2020_11
14
(Sat)19:49

明日、11月15日Amazonにて、CDが発売になります。

明日、11月15日AmazonにてCD発売です。

新しいCDをAMAZONでもご購入頂けるようになりました。

→Amazonご購入ご予約お申込受付サイト

→facebook Pianist 谷真子公式サイトのAmazonページよりご購入ご予約お受付開始致しております。

発売予定日は11月15日です。

順次、amazonサイトより、ご予約の受付申し上げております。

どうぞ、よろしくお願い申し上げます。


106002538_3159355770809816_7873576474051557812_n.jpg

Masako Tani plays
Bach=Busoni,Schubert,Debussy,Ravel




fc2blog_20200720163543bfd.jpg

img_p114.gif
2002-00796-01 谷真子様 アップサイズ変更

【収録曲】シューベルト即興曲Op.90-2,3,4,
バッハ=ブゾーニ シャコンヌ
ドビュッシー 映像第1集
ラヴェル ラ・ヴァルス
ラヴェル ボロディン風に、シャブリエ風に

【レコーディング】2020年2月12日(水)
【会場】B-techJapan Osaka Studio
【ピアノ】ベーゼンドルファーBösendorferインペリアル

【品番】RS-02003
【発売元】RAPT SOUND

11月15日アマゾン発売のCDのジャケットの絵を描いて下さった画家建築家の後藤昭弘さんが来春に東京で個展を開かれるそうで、そこで、私のCDを飾って下さるそうです。光栄なことです✨ウイーンのロブマイヤーのシャンデリアもデザインされているそうです。東京藝術大学を目指しての高校卒業後、浪人生の時に、東京都文京区の目白台にあるバッハ館というマンションを借りていましたが、偶然通りがかった目白台の画廊での個展から帰ってきて、母が後藤さんから、ロブマイヤーの本店を教えてもらったから行くと話していたのをよく覚えています。
20201113201645874.jpeg

125232015_3999003313447091_1512531335754500177_n.jpg
125101957_3999003383447084_82034500974398063_o.jpg

Baccarat
ウイーンフィル全国日本公演が終わったようです。初めて、ライブでウイーンフィルを聴きに行ったのは、数年前。大阪フェスティバルホールにて。数年前に、藝高・芸大ご出身の女性バイオリニストの方に伴奏を頼まれて大阪でコンサートをしたときに、大変謝礼を頂き、それでウイーンフィルの高い席を求めて聴きに行きました。モーツァルトの魔笛などがなり立てる感じではなく、素朴な室内楽的で素晴らしい演奏でした。周囲を見渡すと、女性のお客様がお一人で聴きにこられている方が多かったようです。
2020_09
20
(Sun)23:05

CDが新しく発売になりました。

新しいCDが発売中です。

106002538_3159355770809816_7873576474051557812_n.jpg

この度、新しくCDを録音致しました。昨年6月秋篠音楽堂でのリサイタルでの曲目と同じプログラムをレコーディング致しました。フランス音楽とドイツ音楽が両方楽しめるCDになっていると思います。
収録は、B-tech Japan Osakaスタジオで、ピアノは、ウィーンのピアノのべーゼンドルファーインペリアルを使用しております。
どうぞ、お手に取られてお楽しみ頂けましたら、大変嬉しく存じます。




Masako Tani plays

Bach=Busoni,Schubert,Debussy,Ravel



fc2blog_20200720163543bfd.jpg

img_p114.gif

2002-00796-01 谷真子様 アップサイズ変更

Masako Tani
【収録曲】シューベルト即興曲Op.90-2,3,4,
バッハ=ブゾーニ シャコンヌ
ドビュッシー 映像第1集
ラヴェル ラ・ヴァルス
ラヴェル ボロディン風に、シャブリエ風に
【レコーディング】2020年2月12日(水)

【会場】B-techJapan Osaka Studio
【ピアノ】ベーゼンドルファーBösendorferインペリアル

【品番】RS-02003
【発売元】RAPT SOUND
img_p114.gif

CD購入はこちら!
【定価】1枚 \2,000(税込)
お電話でのお申込
button124.gif
TEL 0742-46-2302
メールでのお申込
000m07111.gif
こちら

収録曲目
106335192_346889906301009_9073169121223619077_n.jpg
profile
107072870_1215264335477123_8378889782355666591_n.jpg
CDを取り出すと私が撮影したプラハの写真が浮かび上がるデザインになっております。
107152705_980698532384045_9183563763591296852_n.jpg
(録音製作 瀬口晃平 RAPT SOUND)
2020_08
28
(Fri)12:24

阿部裕之先生よりメールを頂戴致しました。





先日のレッスンで、阿部裕之先生より、CDのご感想について、感想を頂戴致しました。ありがとうございます。よく弾けて綺麗に録れていますと言って頂きました。
大変評判が良くてと申し上げたところ、編集がすごいなと思ってと感心されておられました。専門家の方は、聴かれるポイントが違うんだなと思いました。

編集されたラプトサウンドの瀬口晃平様その旨にメールでお伝えしたところ、「嬉しいお知らせありがとうございます。阿部先生にそのように言って頂き、嬉しい限りです」とご返事頂きました。その旨、阿部先生にお伝えしたところ、阿部裕之先生から、昨日、写真のメールにある通り、お返事頂戴致しました。

