2020_09
26
(Sat)19:55

東京へ行く前に阿部裕之先生のレッスンを受けに京都市へ参りました。

a_blt018.gif新しいCDが発売中です。a_blt018.gif

この度、新しくCDを録音致しました。昨年6月秋篠音楽堂でのリサイタルでの曲目と同じプログラムをレコーディング致しました。フランス音楽とドイツ音楽が両方楽しめるCDになっていると思います。
収録は、B-tech Japan Osakaスタジオで、ピアノは、ウィーンのピアノのべーゼンドルファーインペリアルを使用しております。
どうぞ、お手に取られてお楽しみ頂けましたら、大変嬉しく存じます。

fc2blog_202009141123136f9.jpg



Masako Tani plays

Bach=Busoni,Schubert,Debussy,Ravel

fc2blog_20200720163543bfd.jpg

img_p114.gif

2002-00796-01 谷真子様 アップサイズ変更
Masako Tani
【収録曲】シューベルト即興曲Op.90-2,3,4,
バッハ=ブゾーニ シャコンヌ
ドビュッシー 映像第1集
ラヴェル ラ・ヴァルス
ラヴェル ボロディン風に、シャブリエ風に

【レコーディング】2020年2月12日(水)
【会場】B-techJapan Osaka Studio
【ピアノ】ベーゼンドルファーBösendorferインペリアル

【品番】RS-02003
【発売元】RAPT SOUND

img_p114.gif

a_ilst174.gif

a_blt018.gifCD購入はこちら!

【定価】1枚 \2,000(税込)

♪お電話でのお申込

button124.gif

TEL 0742-46-2302

♬メールでのお申込

000m07111.gif

こちら
(CDのご感想等もこちらから、お聞かせ下さい)


♫収録曲目
106335192_346889906301009_9073169121223619077_n.jpg

♪profile
107072870_1215264335477123_8378889782355666591_n.jpg
CDを取り出すと私が撮影したプラハの写真が浮かび上がるデザインになっております。

107152705_980698532384045_9183563763591296852_n.jpg
(録音製作 瀬口晃平 RAPT SOUND)

profile
クラシック音楽を専門とするレコーディングディレクター。
2001年、株式会社ラプトサウンドに入社。
スタジオUSENでアシスタントエンジニアを経験後、2004年に退社して渡独。2年の研修期間を経て、ドイツ・ハイデルベルクにあるレコーディングスタジオ、Tonstudio van Geest社に入社。
Claves、ECM、Hänssler Classics、NAXOSなどのレーベルの依頼により、 シプリアン・カツァリス、シュトゥットガルト室内管弦楽団、ラ・プティット・バンド、アルボ・ペルト、エストニア交響楽団など、数多くのCD作品の制作を手掛ける。 レコーディング技術、デジタル編集を担当した、「マンハイマー・モーツァルトオーケストラ」のCD作品は、2011年ロサンゼルスで開催された、「グラミーアワード」にノミネートされた。

自宅に飾ってある絵:後藤昭弘画伯(建築家) ピアノを弾いている私の絵 CD表紙のジャケットの絵より
P1040829.jpg

後藤昭弘デザイン シャンデリア↓ウイーンロブマイヤー製 GTO Chandelier.長野オリンピックOfficial hotel 長野国際ホテル21ロビー/長野県花りんどう がモチーフ、高さ8メートル国内最大級シャンデリア。20数年前の作品です。

117627171_1001127803668557_3840474254463876767_o.jpg
光に温かみがあり、綺麗なシャンデリアです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
♪blog 「massage」

今日は、阿部裕之先生のレッスンで京都市へ来ました。

東京の恩師関孝弘先生のところへ、聴いて頂く曲を見ていただきました。バッハブゾ-ニシャコンヌと、Ravelのla valseと、Ravelのボロディン風にと、シャブリエ風にを見ていただきました。他には元々さらっていた新プログラムのブラ-ムスのラプソディーを見て頂きました。急遽さらったので忙しかったです。

阿部先生は、関先生の学生時代をご存じだそう。同じ東京藝大で、学年は上でコンクールによく出ていて、阿部先生がそれをよく見ていたそうです。
阿部先生がブゾ-ニ国際コンクール受けに行ったときも、一緒だったそう。日本に長くいなかったんじゃないかと言われておられましたが、私がお伺いしましたときは、ちょうど帰国された前後くらいでした。

