学作品と音楽の結びつき、ピアノ曲に内包するドラマ性について学びました。
ヴェルディのオペラマクベスのミラノ・スカラ座を聴きに行ったりしたわけです。
オペラにおける台本と原作の違いについては、隣国京都大学イタリア文学の女性の若い先生が東京音大に来られていたので、聴きにいきました。





鳥肌が立ったのはいうまでもありません。


The Metropolitan Operaウクライナ祈りのコンサートでは、一億円に値する旋律は見つけられましたでしょうか。
リヒャルト・シュトラウスの45分40分を過ぎたあたりの弦楽器ソロから声楽へ受け渡すところでしょうか。


♪ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ♪
2022_03
07
(Mon)23:20

レッスンへお伺い致しました。

定期的にお伺いしているレッスン、阿部裕之先生のレッスンへお伺い致しました。

前日は、発表会があったため、練習できていませんが、朝リハーサルの前と、お昼時間にサロンのピアノを借りて練習していました。

ホテルに泊まって地方都市から東京芸術大学や桐朋学園大学、東京音楽大学へ行くとなると、前日は、ホテルに泊まって近くの楽器店での練習室確保の争奪戦になるわけですから、このような感じは慣れています。

デュティユーのソナタ第3楽章コラールと変奏は、少し暗譜に取り掛かっています。

阿部先生の解釈は、冒頭はどっしりした門構えで、テンポが揺れないように、確固としてテンポで、長い音を切って弾く人もいますが、手を抑えて弾いた方がよいなどのご注意です。

あとは、ハイドンのソナタは、聴衆を飽きさせないため、楽しませるために意図して作られた転調や、仕掛けのように隠れているテーマなどをよく探すこと、モーツァルトの幻想曲ニ短調は暗譜をして、オペラのようなドラマ性を持つ凝縮された内容を持つファンタジーです。


♪ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ♪


2022_03
04
(Fri)22:03

no music

2007年か2008年位に、ウイ-ン国立音楽大学の先生のレッスンを受けに池袋にいたときに、隣のroomで、ウイ-ンフィルの方たちが、リハーサル兼練習していらっしゃったのです。

ホ-ルで、聞くと、日本公演では、ドイツもののプログラムが多く、歴史的なものもあると思いますが、ラフマニノフは、あまり聞かないなあと思ったのですが、昨日のアメリカ公演でのallラフマニノフプログラムを聞いて、どこかで聞いたことがあるなあと思っていたら、今日午前中ふと思い出し、この練習の時の響きでした。大味で、ダイナミック。ウイ-ンフィルというと、この時のイメージがあります。

ウイ-ン国立音楽大学の先生と、受講生の方そのほかで、そのあと日本食刺身を食べに行きました。


https://www.wqxr.org/
ウイーンフィルアメリカCarnegie hallでの公演、ウクライナ戦争により、ゲルギエフ指揮マツーエフピアノ代役により、Yannick Nézet-Séguin指揮、 Seong-Jin Choピアノの演奏、ラフマニノフピアノ協奏曲第2番に続いて、ラフマニノフ交響曲第2番も美しいです。

チョ・ソンジンのインタビューを聞いてみましたが、前日打診代役演奏で、急遽、ほとんど練習もなしに暗譜で演奏することなったわけですが、2019年以来弾いていないそうで、どのようにいつでも弾ける状態にしているかについての質問については、長年の努力の結果、獲得したもので企業秘密であり、おそらく、教えてはくれないだろうとは思っておりましたが、アメリカでの取材インタビューでも聞かれていましたが、一度オーケストラと合わせたことがあるのでラッキーでしたと答えただけした。

過去に練習についての簡単なインタビューが出てきましたが、指の練習は特別なことはほとんどしないそうです。プログラムの曲を4時間ほど、練習するので今は、充分なのだそうです。

練習とは、指の練習ではなく、よく聞き、作曲家が何をその音に込めたのかよく考え、イメージし、スコアを細部までよく読むことだそうです。それで、指揮者の勉強方法が話に出てきたのです。指揮者はスコアを読むときに、no music 音を出さない、それと同じと答えていました。

普段弾ける曲としてのレパートリー曲も無数にあるでしょうから、世界ツアーを回りながら、現在のプログラムと、次の新しいプログラムの開拓と準備、に加えて過去のレパートリーをいつでも弾けるよう練習しておくのは、並大抵の努力ではできません。

少ない時間で全部を細かくは練習できないですから、また、それでは、耳と身体が疲れてしまう。

結論は、弾いていないときでも、いつでもスコアを眺めているのではないかと思います。
練習していなくても、楽譜は頭に入っていて、映像として楽譜が頭の中に映し出されて、本番もいつでも弾けるということですね。
テクニック的な練習は一度本番をやったことのある曲は、練習してあるわけですから。

ピアノを使わない方法で、何か練習方法があるかなと探っていたのですが、今回は、チョ・ソンジンの練習方法について、調べてみました。

私自身は、練習時間以外は、楽譜だけを眺めるということはほとんどしません。
ピアノを使って、練習している方が、まだ、練習している感があり、練習していないという罪悪感がなく、また、運動的な側面での練習が勝ってることも多いと思います。音を出さないで、スコアを読んで練習するというのは、ピアノで弾いて練習するときよりも、もっと、細部まで、集中していないと、効果がないと思います。重労働の頭脳労働ですね。

また、女性ピアニストと男性ピアニストでは、筋・腱の強さが違いますから、女性の方がやはり、練習量・時間は必然的に多くなるでしょう。


♪ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ♪

2022_03
02
(Wed)10:13

WQXRライブ放送中です。

https://www.wqxr.org/

朝10時より、代役として出演したウイーンフイル、チョ・ソンジンによるラフマニノフピアノ協奏曲第2番が放送されます。

ただいま、放送中です。


Encore was tchaikovsky The seasons  "October".
amazing performance!

数時間の間に、どうやって移動したのかについての質問については、マネージャーと食事していたらpm7時頃アメリカのマネージャから電話がかかってきて、演奏会キャンセルとレパートリーについてのデイスカッションを行った。ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番でないといけないので、OKした。hometown で10時頃まで練習して、ロビーで練習して、飛行機に飛び乗った。

そのようなインタビューで話しています。細かいところは、間違っていたらごめんなさい。Entschuldigen Sie!

2019年以来の演奏会で、今回弾けたのは、ラッキーでした。





♪ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ♪
2022_02
09
(Wed)15:36

レッスンを受けに行きました。

阿部裕之先生のレッスンを受けに参りました。

ハイドンのソナタ変ホ長調,デュテイユ-ソナタコラールと変奏、モ-ツアルト幻想曲を見て頂きました。
9月4日のsalonclassic芦屋でのリサイタルの出来上がったチラシをお渡し致しました。


ハイドンについては、第1楽章は休みが多く休符について、その間のとり方。
第2楽章は緩徐楽章であるため、ゆったりしているが、その歌わせ方。第3楽章は、可愛らしいメヌエット。

ミュンヘン音楽大学クラウス・シルデ教授のレッスンを旧日本ベーゼンドルファー東京中野ショールームまで受けに行きましたが、
その後、ドイツの弟子一覧を紙に書いて下さり、調べたり、後は、偶然関西に来られることを知り、ある女子大学へ追いかけて講座を聴きに参りましたが、ハイドンの後期ソナタについての講座でした。

ハイドンの楽譜のスタッカート表記の書き方には独自の特徴があり、その奏法について研究されている資料からのお話でした。
是非、現地でお習いしたいものでしたが、日本ベーゼンドルファーの倒産となり、レッスンはそれきりとなってしまい残念です。

ドイツ留学するなら、大学では弟子について、ミュンヘンの自宅で見て下さるとおっしゃって下さいました。


デュテイユ-は、楽譜に書いているテンポは、速すぎるそうです。

現代曲ですので、歴史的にはバッハやモーツァルトと比べると、新しい時代の曲です。

こちらは、まずはよく練習するしかないとのこと。

モ-ツァルトは、短いが、内容のある曲。オペラのような要素を持つ曲です。

220121_CA740_谷真子_ピアノリサイタル_A4_omote_02


IMG_20220207_171112.jpg
IMG_20220207_171118 (1)


♪次回コンサートのご案内

2022年9月4日(日)13:30開場 14時開演
谷真子ソロ・リサイタル
salon classic
芦屋市東芦屋町3-9


【Programm】

Mozart  Fantasie d moll KV397
Haydn   Sonata No.59 Es dur Hob. ⅩⅥー49
Grieg   Holberg-suite Op.40 "Aus Holbergs Zeit"

Ravel     Sonatine
Brahms    Zwei Rhapsodien Op.79
Dutilleux  Sonata Ⅲ Choral et Variations


♪ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ♪


2022_02
01
(Tue)19:49

阿部裕之先生のレッスンにお伺い致しました。

先月、阿部裕之先生のレッスンにお伺い致しました。
ハイドンのソナタ変ホ長調デュテイユーのソナタ第3楽章、モーツアルト幻想曲ニ短調を見て頂きました。
演奏会後のまた新たな取り組みです。
デュテイユーは、分析も大切だが、弾くのには追い付かないねともおっしゃっておられて、ピアニスト的視点と作曲学的視点に差異があることを思い出し、感覚・感性と理論・アナリーゼの両者のバランスが大事だと思います。
ハイドンは、追いかけるテーマを急がずに、ハイドン特有のユーモアを表現するなどの内容でした。
モーツァルトの幻想曲は元はソナタの前奏曲として書かれ、未完に終わっており、最後の部分は他の作曲家が付け加えたものだと楽譜にも書かれています。

カンフェティより、9月4日の芦屋salon classicでの、リサイタルのチラシの校正確認メールが来ていたので、校正作業を行いました。
出来上がったら、印刷にまわり、届きます。

年末に、訪ずれた東京のイタリア高級食材専門店で購入したおみやげを持って参りました。
イタリアの香りのする雰囲気は私にとってはレッスンを受けていた環境から当たり前でしたが、イタリア本場のお菓子にやはり驚いておられました。
268312705_997209740827203_3918618354703901211_n.jpg

2022年9月4日(日)13:30開場 14時開演
谷真子ソロ・リサイタル
salon classic
芦屋市東芦屋町3-9


【Programm】

Mozart  Fantasie d moll KV397
Haydn   Sonata No.59 Es dur Hob. ⅩⅥー49
Grieg   Holberg-suite Op.40 "Aus Holbergs Zeit"

Ravel     Sonatine
Brahms    Zwei Rhapsodien Op.79
Dutilleux  Sonata Ⅲ Choral et Variations


♪ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ♪
2021_12
25
(Sat)12:07

Beethoven Missa solemnis


一昨日と昨日、朝日カルチャーセンター新宿教室のオンライン講座でお勉強しました。(講師:茂木大輔先生)

テーマは、Beethovenベートーヴェンの荘厳ミサ ミサ・ソレムニスMissa solemnisです。


代表的なミサ曲です。

音楽大学での音楽史の授業(講義)で聴いて以来、虜になっている曲です。モーツアルトのハ短調ミサ。バッハのような、モーツアルトのような、宗教曲です。



レクイエム=とは死者のための追悼ミサ。



昨日、講座解説付きで、聴いたベートーヴェンのミサ・ソレムニスです。




次回講座はこちら。→
https://www.asahiculture.jp/course/shinjuku/38801fe5-c5c2-2801-183e-6166bc3a6fab

12月27日までのお申込みで、10%の早割だそうです。
お申込みは、どうぞお早めに。

2022年9月4日(日)
谷真子ソロ・リサイタル
salon classic芦屋

【Programm】
Grieg   Holberg-suite Op.40 "Aus Holbergs Zeit"
Mozart  Fantasie d moll KV397
Haydn   Sonata No.59 Es dur Hob. ⅩⅥー49

Ravel     Sonatine
Brahms    Zwei Rhapsodien Op.79
Dutilleux  Sonata Ⅲ Choral et Variations 


♪ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ♪

2021_12
24
(Fri)07:00

Merry Christmas.