阿部裕之先生が録音されたラヴェル全集のCDを聴き、綺麗な音ですねと感想申し上げたところ、「CDは製作者の作品だから」とお話されていました。


瀬口さんは経歴で拝見すると、作られたCDがアメリカのロサンゼルスで開催されたグラミー賞にもノミネートされたことがあるそうです。
ドビュッシーの曲で、細かい他の鍵盤を少しかすったミスタッチがあるので、ミスタッチのないテイクに変えて欲しいと要望を出したところ、1回で綺麗に差し替えて下さいました。フランス🇫🇷ものは、ピアニストでも自分で弾いたことのない曲は聴音が難しいですが、なぜか分かられる方なのです。
これは静かなところで編集作業をしないと、仕事にならないだろうなぁと勝手に思ったのでした。

録音をご希望の演奏家の方は、是非、一度頼まれみてはいかがでしょうか。

瀬口様による録音は、TV放送では、明日土曜日朝8時半から、BSテレビ東京にて、エンターザミュージックという番組で、ご視聴頂けます。私もリアルで見たり、録画して見ていますが、普通のテレビでも、とても綺麗な音がします。
新しく発売のCDと、同じ録音による音源をTVでもお聴き頂けますので、どうぞご覧下さい。





ミニコンサート
【日時】2021年9月5日(日)13時
【会場】同志社同窓会館(大ホール)
【コンサート名】坂本清音先生(同志社女子大学名誉教授)をお招きして
【プログラム】グリーグ ホルベアの時代から、ブラームス 2つのラプソディーOp.79、ラヴェル ソナチネ
(こちらのコンサートは10名程のクローズドコンサートですclosed一般にはご入場頂けません)
【お問い合わせ】谷TEL0742-46-230


CDご希望の方は、TEL0742-46-2302(谷)または、ピアニスト谷真子公式サイトconcert欄お問い合わせフォームへお申込下さい。
a_blt018.gif
CDが新しく発売になりました。

Masako Tani plays
Bach=Busoni,Schubert,Debussy,Ravel
fc2blog_20200720163543bfd.jpg

img_p114.gif
【収録曲】シューベルト即興曲Op.90-2,3,4,
バッハ=ブゾーニ シャコンヌ
ドビュッシー 映像第1集
ラヴェル ラ・ヴァルス
ラヴェル ボロディン風に、シャブリエ風に

【レコーディング】2020年2月12日(水)
【会場】B-techJapan Osaka Studio

【ピアノ】ベーゼンドルファーBösendorferインペリアル
【品番】RS-02003
【発売元】RAPT SOUND


img_p114.gif
CD購入はこちら!
【定価】1枚 \2,000(税込)
お電話でのお申込
button124.gif
TEL 0742-46-2302
メールでのお申込
000m07111.gif
こちら
(CDのご感想等もこちらから、お聞かせ下さい)

収録曲目
106335192_346889906301009_9073169121223619077_n.jpg

profile
107072870_1215264335477123_8378889782355666591_n.jpg

CDを取り出すと私が撮影したプラハの写真が浮かび上がるデザインになっております。
107152705_980698532384045_9183563763591296852_n.jpg
(録音製作 瀬口晃平 RAPT SOUND)

profile
クラシック音楽を専門とするレコーディングディレクター。
2001年、株式会社ラプトサウンドに入社。
スタジオUSENでアシスタントエンジニアを経験後、2004年に退社して渡独。2年の研修期間を経て、ドイツ・ハイデルベルクにあるレコーディングスタジオ、Tonstudio van Geest社に入社。
Claves、ECM、Hänssler Classics、NAXOSなどのレーベルの依頼により、 シプリアン・カツァリス、シュトゥットガルト室内管弦楽団、ラ・プティット・バンド、アルボ・ペルト、エストニア交響楽団など、数多くのCD作品の制作を手掛ける。 レコーディング技術、デジタル編集を担当した、「マンハイマー・モーツァルトオーケストラ」のCD作品は、2011年ロサンゼルスで開催された、「グラミーアワード」にノミネートされた。近年では、クラシック音楽番組『エンター・ザ・ミュージック』(BSテレ東 毎週土曜朝8時30分放送)の録音(音声担当)などを手掛ける。


♪ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ♪
2020_08
14
(Fri)15:16

新しく発売のCDジャケットの絵を描かれた東京藝術大学の後藤昭弘様より残暑見舞いを頂戴致しました。


新しく発売のCDのジャケット表紙の絵を描いて下さった東京藝術大学の後藤昭弘様より、残暑お見舞いを頂戴致しました。ご縁は東京藝術大学受験浪人生の時、東京目白台画廊での後藤様の個展に伺った頃から。東京藝術大学は東京音楽大学のような単科大学と違って、美術学部もあるので、小さい頃油絵を習っていたので名前を聞いたことがあり、受験を志した一つの要因です。









後藤様よりメッセージを頂きました。
コロナに酷暑と大変な夏ですが、恙なくお過ごし下さい。
CDも大変好評のようですね!!

117768749_770928733679664_8254096622302616031_n.jpg

117728457_589327485019264_5645135838621720945_n.jpg


CDご希望の方は、TEL0742-46-2302(谷)または、ピアニスト谷真子公式サイトconcert欄お問い合わせフォームへお申込下さい。

a_blt018.gif
CDが新しく発売になりました。

Masako Tani plays
Bach=Busoni,Schubert,Debussy,Ravel

fc2blog_20200720163543bfd.jpg

img_p114.gif

【収録曲】シューベルト即興曲Op.90-2,3,4,
バッハ=ブゾーニ シャコンヌ
ドビュッシー 映像第1集
ラヴェル ラ・ヴァルス
ラヴェル ボロディン風に、シャブリエ風に

【レコーディング】2020年2月12日(水)
【会場】B-techJapan Osaka Studio
【ピアノ】ベーゼンドルファーBösendorferインペリアル

【品番】RS-02003
【発売元】RAPT SOUND



img_p114.gif

CD購入はこちら!