関先生の芸大時代の先生、米谷治朗先生のこともご存じでした。米ちゃんと呼んでいたそうで、バッハの暗譜を一小節ごとに飛ばしても弾けるように、暗譜出来るようにまでしないと駄目だと言われていたということで、きちっとした先生だそうです。東京音大に入った時も関先生ってすごい有名な人って、言っている人が多かったので、やはり東京でお小さい頃から有名なピアニストの方だと思います。ご自分でもそれがプレッシャーになり、イタリアに行って解放されて嬉しかったとよく言われていました。
お伺いしたときは、お子様を抱っこされて、パパさんをされていらっしゃいましたので、母も私も実感がなかったのですが、お若い時凄かったようです。テクニックにその片鱗は伺えました。

卒業後の進路として、留学ということを関先生がヨーロッパで苦労されたことから、関先生を始め、あまり勧められませでしたが、安全な学校内に在籍して通うだけなら、まだ安全で良いかもしれませんが、音楽大学の場合は、大学ではレッスンを受けるだけで、若い時に、国内の音楽大学と同じく、国際コンクールを行脚して、色々な国へ受けに行かなければいけませんので、阿部裕之先生も国際コンクールを色々受けにいかれていたというお話をお聴きして、やはり身の危険と隣り合わせの大変な世界だと思いました。

今日も直帰です。
2020_09
05
(Sat)09:53

阿部裕之先生のレッスンで~録音に合わせたレッスン~

 先々週、京都市へ阿部裕之先生のレッスンを受けに参りました。いつもならもう少し電車が混んでいますから、やはり皆さま外出自粛されているのだと思います。
  
CD宣伝のチラシと、演奏会のチラシをお渡ししたところ、喜んで見られていました。チラシは、カワイやジュージアの方にお渡ししていますとお話し、演奏会は来年の9月ですが、「はいじゃあ、来月5日にこれ(グリーグ)弾くのね」と言われていました。
 私の新しく発売のCDのご感想も頂戴致しました。「CDを聴きました。良く弾けて綺麗に録れています」とおっしゃって頂きました。編集が良くできているなあと思ってと言われていました。

 阿部先生には、レコーディング前には、コンクールや演奏会とは少し様子が違うということでレコーディングに合わせたレッスンを行なって頂きました。レッスンを受けていて、ある程度、予備知識があったお陰で、レコーディング当日もスムーズに録音を進めることが出来ました。主に指が(テクニック)が引っかかるところだけを指摘するというようなレッスンで、言われた箇所を、素早く直すというようなレッスンでした。普段のピアノレッスンとは違って細かく見てもらえないと思いましたが、録音当日も同じような感じでしたので、演奏会やコンクールの本番とは少し違うのだと感じました。阿部先生も編集を褒められていたので、良かったと思います。(編集に思ったより時間がかかり、倍お支払いしましたから、甲斐がありました。)


♪新しいCDが発売中です。


CDご希望の方は、TEL0742-46-2302(谷)または、ピアニスト谷真子公式サイトconcert欄お問い合わせフォームへお申込下さい。



Masako Tani plays
Bach=Busoni,Schubert,Debussy,Ravel

fc2blog_20200720163543bfd.jpg

img_p114.gif

【収録曲】シューベルト即興曲Op.90-2,3,4,
バッハ=ブゾーニ シャコンヌ
ドビュッシー 映像第1集
ラヴェル ラ・ヴァルス
ラヴェル ボロディン風に、シャブリエ風に

【レコーディング】2020年2月12日(水)
【会場】B-techJapan Osaka Studio
【ピアノ】ベーゼンドルファーBösendorferインペリアル

【品番】RS-02003
【発売元】RAPT SOUND


img_p114.gif
CD購入はこちら!