202112231437197f9.jpeg
20211223143720ad0.jpeg

Bーtech Japan osaka より、クリスマスカードが届いております。

写真にあるピアノ内部の銅の色は、ベーゼンドルフアーピアノの特徴を表す色です。

ピアノは楽器の王様。王者のように光り輝いています。



fc2blog_20200720163543bfd.jpg


img_p114.gif


【収録曲】Franz Schubert Impromptus Op.90-2.3.4
Bach=Busoni Chaconne
Cloude Debussy Images Ⅰèrie
1.Reflets dans l'eau
2.Hommage à Rameau
3.Mouvement
Maurice Ravel La Valse
Maurice Ravel A la manière de... "Chabrier""Borodine"


【レコーディング】2020年2月12日(水)
【会場】B-techJapan Osaka Studio
【ピアノ】ベーゼンドルファーBösendorferインペリアル


2021_12
23
(Thu)12:26

YAMAHAのピアノの調律に来て頂きました。


YAMAHAC3の調律に来て戴いています。いつもこちらにも掲載しておりますYAMAHA神戸店の佐藤誠様。先日の11月23日の京都でのコンサートでも、調律を行っていただきました。

日々、ピアノ2台を管理しています。ウィ-ン製のベーゼンドルファ-の方は、夏は除湿機を回したり、気にかけています。

メンテナンスにもそれなりの費用がかかり、10年経つとピアノの内部の弦とハンマーを総入れ替えのオ-バ-ホ-ルを行っています。

ヤマハの方はオ-バ-ホ-ルを行うなら、新品を買い替えたりする方がよいということもあるようですが、ベーゼンドルフア-の方は、木がイタリア製で、よい木だということで、六年ほど前に初めて内部の部品のみ交換しました。

2021122313174072c.jpeg

2021122313174208d.jpeg

20211223131027ee9.jpeg

お仕事された内容はこちらです。
20211223131110cc0.jpeg

2022年9月4日(日)
谷真子ソロ・リサイタル
salon classic芦屋

【Programm】
Grieg   Holberg-suite Op.40 "Aus Holbergs Zeit"
Mozart  Fantasie d moll KV397
Haydn   Sonata No.59 Es dur Hob. ⅩⅥー49

Ravel     Sonatine
Brahms    Zwei Rhapsodien Op.79
Dutilleux  Sonata Ⅲ Choral et Variations 


♪ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ♪
2021_12
22
(Wed)23:45

Hakujuホールへコンサートを聴きに行ってきました。-②

12月12日のコンサートが終わった後も、あまり、relax出来ず、ますます緊張感が高まりました。

こちらのコンサートを聴くためです。

プログラムがBeethovenということもあると思いますが、クラシックのコンサートを聴きにいくということは、やはり正座をして、折り目正しく聴くところがあるように思います。

268763892_4858039910926225_6310167178805786268_n.jpg

265113021_4858040104259539_6521191017124677918_n.jpg

↑チラシはこちら。


Hakujuホールでは、Beethovenのチェロソナタ第5番(迫 昭嘉 ピアノ ・ 向山佳絵子 チェロ)と、二台ピアノによるBeethovenの第九を聴きました。

前半は、Beethovenのチェロソナタ第5番。salon clasicのオーナーの方からベルギーのチェリストの方をご紹介いただき、ベートーヴェンのチェロソナタ5曲を全曲取り組んで、全国あちこちで弾いたらよいのにと勧められておりました曲です。チェリストの方にとっては、聖書のような曲だそうです。


第5番は、Beethovenの人生の中でも後期に分類される曲です。

調性は、第1楽章ニ長調、第2楽章ニ短調、第3楽章ニ長調と回帰し、陰影が感じられました。


第3楽章は、難解なフーガによる書法で、先日、演奏致しましたブラームスのラプソディーと同じく、曲の終結に向かって山を登っていくような曲でした。眼科医のピアニストの方が弾いておられたのを以前聴きましたが、今回のコンサートでは、模範演奏のような演奏でした。

後半は、Beethovenの第九交響曲の二台ピアノ版(共演 江口 玲 ピアノ)。


Hakujuホールは、会場の座る椅子が、リラクシングチェアを配置している有名なホールです。長時間座っていても、全然疲れません。前半はrelaxして聴くことができ、こちらは、圧巻の演奏。


曲の冒頭は、当日のプログラム解説にもある通り、短調か長調か判別しえない原始霧的な響きで始まります。


第3楽章は、美しく、第4楽章が、一瞬、間をおいて、開始しました。息の長いコラールでは、chopin国際コンクールで出場していたイタリア陣のピアニストの方々のように、歌のようで、一緒に歌えるような音楽(ピアノ)でした。(マスクをしていたため、息苦しくなりそうでしたが、それくらい一緒に歌える音楽でした。)

ピアノでは、珍しいことです。


暗い調性は、いつの間にか、ニ長調へ変わり、歓喜の歌へと、変わりました。歓喜をあらわすかのような二台ピアノによる音の洪水、Beethovenは、こんなにフーガをバッハのように緻密に書いていたかなと思わせるフーガ書法も、誰が聴いても美しく響きテーマが何層にも積み重なっていき、最後は、リストを思い起こさせるリストのオクターブのパッセージで、圧巻の内に幕を閉じました。


満席のお客様は、今回は女性の方が多かったですが、割れんばかりの拍手。私も思わず、大きな拍手をお送りさせて頂きました。

帰りは、東京駅で、再び、Eataly丸の内店で、パリパリの香ばしいパンと、おいしいサラミの入ったパニーノを頂き、帰りました。

関西ー東京の往復新幹線でレッスンを受けていた時は、新幹線に長時間座り、レッスンでも座っているので、帰りの名古屋駅を過ぎたころには、座っていることがつらくなることが多くありましたが、Hakujuホールのリラクシングチェアのおかげで、当日、翌日も快適に過ごせました。

 
美しい写真入りの風景につられ、Venezia , Roma, Milanoのチョコレートを買いました。

268312705_997209740827203_3918618354703901211_n.jpg


イタリアのパスタの種類の多さに驚きました。イカスミ入りのパスタ、トマト入りのパスタ、ペンネ、フェットチーネ、ファルファッレ、あまり見かけない形のパスタなど。オリーブオイルも多種多様、バルサミコ、チーズも多種多様。



オンラインでも、全国から購入できるようです。



Masako Tani plays
Bach=Busoni,Schubert,Debussy,Ravel

fc2blog_20200720163543bfd.jpg

img_p114.gif

【収録曲】Franz Schubert Impromptus Op.90-2.3.4
Bach=Busoni Chaconne
Cloude Debussy Images Ⅰèrie
1.Reflets dans l'eau
2.Hommage à Rameau
3.Mouvement
Maurice Ravel La Valse
Maurice Ravel A la manière de... "Chabrier""Borodine"


【レコーディング】2020年2月12日(水)
【会場】B-techJapan Osaka Studio
【ピアノ】ベーゼンドルファーBösendorferインペリアル

【品番】RS-02003
【発売元】RAPT SOUND


img_p114.gif

CD購入はこちら!

【定価】1枚 \2,000(税込)

A.お電話でのお申込
button124.gif
TEL 0742-46-2302

B.HPでのご購入

♪CDご購入HP♪



♪ピアニスト谷真子公式サイト♪

2021_12
21
(Tue)23:00

Hakujuホールへコンサートを聴きにいってきました。

一昨日、Hakujuホールへ、「迫 昭嘉の第九vol.6」のコンサートを聴きに行って参りました。



なんとなく、行こうかなという話をしていると、練習室の防音室から出てくると、もうすでに、チケットを購入してきており、11月23日と12月12日のコンサートが続いていたので、relaxがてら、聴きにいくことにしました。



久しぶりの東京一日。



名古屋手前では、雪が降っていました。

267852150_997016430846534_8858423074922309760_n.jpg


丸の内線に乗り換え、銀座駅で下車、Eataly Tokyoにて、ランチ。

最近、東京にオープンしたばかりの、イタリア本場の高級食材店だそうです。

267726292_997033374178173_514640287715826968_n.jpg
268258185_997049317509912_8553903866060943675_n (1)



食後、食材をブラブラ見ました。多種のパスタや、ハム、おいしそうなチーズ、オリーブオイル、グリッシーニ、サラミ、プロシュート、チョコレート、イチジク、ヘーゼルナッツなどの多種類に及ぶビスケット類など、おいしそうな食材がずらりと並んでいました。イタリア人の朝食は、軽く、カプチーノとチョコレートだけと聞きました。そんな量で朝から仕事に力が出るの?と思いますが、ミラノ・コヴァで一度イタリア式朝食を試してみたところ、甘すぎないチョコレートとカプチーノで、甘い朝食が幸せな気持ちになります。



ヤマハ銀座へ寄りました。新しく出来たティーラウンジへ。

ライブもありました。
267979237_997050460843131_6096163593853056786_n.jpg
268420384_997051747509669_8328339085039804229_n.jpg
268904686_997050514176459_6646040349505275313_n.jpg

3階の楽譜売り場へも寄りました。品揃えは日本一。

267698925_1078870102953064_7572915255053678854_n.jpg



Hakujuホールへ着きました。



一時間ほど、休憩して、コンサートが始まりました。
267865743_997077614173749_8344029065554477301_n.jpg



Masako Tani plays
Bach=Busoni,Schubert,Debussy,Ravel

fc2blog_20200720163543bfd.jpg

img_p114.gif

【収録曲】Franz Schubert Impromptus Op.90-2.3.4
Bach=Busoni Chaconne
Cloude Debussy Images Ⅰèrie
1.Reflets dans l'eau
2.Hommage à Rameau
3.Mouvement
Maurice Ravel La Valse
Maurice Ravel A la manière de... "Chabrier""Borodine"


【レコーディング】2020年2月12日(水)
【会場】B-techJapan Osaka Studio
【ピアノ】ベーゼンドルファーBösendorferインペリアル

【品番】RS-02003
【発売元】RAPT SOUND


img_p114.gif

CD購入はこちら!

【定価】1枚 \2,000(税込)

A.お電話でのお申込
button124.gif
TEL 0742-46-2302

B.HPでのご購入

♪CDご購入HP♪



♪ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ♪







2021_12
15
(Wed)10:55

Brahms Zwei Rhapsodien Op.79

11月23日と12月12日のコンサートの合間に阿部裕之先生のレッスンにお伺い致しました。

ブラームスのラプソディーOp.79-1 Brahms Zwei Rhapsodien Op.79は、晩年筆がとれなくなってから、再び再起して書いた曲で、たびたび出てくるシンコペーションはその苦悩をあらわしてものではないかとおっしゃられていました。

中間部は、H durに転調し、天国のような美しい中間部です。

そのなかでも、中間部の最後より少し手前の小節で山があり、そのあとは高い山の裾野が広がっていくイメージだそうです。

音楽的に。



絵画的に。アルゲーニー山脈から、ロッキー山脈の最高地点だそうです。
IMG_20211213_100652 (2)

中学・高校で師事しておりました関孝弘先生のプライベートレッスン以外にもレッスンがあり、大学でのピアノ実技レッスンの中で、旅行をして感性を磨くことは大切よと宮原節子先生(フランス・アメリカ)がおっしゃられていて、そういう意味ではあなたは故郷があるから、旅行できるから良いわねとおっしゃって下さいました。

fc2blog_20200720163543bfd.jpg


img_p114.gif



【収録曲】Franz Schubert Impromptus Op.90-2.3.4
Bach=Busoni Chaconne
Cloude Debussy Images Ⅰèrie
1.Reflets dans l'eau
2.Hommage à Rameau
3.Mouvement
Maurice Ravel La Valse
Maurice Ravel A la manière de... "Chabrier""Borodine"


【レコーディング】2020年2月12日(水)
【会場】B-techJapan Osaka Studio
【ピアノ】ベーゼンドルファーBösendorferインペリアル




♪ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ♪
2021_08
01
(Sun)06:04

芦屋でのアンリヴァルダ先生のレッスン

アンリバルダ先生のレッスンを兵庫県の芦屋salon classicにて受けて参りました。

行き帰りも感染対策に気をつけながら。

素晴らしかったです。バルダ先生の演奏も素晴らしかったです。神秘のピアニストとのことで、秘境のような厳格でとても厳しいレッスンでした。

ラヴェルは、何層にも階段のようになっているから、要約して大切な音を探し出さないといけないとのレッスンでした。

東京の紀尾井ホ-ルで、リサイタルがあったようです。

通訳は秦はるひさん。朝早くからのレッスンでしたが、ピアノをお勉強していらっしゃる親子様やピアノの先生など、熱心な聴講生もいらっしゃいました。



20210731232205d06.jpeg

Masako Tani plays
Bach=Busoni,Schubert,Debussy,Ravel

fc2blog_20200720163543bfd.jpg

img_p114.gif

【収録曲】シューベルト即興曲Op.90-2,3,4,
バッハ=ブゾーニ シャコンヌ
ドビュッシー 映像第1集
ラヴェル ラ・ヴァルス
ラヴェル ボロディン風に、シャブリエ風に

【レコーディング】2020年2月12日(水)
【会場】B-techJapan Osaka Studio
【ピアノ】ベーゼンドルファーBösendorferインペリアル

【品番】RS-02003
【発売元】RAPT SOUND



img_p114.gif

CD購入はこちら!