【定価】1枚 \2,000(税込)

お電話でのお申込
button124.gif
TEL 0742-46-2302
メールでのお申込
000m07111.gif
こちら

収録曲目
106335192_346889906301009_9073169121223619077_n.jpg

profile
107072870_1215264335477123_8378889782355666591_n.jpg

CDを取り出すと私が撮影したプラハの写真が浮かび上がるデザインになっております。
107152705_980698532384045_9183563763591296852_n.jpg
(録音製作 瀬口晃平 RAPT SOUND)

profile
クラシック音楽を専門とするレコーディングディレクター。
2001年、株式会社ラプトサウンドに入社。
スタジオUSENでアシスタントエンジニアを経験後、2004年に退社して渡独。2年の研修期間を経て、ドイツ・ハイデルベルクにあるレコーディングスタジオ、Tonstudio van Geest社に入社。
Claves、ECM、Hänssler Classics、NAXOSなどのレーベルの依頼により、 シプリアン・カツァリス、シュトゥットガルト室内管弦楽団、ラ・プティット・バンド、アルボ・ペルト、エストニア交響楽団など、数多くのCD作品の制作を手掛ける。 レコーディング技術、デジタル編集を担当した、「マンハイマー・モーツァルトオーケストラ」のCD作品は、2011年ロサンゼルスで開催された、「グラミーアワード」にノミネートされた。


♪ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ♪
2020_08
11
(Tue)12:44

CD発売のお手紙~お知らせ~

fc2blog_2020080421045952a.jpg
先週より、門下生の皆さまにも、次のようなCD発売のお知らせと拡売のお願いのお手紙をお渡しさせて頂いております。
門下の皆さま
夏の日差しが強くなって参りました。
さて、この度、CDを発売致しました。
ウィーンのベーゼンドルファーインぺリアルという至宝のピアノでの録音の上、技術・エンジニアの皆さまも、業界最高峰の熟練された方ばかりですので、どこに出しても恥ずかしくない最高品質のものが出来上がったと自負しております。
500枚プレス致しましたので、門下の皆様はもちろんの事、おじいちゃま、おばあちゃま、ご親戚の方々、お友達等、その品質の良さを、外部の方にご推薦頂けますと、大変嬉しく存じます。
お値段は、税込みで、2,000円となっております。
お送りさせて頂く場合は、送料は、サービスとさせて頂いております。
先ずは、門下の皆様に、ゆっくり聴いて頂き、その素晴らしさに共感して頂けましたら、外部の方へ、ご推薦頂けますと、幸いに存じます。
どうぞよろしくお願い申し上げます。
谷真子

CDご希望の方は、TEL0742-46-2302(谷)または、ピアニスト谷真子公式サイトconcert欄お問い合わせフォームへお申込下さい。
a_blt018.gif
CDが新しく発売になりました。
Masako Tani plays
Bach=Busoni,Schubert,Debussy,Ravel
106002538_3159355770809816_7873576474051557812_n.jpg
購入はこちら!
お問い合わせ先 TEL 0742-46-2302
お問い合わせフォームはこちら
収録曲目
106335192_346889906301009_9073169121223619077_n.jpg
profile
107072870_1215264335477123_8378889782355666591_n.jpg
CDを取り出すと私が撮影したプラハの写真が浮かび上がるデザインになっております。
107152705_980698532384045_9183563763591296852_n.jpg
(録音製作 瀬口晃平 RAPT SOUND)

profile
クラシック音楽を専門とするレコーディングディレクター。
2001年、株式会社ラプトサウンドに入社。
スタジオUSENでアシスタントエンジニアを経験後、2004年に退社して渡独。2年の研修期間を経て、ドイツ・ハイデルベルクにあるレコーディングスタジオ、Tonstudio van Geest社に入社。
Claves、ECM、Hänssler Classics、NAXOSなどのレーベルの依頼により、 シプリアン・カツァリス、シュトゥットガルト室内管弦楽団、ラ・プティット・バンド、アルボ・ペルト、エストニア交響楽団など、数多くのCD作品の制作を手掛ける。 レコーディング技術、デジタル編集を担当した、「マンハイマー・モーツァルトオーケストラ」のCD作品は、2011年ロサンゼルスで開催された、「グラミーアワード」にノミネートされた。近年では、クラシック音楽番組『エンター・ザ・ミュージック』(BSテレ東 毎週土曜朝8時30分放送)の録音(音声担当)などを手掛ける。
♪ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ♪
2020_07
27
(Mon)21:36

今日CD宣伝用のチラシが届きました。

午前中、インターンホーンが鳴り、東京のカンフェティより、CD告知用に作成をお願いしておりましたチラシが届きました。ミントグリーンの爽やかな色。こういう色のドレスも素敵ですね♪
ピアニスト谷真子公式サイトの谷睦子事務員がすでにお世話になった方々や、楽器店の方に発送を済ませたようです。結婚する前、半年ほど銀行に勤めていた母(私が小さい頃は、家で英語を教えていた)は、事務作業がスピーディーです。私も事務作業はマメはマメですが、色々考えながらするので、あまり早くありません。音楽家の皆さんは、そうだと思います。

110205167_728916427948435_5389786479535523674_o.jpg

110831762_732858410887570_4614982013024337719_o.jpg


CDご希望の方は、TEL0742-46-2302(谷)または、ピアニスト谷真子公式サイトconcert欄お問い合わせフォームへお申込下さい。

a_blt018.gif
CDが新しく発売になりました。
Masako Tani plays
Bach=Busoni,Schubert,Debussy,Ravel