【定価】1枚 \2,000(税込)

お電話でのお申込
button124.gif
TEL 0742-46-2302

メールでのお申込
000m07111.gif
こちら
(CDのご感想等もこちらから、お聞かせ下さい)

収録曲目
106335192_346889906301009_9073169121223619077_n.jpg

profile
107072870_1215264335477123_8378889782355666591_n.jpg

CDを取り出すと私が撮影したプラハの写真が浮かび上がるデザインになっております。
107152705_980698532384045_9183563763591296852_n.jpg
(録音製作 瀬口晃平 RAPT SOUND)

profile
クラシック音楽を専門とするレコーディングディレクター。
2001年、株式会社ラプトサウンドに入社。
スタジオUSENでアシスタントエンジニアを経験後、2004年に退社して渡独。2年の研修期間を経て、ドイツ・ハイデルベルクにあるレコーディングスタジオ、Tonstudio van Geest社に入社。
Claves、ECM、Hänssler Classics、NAXOSなどのレーベルの依頼により、 シプリアン・カツァリス、シュトゥットガルト室内管弦楽団、ラ・プティット・バンド、アルボ・ペルト、エストニア交響楽団など、数多くのCD作品の制作を手掛ける。 レコーディング技術、デジタル編集を担当した、「マンハイマー・モーツァルトオーケストラ」のCD作品は、2011年ロサンゼルスで開催された、「グラミーアワード」にノミネートされた。

自宅に飾ってある絵:後藤昭弘画伯(建築家) ピアノを弾いている私の絵 CD表紙のジャケットの絵より
P1040829.jpg
後藤昭弘デザイン シャンデリア↓ウイーンロブマイヤー製 GTO Chandelier.長野オリンピックOfficial hotel 長野国際ホテル21ロビー/長野県花りんどう がモチーフ、高さ8メートル国内最大級シャンデリア。20数年前の作品です。

117627171_1001127803668557_3840474254463876767_o.jpg
光に温かみがあり、綺麗なシャンデリアです。

fc2blog_20200829212208e12.jpg



♪ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ♪
2020_07
13
(Mon)14:56

CDの録音に当たって、御指導頂いた阿部裕之先生のレッスンを受けて参りました。


今日は、阿部裕之先生のレッスンでした。オンラインではなく、自宅レッスン。
デメルのお菓子と、ようやく完成したCDをお持ちしました。半年かかって完成。ジャケットを見られて、絵描いてもらったんだっけ?と、聞かれていました。(先生と同じ母校の東京藝術大学美術学部の後藤昭弘さんに描いて頂きました)

阿部裕之先生渾身のご指導のCD聴いて下さることと思います。どんな感想が頂けるでしょうか。レッスンでは辛口の阿部先生ですが、頑張りましたと労って頂きました。


107079670_677749132773267_8331716421794632262_o.jpg

ちなみに、阿部裕之先生のレッスン料は、一回3万円をお支払しています。(2時間)
私は、教えておりますので、ほとんどが、自分のレッスン料に当てていると言えます。


a_blt018.gif
CD発売になりました。

Masako Tani plays
Bach=Busoni,Schubert,Debussy,Ravel


106002538_3159355770809816_7873576474051557812_n.jpg

購入はこちら!

お問い合わせ先 TEL 0742-46-2302
お問い合わせフォームはこちら

収録曲目
106335192_346889906301009_9073169121223619077_n.jpg

profile
107072870_1215264335477123_8378889782355666591_n.jpg

CDを取り出すと私が撮影したプラハの写真が浮かび上がるデザインになっております。
107152705_980698532384045_9183563763591296852_n.jpg

ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ




2020_06
30
(Tue)13:49

ラヴェルソナチネ

梅雨が続き、じめじめしたお天気で、外出もままならない状態なので、在宅で出来る事を続けています。
レッスンの記録としての保存のために、書いています。


先日、レッスンを受けた阿部裕之先生ラヴェルレッスンのソナチネのご注意を楽譜にPCで書き込んでみました。

・一段目
少しテンポを落として、左手のテヌートの音だけでなく、ソプラノも出すこと。

・二段目
赤丸を付けた音は左手で取ることが可能。その後も、4度の下降音型を大切に。

・四段目
前後の流れのつながりを大切に。

・五段目
左手の響きも大切、よく響かせて。


お散歩中に、見つけたお花。梅雨のうっとうしい天気を吹き飛ばすかのような清涼な紫。
106539914_878615642648219_4355189792099377335_n.jpg

ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2020_06
08
(Mon)10:37

オンラインで阿部裕之先生のレッスンを受けました。

昨日、午後から、skypeによるオンラインで、自分のレッスンを受けました。

手順は、前回と同じ。県をまたいでの移動自粛が解除されていないようなので、前日にご連絡をとったところ、オンラインレッスンとのこと。謝礼をネットにて振込し、レッスンをお願いしました。 振込先がよく使う都市銀行をおっしゃってくたさったので、手数料なし。あまりに、簡便すぎて、レッスンをお願いした実感があまりないです。