【定価】1枚 \2,000(税込)

A.お電話でのお申込
button124.gif
TEL 0742-46-2302

B.HPでのご購入
♪CDご購入HP♪


収録曲目
106335192_346889906301009_9073169121223619077_n.jpg

profile
107072870_1215264335477123_8378889782355666591_n.jpg

CDを取り出すと私が撮影したプラハの写真が浮かび上がるデザインになっております。
107152705_980698532384045_9183563763591296852_n.jpg
(録音製作 瀬口晃平 RAPT SOUND)

profile

クラシック音楽を専門とするレコーディングディレクター。
2001年、株式会社ラプトサウンドに入社。
スタジオUSENでアシスタントエンジニアを経験後、2004年に退社して渡独。2年の研修期間を経て、ドイツ・ハイデルベルクにあるレコーディングスタジオ、Tonstudio van Geest社に入社。
Claves、ECM、Hänssler Classics、NAXOSなどのレーベルの依頼により、 シプリアン・カツァリス、シュトゥットガルト室内管弦楽団、ラ・プティット・バンド、アルボ・ペルト、エストニア交響楽団など、数多くのCD作品の制作を手掛ける。 レコーディング技術、デジタル編集を担当した、「マンハイマー・モーツァルトオーケストラ」のCD作品は、2011年ロサンゼルスで開催された、「グラミーアワード」にノミネートされた。



自宅に飾ってある絵:後藤昭弘画伯(建築家) ピアノを弾いている私の絵 CD表紙のジャケットの絵より
P1040829.jpg

後藤昭弘デザイン シャンデリア↓ウイーンロブマイヤー製 GTO Chandelier.長野オリンピックOfficial hotel 長野国際ホテル21ロビー/長野県花りんどう がモチーフ、高さ8メートル国内最大級シャンデリア。20数年前の作品です。
117627171_1001127803668557_3840474254463876767_o.jpg



ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2021_06
28
(Mon)20:15

阿部裕之さんのレッスンを受けに参りました。


今日は阿部裕之先生のレッスンへお伺い致しました。

Ravel のSonatineと、グリーグのホルベアの時代から、ブラームスの2つのラプソディーop.79です。

通して暗譜です。Ravel のSonatineは、Sonatineというタイトルの通り、曲を分析すると全曲を通してすべてが同じ音程が用いられ、全楽章を通して、一貫性が保たれていますが、(循環形式)、形式的・作曲学的に内容の詰まった作品ですが、あくまでSonatineという可愛らしさの中でということらしいです。

グリーグは、もとは弦楽合奏のための曲です。ネ‐メ・ヤーヴィーと、カラヤンのオーケストラ版のCDを持っているのでそれをよく聞いています。

美しい曲です。

ブラームスの2つのラプソディは訳すと狂詩曲。
ブラームスは北ドイツの出身で、ラプソディーの中に、北ドイツ特有の重苦しさも感じられます。
ケンプや、幼少の時の恩師のお弟子さんがドイツで習われていて、先生から勧められたドイツのシュヌア教授(CDにサイン入り)、アルゲリッチのCを持っています。
阿部裕之先生のレッスンでは、指任せに速く弾くというより、情感あふれる語り口の演奏のほうが良いよなどとアドバイス頂いています。

来月、フランスのアンリ・ヴァルダ先生のレッスンを受けることや、その会場をフランス音楽コンクールの審査会場で使って、いろいろなピアノを所持されており、素晴らしい会場などとお話しされていました。

20210628205644cf6.jpeg


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2021_06
09
(Wed)06:58

Ravel Sonatine

9月5日にミニコンサートで演奏予定のプログラムを練習しています。

ラヴェルのソナチネ第2楽章の暗譜作業。

阿部裕之先生の解釈では、メヌエットのテンポで、あまり遅くなく。バッハのメヌエットではゆったりした重々しい踊りというイメージがありますが、フランス人の近代に近いラヴェルの感覚はもう少し颯爽とした軽やかなイメージのようです。


最初はメゾスタッカートが付いているが、ペダルを一つずつ切って。


20210518210855fd1.jpeg


Plus lent →Reprenze peu a peu le Mouv.→A tempo→sans ralentirと速度表示が続きます。速くなるのか遅くなるのか、テンポの相互関係が、楽譜を自分で見ているだけではわかりませんが、Lentで一度かなりテンポを遅くして、次第にテンポが速くなっていき、元のテンポへ戻してということを書きたかったようです。

現代曲ですから、テンポの指示など、色々表記が多いですが、ラヴェルは特に細かく指示した作曲家だと思います。

弟子を取らなかったラヴェルが、唯一ぺルルミュテールが直伝にラヴェルから演奏の極意を教わったそうですが、テンポを正確にということを言われたそうです。

楽譜をよく読むと、テンポの指示が数小節ごとに刻々と変化する様に、書かれています。


5月25日ベルギー時刻20時からエリザベス王妃国際ピアノコンクールのフアイナルが行われました。
演奏会形式で1人1日ずつ。

パリ国立高等音楽院で勉強したフランス人が優勝されました。

現在、入賞者によるclosing concert piano2021が行われています。
色々なピアノ協奏曲が聴けます。


🎶🔔ベルギーブリュッセルにおいて、エリザベート王妃国際音楽コンクールピアノ部門が開催されました。

エリザベート王妃国際音楽コンクールHP公式サイト
Masako Tani plays
Bach=Busoni,Schubert,Debussy,Ravel

fc2blog_20200720163543bfd.jpg

img_p114.gif

【収録曲】シューベルト即興曲Op.90-2,3,4,
バッハ=ブゾーニ シャコンヌ
ドビュッシー 映像第1集
ラヴェル ラ・ヴァルス
ラヴェル ボロディン風に、シャブリエ風に

【レコーディング】2020年2月12日(水)
【会場】B-techJapan Osaka Studio
【ピアノ】ベーゼンドルファーBösendorferインペリアル

【品番】RS-02003
【発売元】RAPT SOUND


img_p114.gif

CD購入はこちら!

【定価】1枚 \2,000(税込)

A.お電話でのお申込
button124.gif
TEL 0742-46-2302

B.HPでのご購入

♪CDご購入HP♪

ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2021_05
01
(Sat)07:01

ブラームスラプソディop.79-1、2で受けたレッスンより

202104291451105a2.jpeg

・ただ静かなだけでなく、和声的に色が必要。cresc.は、espressivoで。
一番美しいところ。
20210429145114591.jpeg

・冒頭の主題が繰り返された後、最後のcoda。それまでの回顧のように。左手は、チェロのように響くように。

20210429145116a69.jpeg

Op.79-2(第2曲)から。
ドイツの巨匠ヴァルヘルム・ケンプの演奏は大変な名演だと思います。
のんびり感傷的に弾いていて、聴いて楽しむにはとても良いですが、演奏の参考にするには、現代のスピードの速さの中では、少しゆったり聴こえるかもしれません。


・流れるところは流れて。
中間部は目まぐるしく転調されているため、それが美しいところですが、

・大きいフレーズ(スラー)を見失わないで。

などです。

阿部裕之先生のご自宅でのレッスンから。
阿部裕之先生は、ペルルミュテールにご自宅でラヴェルを習われたそうです。


♪ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ♪


2021_04
28
(Wed)07:00

阿部裕之先生のレッスンにて

阿部裕之先生のレッスンから。

20210427223436851.jpeg
ブラームスのラプソデイ作品79-1、2から。

・最初は情熱を持って。冒頭の右手と5小節目の左手のメロディーを弾いてみて、同じような歌い回しで弾くと、左右が対応しているのがよくわかる。

・左手の旋律は響きやすいが、右手ももっと情熱的に。

・この曲の特徴であるシンコペーションと、付点のリズムをブラームスの後期の作品であることから、ブラームスらしい表現で。軽くなってしまわない。

・表現が平らになりやすいので、段階を追って音楽を山に持っていく。

20210427224200901.jpeg
↑シンコペーションのせめぎ合い。ブラームスの葛藤。

などのレッスンを受けております。

演奏会が中止になっていることを心配されていたようです。

CDご希望の方は、TEL 0742-46-2302または、♪CDご購入HP♪より、ご購入頂けます。

a_blt018.gif
CDのご案内

Masako Tani plays
Bach=Busoni,Schubert,Debussy,Ravel

fc2blog_20200720163543bfd.jpg

img_p114.gif

【収録曲】シューベルト即興曲Op.90-2,3,4,
バッハ=ブゾーニ シャコンヌ
ドビュッシー 映像第1集
ラヴェル ラ・ヴァルス
ラヴェル ボロディン風に、シャブリエ風に

【レコーディング】2020年2月12日(水)
【会場】B-techJapan Osaka Studio
【ピアノ】ベーゼンドルファーBösendorferインペリアル

【品番】RS-02003
【発売元】RAPT SOUND



ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ

2021_03
29
(Mon)22:53

阿部裕之先生のレッスンを受けに行きました。

今日は、阿部裕之さんがレッスンをされました。

受けたのは私です。

ブラ-ムスラプソディop.79-1.2と、ラベルソナチネ、グリーグのホルベアの時代からをレッスンされました。


グリーグは、ドイツロマン派に分類されるので、阿部裕之さんの味付けは華やかです。

20210329224439cea.jpeg
20210329224441824.jpeg


帰りには英国屋にてお茶してエネルギー補給しました。


先日のバッハ全曲演奏会のチケットを2枚なんとご招待頂いたので、ことづかっていた三國さんの焼き菓子をお持ち致しました。



♪ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ♪
2021_02
13
(Sat)19:42

ご連絡が取れました。

気になっていたことで、ある先生とご連絡が取れました。

京都市交響楽団の首席トロンボーン奏者でいらっしゃる岡本哲さんです。

ノートを付けているので、記録を探したら残っていました。

こちらの方は2011年に大和郡山市から来られた生徒さんですから、随分前です。

高校の吹奏楽の先生に音大を受験したいとご相談したら、先生をご紹介下さってということで、まず、ソルフエージュを始めるように言われてピアノの先生を探されて来られたのです。

音大を受験したいと先生に相談したら、まず、ソルフエージュも先生を自分で探してソルフエージュの勉強を始めて下さいと言われるそうで、時々、インターネットでご自分で探されて、ソルフエージュを見てほしいと相談をお受けすることがあります。

ピアノの先生が良いと言われることが多いようですが、理由を聴くと、ピアノの先生は課題が弾けるからということらしいのです。

ソルフエージュのご指導は、作曲の先生の分野のイメージがあるのですが、私が通っていた相愛音楽教室を思い起こせば、一つの授業に先生がダブルでつき、作曲の先生が指導され、ピアノの先生が課題を弾かれていたように思います。

中学や高校の吹奏楽部の先生に音大に進みたいと相談したら、先生を紹介して下さったというお話をよく聞きます。ここらへんでは、土地柄京都市交響楽団と言われたり、オーケストラで弾いている先生と言われます。ただ、オーケストラがすごい忙しいそうで、あまりレッスンがないというようなことも言われます。

私はピアノ一筋で音楽の道へ進みましたが、部活動は音楽部どころか、文化系も全く活動した経験がなく、教えるようになってから、オーケストラの演奏家の方が、中学校や高校の先生に相談したら、先生をご紹介してくださってレッスンされているということを知りました。

学校とは関係なく、個人で探すものと思っていましたので。

ただ、小さい頃から個人レッスンを積み重ねていないと、年齢が大きくなってからでは厳しいところもあるようです。

特にソルフエージュが出来ないと最終的には音大へ合格できませんから、まず、ソルフエージュをと先生方が言われるのも的を得ていると思います。

202102131940102a1.jpeg

こんな方でいらっしゃるそうです。


2021_01
17
(Sun)19:50

阿部裕之さんのレッスンで。

今日は、阿部裕之さんのレッスンで京都へ来ています。人足は少なめです。

レッスンは、ブラームスのラプソディーOp79,ラヴェルソナチネ、デテイユーソナタ第3楽章コラールと変奏、グリーグホルベア組曲のレッスンを受けました。

近現代曲の譜読みは苦にならないのですが、今弾いているデイテイユーは、弾けるようなるのが、大変難しい曲です。

ブラームスは、一般受けしやすいメロディーを持つ作品が多く、レッスンで阿部裕先生が言われることは学術的な内容のことが多く、納得させられます。

ブラームスラプソディーOp79-1の方は、シンコぺーションと、左右の交互のひしめき合うリズムが特徴で、速すぎると、それが聞き取れないとのことがあるというようなことをおっしゃっておられました。

パリでラヴェルの直系弟子であるペルルミュテールに全曲を習われて、ラヴェルのオーソリティでいらっしゃるので、ラヴェルのソナチネのレッスンでは、難解な楽譜を研究し尽くされて、手の内に入っておられるというような感じです。

デイテイーユは音の確認、グリーグのホルベア組曲は、もとは弦楽のために書かれた曲で、ピアノの楽譜の方が弾けるようになったら、ベルリンフイルアバド指揮のCDを最近聴き始めています。


さすが京都です。近隣にお寺がたくさんあるようですが、寒いのでまたにしようと思いました。


♪ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ♪


2020_12
21
(Mon)20:31

阿部裕之さんのレッスンへ行きました。

今日は阿部裕之さんのレッスンへ行きました。

グリーグのホルベルク組曲、ブラ-ムスのラプソディーと、ラヴェルのソナチネを見ていただきました。

昨日の発表会のプログラムをお見せし、一度見て頂いたクロマティックハ-モニカと共演したことをお話したところ、プロのハ-モニカの音をあまり聞いたことがないけど、とクロマティックハ-モニカの音に、ご興味をお持ちのような感じでした。

何回もお手本を演奏して下さり、素晴らしい美音のグリーグやラヴェルでした。




20201221205202538.jpeg

ベルギーで有名なレオニダスのチョコレートです。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

コンサート日程
2021年9月5日(日)
同志社同窓会館13時開演 closed concertになります。
【プログラム】 グリーグホルベアの時代から
 ブラームス 2つのラプソディーOp.79 ラヴェル ソナチネ



Masako Tani plays
Bach=Busoni,Schubert,Debussy,Ravel


fc2blog_20200720163543bfd.jpg

My new released CDs are now available for purchase on HP.