106002538_3159355770809816_7873576474051557812_n.jpg
購入はこちら!
お問い合わせ先 TEL 0742-46-2302
お問い合わせフォームはこちら
収録曲目
106335192_346889906301009_9073169121223619077_n.jpg
profile
107072870_1215264335477123_8378889782355666591_n.jpg
CDを取り出すと私が撮影したプラハの写真が浮かび上がるデザインになっております。
107152705_980698532384045_9183563763591296852_n.jpg
(録音製作 瀬口晃平 RAPT SOUND)

profile
クラシック音楽を専門とするレコーディングディレクター。
2001年、株式会社ラプトサウンドに入社。
スタジオUSENでアシスタントエンジニアを経験後、2004年に退社して渡独。2年の研修期間を経て、ドイツ・ハイデルベルクにあるレコーディングスタジオ、Tonstudio van Geest社に入社。
Claves、ECM、Hänssler Classics、NAXOSなどのレーベルの依頼により、 シプリアン・カツァリス、シュトゥットガルト室内管弦楽団、ラ・プティット・バンド、アルボ・ペルト、エストニア交響楽団など、数多くのCD作品の制作を手掛ける。 レコーディング技術、デジタル編集を担当した、「マンハイマー・モーツァルトオーケストラ」のCD作品は、2011年ロサンゼルスで開催された、「グラミーアワード」にノミネートされた。

♪ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ♪

2020_07
27
(Mon)15:05

新しく発売のCDジャケットの絵を描かれた藝大の後藤様がfacebookで私のCDのご紹介を下さいました。

新しくリリース致しました私のCDについて、ジャケットの表紙の絵に使わせて頂きました画家・建築家の後藤昭弘さんが、facebookでご紹介下さいました。
108000748_979163219198349_5006116927587743361_o.jpg
奈良在住の女流ピアニスト谷眞子さんのCDが発刊されました、ベーゼンドルファーから華麗にも力強い音色が風にのって梅雨宇宙を舞ってます。皆さんも是非愉しんで下さい。私の眞子さん描画がカバーを飾っでいます、光栄です!!ー 至福。
コメント1件
コメント
Masako Tani
Masako Tani CDをご紹介頂きまして、ありがとうございます。ジャケットに後藤さんの絵を使わせて頂き、光栄です!
家の玄関にこのように記念に絵を飾っております。
P1040829.jpg

CDご希望の方は、TEl0742-46-2302(谷)または、Mailフォーム
へお問い合わせ下さい。
a_blt018.gif
CDが新しく発売になりました。

Masako Tani plays
Bach=Busoni,Schubert,Debussy,Ravel


106002538_3159355770809816_7873576474051557812_n.jpg
購入はこちら!
お問い合わせ先 TEL 0742-46-2302
お問い合わせフォームはこちら
収録曲目
106335192_346889906301009_9073169121223619077_n.jpg
profile
107072870_1215264335477123_8378889782355666591_n.jpg
CDを取り出すと私が撮影したプラハの写真が浮かび上がるデザインになっております。
107152705_980698532384045_9183563763591296852_n.jpg
(録音製作 瀬口晃平 RAPT SOUND)
profile
クラシック音楽を専門とするレコーディングディレクター。
2001年、株式会社ラプトサウンドに入社。
スタジオUSENでアシスタントエンジニアを経験後、2004年に退社して渡独。2年の研修期間を経て、ドイツ・ハイデルベルクにあるレコーディングスタジオ、Tonstudio van Geest社に入社。
Claves、ECM、Hänssler Classics、NAXOSなどのレーベルの依頼により、 シプリアン・カツァリス、シュトゥットガルト室内管弦楽団、ラ・プティット・バンド、アルボ・ペルト、エストニア交響楽団など、数多くのCD作品の制作を手掛ける。 レコーディング技術、デジタル編集を担当した、「マンハイマー・モーツァルトオーケストラ」のCD作品は、2011年ロサンゼルスで開催された、「グラミーアワード」にノミネートされた。

ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2020_07
16
(Thu)14:44

CD宣伝用のチラシ



東京のカンフエテイより、CD宣伝用チラシ初稿ができあがり、メールにて届きました。今回は、デザインは、デザインナーの方にお任せ。素敵です。✨出来上がりが楽しみです。

カンフェティデザイン室の菊池さんとおっしゃる方のデザインです。
プロフィ-ル欄に写真がある方が華やかになるということで、前回の秋篠音楽堂でのリサイタルのチラシの写真を使って下さったようです。
新しく6月に近くの写真館で新調したドレスの写真で撮った写真がありますので、そちらの写真を送ったり、収録曲目の言語表記を追加したりなどの作業を行っております。

a_blt018.gif
CD発売になりました。

Masako Tani plays
Bach=Busoni,Schubert,Debussy,Ravel


106002538_3159355770809816_7873576474051557812_n.jpg

購入はこちら!

お問い合わせ先 TEL 0742-46-2302
お問い合わせフォームはこちら


収録曲目
1~3、シューベルトFranz Schubert 
 即興曲 作品90 -2,3,4 D899(Impromptus Op.90 D899)

4、バッハ=ブゾーニ Bach=Busoni
 シャコンヌ Chaconne

5~7、ドビュッシー Claude Debussy 映像第1集 Image 1ère série
Ⅰ:水の反映
Reflets dans l’eau
Ⅱ:ラモー礼賛
Hommage à Rameau
Ⅲ:運動
Mouvement

8、ラヴェル  Maurice Ravel
ラ・ヴァルス
La Valse

9~10.ラヴェル 
・・・風に
À la manière de…
 
シャブリエ風に
“Chabrier”

 
ボロディン風に
“Borodine”



106335192_346889906301009_9073169121223619077_n.jpg

profile
107072870_1215264335477123_8378889782355666591_n.jpg

CDを取り出すと私が撮影したプラハの写真が浮かび上がるデザインになっております。
107152705_980698532384045_9183563763591296852_n.jpg