ピアニスト谷真子公式サイトhttp://masakotani.coを立ち上げて下さった奈良市のパソコンハウス下村恵次様がご好意により分けて下さった、YANMAHA製の良いスピーカーから音が出てくるようにしたので、良い音環境でレッスンやお話を聞くことができました。
103309875_203039940775754_7675956438018119035_n.jpg

公式サイト以前にも、簡単な主にレッスン告知のみのホームページがあったのですが、「手作りのホームページで良いですね。」と言って下さる方もいて、そちらのホームページでも、リサイタルや大学院受験準備を兼ねてレッスンに通ったりしていた傍ら、たくさん生徒さんのレッスンしており、10年ほど前なので、お医者さんになりたい、地理学者になりたいと言っていた小学高学年だった生徒さん達は、もう社会人になられているのではと思います。

5年ほど前に立ち上げたピアニスト谷真子公式サイトは、主にピアニストとしての活動&レッスンを載せたホームページとなっています。

京都市立芸術大学教授阿部裕之先生ご自宅から中継がつながりました。
101792529_615998695790547_674345537831605279_n.jpg
私の方は、このように、映っております。

102673150_3099079953484262_3204233312630558707_n.jpg


阿部裕之先生のレッスンは、レッスン&講義形式としても十分分かりやすいレッスン内容で、2時間のレッスンは、中身が詰まっています。学術論文を聴いているかのような、レッスン内容です。時間もきっちり始まり、きっちり終わるので、ドイツ式といった感じです。


中学・高校で師事した関孝弘先生は、完全なイタリア式。生活スタイル、レッスンも含めて全てイタリア式。

レッスン時間は、40分くらい遅れて始まることは、よくあり、レッスンも感覚的。(ご自宅で見ていらっしゃる生徒さんはあまり多くなく、一人ぐらいならすぐ終わるから待っといてということで、自分のレッスンの前に、東京藝術大学附属高校生の関先生クラスの生徒さんレッスンもよく聞きました。)

イタリア式に長く慣れているので、阿部裕之先生の厳格さには驚かされます。

受講曲目は、

ラヴェル ソナチネ 、ディティユー コラールと変奏の2曲を受け増ました。

ラヴェルのオーソリティ-でいらっしゃるので、ラヴェルのソナチネは小品でありながら、中身の詰まった、良く出来た作品(作曲技法的にも素晴らしい作品)だとレッスンされていました。


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
skype,line動画、facetimeによるビデオ通話でのレッスン行っております♪
2020_05
10
(Sun)17:29

オンラインで阿部裕之先生のレッスンを受けました。

今日の午後から、オンラインで、阿部裕之先生のレッスンを受けました。

自宅のベーゼンドルファーのピアノでのレッスン。

レッスンお代は昨日、ネットにより振込みを済ませておきました。(芸術家の方は皆そうですが、レッスン料が特に決まっているわけではないのです。)

スマホをセッティングし、ピアノの前で待機していると、レッスン開始時間に、先生の方から、スカイプでビデオ電話がかかってきます。

普段、出入りしているレッスン室ではなく、先生の自宅のご自身の練習室と、私のレッスン室(練習スタジオ室)がビデオ画面に映し出されます。


先生のご自宅は、壁がクロスでなく、ひのきのような良い香りのする木で出来ていて、木の壁の雰囲気からそのように思いました。
初めて聴く、ご自宅のスタインウエイのピアノの音は、とても、良い音がします。

学生にも、オンラインでレッスンを行っているとのことで、先生のカメラのセッティングが、テレビのNHKスーパーピアノレッスン(というような番組、オピッツやミッシェル・ベロフがレッスンをしていた番組です)を見ているようで、カメラの角度もばっちり。
fc2blog_20200601112812a34.jpg


先生の模範演奏も交えながら、2時間のレッスンみっちり受けました。

レッスンは限りなく、大変厳しいですが、穏やかな方なので、レッスンを受けています。

モーツァルトの幻想曲ニ短調、グリーグのホルベアの時代から、ブラームスの2つのラプソディーのレッスンをして頂きました。
ラヴェルのソナチネ、ハイドンのソナタ変ホ長調、デイティユーのソナタ第3楽章コラールと変奏は、次回へ見て頂くこととなりました。