→CDご購入HP purchase site on HP

img_p114.gif

2002-00796-01 谷真子様 アップサイズ変更

【収録曲】シューベルト即興曲Op.90-2,3,4,
バッハ=ブゾーニ シャコンヌ
ドビュッシー 映像第1集
ラヴェル ラ・ヴァルス
ラヴェル ボロディン風に、シャブリエ風に

【レコーディング】2020年2月12日(水)
【会場】B-techJapan Osaka Studio
【ピアノ】ベーゼンドルファーBösendorferインペリアル

【品番】RS-02003
【発売元】RAPT SOUND


【定価】1枚 \2,000(税込)

A.お電話でのお申込
button124.gif
TEL 0742-46-2302

B.HPでのご購入
♪CDご購入HP♪


♫収録曲目
106335192_346889906301009_9073169121223619077_n.jpg

♪profile
107072870_1215264335477123_8378889782355666591_n.jpg

CDを取り出すと私が撮影したプラハの写真が浮かび上がるデザインになっております。
107152705_980698532384045_9183563763591296852_n.jpg

♪ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ♪
2020_10
26
(Mon)10:25

定期的レッスンメンテナンスへ



新しいCDをHPでもご購入頂けるようになりました。



→CDご購入ご予約お申込受付HP


発売予定日は11月15日です。

(谷真子公式サイトMail お問い合わせフォ-ムまたは、直接お電話の方でもお申込を承っております。)

106002538_3159355770809816_7873576474051557812_n.jpg


Masako Tani plays
Bach=Busoni,Schubert,Debussy,Ravel




fc2blog_20200720163543bfd.jpg
img_p114.gif
2002-00796-01 谷真子様 アップサイズ変更
【収録曲】シューベルト即興曲Op.90-2,3,4,
バッハ=ブゾーニ シャコンヌ
ドビュッシー 映像第1集
ラヴェル ラ・ヴァルス
ラヴェル ボロディン風に、シャブリエ風に
【レコーディング】2020年2月12日(水)
【会場】B-techJapan Osaka Studio
【ピアノ】ベーゼンドルファーBösendorferインペリアル
【品番】RS-02003
【発売元】RAPT SOUND

CD購入はこちら!
【定価】1枚 \2,000(税込)