(録音製作 RAPT SOUND)HP

ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2020_07
08
(Wed)16:54

CD発送致しました。

早速昨日お世話になっている方々に、完成したCDを発送致しました。

先ほどJYUZIA宇治大久保店の西さんが来られ、リサイタルのようなCD宣伝のチラシを作ったら、チラシを置いて下さるとのこと。
本来ならば、そろそろ次のリサイタルに向けて、チラシ作成の準備に取り掛かる時期ですが、コロナの影響により難しく、リサイタルの代わりにCD宣伝用のチラシをカンフエツテイに頼むことにしました。

a_blt018.gif
CD発売になりました。

Masako Tani plays
Bach=Busoni,Schubert,Debussy,Ravel


106002538_3159355770809816_7873576474051557812_n.jpg

購入はこちら!

お問い合わせ先 TEL 0742-46-2302
お問い合わせフォームはこちら

収録曲目
106335192_346889906301009_9073169121223619077_n.jpg

profile
107072870_1215264335477123_8378889782355666591_n.jpg

CDを取り出すと私が撮影したプラハの写真が浮かび上がるデザインになっております。
107152705_980698532384045_9183563763591296852_n.jpg

ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ




2020_07
06
(Mon)22:30

今日もおやつはマスカットです。

今日もおやつはマスカットを頂いております。美味しいです。熊本の雨が心配です。iPad用のペンを買いました。


106991312_674256159789231_4949783082795962282_o.jpg

106453861_674256206455893_7350984153790798905_o.jpg
a_blt018.gif
CD発売になりました。

Masako Tani plays
Bach=Busoni,Schubert,Debussy,Ravel


106002538_3159355770809816_7873576474051557812_n.jpg

購入はこちら!

お問い合わせ先 TEL 0742-46-2302
お問い合わせフォームはこちら

収録曲目
106335192_346889906301009_9073169121223619077_n.jpg

profile
107072870_1215264335477123_8378889782355666591_n.jpg

CDを取り出すと私が撮影したプラハの写真が浮かび上がるデザインになっております。
107152705_980698532384045_9183563763591296852_n.jpg

ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ



2020_07
05
(Sun)21:21

CD制作会社の社長さんよりマスカットを頂戴致しました。

今日、CD 制作会社のラプトサウンド社長様瀬口洋一郎様より、おいしそうな大分のマスカットを頂戴致しました。
CD デイレクターの瀬口晃平さんのお父様でいらっしゃいます。

現在、師事している阿部裕之先生とお父様がお知り合いだそうで、瀬口晃平さんがドイツに録音のお勉強に行かれているというのを聴き、帰国されたところ、ご自分のラヴェル全曲録音を頼まれたそうです。

私は調律の菊池さんにご相談してご紹介頂いたので、偶然同じ方なのですが、阿部裕之先生のラヴェル全曲録音と同じような録音環境でお聞き頂けます。

小学校、中学生と師事した相愛大学名誉教授の故片岡みどり先生とご近所で親しくされていたそうで、師事した先生方をご存知という偶然続きなのであります。

TVのウイーン少年合唱団を聴きながら、頂きました。ジューシでとても甘く美味しいです。

早速、今日、御礼のお葉書を書き、お出し致しました。

先日、完成致しましたCD製作費のお支払も済ませました。
116265355_1518960728292369_5268959070812260347_n.jpg

116215400_3003928583053006_7939061781642731167_n.jpg


107123854_621295161822758_4294749320132863215_n.jpg

107128746_209277696949974_5928432445171962322_n.jpg

107325239_629633837647179_6866700251835941654_n.jpg

107285952_303078647544353_7745729755130822829_n.jpg

107066183_773805853369780_3892326292401036021_n.jpg

107079409_673657679849079_3644456480720017331_o.jpg

a_blt018.gif
CD発売になりました。

Masako Tani plays
Bach=Busoni,Schubert,Debussy,Ravel


106002538_3159355770809816_7873576474051557812_n.jpg

購入はこちら!

お問い合わせ先 TEL 0742-46-2302
お問い合わせフォームはこちら

収録曲目
106335192_346889906301009_9073169121223619077_n.jpg

profile
107072870_1215264335477123_8378889782355666591_n.jpg

CDを取り出すと私が撮影したプラハの写真が浮かび上がるデザインになっております。
107152705_980698532384045_9183563763591296852_n.jpg

ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ







2020_07
01
(Wed)13:02

CDが届きました

先程、待ちに待ったレコーディング&作成していたCDが届きました。

完成品を見るのは、今日が初めてですが、ジャケットもCDもイメージ通りに仕上がっていて、感激。

音楽の道を志して、20年余り。

音楽は弾いた瞬間に消えていく芸術ですが、こうやって、一つの形として作成したものが出来上がってみると、万感の思いです。


エンジニア&デイレクターの瀬口さんのプロフエツショナルな技もすごいです。
調律の菊池さんの調律も、音が柔らかいです。

また、コンサート活動もそうですが、CD製作においても、技術者や調律師の方などお力添えがあって、一人ではとても出来ないことだと痛感致しました。


500枚。段ボール5箱分。

CDを聴きたいとおっしゃって下さる方もたくさんいらっしゃって、まずは、お世話になった方々へお送りするための発送から行って参りたいと思います。

演奏会場でのロビーにも、置いて、販売を行って参りたいと思います。

500枚とたくさんありますので、これから、広報活動や、販売を頑張って行って参りたいと思います。


多くの方々に、聴いて頂けましたら、嬉しく思います。



106413808_909600212873140_4541373673936883141_n.jpg
106472971_677269786479479_5147535412059532784_n.jpg
106319552_912881562562676_6635097589032516900_n.jpg
105509980_3310316422371121_1967750054239499490_n.jpg
106557237_917102235471116_475545279680236754_n.jpg
106505036_2712410565750327_1717444499488682263_n.jpg
fc2blog_20200701124409250.jpg