私は自宅のベーゼンドルファーのピアノ、先生はスタインウェイのピアノを使われてのレッスンでしたので、オンラインを通しても2台のピアノの音色の違いが明らかで、大変面白かったです。

スタインウェイは、ソリスト向き、きらびやかで、華やか、うちにあるベーゼンドルファーは、どちらかと言えば室内楽向き、響きはふくよかで、特に低音はとても響きます。

母もリビングで久し振りにわたしがレッスンを受けているのを、鑑賞できたようです。

母がレッスンを聞くのは、おそらく、中学生の時の片岡先生か、浪人生の時の関先生のレッスン以来だと思います。
阿部裕之先生のピアノの上手さに驚いていました。

基本的には、子どもの時から、ピアノのレッスンは一人で受けてきましたので、先生方のおかげによるレッスンの積み重ねで育てられてきたと感じます。(母はピアノの先生ではなく進学校型の人間ですので、、どちらかと言えば、ピアノより、学校の勉強の部分を要領よく、家庭教師代わりに補ってくれており、塾に通う時間も節約出来、その分ピアノの練習に集中できたと思います。ピアノの部分はほとんど先生のおかげ)

双方コミュニケーションによるオンラインでのレッスンがどんな感じがイメージがつかめましたので、今後の私の生徒様へのレッスンへも生かして行きたいと思います。

楽しい時間となりました。

先生のご自宅には、出産を控えていらしゃる娘さんと、ご高齢者の方がいらっしゃるとのことで、安全を考えて、オンラインレッスンとなりました。もうすぐ、おじい様になられるようです。

スマホのカメラをセッティングした位置から、撮影。PCや、スマホにはこちらの風景は、このように映し出されます。
20200510173351501.jpg


レッスン終了後。普段のピアニストからの眺め。
20200510173826215.jpg


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
skype,line動画、facetimeによるビデオ通話によるプライヴェートレッスン行っております♪
2020_05
10
(Sun)11:49