A.お電話でのお申込
button124.gif
TEL 0742-46-2302

B.メールでのお申込

000m07111.gif→こちら

♫収録曲目
106335192_346889906301009_9073169121223619077_n.jpg

♪profile
107072870_1215264335477123_8378889782355666591_n.jpg

CDを取り出すと私が撮影したプラハの写真が浮かび上がるデザインになっております。
107152705_980698532384045_9183563763591296852_n.jpg
(録音製作 瀬口晃平 RAPT SOUND)
profile
クラシック音楽を専門とするレコーディングディレクター。
2001年、株式会社ラプトサウンドに入社。
スタジオUSENでアシスタントエンジニアを経験後、2004年に退社して渡独。2年の研修期間を経て、ドイツ・ハイデルベルクにあるレコーディングスタジオ、Tonstudio van Geest社に入社。
Claves、ECM、Hänssler Classics、NAXOSなどのレーベルの依頼により、 シプリアン・カツァリス、シュトゥットガルト室内管弦楽団、ラ・プティット・バンド、アルボ・ペルト、エストニア交響楽団など、数多くのCD作品の制作を手掛ける。 レコーディング技術、デジタル編集を担当した、「マンハイマー・モーツァルトオーケストラ」のCD作品は、2011年ロサンゼルスで開催された、「グラミーアワード」にノミネートされた。


~~~~~~~blog 「message」~~~~~~~

今日は阿部裕之先生の定期的レッスンへ行きました。ブラ-ムスのラプソディーとハイドンのソナタ変ホ長調と、クロマティックハ-モニカのデュオのピアソラとカッチ-ニのアベマリアも見て頂きました。


伴奏の方は、あまり馴染みのない楽器だけどとおっしゃり、簡単な味付けをしていただきました。ピアソラは、クラシックとそうでない境目の作曲家だそうです。
ブラ-ムスは後期の作品であることを意識しての情熱についてのレッスン受けました。

2020_09
26
(Sat)19:55

東京へ行く前に阿部裕之先生のレッスンを受けに京都市へ参りました。

a_blt018.gif新しいCDが発売中です。a_blt018.gif
この度、新しくCDを録音致しました。昨年6月秋篠音楽堂でのリサイタルでの曲目と同じプログラムをレコーディング致しました。フランス音楽とドイツ音楽が両方楽しめるCDになっていると思います。
収録は、B-tech Japan Osakaスタジオで、ピアノは、ウィーンのピアノのべーゼンドルファーインペリアルを使用しております。
どうぞ、お手に取られてお楽しみ頂けましたら、大変嬉しく存じます。



Masako Tani plays
Bach=Busoni,Schubert,Debussy,Ravel
fc2blog_20200720163543bfd.jpg
img_p114.gif
2002-00796-01 谷真子様 アップサイズ変更
Masako Tani
【収録曲】シューベルト即興曲Op.90-2,3,4,
バッハ=ブゾーニ シャコンヌ
ドビュッシー 映像第1集
ラヴェル ラ・ヴァルス
ラヴェル ボロディン風に、シャブリエ風に
【レコーディング】2020年2月12日(水)
【会場】B-techJapan Osaka Studio
【ピアノ】ベーゼンドルファーBösendorferインペリアル
【品番】RS-02003
【発売元】RAPT SOUND
img_p114.gif
a_ilst174.gif
a_blt018.gifCD購入はこちら!
【定価】1枚 \2,000(税込)
♪お電話でのお申込
button124.gif
TEL 0742-46-2302
♬メールでのお申込
000m07111.gif
こちら
(CDのご感想等もこちらから、お聞かせ下さい)
♫収録曲目
106335192_346889906301009_9073169121223619077_n.jpg
♪profile
107072870_1215264335477123_8378889782355666591_n.jpg
CDを取り出すと私が撮影したプラハの写真が浮かび上がるデザインになっております。
107152705_980698532384045_9183563763591296852_n.jpg
(録音製作 瀬口晃平 RAPT SOUND)
profile
クラシック音楽を専門とするレコーディングディレクター。
2001年、株式会社ラプトサウンドに入社。
スタジオUSENでアシスタントエンジニアを経験後、2004年に退社して渡独。2年の研修期間を経て、ドイツ・ハイデルベルクにあるレコーディングスタジオ、Tonstudio van Geest社に入社。
Claves、ECM、Hänssler Classics、NAXOSなどのレーベルの依頼により、 シプリアン・カツァリス、シュトゥットガルト室内管弦楽団、ラ・プティット・バンド、アルボ・ペルト、エストニア交響楽団など、数多くのCD作品の制作を手掛ける。 レコーディング技術、デジタル編集を担当した、「マンハイマー・モーツァルトオーケストラ」のCD作品は、2011年ロサンゼルスで開催された、「グラミーアワード」にノミネートされた。
自宅に飾ってある絵:後藤昭弘画伯(建築家) ピアノを弾いている私の絵 CD表紙のジャケットの絵より
P1040829.jpg
後藤昭弘デザイン シャンデリア↓ウイーンロブマイヤー製 GTO Chandelier.長野オリンピックOfficial hotel 長野国際ホテル21ロビー/長野県花りんどう がモチーフ、高さ8メートル国内最大級シャンデリア。20数年前の作品です。
117627171_1001127803668557_3840474254463876767_o.jpg
光に温かみがあり、綺麗なシャンデリアです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
♪blog 「message」
今日は、阿部裕之先生のレッスンで京都市へ来ました。
東京の恩師関孝弘先生のところへ、聴いて頂く曲を見ていただきました。バッハブゾ-ニシャコンヌと、Ravelのla valseと、Ravelのボロディン風にと、シャブリエ風にを見ていただきました。他には元々さらっていた新プログラムのブラ-ムスのラプソディーを見て頂きました。急遽さらったので忙しかったです。
阿部先生は、関先生の学生時代をご存じだそう。同じ東京藝大で、学年は上でコンクールによく出ていて、阿部先生がそれをよく見ていたそうです。
阿部先生がブゾ-ニ国際コンクール受けに行ったときも、一緒だったそう。日本に長くいなかったんじゃないかと言われておられましたが、私がお伺いしましたときは、ちょうど帰国された前後くらいでした。
関先生の芸大時代の先生、米谷治朗先生のこともご存じでした。芸大で先生を変わったんじゃないかなとか言われていました。阿部先生は堀江先生とおっしゃられるお若い先生に習っていらしたそうです。フオーレの記事を読んだことがございます。米ちゃんと呼んでいたそうで、バッハの暗譜を一小節ごとに飛ばしても弾けるように、暗譜出来るようにまでしないと駄目だと言われていたということで、きちっとした先生だそうです。東京音大に入った時も関先生ってすごい有名な人って、言っている人が多かったので、やはり東京でお小さい頃から有名なピアニストの方だと思います。ご自分でもそれがプレッシャーになり、イタリアに行って解放されて嬉しかったとよく言われていました。

卒業後の進路として、留学ということを関先生がヨーロッパで苦労されたことから、関先生を始め、あまり勧められませでしたが、安全な学校内に在籍して通うだけなら、まだ安全で良いかもしれませんが、音楽大学の場合は、大学ではレッスンを受けるだけで、若い時に、国内の音楽大学と同じく、国際コンクールを行脚して、色々な国へ受けに行かなければいけませんので、阿部裕之先生も国際コンクールを色々受けにいかれていたというお話をお聴きして、やはり身の危険と隣り合わせの大変な世界だと思いました。
今日も直帰です。
2020_09
05
(Sat)09:53

阿部裕之先生のレッスンで~録音に合わせたレッスン~

 先々週、阿部裕之先生のレッスンを受けに参りました。

CD宣伝のチラシと、演奏会のチラシをお渡ししたところ、喜んで見られていました。チラシは、カワイやジュージアの方にお渡ししていますとお話し、演奏会は来年の9月ですが、「はいじゃあ、来月5日にこれ(グリーグ)弾くのね」と言われていました。
 私の新しく発売のCDのご感想も頂戴致しました。「CDを聴きました。良く弾けて綺麗に録れています」とおっしゃって頂きました。編集が良くできているなあと思ってと言われていました。

 阿部先生には、レコーディング前には、コンクールや演奏会とは少し様子が違うということでレコーディングに合わせたレッスンを行なって頂きました。レッスンを受けていて、ある程度、予備知識があったお陰で、レコーディング当日もスムーズに録音を進めることが出来ました。主に指が(テクニック)が引っかかるところだけを指摘するというようなレッスンで、言われた箇所を、素早く直すというようなレッスンでした。普段のピアノレッスンとは違って細かく見てもらえないと思いましたが、録音当日も同じような感じでしたので、演奏会やコンクールの本番とは少し違うのだと感じました。阿部先生も編集を褒められていたので、良かったと思います。


♪新しいCDが発売中です。


CDご希望の方は、TEL0742-46-2302(谷)または、ピアニスト谷真子公式サイトconcert欄お問い合わせフォームへお申込下さい。



Masako Tani plays
Bach=Busoni,Schubert,Debussy,Ravel

fc2blog_20200720163543bfd.jpg

img_p114.gif

【収録曲】シューベルト即興曲Op.90-2,3,4,
バッハ=ブゾーニ シャコンヌ
ドビュッシー 映像第1集
ラヴェル ラ・ヴァルス
ラヴェル ボロディン風に、シャブリエ風に

【レコーディング】2020年2月12日(水)
【会場】B-techJapan Osaka Studio
【ピアノ】ベーゼンドルファーBösendorferインペリアル

【品番】RS-02003
【発売元】RAPT SOUND


img_p114.gif
CD購入はこちら!

【定価】1枚 \2,000(税込)

お電話でのお申込
button124.gif
TEL 0742-46-2302

メールでのお申込
000m07111.gif
こちら
(CDのご感想等もこちらから、お聞かせ下さい)

収録曲目
106335192_346889906301009_9073169121223619077_n.jpg

profile
107072870_1215264335477123_8378889782355666591_n.jpg

CDを取り出すと私が撮影したプラハの写真が浮かび上がるデザインになっております。
107152705_980698532384045_9183563763591296852_n.jpg
(録音製作 瀬口晃平 RAPT SOUND)

profile
クラシック音楽を専門とするレコーディングディレクター。
2001年、株式会社ラプトサウンドに入社。
スタジオUSENでアシスタントエンジニアを経験後、2004年に退社して渡独。2年の研修期間を経て、ドイツ・ハイデルベルクにあるレコーディングスタジオ、Tonstudio van Geest社に入社。
Claves、ECM、Hänssler Classics、NAXOSなどのレーベルの依頼により、 シプリアン・カツァリス、シュトゥットガルト室内管弦楽団、ラ・プティット・バンド、アルボ・ペルト、エストニア交響楽団など、数多くのCD作品の制作を手掛ける。 レコーディング技術、デジタル編集を担当した、「マンハイマー・モーツァルトオーケストラ」のCD作品は、2011年ロサンゼルスで開催された、「グラミーアワード」にノミネートされた。

自宅に飾ってある絵:後藤昭弘画伯(建築家) ピアノを弾いている私の絵 CD表紙のジャケットの絵より
P1040829.jpg
後藤昭弘デザイン シャンデリア↓ウイーンロブマイヤー製 GTO Chandelier.長野オリンピックOfficial hotel 長野国際ホテル21ロビー/長野県花りんどう がモチーフ、高さ8メートル国内最大級シャンデリア。20数年前の作品です。

117627171_1001127803668557_3840474254463876767_o.jpg
光に温かみがあり、綺麗なシャンデリアです。

fc2blog_20200829212208e12.jpg



♪ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ♪
2020_09
02
(Wed)21:35

野菜のテリーヌ

今日はおうちフレンチでした。
三國シェフの本から👨‍🍳。
母手製。









fc2blog_20200829212208e12.jpg

CDご希望の方は、TEL0742-46-2302(谷)または、ピアニスト谷真子公式サイトconcert欄お問い合わせフォームへお申込下さい。
a_blt018.gif
CDが新しく発売になりました。

Masako Tani plays
Bach=Busoni,Schubert,Debussy,Ravel
fc2blog_20200720163543bfd.jpg

img_p114.gif

【収録曲】シューベルト即興曲Op.90-2,3,4,
バッハ=ブゾーニ シャコンヌ
ドビュッシー 映像第1集
ラヴェル ラ・ヴァルス
ラヴェル ボロディン風に、シャブリエ風に

【レコーディング】2020年2月12日(水)
【会場】B-techJapan Osaka Studio

【ピアノ】ベーゼンドルファーBösendorferインペリアル
【品番】RS-02003
【発売元】RAPT SOUND



img_p114.gif

CD購入はこちら!

【定価】1枚 \2,000(税込)

お電話でのお申込
button124.gif
TEL 0742-46-2302

メールでのお申込
000m07111.gif
こちら


収録曲目
106335192_346889906301009_9073169121223619077_n.jpg

profile
107072870_1215264335477123_8378889782355666591_n.jpg

CDを取り出すと私が撮影したプラハの写真が浮かび上がるデザインになっております。
107152705_980698532384045_9183563763591296852_n.jpg
(録音製作 瀬口晃平 RAPT SOUND)

profile
クラシック音楽を専門とするレコーディングディレクター。
2001年、株式会社ラプトサウンドに入社。
スタジオUSENでアシスタントエンジニアを経験後、2004年に退社して渡独。2年の研修期間を経て、ドイツ・ハイデルベルクにあるレコーディングスタジオ、Tonstudio van Geest社に入社。
Claves、ECM、Hänssler Classics、NAXOSなどのレーベルの依頼により、 シプリアン・カツァリス、シュトゥットガルト室内管弦楽団、ラ・プティット・バンド、アルボ・ペルト、エストニア交響楽団など、数多くのCD作品の制作を手掛ける。 レコーディング技術、デジタル編集を担当した、「マンハイマー・モーツァルトオーケストラ」のCD作品は、2011年ロサンゼルスで開催された、「グラミーアワード」にノミネートされた。近年では、クラシック音楽番組『エンター・ザ・ミュージック』(BSテレ東 毎週土曜朝8時30分放送)の録音(音声担当)などを手掛ける。


♪ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ♪
2020_08
28
(Fri)16:43

ラヴェルソナチネ第2楽章から








先日レッスンを受けた阿部裕之先生のラヴェルのソナチネの解釈です。
少し早めのメヌエットで、ペダルの使い方や、見落としがちなテンポ表記について、アドバイスを受けました。


CDご希望の方は、TEL0742-46-2302(谷)または、ピアニスト谷真子公式サイトconcert欄お問い合わせフォームへお申込下さい。
a_blt018.gif
CDが新しく発売になりました。

Masako Tani plays
Bach=Busoni,Schubert,Debussy,Ravel
fc2blog_20200720163543bfd.jpg

img_p114.gif

【収録曲】シューベルト即興曲Op.90-2,3,4,