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2020_06
13
(Sat)14:29

いよいよプレスへ

録音していた作成中のCDを、いよいよプレスに出すことになりました。


500枚のプレスをお願いしています。


デイレクターの瀬口さんのお話では、録音は、その日の湿度や、環境、調律師や演奏者、良い雰囲気が全てが上手く整わないと、良い録音が出来ないそうです。


とても綺麗な音の良いCDになっていると言って頂きました。


今回は、録音当日のお天気も良く、(ピアノという楽器は 湿度とコンデイションが,強く影響しますので)、ベーゼンドルフアーのインペリアルピアノもよく鳴っていたので、調律の菊池さんの調律は言うまでもなく素晴らしく、デイレクターの瀬口さんは、演奏録音するにあたって、演奏者が緊張しないようご配慮下さったので、落ち着いて、良い精神状態で演奏に集中することが出来ました。








多くの方に是非聴いて頂けましたら、嬉しく思います。

ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2020_05
30
(Sat)20:04

校正用視聴用CDが届きました。

2月に録音していたCDにする音源の編集が完成し、届きました。

with reverberation(残響あり)とwithout reverberation(残響なし)の2種類のバージョンが入っています。


100753093_257359635338920_233547617043218432_n.jpg

早速、視聴しました。午後4時間近くかけて、2枚通して聞きました。
観客になったつもりで、なんとなく、聴いてみました。

本物のCDの音に編集されていて、驚きました。
いつもは、母が海外のピアニストのCDをかけて聴いていることの多いオーディオですが、私のCDが届いて一足先に母が聞いていて、なんとなく聴いていたのですが、まさか、自分のがかかっているとは思いませんでした。教会かホールで弾いているように、編集されています。
99432045_689343895239022_7307978358422241280_o.jpg

早速、次の日に、楽譜をみながら校正・音確認作業をしました。じっと、細かいところまで聞きます。
101537109_2992426637507895_8952399328924663808_n.jpg

トラック番号8番まで聴きました。Ravel の la Valseを聴いています。
100471469_1841906179277165_3369638900136935424_n.jpg


聞きながら、小節数、オーディオでの表示時間、気になる箇所をメモしていきました。
101539096_251315099313419_5976717223136329728_n.jpg

100737639_977098372709813_4026405374687969280_n.jpg

101197901_1143791295999515_1085291467800313856_n.jpg
バッハ=ブゾーニ シャコンヌ 楽譜では、ここの辺りです。
101247243_249974399437728_8779482940565356544_n.jpg

そのメモを元に、文章に起こして、ディレクターさんにメールをお送り致しました。
100982424_1899725833485250_3962712594531221504_n.jpg


昨日と、今日の午後一杯かけて、作業を行いました。

これから、再編集を行います。

再編集し直した後の、第2弾のCDが届くそうです。

ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
skype,line動画、facetimeによるビデオ通話でのレッスン行っております♪




2020_05
26
(Tue)12:49

製作中のCDジャケットの楽曲解説②より

CDジャケットに掲載する楽曲解説から。(続き②)

CDで音楽として聴くだけでなく、言葉で音楽について補った方が、より分かりやすいかと思い、聴いて欲しいポイントや、楽曲の魅力などについて、自分で書きました。演奏者が何を考えてイメージして弾いているかなども、CDとご一緒に聴いて頂けるかと思います。

Ⅱ:ラモー礼賛
Hommage à Rameau
ドビュッシーが尊敬してやまなかったフランスの作曲家ラモーRameau,Jean-Philippe(1683-1764)を讃えたサラバンドによる讃歌である。
 教会オルガニストでもあったラモーを喚起させるオルガンのような響きが曲全体を占め、16~17世紀のフランス古典音楽に対する敬意が感じられると同時に、ドビュッシー独特の和声が見事に融合している。平行和音、2度、7度、9度の和音を用し、ピアノスティックなソノリティの中に、教会旋法によるバロック時代を偲ぶメロディーも聴かれる。

Ⅲ:運動
Mouvement
同じ音型の反復進行により、絶え間なく続く運動という概念を抽象的に描いている。一定の反復進行を繰り返すことにより、時間の中にうつろう美を表し、音楽におけるリズムの支配を予感させ、ドビュッシーの作品の中で新しい方向性を示す曲である。

ラヴェル  Maurice Ravel

ラ・ヴァルス
La Valse
もとは1920年に2台ピアノ版、オーケストラ版のために初演された曲で、併行してラヴェル自身によってピアノ・ソロ用に作曲された。舞台は19世紀中頃のウィーンの宮廷ワルツをイメージして作曲されている。
冒頭では混沌とした渦巻く雲の中から、ワルツのリズムとメロディーが浮かび上がってくる。ワルツは様々な表情を変えながら現れる。次第にそのワルツは高揚し、後半では前半冒頭と同様、もとの静けさに戻る。鍵盤を駆け巡るようなグリッサンドによる装飾を伴いながら、次第にピアノ1台でフル・オーケストラのような響きによる迫力と輝きを増し、最後は、力強い連打により終わる。

ラヴェル 
・・・風に
À la manière de…
 
シャブリエ風に
“Chabrier”
 グノーのオペラ『ファウスト』のアリアをシャブリエ風に模して書いた曲。
冒頭の同音による和音の連続はシャブリエ風を想起させ、短い前奏の後、出現する主題はグノーのオペラを、全体の和声の扱い方はラヴェルを思い起こさせる。
 