今日は、阿部裕之先生のレッスンをオンラインで受けます。

今日は、阿部裕之先生のレッスンをオンラインで受けます。

昨日、先生と相談し、今日のレッスンは、オンラインで行うことにしました。


先生が教えておられる京都市立芸術大学のレッスンの授業でも、オンラインで行っているとのことで、かなりのところまでは、オンラインでも分かるとのお話でした。

今日のレッスンでは、スカイプを使用しますが、you tubeに動画を載せ、それを先生が試聴し、コメントを頂くという形でも良いとのことでした。

昨日、先生に私からスカイプのアドレスのご招待メールをお送りさせて頂き、スカイプアドレスの交換も済んでいます。

このようなレッスン方式もこれから増えていくことと思われますが、また、レッスンが終わりましたら、初オンラインレッスン受講の感想も書いてみたいと思います。

これから、スマホセッティングの準備です。

2020_04
25
(Sat)12:56

動画によるオンライン・ピアノレッスンを始めました。



コロナ感染防止対策により、オンラインによる動画レッスンをお受け致しております。



詳しくは♪ピアニスト谷真子公式サイトレッスン詳細♪をご参照下さい。


♪<オンライン・レッスンコース>
対面方式ではなく、インターネットを通じてレッスンを行います。
オンライン・レッスンのメリットとして、

♪ご自宅から通学せずにレッスンが受けられる

♪画面に集中するため、レッスン時間内に集中してレッスンが受けられる

♪普段使っている自分のピアノや環境のまま、レッスンが受けられる

♪コンクールや大切な本番の前には、時間の無駄なく、日数を詰めてのレッスンが受講できる などが挙げられます。

レッスンご希望の前日まで、お申込をお受けできます。

詳細やレッスンの流れにつきましては、レッスンお問い合わせフォームより、ご連絡下さい。





ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2020_04
15
(Wed)12:40

全日本学生音楽コンクールの課題曲が発表になりました。

コロナ感染拡大防止のため、コンサートが相次いで中止になっています。
ピアノのコンクールも開催されるものと、中止されものの2つに分かれているようです。

伝統ある全日本学生音楽コンクールですが、開催されるようです。

課題曲が発表になりました。
公式サイトから確認できます。

https://gaccon.mainichi-classic.net/

バッハのイタリア協奏曲は、全日本学生音楽コンクールの時に、お勉強いたしました。
ベートーヴェンの6つの変奏曲は、相愛大学名誉教授片岡みどり女史のおさらい会「みどり会」で渡された曲で、片岡先生の地元、宝塚ベガホールで弾きました。
ラヴェルのソナチネやハイドンのソナタEs durなどは、現在準備中の演奏会用プログラムに組み込もうかと考えている曲目です。
ショパンの練習曲は、東京藝術大学附属音楽高校、東京藝術大学、東京音楽大学、の入学試験のために、全曲勉強しました。
スカルラッティのソナタなどは、ピアノ・指導を行うようになり、生徒様と一緒に学生音コンのために、お勉強致した経験がございます。

1回から、アドヴァイス・レッスンが出来ますので、レッスンご希望の方は、谷真子公式サイトレッスン頁よりお問い合わせ下さい。
(オンラインによるアドバイス・レッスンのみも可)


全日本学生音楽コンクール公式サイト


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ



2020_04
12
(Sun)12:13

ミュンヘン国立音楽大学

日本ピアノ教育連盟の会報誌より。ミュンヘン国立音楽大学の外観だそうです。

ミュンヘン国立音楽大学

旧日本ベーゼドルファー東京ショールームにて、東京音楽大学4年次に、ミュンヘン国立音楽大学教授クラウス・シルデ教授のレッスンを受けました。シルデ先生は、もう80歳近いご高齢で、大変厳しい方というお噂も聴いておりましたが、大変お優しく、杖をついてレッスンしておられましたが、身体の使い方など、基本的なことから、アドヴァイス頂き、楽しくレッスンを受けました。

留学のご相談をしたところ、ドイツの弟子を紹介するからと、弟子の名前の一覧を紙に書いて下さり、インターネットで願書を取り寄せられるからと教えて下さいました。ドイツの音楽大学事情や、先生の選び方、も合わせてアドバイス頂きました。学校で弟子のレッスンを受け、私のレッスンを受けたければ、自宅で見てあげるとのことでした。

ドイツ語の習得がまず、何より大事とのことで、南ドイツ新聞 Sud Zeitungを買って、毎日声に出して読むように言われました。
シルデ先生より、ドイツ音楽の素晴らしい音楽家になれますよとお墨付きを頂きました。

この時にシルデ先生に書いて頂いてメモは、残してありますが、非公開でございます。


中学3年次に、受験した東京藝術大学附属高校受験票が保管されていたので、掲載しておきます。
2芸高
1芸高受験票
受験曲目。
バッハ 平均律クラヴィーア曲集第1巻より第13番、第23番、
リスト演奏会用練習曲集より、2、小人の踊り
ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第2番 イ長調全楽章。

その他に、国語、数学、英語、楽典、聴音、新曲視唱、新曲視奏の試験あり。

ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2020_03
23
(Mon)12:16

ラヴェル ソナチネ

現在取り組んでいるプログラムの後半のトップに、ラヴェルのソナチネを入れようと思い、さらっています。

ラヴェルのソナチネは、聴衆の方にとても人気のある曲目だということで、私自身も好きな曲の一つですので、今回のプログラムに入れました。

ソナチネという可愛らしいタイトルが付いていますが、ベートーヴェンやハイドン、モーツァルトなどのソナタとは全く異なる響きや雰囲気の持つ曲で、美しく透明な響きのする曲です。

ギーゼキング ラヴェル ソナチネより~


ベートーヴェンのソナタの優れているところは(特に後期のソナタ)、”ソナタという形式の中に、精神性を盛り込み、形式と内容を両立させたところ”(東京藝術大学名誉教授の米谷治郎先生が、ベートーヴェンの告別ソナタのレッスンを高校生(浪人生)の頃、東京自由が丘のご自宅で受けた時にそのようにおっしゃっていました。)だそうですが、時代が進み、形式と色彩感を両立させたソナチネとなっています。

ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2020_03
11
(Wed)13:56

シューベルト

プログラムに組むシューベルトの小品を探しています。

シューベルトのソナタはとても長い曲が多いですが、楽興の時、即興曲などの小品は、気軽に聞いて楽しめます。

アドバイス頂いたシューベルトのワルツ集から探してみました。

ラヴェルの『高雅で感傷的なワルツ』の元になったという、

高雅なワルツ集 op.77, D.969

34の感傷的なワルツ op.50, D.779などがあります。

あまり聴き馴染みがないかもしれませんが、サロン風ワルツで華やかな曲です。



ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2020_03
08
(Sun)20:07

モーツァルト幻想曲ニ短調


モーツァルトの幻想曲ニ短調を譜読みしています。

「幻想曲 ニ短調」は、1782年頃に作曲されたと考えられています。


幻想曲とは、もとは、即興的に作られた曲を指し、冒頭の序奏部分は、即興的で自由な序奏部分です。
その後始まる主題は、哀愁を帯びた旋律で始まります。

この曲は未完で終わり、最後の10小節は補完され、出版されました。
ソナタやフーガの序奏のために書かれたと考えられます。




昨日は、ラヴェルのお誕生日でした。

2017年演奏会より
ラベルの鏡より1、蛾 3、洋上の小舟 4道化師の朝の歌(ピアノ谷真子)


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2020_03
01
(Sun)15:07

レッスンに伺いました。

昨日は、阿部裕之先生のご自宅へレッスンに伺いました。

一部の地域では、外出を控えるよう言われているようですが、次の方もレッスンに来られていました。

レコーディングが無事終わったことのご報告と、自分で書いたCDのプログラムノートに載せる曲目解説も簡単に見て頂きました。

次の新しいプログラム モーツァルトの幻想曲ニ短調、グリーグのホルベアの時代から(弦楽四重奏では、ホルベア組曲ですが、ピアノ曲ではホルベアの時代からという曲目とのこと)、ラヴェルソナチネ、ディティユーのピアノ・ソナタ第3楽章「コラールと変奏」をレッスンして頂きました。


モーツァルトの幻想曲ニ短調はとても良い曲ですので、小学生のためのコンークールなどでも弾かれることが多いですが、こういう曲はいつでも弾けるからと、弾いてきませんでしたが、新しいレパートリーに入れています。

冒頭は、一応楽譜に音符は書かれていますが、即興的で自由な部分だそうです。

グリーグも弾かれ、阿部裕之先生の弾かれる演奏はもちろんのこと、毎回のレッスンもとても内容が難
しいですが、大変すばらしいです。

レッスン後は必ず、復習します。
89237274_671475713593026_2392232131729293312_n.jpg


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2019_12
23
(Mon)19:58

レッスンへ行ってきました。

今日は、レッスンに伺っている阿部裕之先生のレッスンを受けに行きました。

大人になってからのレッスンは、子どもの時のレッスンと違い、弾けるようになるためのレッスンではなく、自分で練習するしかありませんが、客観的なアドバイスを頂きに、レッスンに伺っております。

1月5日にsalon classic芦屋のサロン・コンサートで演奏するショパンの序奏と華麗なるポロネーズOp.3から見て頂きました。

共演のチェリストは、ベルギーから来日するニコラ・デルタイユ氏です。2014年から、毎年共演しています。

年末に、salon classicオーナーの中西様のお宅で、初合わせをする予定にしています。

序奏はもっと自由になどの、アドヴァイスを頂きました。


また、2月には、ソロ曲のCD初レコーディングを行う予定です。
レコーディングでお世話になります録音技師の瀬口さんは、阿部裕之先生がラヴェル全曲CDを出されたときに、録音を担当していただいた方だとお話されていました。偶然で驚いています。



コンサートのお知らせ
【日時】1月5日(日) 13時半開場14時開演 
【会場】salon classic芦屋 map
【コンサート名】New Year Joint Recital2020  客演にベルギーよりニコラ・デルタイユ氏を迎えて(客演)
【曲目】ショパン序奏と華麗なるポロネーズOp.3 (チェロ ニコラ・デルタイユ ピアノ 谷 真子)
【主催】 The Music Center Japan (TEL 0797-55-0730)
【入場料】 3000円
【チケットお問い合わせ】 TEl0742-46-2302(谷) チケットお申込フォームはこちら


皆さまのご来場をお待ち申し上げております。

Pianist谷真子公式twitter→https://twitter.com/tani_piano

ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2017_07
13
(Thu)12:02

ホームページのレッスンの項目を一新致しました。

75-04.png

ホームページのレッスンの項目を一新致しました。

使用教材を明記し、私の教室運営へのコンセプトを書いてみました。

またレッスン日時などの詳細も書き加えております。

お目通し頂けましたら幸いです。

ホームページのレッスンの項目はこちら