バッハ=ブゾーニ シャコンヌ
ドビュッシー 映像第1集
ラヴェル ラ・ヴァルス
ラヴェル ボロディン風に、シャブリエ風に

【レコーディング】2020年2月12日(水)
【会場】B-techJapan Osaka Studio

【ピアノ】ベーゼンドルファーBösendorferインペリアル
【品番】RS-02003
【発売元】RAPT SOUND



img_p114.gif

CD購入はこちら!

【定価】1枚 \2,000(税込)

お電話でのお申込
button124.gif
TEL 0742-46-2302

メールでのお申込
000m07111.gif
こちら
(CDのご感想等もこちらから、お聞かせ下さい)

収録曲目
106335192_346889906301009_9073169121223619077_n.jpg

profile
107072870_1215264335477123_8378889782355666591_n.jpg

CDを取り出すと私が撮影したプラハの写真が浮かび上がるデザインになっております。
107152705_980698532384045_9183563763591296852_n.jpg
(録音製作 瀬口晃平 RAPT SOUND)

profile
クラシック音楽を専門とするレコーディングディレクター。
2001年、株式会社ラプトサウンドに入社。
スタジオUSENでアシスタントエンジニアを経験後、2004年に退社して渡独。2年の研修期間を経て、ドイツ・ハイデルベルクにあるレコーディングスタジオ、Tonstudio van Geest社に入社。
Claves、ECM、Hänssler Classics、NAXOSなどのレーベルの依頼により、 シプリアン・カツァリス、シュトゥットガルト室内管弦楽団、ラ・プティット・バンド、アルボ・ペルト、エストニア交響楽団など、数多くのCD作品の制作を手掛ける。 レコーディング技術、デジタル編集を担当した、「マンハイマー・モーツァルトオーケストラ」のCD作品は、2011年ロサンゼルスで開催された、「グラミーアワード」にノミネートされた。


♪ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ♪
2020_08
28
(Fri)12:24

阿部裕之先生よりメールを頂戴致しました。





先日のレッスンで、阿部裕之先生より、CDのご感想について、感想を頂戴致しました。ありがとうございます。よく弾けて綺麗に録れていますと言って頂きました。
大変評判が良くてと申し上げたところ、編集がすごいなと思ってと感心されておられました。専門家の方は、聴かれるポイントが違うんだなと思いました。

編集されたラプトサウンドの瀬口晃平様その旨にメールでお伝えしたところ、「嬉しいお知らせありがとうございます。阿部先生にそのように言って頂き、嬉しい限りです」とご返事頂きました。その旨、阿部先生にお伝えしたところ、阿部裕之先生から、昨日、写真のメールにある通り、お返事頂戴致しました。

阿部裕之先生が録音されたラヴェル全集のCDを聴き、綺麗な音ですねと感想申し上げたところ、「CDは製作者の作品だから」とお話されていました。


瀬口さんは経歴で拝見すると、作られたCDがアメリカのロサンゼルスで開催されたグラミー賞にもノミネートされたことがあるそうです。
ドビュッシーの曲で、細かい他の鍵盤を少しかすったミスタッチがあるので、ミスタッチのないテイクに変えて欲しいと要望を出したところ、1回で綺麗に差し替えて下さいました。フランス🇫🇷ものは、ピアニストでも自分で弾いたことのない曲は聴音が難しいですが、なぜか分かられる方なのです。
これは静かなところで編集作業をしないと、仕事にならないだろうなぁと勝手に思ったのでした。

録音をご希望の演奏家の方は、是非、一度頼まれみてはいかがでしょうか。

瀬口様による録音は、TV放送では、明日土曜日朝8時半から、BSテレビ東京にて、エンターザミュージックという番組で、ご視聴頂けます。私もリアルで見たり、録画して見ていますが、普通のテレビでも、とても綺麗な音がします。
新しく発売のCDと、同じ録音による音源をTVでもお聴き頂けますので、どうぞご覧下さい。






9月には全日本学生音楽コンクールの審査のことでお話が出て、要項にもあるように、映像審査となるか、ホールでの実演審査となるかは、まだ、分かりませんが、どちらにしても、無観客で開催されるそうです。

全日本学生音楽コンクールの会場は、参加者の方の保護者の方や、お勉強のために、他の出演者の演奏を聴いている参加者や、お勉強のために聴きにこられているピアノの先生方も多く、熱気で溢れています。
伝統ある権威あるコンクールで、一流のピアニストの方が審査にあたられ、関西の各音楽大学の先生が審査されることもあり、受験同様、結果を見て、今後の進路の基準にされる方もいらっしゃるので、阿部裕之先生も、厳しい表情でお話されます。

関西に戻ってきまして、阿部裕之先生の元へレッスンに通うようになり、ピアノの先生としても、把握しておかないといけないコンクールだと感じ、毎年、日程をスケージュール帳に書き入れています。都合の合う時には、毎年、聴きに行っています。
予選から、大変、粒ぞろいのレヴェルの高いコンクールです。


ミニコンサート
【日時】2021年9月5日(日)13時
【会場】同志社同窓会館(大ホール)
【コンサート名】坂本清音先生(同志社女子大学名誉教授)をお招きして
【プログラム】グリーグ ホルベアの時代から、ブラームス 2つのラプソディーOp.79、ラヴェル ソナチネ
(こちらのコンサートは10名程のクローズドコンサートですclosed一般にはご入場頂けません)
【お問い合わせ】谷TEL0742-46-230


CDご希望の方は、TEL0742-46-2302(谷)または、ピアニスト谷真子公式サイトconcert欄お問い合わせフォームへお申込下さい。
a_blt018.gif
CDが新しく発売になりました。

Masako Tani plays
Bach=Busoni,Schubert,Debussy,Ravel
fc2blog_20200720163543bfd.jpg

img_p114.gif
【収録曲】シューベルト即興曲Op.90-2,3,4,
バッハ=ブゾーニ シャコンヌ
ドビュッシー 映像第1集
ラヴェル ラ・ヴァルス
ラヴェル ボロディン風に、シャブリエ風に

【レコーディング】2020年2月12日(水)
【会場】B-techJapan Osaka Studio

【ピアノ】ベーゼンドルファーBösendorferインペリアル
【品番】RS-02003
【発売元】RAPT SOUND


img_p114.gif
CD購入はこちら!
【定価】1枚 \2,000(税込)
お電話でのお申込
button124.gif
TEL 0742-46-2302
メールでのお申込
000m07111.gif
こちら
(CDのご感想等もこちらから、お聞かせ下さい)

収録曲目
106335192_346889906301009_9073169121223619077_n.jpg

profile
107072870_1215264335477123_8378889782355666591_n.jpg

CDを取り出すと私が撮影したプラハの写真が浮かび上がるデザインになっております。
107152705_980698532384045_9183563763591296852_n.jpg
(録音製作 瀬口晃平 RAPT SOUND)

profile
クラシック音楽を専門とするレコーディングディレクター。
2001年、株式会社ラプトサウンドに入社。
スタジオUSENでアシスタントエンジニアを経験後、2004年に退社して渡独。2年の研修期間を経て、ドイツ・ハイデルベルクにあるレコーディングスタジオ、Tonstudio van Geest社に入社。
Claves、ECM、Hänssler Classics、NAXOSなどのレーベルの依頼により、 シプリアン・カツァリス、シュトゥットガルト室内管弦楽団、ラ・プティット・バンド、アルボ・ペルト、エストニア交響楽団など、数多くのCD作品の制作を手掛ける。 レコーディング技術、デジタル編集を担当した、「マンハイマー・モーツァルトオーケストラ」のCD作品は、2011年ロサンゼルスで開催された、「グラミーアワード」にノミネートされた。近年では、クラシック音楽番組『エンター・ザ・ミュージック』(BSテレ東 毎週土曜朝8時30分放送)の録音(音声担当)などを手掛ける。


♪ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ♪
2020_08
23
(Sun)21:53

阿部裕之先生のレッスンにお伺い致しました。

fc2blog_202008041952572b3.jpg

今日は、阿部裕之先生のレッスンへ(京都市)お伺い致しました。
レッスンして頂きました曲は、グリーグのホルベアの時代から,ブラームス ラプソディーOp.79-1、ラヴェル ソナチネ、ディティユー ソナタ 第3楽章 「コラールと変奏」を見て頂きました。

先月お渡ししておりました新しく発売のCDのご感想も頂戴致しました。「良く立派に弾けていて、綺麗に撮れています。良く出来たCDです」とお誉め頂きました。
レッスンでも滅多に誉められない阿部先生ですから、珍しいことです。



昨年の秋篠音楽堂のリサイタルのDVDをお渡し致しました際には、「各曲の個性(キャラクター)をよく自己主張出来ていて、良く弾けています」とおっしゃって頂きました。
今回のCDでは、リサイタルと同じプログラムを収録致しました。ホールでライブで聴いているのと同じような感じでお聴き頂けるCDに仕上がっております。ご自宅でも、ホールで聴いているような感じで、お楽しみ頂けましたらと思います。



ミニコンサート
【日時】2021年9月5日(日)13時
【会場】同志社同窓会館(大ホール)
【コンサート名】坂本清音先生(同志社女子大学名誉教授)をお招きして
【プログラム】グリーグ ホルベアの時代から、ブラームス 2つのラプソディーOp.79、ラヴェル ソナチネ
(こちらのコンサートは10名程のクローズドコンサートですclosed一般にはご入場頂けません)
【お問い合わせ】谷睦子(同志社女子大英文科卒)TEL0742-46-2302


CDご希望の方は、TEL0742-46-2302(谷)または、ピアニスト谷真子公式サイトconcert欄お問い合わせフォームへお申込下さい。

a_blt018.gif

CDが新しく発売になりました。

Masako Tani plays
Bach=Busoni,Schubert,Debussy,Ravel

fc2blog_20200720163543bfd.jpg

img_p114.gif

【収録曲】シューベルト即興曲Op.90-2,3,4,
バッハ=ブゾーニ シャコンヌ
ドビュッシー 映像第1集
ラヴェル ラ・ヴァルス
ラヴェル ボロディン風に、シャブリエ風に

【レコーディング】2020年2月12日(水)
【会場】B-techJapan Osaka Studio
【ピアノ】ベーゼンドルファーBösendorferインペリアル

【品番】RS-02003
【発売元】RAPT SOUND


img_p114.gif
CD購入はこちら!

【定価】1枚 \2,000(税込)

お電話でのお申込
button124.gif
TEL 0742-46-2302

メールでのお申込
000m07111.gif
こちら

(CDのご感想等もこちらから、お聞かせ下さい)
収録曲目
106335192_346889906301009_9073169121223619077_n.jpg

profile
107072870_1215264335477123_8378889782355666591_n.jpg

CDを取り出すと私が撮影したプラハの写真が浮かび上がるデザインになっております。
107152705_980698532384045_9183563763591296852_n.jpg
(録音製作 瀬口晃平 RAPT SOUND)

profile
クラシック音楽を専門とするレコーディングディレクター。
2001年、株式会社ラプトサウンドに入社。
スタジオUSENでアシスタントエンジニアを経験後、2004年に退社して渡独。2年の研修期間を経て、ドイツ・ハイデルベルクにあるレコーディングスタジオ、Tonstudio van Geest社に入社。
Claves、ECM、Hänssler Classics、NAXOSなどのレーベルの依頼により、 シプリアン・カツァリス、シュトゥットガルト室内管弦楽団、ラ・プティット・バンド、アルボ・ペルト、エストニア交響楽団など、数多くのCD作品の制作を手掛ける。 レコーディング技術、デジタル編集を担当した、「マンハイマー・モーツァルトオーケストラ」のCD作品は、2011年ロサンゼルスで開催された、「グラミーアワード」にノミネートされた。

自宅に飾ってある絵:後藤昭弘画伯(建築家) ピアノを弾いている私の絵 CD表紙のジャケットの絵より
P1040829.jpg

後藤昭弘デザイン シャンデリア↓ウイーンロブマイヤー製 GTO Chandelier.長野オリンピックOfficial hotel 長野国際ホテル21ロビー/長野県花りんどう がモチーフ、高さ8メートル国内最大級シャンデリア。20数年前の作品です。
117627171_1001127803668557_3840474254463876767_o.jpg
光に温かみがあり、綺麗なシャンデリアです。


♪ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ♪
2020_08
21
(Fri)13:36

新しいマウスを購入致しました。

パソコンでブログを書くのにこれまで、ノートパソコンについている手動のマウスで操作していましたが、さすがに使いにくいので、新しいマウスを買いました。仕事のモチベーションが上がるよう、ピンク色です。黒だろうが、ピンクだろうが、こういうものの色に左右されませんが、気分だけでもピンク色です。





一日パソコン横に置いて使ってみて、目に飛び込んでくる色が鮮やかなピンク色なので、モチベーションが上がりました。
お洋服の色なども、気分に左右されますね。
ミニコンサート

【日時】2021年9月5日(日)13時
【会場】同志社同窓会館(大ホール)
【コンサート名】坂本清音先生(同志社女子大学名誉教授)をお招きして
【プログラム】グリーグ ホルベアの時代から、ブラームス 2つのラプソディーOp.79、ラヴェル ソナチネ
(こちらのコンサートは10名程のクローズドコンサートですclosed一般にはご入場頂けません)
【お問い合わせ】谷睦子(同志社女子大英文科卒)TEL0742-46-2302


CDご希望の方は、TEL0742-46-2302(谷)または、ピアニスト谷真子公式サイトconcert欄お問い合わせフォームへお申込下さい。

a_blt018.gif
CDが新しく発売になりました。

Masako Tani plays
Bach=Busoni,Schubert,Debussy,Ravel

fc2blog_20200720163543bfd.jpg

img_p114.gif

【収録曲】シューベルト即興曲Op.90-2,3,4,
バッハ=ブゾーニ シャコンヌ
ドビュッシー 映像第1集
ラヴェル ラ・ヴァルス
ラヴェル ボロディン風に、シャブリエ風に

【レコーディング】2020年2月12日(水)
【会場】B-techJapan Osaka Studio
【ピアノ】ベーゼンドルファーBösendorferインペリアル

【品番】RS-02003
【発売元】RAPT SOUND



img_p114.gif

CD購入はこちら!

【定価】1枚 \2,000(税込)

お電話でのお申込
button124.gif
TEL 0742-46-2302
メールでのお申込
000m07111.gif
こちら

収録曲目
106335192_346889906301009_9073169121223619077_n.jpg

profile
107072870_1215264335477123_8378889782355666591_n.jpg

CDを取り出すと私が撮影したプラハの写真が浮かび上がるデザインになっております。
107152705_980698532384045_9183563763591296852_n.jpg
(録音製作 瀬口晃平 RAPT SOUND)

profile
クラシック音楽を専門とするレコーディングディレクター。
2001年、株式会社ラプトサウンドに入社。
スタジオUSENでアシスタントエンジニアを経験後、2004年に退社して渡独。2年の研修期間を経て、ドイツ・ハイデルベルクにあるレコーディングスタジオ、Tonstudio van Geest社に入社。