ボロディン風に
“Borodine”
ボロディン風のオリエンタルの響きを持ちながら、ラヴェル特有の緻密な作曲技法を合わせ持つ曲。ヘミオラのリズムと、3拍子による伴奏音型が終止同時に進行し、中間部では技巧的であり、最後は、東洋風の旋律が消えていくように終わる。

♪一昨日、ジャケットの校正が終わりました。最初のデザイン案より、背景の色を少し薄いミルクティーのように変えて頂きました。後藤昭弘画によるピアノの絵が浮き立つように、淡い配色に変わりました。

CD表ジャケットデザイン案1回目校正後5/24
100821098_648801469001367_6982411479379083264_o.jpg

CD盤面第1回目校正後5/24

CD校正1

CDジャケット楽曲解説第1回目校正後5/24      
CD校正3

CD帯校正後第1回目5/24
CD校正2

ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
skype,line動画、facetimeによるビデオ通話でのレッスン行っております♪               


2020_05
22
(Fri)16:59

CDジャケットの校正作業を行っております。

ここのところ、作成中のCDジャケットとブックレットの校正作業を行っていました。

私が校正希望をだしたところは、主に自分で書いた楽曲解説部分について。
文章の流れで気になるところを、訂正致しました。
あとは、演奏の雰囲気とCDのジャケットの雰囲気が合うかなどについて、打ち合わせをし、私の希望を出しました。

CDの製作者である(株)ラプトサウンドの瀬口さんからも、校正案を送って頂き、一度めの校正案を作成致しました。
それをデザイナーのAkira Nakamuraさんとおっしゃる方に、送って頂き、最初の校正作業に入ります。
98346805_248033479763083_942987914109779968_n.jpg
瀬口さんは、このCDのディレクター兼エンジニアでドイツの録音スタジオでお仕事をされていらっしゃったそうですが、丁寧で確実な作業の進め方が素晴らしいです。

今回ジャケットに使わせて頂くピアノを弾いている絵画は、建築家・画家でいらっしゃる後藤昭弘さんによる絵です。私がピアノを弾いている写真から絵を描いて下さいました。

72253801_753057775147808_7636173143270227968_n.jpg
後藤昭弘画   Piano: Pianist Maskao Tani


後藤さんは、東京藝術大学建築科卒の方ですが、長く、ロシナンテの顧問もされていた方です。
何と、ウィーンフィルのニューイヤーコンサートにもご招待された経験をお持ちの、凄い方です。



ロブマイヤー・サロンウィーンで有名なシャンデリアの会社です。後藤さんはそちらでデザインされていたそうです。

調律は菊池和明さん。菊池さんもウィーンで調律を学ばれたそうで、凄い方です。

ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2020_05
14
(Thu)20:35

CDのジャケットの原案が出来上がってきました。

96518438_678458409660904_95135273658089472_o.jpg
現在、作成しているCDに使われるジャケットの原案が、(株)ラプトサウンドの瀬口さんより送られてきました。

私が2月頃に書いた楽曲解説や、収録されておりますプログラムも、冊子にデザインされ、CDらしく、形になって参りました。
素敵に仕上げて頂いて、嬉しいです。

まだ、これから、校正作業を行っていき、CDについては、5月末ごろに第1弾の編集されたものが届いて、自分でも聴けるそうです。

デザイナーは、Akira Nakamuraさんとおっしゃる方です。

ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ

skype,line動画、facetimeによるビデオ通話プライヴェートレッスン行っております♪
2020_03
21
(Sat)12:08

レコーディング ー③~現在、CD製作中~


CD録音の編集作業を行っています。
いくつか取り直したところを、綺麗につなげていく作業です。

現在、プログラム後半のラヴェルまで編集が進んでいるそうです。



エンジニアの瀬口さんは、阿部裕之先生が出されたラヴェル全曲CDの録音もされています。
ドイツに録音の勉強に行かれているという事を聞き、阿部先生が録音を頼まれたと先月お話されていて、偶然同じで驚いています。

生徒さんや、お電話でお問い合わせのあった方もいて、阿部先生のCDが欲しいとおっしゃる方がいらっしゃいました。

https://www.amazon.co.jp/%E9%98%BF%E9%83%A8%E8%A3%95%E4%B9%8B-%E3%83%A9%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%94%E3%82%A2%E3%83%8E%E3%83%BB%E3%82%BD%E3%83%AD%E4%BD%9C%E5%93%81%E5%85%A8%E9%9B%86-%E9%98%BF%E9%83%A8%E8%A3%95%E4%B9%8B%E3%83%94%E3%82%A2%E3%83%8E/dp/B076ZVWRHK


サウンドチェックの時に、一度、自分の音源を聴く事ができたのですが、とても綺麗な音で、機械的な音ではなく、細部の細かな表現まで録音されているという感じでした。

ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2020_03
06
(Fri)11:30

Bösendorfer Model 290 Imperialーㇾコーディング②~現在、CD製作中~

先日2月に、B-Tech Jaona大阪スタジオで行いました録音の時に使用したコンサートグランドピアノは、オーストリアウィーンのベーゼンドルファー・モデル290インペリアル(Bösendorfer Model 290 Imperial)です。

インペリアルとは、「帝王の」と言う意味ですが、290cmあり、名前の通りとても大きなコンサートホール用グランドピアノです。

音色は、いぶし銀のような重量感があり、響きがふくよかで、とても多彩な音色が出ます。

鍵盤が通常の88鍵より多く97鍵あり、バルトークやラヴェル、ドビュッシーなど、88鍵よりさらに下の低音の追加音符が書かれた曲があります。インペリアルピアノでないと、弾けない曲です。低音による倍音効果により、よりふくよかな響きがします。