Claves、ECM、Hänssler Classics、NAXOSなどのレーベルの依頼により、 シプリアン・カツァリス、シュトゥットガルト室内管弦楽団、ラ・プティット・バンド、アルボ・ペルト、エストニア交響楽団など、数多くのCD作品の制作を手掛ける。 レコーディング技術、デジタル編集を担当した、「マンハイマー・モーツァルトオーケストラ」のCD作品は、2011年ロサンゼルスで開催された、「グラミーアワード」にノミネートされた。


♪ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ♪
2020_08
07
(Fri)13:38

母のお誕生日プレゼント

fc2blog_2020080421045952a.jpg

今月は、母のお誕生日。家族で食事をされる方などもいらっしゃるようですが、そんなことはせず、ささやかなプレゼントを購入致しました。ウエジウッドの花瓶です。定番のウエジウッドカラーのブルーの装飾が施された花瓶はとても高く、またの機会に。

シンプルな陶器の花瓶です。

お花を少し飾るだけでも、元気が出ます。


117123669_693406177874229_5127967192563902437_o.jpg

116757239_693406211207559_2877675628963901278_o.jpg

117345623_693409937873853_1322116412642318007_o.jpg

fc2blog_2020080712353941a.jpg


CDご希望の方は、TEL0742-46-2302(谷)または、ピアニスト谷真子公式サイトconcert欄お問い合わせフォームへお申込下さい。

a_blt018.gif
CDが新しく発売になりました。

Masako Tani plays
Bach=Busoni,Schubert,Debussy,Ravel


fc2blog_20200720163543bfd.jpg

a_line012.gif

【収録曲】シューベルト即興曲Op.90-2,3,4,
バッハ=ブゾーニ シャコンヌ
ドビュッシー 映像第1集
ラヴェル ラ・ヴァルス
ラヴェル ボロディン風に、シャブリエ風に


【レコーディング】2020年2月12日(水)
【会場】B-techJapan Osaka Studio
【ピアノ】ベーゼンドルファーBösendorferインペリアル

【品番】RS-02003
【発売元】RAPT SOUND>


a_line012.gif
CD購入はこちら!
【定価】1枚 \2,000(税込)

お電話でのお申込
button124.gif
TEL 0742-46-2302

メールでのお申込
000m07111.gif
こちら


収録曲目
106335192_346889906301009_9073169121223619077_n.jpg

profile
107072870_1215264335477123_8378889782355666591_n.jpg

CDを取り出すと私が撮影したプラハの写真が浮かび上がるデザインになっております。
107152705_980698532384045_9183563763591296852_n.jpg
(録音製作 瀬口晃平 RAPT SOUND)

profile
クラシック音楽を専門とするレコーディングディレクター。
2001年、株式会社ラプトサウンドに入社。
スタジオUSENでアシスタントエンジニアを経験後、2004年に退社して渡独。2年の研修期間を経て、ドイツ・ハイデルベルクにあるレコーディングスタジオ、Tonstudio van Geest社に入社。
Claves、ECM、Hänssler Classics、NAXOSなどのレーベルの依頼により、 シプリアン・カツァリス、シュトゥットガルト室内管弦楽団、ラ・プティット・バンド、アルボ・ペルト、エストニア交響楽団など、数多くのCD作品の制作を手掛ける。 レコーディング技術、デジタル編集を担当した、「マンハイマー・モーツァルトオーケストラ」のCD作品は、2011年ロサンゼルスで開催された、「グラミーアワード」にノミネートされた。


♪ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ♪
2020_08
03
(Mon)11:46

北海道夕張メロンをお取り寄せしました。



北海道から夕張メロンをお取り寄せしました。
甘くて、美味しかったです。



先日頂いた桃は、イタリアンサラダと、コンポートにしました。


マスカルポーネと桃に、オリーブオイル、ペッパーをかけるだけです。



CDご希望の方は、TEL0742-46-2302(谷)または、ピアニスト谷真子公式サイトconcert欄お問い合わせフォームへお申込下さい。

a_blt018.gif
CDが新しく発売になりました。

Masako Tani plays
Bach=Busoni,Schubert,Debussy,Ravel


106002538_3159355770809816_7873576474051557812_n.jpg

購入はこちら!

お問い合わせ先 TEL 0742-46-2302

お問い合わせフォームはこちら

収録曲目
106335192_346889906301009_9073169121223619077_n.jpg

profile
107072870_1215264335477123_8378889782355666591_n.jpg

CDを取り出すと私が撮影したプラハの写真が浮かび上がるデザインになっております。
107152705_980698532384045_9183563763591296852_n.jpg
(録音製作 瀬口晃平 RAPT SOUND)


profile
クラシック音楽を専門とするレコーディングディレクター。
2001年、株式会社ラプトサウンドに入社。
スタジオUSENでアシスタントエンジニアを経験後、2004年に退社して渡独。2年の研修期間を経て、ドイツ・ハイデルベルクにあるレコーディングスタジオ、Tonstudio van Geest社に入社。
Claves、ECM、Hänssler Classics、NAXOSなどのレーベルの依頼により、 シプリアン・カツァリス、シュトゥットガルト室内管弦楽団、ラ・プティット・バンド、アルボ・ペルト、エストニア交響楽団など、数多くのCD作品の制作を手掛ける。 レコーディング技術、デジタル編集を担当した、「マンハイマー・モーツァルトオーケストラ」のCD作品は、2011年ロサンゼルスで開催された、「グラミーアワード」にノミネートされた。


♪ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ♪
2020_07
19
(Sun)13:05

お中元を買いました。





大丸梅田店より、お中元を購入致しました。
母へのプレゼントです。💐🎁🎀


ツルツルっと喉越しの良い稲庭うどんです。
CDの発送や宣伝を手伝ってくれている母へ感謝の気持ちを込めて。
仕事ならお給料がもらえるところ、ただで手伝ってくれているので。


CDご希望の方は、TEl0742-46-2302(谷)または、Mailフォーム
へお問い合わせ下さい。
a_blt018.gif
CDが新しく発売になりました。
Masako Tani plays
Bach=Busoni,Schubert,Debussy,Ravel

106002538_3159355770809816_7873576474051557812_n.jpg
購入はこちら!
お問い合わせ先 TEL 0742-46-2302
お問い合わせフォームはこちら
収録曲目
106335192_346889906301009_9073169121223619077_n.jpg
profile
107072870_1215264335477123_8378889782355666591_n.jpg
CDを取り出すと私が撮影したプラハの写真が浮かび上がるデザインになっております。
107152705_980698532384045_9183563763591296852_n.jpg
(録音製作 瀬口晃平 RAPT SOUND)
profile
クラシック音楽を専門とするレコーディングディレクター。
2001年、株式会社ラプトサウンドに入社。
スタジオUSENでアシスタントエンジニアを経験後、2004年に退社して渡独。2年の研修期間を経て、ドイツ・ハイデルベルクにあるレコーディングスタジオ、Tonstudio van Geest社に入社。
Claves、ECM、Hänssler Classics、NAXOSなどのレーベルの依頼により、 シプリアン・カツァリス、シュトゥットガルト室内管弦楽団、ラ・プティット・バンド、アルボ・ペルト、エストニア交響楽団など、数多くのCD作品の制作を手掛ける。 レコーディング技術、デジタル編集を担当した、「マンハイマー・モーツァルトオーケストラ」のCD作品は、2011年ロサンゼルスで開催された、「グラミーアワード」にノミネートされた。
ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2020_07
13
(Mon)14:56

CDの録音に当たって、御指導頂いた阿部裕之先生のレッスンを受けて参りました。


今日は、阿部裕之先生のレッスンでした。オンラインではなく、自宅レッスン。
デメルのお菓子と、ようやく完成したCDをお持ちしました。半年かかって完成。ジャケットを見られて、絵描いてもらったんだっけ?と、聞かれていました。(先生と同じ母校の東京藝術大学美術学部の後藤昭弘さんに描いて頂きました)

阿部裕之先生渾身のご指導のCD聴いて下さることと思います。どんな感想が頂けるでしょうか。レッスンでは辛口の阿部先生ですが、頑張りましたと労って頂きました。


107079670_677749132773267_8331716421794632262_o.jpg

レッスン御礼は3万円をお持ちしております。

a_blt018.gif
CD発売になりました。

Masako Tani plays
Bach=Busoni,Schubert,Debussy,Ravel


106002538_3159355770809816_7873576474051557812_n.jpg

購入はこちら!

お問い合わせ先 TEL 0742-46-2302
お問い合わせフォームはこちら

収録曲目
106335192_346889906301009_9073169121223619077_n.jpg

profile
107072870_1215264335477123_8378889782355666591_n.jpg

CDを取り出すと私が撮影したプラハの写真が浮かび上がるデザインになっております。
107152705_980698532384045_9183563763591296852_n.jpg

ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ




2020_06
30
(Tue)13:49

ラヴェルソナチネ

梅雨が続き、じめじめしたお天気で、外出もままならない状態なので、在宅で出来る事を続けています。
レッスンの記録としての保存のために、書いています。


先日、レッスンを受けた阿部裕之先生ラヴェルレッスンのソナチネのご注意を楽譜にPCで書き込んでみました。

・一段目
少しテンポを落として、左手のテヌートの音だけでなく、ソプラノも出すこと。

・二段目
赤丸を付けた音は左手で取ることが可能。その後も、4度の下降音型を大切に。

・四段目
前後の流れのつながりを大切に。

・五段目
左手の響きも大切、よく響かせて。


お散歩中に、見つけたお花。梅雨のうっとうしい天気を吹き飛ばすかのような清涼な紫。
106539914_878615642648219_4355189792099377335_n.jpg

ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2020_06
28
(Sun)09:00

ラヴェルソナチネ


先日、ラヴェルのオーソリティでいらっしゃる阿部裕之先生にラヴェルソナチネのレッスンを受けました。


♫ラヴェルの指示により、テンポがよく変わるので,テンポの統一が取れるよう


🎶この曲の冒頭のテーマは、展開形による4度音程の下がる音型がいつも出てくるので、それに注意する
などが、この曲の重要な注意するところとのことです。


👆1小節目
冒頭の4度下降によるフア~ド~の有名な始まりは、in Tempoでなくても、少しルバートしても良いとのことでした。
しかし、あまり遅すぎると年よりくさくなるとのこと。

👆3小節目
ppによる繰り返しは、左手のペダル(ウナコルダ)を使って、音色を変える


👆9~11小節目
強さを2段階に渡って、変えて行くこと。途中で、しぼんでしまわず、fになった後も、急にゆるまず、第12小節のRall.(ラレンタンド)で、次第にゆっくりすること。


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2020_06
08
(Mon)10:37

オンラインで阿部裕之先生のレッスンを受けました。

昨日、午後から、skypeによるオンラインで、自分のレッスンを受けました。


京都市立芸術大学教授阿部裕之先生ご自宅から中継がつながりました。
101792529_615998695790547_674345537831605279_n.jpg
私の方は、このように、映っております。

102673150_3099079953484262_3204233312630558707_n.jpg


阿部裕之先生のレッスンは、レッスン&講義形式としても十分分かりやすいレッスン内容で、2時間のレッスンは、中身が詰まっています。学術論文を聴いているかのような、レッスン内容です。時間もきっちり始まり、きっちり終わるので、ドイツ式といった感じです。

レッスン時間は、40分くらい遅れて始まることは、よくあり、レッスンも感覚的。(ご自宅で見ていらっしゃる生徒さんはあまり多くなく、一人ぐらいならすぐ終わるから待っといてということで、自分のレッスンの前に、東京藝術大学附属高校生の関先生クラスの生徒さんレッスンもよく聞きました。)


受講曲目は、

ラヴェル ソナチネ 、ディティユー コラールと変奏の2曲を受け増ました。

ラヴェルのオーソリティ-でいらっしゃるので、ラヴェルのソナチネは小品でありながら、中身の詰まった、良く出来た作品(作曲技法的にも素晴らしい作品)だとレッスンされていました。


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2020_05
10
(Sun)17:29

オンラインで阿部裕之先生のレッスンを受けました。

今日の午後から、オンラインで、阿部裕之先生のレッスンを受けました。

自宅のベーゼンドルファーのピアノでのレッスン。


セッティングが済み、ピアノの前で待機していると、レッスン開始時間に、先生の方から、スカイプでビデオ電話がかかってきます。

普段、出入りしているレッスン室ではなく、先生の自宅のご自身の練習室と、私の自分用の練習室がビデオ画面に映し出されます。


阿部裕之先生のご自宅は、壁がクロスでなく、ひのきのような良い香りのする木で出来ていて、木の壁の雰囲気からそのように思いました。
初めて聴く、ご自宅のスタインウエイのピアノの音は、とても、良い音がします。

学生にも、オンラインでレッスンを行っているとのことで、先生のカメラのセッティングが、テレビのNHKスーパーピアノレッスン(というような番組、オピッツやミッシェル・ベロフがレッスンをしていた番組です)を見ているようで、カメラの角度もばっちり。
fc2blog_20200601112812a34.jpg


先生の模範演奏も交えながら、2時間のレッスンみっちり受けました。


モーツァルトの幻想曲ニ短調、グリーグのホルベアの時代から、ブラームスの2つのラプソディーのレッスンをして頂きました。
ラヴェルのソナチネ、ハイドンのソナタ変ホ長調、デイティユーのソナタ第3楽章コラールと変奏は、次回へ見て頂くこととなりました。

私は自宅のベーゼンドルファーのピアノ、先生はスタインウェイのピアノを使われてのレッスンでしたので、オンラインを通しても2台のピアノの音色の違いが明らかで、大変面白かったです。

スタインウェイは、ソリスト向き、きらびやかで、華やか、うちにあるベーゼンドルファーは、どちらかと言えば室内楽向き、響きはふくよかで、特に低音はとても響きます。


Webカメラをセッティングした位置から、撮影。
20200510173351501.jpg



20200510173826215.jpg


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2020_05
10
(Sun)11:49

今日は、阿部裕之先生のレッスンをオンラインで受けます。

今日は、阿部裕之先生のレッスンをオンラインで受けます。

昨日、先生と相談し、今日のレッスンは、オンラインで行うことにしました。


先生が教えておられる京都市立芸術大学のレッスンの授業でも、オンラインで行っているとのことで、かなりのところまでは、オンラインでも分かるとのお話でした。

今日のレッスンでは、スカイプを使用しますが、you tubeに動画を載せ、それを先生が試聴し、コメントを頂くという形でも良いとのことでした。

昨日、先生に私からスカイプのアドレスのご招待メールをお送りさせて頂き、スカイプアドレスの交換も済んでいます。

このようなレッスン方式もこれから増えていくことと思われますが、また、レッスンが終わりましたら、初オンラインレッスン受講の感想も書いてみたいと思います。

これから、スマホセッティングの準備です。

2020_03
01
(Sun)15:07

レッスンに伺いました。

昨日は、阿部裕之先生のご自宅へレッスンに伺いました。

一部の地域では、外出を控えるよう言われているようですが、次の方もレッスンに来られていました。

レコーディングが無事終わったことのご報告と、自分で書いたCDのプログラムノートに載せる曲目解説も簡単に見て頂きました。

次の新しいプログラム モーツァルトの幻想曲ニ短調、グリーグのホルベアの時代から(弦楽四重奏では、ホルベア組曲ですが、ピアノ曲ではホルベアの時代からという曲目とのこと)、ラヴェルソナチネ、ディティユーのピアノ・ソナタ第3楽章「コラールと変奏」をレッスンして頂きました。


モーツァルトの幻想曲ニ短調はとても良い曲ですので、小学生のためのコンークールなどでも弾かれることが多いですが、こういう曲はいつでも弾けるからと、弾いてきませんでしたが、新しいレパートリーに入れています。

冒頭は、一応楽譜に音符は書かれていますが、即興的で自由な部分だそうです。

グリーグも弾かれ、阿部裕之先生の弾かれる演奏はもちろんのこと、毎回のレッスンもとても内容が難
しいですが、大変すばらしいです。

レッスン後は必ず、復習します。
89237274_671475713593026_2392232131729293312_n.jpg


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2020_02
16
(Sun)17:03

次の演奏会の曲目の準備に取りかかり始めました。

今週、レコーデインが無事終了致しましたので、12月のクロマティックハーモニカとのデュオミニ・コンサートの準備に取り掛かっています。クロマティツクハーモ二カのピアノ伴奏の楽譜というものは、存在しないので、ピアノパートの部分を、ジャズ風に弾くか、クラシック風に弾くかはピアニストの自由という事です。

ハーモニカの楽譜を見ながら、楽譜が出版されている違う楽器の伴奏譜を参考にしたり、ハーモニカとピアノの調性を合わせたりしています。

ハーモニカ楽譜

また、同時に、次のリサイタルの曲目の準備に取り掛かっています。

大体のプログラムは、昨年の秋篠音楽堂でのリサイタルの後に練っていたのですが、今回の先日行ったレコーディングを行うことになり、終了したリサイタルの曲目を再び引っ張り出し、秋ぐらいからさらっていたので、次のリサイタルのプログラムは一旦置いていたのですが、グリーグのホルベア組曲(ホルベアの時代から)や、モーツアルトの幻想曲ニ短調、ラヴェルのソナチネやフランスの現代曲ディティユーなどの曲目を予定しています。

先日のレコーディングについても、引き続き、こちらのブログにも書いていく予定にしています。

ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2020_02
09
(Sun)11:59

レコーディング前のレッスン

昨日は、京都へ阿部裕之先生のレッスンへお伺い致しました。

今週、新大阪にありますベーゼンドルファーB-tech Japannoスタジオにて、レコーディングを行いますので、その前の最後のレッスンでした。
I" ll have a recording this week. The programm is Ravel La Valse, A La maniere de... Emmanuel chabrire,borodine
Bach =Busoni Chaconne , Schubert ImpromptusOp.90-2.3.4.,Debussy images I.


細かいところはあまり言われず、ポイントだけのレッスンでした。

録音曲目は、

シューベルト 即興曲Op.90-2.3.4.
バッハ=ブゾーニ シャコンヌ
ドビュッシー 映像第1集 1、水の反映 2、ラモー礼賛 3.運動
ラヴェル ラ・ヴァルス 
ラヴェル シャブリエ風に ボロディン風に

です。

この曲目数だと、本来は録音するために、2日~3日ほどかかる予定らしいのですが、一日で行うため、何回も取直しはできないそうです。

ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ


2019_12
23
(Mon)19:58

レッスンへ行ってきました。

今日は、レッスンに伺っている阿部裕之先生のレッスンを受けに行きました。

大人になってからのレッスンは、子どもの時のレッスンと違い、弾けるようになるためのレッスンではなく、自分で練習するしかありませんが、客観的なアドバイスを頂きに、レッスンに伺っております。

1月5日にsalon classic芦屋のサロン・コンサートで演奏するショパンの序奏と華麗なるポロネーズOp.3から見て頂きました。

共演のチェリストは、ベルギーから来日するニコラ・デルタイユ氏です。2014年から、毎年共演しています。

年末に、salon classicオーナーの中西様のお宅で、初合わせをする予定にしています。

序奏はもっと自由になどの、アドヴァイスを頂きました。


また、2月には、ソロ曲のCD初レコーディングを行う予定です。
レコーディングでお世話になります録音技師の瀬口さんは、阿部裕之先生がラヴェル全曲CDを出されたときに、録音を担当していただいた方だとお話されていました。偶然で驚いています。



コンサートのお知らせ
【日時】1月5日(日) 13時半開場14時開演 
【会場】salon classic芦屋 map
【コンサート名】New Year Joint Recital2020  客演にベルギーよりニコラ・デルタイユ氏を迎えて(客演)
【曲目】ショパン序奏と華麗なるポロネーズOp.3 (チェロ ニコラ・デルタイユ ピアノ 谷 真子)
【主催】 The Music Center Japan (TEL 0797-55-0730)
【入場料】 3000円
【チケットお問い合わせ】 TEl0742-46-2302(谷) チケットお申込フォームはこちら


皆さまのご来場をお待ち申し上げております。

Pianist谷真子公式twitter→https://twitter.com/tani_piano

ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2019_11
29
(Fri)10:35

第3回ノアン フェスティバル ショパン イン ジャパン ピアノコンクールのお知らせ

img254.jpg

img255.jpg

img256.jpg

べヒシュタイン・ジャパンの本社の方から、広くお知らせを頼まれました。

第3回「ノアン フェスティバル ショパン イン ジャパン ピアノコンクール」が、汐留べヒシュタイン・サロンにて開催されます。

予選(DVD録画による審査)12月15日締切
本選(公開コンサート形式)4月17,18,19日

このコンクールで入賞された方は、「ノアン フェスティバル ショパン イン フランス」での、修了コンサートで演奏させて頂け、4日間のマスタークラスも受講できるようです。

ノアン・フェスティバル・ショパンは、来年54周年を迎えるチッコリー二よって始められた音楽祭です。

ノアンは、ショパンが、サンドと夏を過ごし、数々の傑作を生みだした避暑地ですが、修了コンサートは、ノアンのアルス城でプレイエルを使って行われるようです。

将来、ショパン国際ピアノコンクールを受けられる方など、お勉強のチャンスだと思います。

コンクール参加費はお安く設定されていますので、腕に自信のある方、是非、トライを。

ノアン フェスティバル ショパンについての記事↓
https://www.euro-piano.co.jp/kouho20151115/

お問い合わせ先 03-3305-1211
(株)べヒシュタイン・ジャパン本社 鈴木さんまで

Pianist谷真子公式twitter→https://twitter.com/tani_piano

ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2019_11
27
(Wed)23:40

大阪のフェニックスホールにて、阿部裕之先生のコンサートを堪能して来ました。

今日、大阪・梅田にあるフェニックスホールへ、阿部裕之先生のコンサートを聴きに伺いました。

音がとても柔らかく、前半のドビュッシーの前奏曲集は、45分間があっという間でした。

一つずつ、曲のタイトルを見ながら聴いていると、情景が思い浮かんでくるような前奏曲集でした。

一番印象に残ったのは、第6曲雪の上の足跡でした。

後半は、酒井健治さん作曲による、静寂の顕現という曲。お聴きするのは、いずみホールでのコンサートから2度目。フランスものを思わせるような現代曲でした。

最後のラベルのク-プランの墓は、何度かレッスンを受けたことがあり、テクニックの粒から音の美しさまで、完璧で素晴らしかったです。

美しい音による素晴らしい演奏会を堪能できました。アンコールは、珍しいラベルの小品でした。

大人の生徒さんや、お知り合いの方、小さい生徒さんもお母様とご一緒に聴きにこられ、演奏会後、絵が思い浮かんでくるような演奏でした、美しい音でした、指が良く動いているのが見えて良かったです、楽しんで聴きましたなどの感想をおっしゃって下さいました。 


78754174_533373123877536_1025940332644139008_o.jpg

73472801_533376483877200_5123385918106894336_o.jpg

73302079_533376553877193_5826481290051846144_o.jpg

Pianist谷真子公式twitter→https://twitter.com/tani_piano

ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2019_11
25
(Mon)16:02

システム

20191125153022d4d.jpg
 
京都の嵐山の紅葉が美しい季節となって参りました。
 レッスン室では、レッスンだけに専念して頂けるよう、(レッスンする方も、生徒さんと生徒さんのレッスンの合間に次の生徒さんにお待ち頂いた上に、前の生徒さんの事務的なことをしながらでは、レッスンに集中出来ませんので)、レッスン室に入る前に事務的なことは受付のテーブルで済ませて入って来て頂いておりますので、簡単な受付用の机を置いています。(元はアンティーク調の家具用の飾り机です。)  

4,5年程前から、そのように、変更したところ、システムが変わったんですねと言われる生徒さんもいらっしゃいました。

私は、小さい頃から、大学の教授のワンレッスン制(1回ずつの出来具合によって次のレッスンを取って頂くレッスン方式)で、レッスンをうけていましたので、一人のレッスン時間枠が、3時間程あり、前の生徒さんがいらっしゃっても、30分近く長引くことも多く、その時は、前の生徒さんのレッスンを聞きながら待っている、というレッスンを受けていました。

その前の先生は、本当に小さい時の先生になりますが、大阪から家に来て頂いていたので、ピアノ教室に通ったという経験はございませんが、受付をセッティング致しました。
2019_11
19
(Tue)22:31

阿部裕之先生のご自宅へレッスンに伺いました。

ロンティボー国際コンクールで日本人の方が2人入賞されました。
新聞にも載っていましたので、ご覧になられた方も多いのではと思います。

海外での日本人のご活躍、素晴らしいことだと思います。

昨日は、阿部裕之先生の京都のご自宅へ、レッスンに行って参りました。

玄関には、阿部裕之先生が出されているラベルの全曲CDのジャケットに使われている色彩的な絵と同じ絵が掛かっています。

レッスン室は、2階にあり、とても明るく、 ヨ-ロツパ的なガラスの置物や調度品がたくさん飾ってあります。

阿部裕之先生が練習されているピアノは、また別にあるのではないかと思います。(お聞きしたことがないので、分かりません)

昨日は、お正月にsalon classic芦屋での演奏会で弾く予定の曲、チェロとピアノのための室内楽『ショパンの序奏と華麗なるポロネーズ』を見て頂きました。

ピアノパートは、室内楽でありながら、ショパンのピアノコンチェルトのように、華やかで、チェロが低音で支えてくれると良いのにねとお話しされていました。  

ショパンの『アンダンテスピアナートと華麗なる大ポロネーズ』というピアノ曲がありますが、元は、ピアノとオーケストラのために書かれた曲。

 
序奏+ポロネーズという構成や、ピアノがメインで、オーケストラパートが控えめというバランスなど、よく似ているなと思います。

他に、ソロの曲も練習しています。

いつものパン屋さんは混んでいたので座れず、パンを買って、近くの公園でランチを頂きました。


11/27の阿部裕之先生のコンサートが大阪フェ二ックスホールmapで開催されます。
一年振りぐらいの、阿部裕之先生のコンサートです。

皆さまも是非どうぞ、お聴きになられてみて下さい。

先生阿部
“KCM Concert at The Phoenix Hall, Osaka”
阿部裕之(ピアノ)
~ノートル・ダム大聖堂に思いを寄せて~

◆ドビュッシー:前奏曲集 第1巻
◆酒井健治:静寂の顕現
◆ラヴェル:組曲「クープランの墓」

2019年 11月27日(水)19:00開演(18:30開場)
会場:ザ・フェニックスホール

入場料(全席指定・税込)
●全席指定:3,500円
●ザ・フェニックスホール友の会会員:3,150円(前売のみ)

協賛:あいおいニッセイ同和損保/あいおいニッセイ同和損保ザ・フェニックスホール
後援:毎日新聞社

発売開始日
2019. 7/19(金) 一般発売開始

お問い合わせ
コジマコンサートチケットサービス
0570-00-8255/03-5379-3733

Pianist谷真子公式twitter→https://twitter.com/tani_piano

ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2019_11
06
(Wed)19:01

レコーディング

現在、去る6月30日に、奈良市西大寺にある秋篠音楽堂で開催したリサイタルのプログラムを、レコーディングしようと案を練っているところです。

場所は、新大阪にあるB-tech Japanのスタジオで、ピアノはオーストリアウィーンのピアノベーゼンドルファーを使用致します。

調律は、私の練習スタジオ用のピアノに調律に来て頂いている菊池和明様、エンジニアの方は、菊池さんとよくお仕事をされている瀬口晃平様とおっしゃる方にお願いする予定にしています。

レコーディング曲目は、
シューベルト即興曲Op.90-2,3,4,
バッハ=ブゾーニ シャコンヌ
ドビュッシー 映像第1集
ラヴェル ラ・ヴァルス
ラヴェル ・・・風に「シャブリエ風に、ボロディン風に」
です。

調律の菊池さんは、主に海外のアーティストがベーゼンドルファーを演奏会で使用する時に、演奏会本番での調律をされるコンサートチューナーの方で、大変ご多忙な方でいらっしゃいます。


これまでにも、「CDはないんですか?」と聞いて下さる方も何人かいらっしゃったのですが、特に行ってはいませんでした。

6月のリサイタルの演奏会のチラシの広報(宣伝)をお手伝下さったご近所の方のアドバイスもあって、CDを作成する案が持ち上がりました。

色々な方にお世話になりますので、全員のスケジュールが合う日でないと、難しく、2月頃を予定しているのですが、B-tech Japanの調律師の貴田聖子様に色々ご相談しながら、これから調整などをお願いする予定にしています。