鍵盤が1オクターブ程多いことで、普段のピアノとは、視覚的に鍵盤の数が多く、距離感が違いますので、うまく弾きこなせるように慣れるまで時間がかかります。

今回の録音では、1日しかスタジオを取っていませんでしたので、録音したものを聴く時間はなく、午前中から夕方まで、10分ほどの休憩2.3回程以外は、5時間程ひたすら弾き続けましたが、(エンジニアの方が良いものとそうでないものを書いておられました)菊池和明さんの調律も素晴らしく、ピアノの多彩な音が鳴り響いていました。

ドイツで録音のお勉強をされたエンジニアの瀬口さんのお話だと、ホールで響き渡るような感じではなく、スタジオで近くで弾いているように撮れているとのことでした。

先日の、阿部先生のレッスンで、まず、録音を聴いてみないととおっしゃっていました。

録音曲目
♪シューベルトFranz Schubert 

即興曲 作品90 D899
Impromptus Op.90 D899

Ⅱ:Allegro(Es dur)
Ⅲ:Andante(Ges dur)
Ⅳ:Allegretto(As dur)

♪バッハ=ブゾーニ Bach=Busoni
シャコンヌ
Chaconne

♪ドビュッシー Claude Debussy

映像第1集
Image Ⅰère sèrie
Ⅰ:水の反映
Reflets dans l’eau
Ⅱ:ラモー礼賛
Hommage à Rameau
Ⅲ:運動
Mouvement

♪ラヴェル Maurice Ravel

ラ・ヴァルス
La Valse

・・・風に
A la manière de…
シャブリエ風に
“Chabrier”
ボロディン風に
“Borodine”

ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ

2020_02
13
(Thu)13:07

レコーデング模様ー①~CD製作に向けて録音~

昨日、CD録音が無事終了しました。

場所は、B-tech Japanにて、使用ピアノはベーゼンドルファ-インペリアル、調律は、菊池和明さん、レコーデイングプロデューサーは、株式会社ラプトサウンドの瀬口晃平さんです。

一日、調律の菊池さんが立ち会って下さり、1時間ごとに、調律のチェックをして下さいました。

朝10時ごろから機材のセッティングが始まり、11時前から指慣らしのウオーミング・アップををしました。
簡単なスケールを弾いたり、プログラムの一部を弾いたりしながら、指がよく動くように練習しながら温めました。

15分ほど練習して、11時からサウンドチェックが始まりました。天井まで届くようなマイクが7本。
私が1曲だけ弾き、録音を聴きました。

その後の本番が始まりました。プログラム全部を、まず、通して弾きました。

休憩をはさみ、その間に菊池さんが疲労調律をして下さり、
午後からは、もう一度、全プログラムを通して弾き、自分で気になる箇所を何回か弾きました。
その後、1曲ずつ、プロデューサーの方から指示された箇所を、OKが出るまで弾くという形で録音が進みました。

予定より早く16時過ぎ頃終了。

デイレクターの瀬口さんは、ミスを見逃さず、厳しいお耳にびっくりしました。

引き続き、録音校正や、ジャケットなどの執筆、作成をします。

86261818_587568438458004_1660663991355047936_o.jpg

マイクが7本。コードに引っかからないよう、気をつけて歩きます。
86285438_587564065125108_6457623392714489856_o.jpg

録音中。
レコーディング2

ベーゼンドルファーインぺリアル。鍵盤が通常のピアノよい多いため、黒く塗ってあります。
普段と鍵盤の距離や、低音部の一番端の鍵盤の音が違うため、跳躍する時にの左手の距離感が違うので、慣れるまで時間が掛かります。

84536965_587564018458446_2980903939911712768_o.jpg

86176647_587568465124668_2547606821384749056_o.jpg

録音機材です。とても良い音がしました。
84606839_587561841791997_790613211865939968_o.jpg

プロデューサーの瀬口さんと。
86182962_587564421791739_7081704212660224000_o.jpg


レコーディング



ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2019_11
06
(Wed)19:01

レコーディング

現在、去る6月30日に、奈良市西大寺にある秋篠音楽堂で開催したリサイタルのプログラムを、レコーディングしようと案を練っているところです。

場所は、新大阪にあるB-tech Japanのスタジオで、ピアノはオーストリアウィーンのピアノベーゼンドルファーを使用致します。

調律は、私の練習スタジオ用のピアノに調律に来て頂いている菊池和明様、エンジニアの方は、菊池さんとよくお仕事をされている瀬口晃平様とおっしゃる方にお願いする予定にしています。

レコーディング曲目は、
シューベルト即興曲Op.90-2,3,4,
バッハ=ブゾーニ シャコンヌ
ドビュッシー 映像第1集
ラヴェル ラ・ヴァルス
ラヴェル ・・・風に「シャブリエ風に、ボロディン風に」
です。

調律の菊池さんは、主に海外のアーティストがベーゼンドルファーを演奏会で使用する時に、演奏会本番での調律をされるコンサートチューナーの方で、大変ご多忙な方でいらっしゃいます。


これまでにも、「CDはないんですか?」と聞いて下さる方も何人かいらっしゃったのですが、特に行ってはいませんでした。

6月のリサイタルの演奏会のチラシの広報(宣伝)をお手伝下さったご近所の方のアドバイスもあって、CDを作成する案が持ち上がりました。

色々な方にお世話になりますので、全員のスケジュールが合う日でないと、難しく、2月頃を予定しているのですが、B-tech Japanの調律師の貴田聖子様に色々ご相談しながら、これから調整などをお願いする予定にしています。