2019_11
27
(Wed)23:40

大阪のフェニックスホールにて、阿部裕之先生のコンサートを堪能して来ました。

今日、大阪・梅田にあるフェニックスホールへ、阿部裕之先生のコンサートを聴きに伺いました。

音がとても柔らかく、前半のドビュッシーの前奏曲集は、45分間があっという間でした。

一つずつ、曲のタイトルを見ながら聴いていると、情景が思い浮かんでくるような前奏曲集でした。

一番印象に残ったのは、第6曲雪の上の足跡でした。

後半は、酒井健治さん作曲による、静寂の顕現という曲。お聴きするのは、いずみホールでのコンサートから2度目。フランスものを思わせるような現代曲でした。

最後のラベルのク-プランの墓は、何度かレッスンを受けたことがあり、テクニックの粒から音の美しさまで、完璧で素晴らしかったです。

美しい音による素晴らしい演奏会を堪能できました。アンコールは、珍しいラベルの小品でした。

大人の生徒さんや、お知り合いの方、小さい生徒さんもお母様とご一緒に聴きにこられ、演奏会後、絵が思い浮かんでくるような演奏でした、美しい音でした、指が良く動いているのが見えて良かったです、楽しんで聴きましたなどの感想をおっしゃって下さいました。 


78754174_533373123877536_1025940332644139008_o.jpg

73472801_533376483877200_5123385918106894336_o.jpg

73302079_533376553877193_5826481290051846144_o.jpg

Pianist谷真子公式twitter→https://twitter.com/tani_piano

ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2019_11
19
(Tue)22:31

阿部裕之先生のご自宅へレッスンに伺いました。

ロンティボー国際コンクールで日本人の方が2人入賞されました。
新聞にも載っていましたので、ご覧になられた方も多いのではと思います。

海外での日本人のご活躍、素晴らしいことだと思います。

昨日は、阿部裕之先生の京都のご自宅へ、レッスンに行って参りました。

玄関には、阿部裕之先生が出されているラベルの全曲CDのジャケットに使われている色彩的な絵と同じ絵が掛かっています。

レッスン室は、2階にあり、とても明るく、 ヨ-ロツパ的なガラスの置物や調度品がたくさん飾ってあります。

阿部裕之先生が練習されているピアノは、また別にあるのではないかと思います。(お聞きしたことがないので、分かりません)

昨日は、お正月にsalon classic芦屋での演奏会で弾く予定の曲、チェロとピアノのための室内楽『ショパンの序奏と華麗なるポロネーズ』を見て頂きました。

ピアノパートは、室内楽でありながら、ショパンのピアノコンチェルトのように、華やかで、チェロが低音で支えてくれると良いのにねとお話しされていました。  

ショパンの『アンダンテスピアナートと華麗なる大ポロネーズ』というピアノ曲がありますが、元は、ピアノとオーケストラのために書かれた曲。

 
序奏+ポロネーズという構成や、ピアノがメインで、オーケストラパートが控えめというバランスなど、よく似ているなと思います。

他に、ソロの曲も練習しています。

いつものパン屋さんは混んでいたので座れず、パンを買って、近くの公園でランチを頂きました。


11/27の阿部裕之先生のコンサートが大阪フェ二ックスホールmapで開催されます。
一年振りぐらいの、阿部裕之先生のコンサートです。

皆さまも是非どうぞ、お聴きになられてみて下さい。

先生阿部
“KCM Concert at The Phoenix Hall, Osaka”
阿部裕之(ピアノ)
~ノートル・ダム大聖堂に思いを寄せて~

◆ドビュッシー:前奏曲集 第1巻
◆酒井健治:静寂の顕現
◆ラヴェル:組曲「クープランの墓」

2019年 11月27日(水)19:00開演(18:30開場)
会場:ザ・フェニックスホール

入場料(全席指定・税込)
●全席指定:3,500円
●ザ・フェニックスホール友の会会員:3,150円(前売のみ)

協賛:あいおいニッセイ同和損保/あいおいニッセイ同和損保ザ・フェニックスホール
後援:毎日新聞社

発売開始日
2019. 7/19(金) 一般発売開始

お問い合わせ
コジマコンサートチケットサービス
0570-00-8255/03-5379-3733

Pianist谷真子公式twitter→https://twitter.com/tani_piano

ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2019_10
24
(Thu)12:21

阿部裕之教授のレッスンに伺いました。 for a recording on Fabruary next year

先週末は、京都のご自宅へ、阿部裕之教授のレッスンへ伺いました。

I had a private lesson from Prof. Hiroyuki Abe at Kyoto on last Sunday.
In Fabruary next year,I" ll have a recording my recital's program it was held at akishino-ongakudo on last June.

9月末に行った葉山旅行の葉山マリーナのおみやげをお渡しし、生徒さんより託っていた阿部裕之ピアノ・コンサートの御代とお礼のお手紙もお渡ししました。

2月に、 6月に行ったピアノ・リサイタルのプログラムのCDレコーディングをする予定にしていますので、現在は、そのプログラムを中心に練習しています。


 また、来年年明けの週末に、ベルギーより来日するチェリスト Nicolas Deletailleさんとチェロの曲を共演する予定にしていますので、ショパンの「序奏と華麗なるポロネーズ」という曲も練習しています。

→a related article from "Pianist Masako Tani official Twitter" 関連記事→https://twitter.com/tani_piano/status/1185904108718309378

阿部裕之先生は、ラヴェル全曲のCDも出されています。
(CDご購入をご希望された生徒さんがいらっしゃったので、阿部裕之先生に生徒さんのお名前をサインして頂いて帰ったことがあります)

レコーディングでは、演奏会などのライブでの演奏とは、また、演奏の仕方が違うと思うので、また、異なる角度からのレッスンをして頂きました。

演奏会のライブ演奏では、勢いや全体の流れなどが大切になってくるかと思いますが、録音では、より細部の表情を大切にというアドヴァイスを頂きました。 阿部先生は、そのために、部分的に楽譜を見ながら弾く時もあるということでした。

Recordingは、初めて行いますので、阿部裕之先生より事前にアドヴァイスを頂きながら、あと3か月練習を進めて参りたいと思います。

Pianist谷真子公式twitter→https://twitter.com/tani_piano

ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2019_10
08
(Tue)14:07

阿部裕之ピアノ・コンサートのチケット Abe Hiroyuki Piano Recital

こちらのHPでもご案内しておりますが、11月27日、大阪フェ二ックスホールで、阿部裕之ピアノコンサートが開催されます。
   Abe Hiroyuki Piano Recital will be held on 27th November at phoenixhall in Osaka.
I now take a lesson at private lesson from Prof.Abe.

先日、お願いしておりましたチケットが阿部裕之先生より届きました。
素敵な絵画が印刷されたメッセージ付きです。

阿部裕之先生のお便りには、封筒や便箋に、絵が描かれていることが多く、おそらく、ご自分で印刷されたものだと思います。アーティスティックなお手紙です。
71802377_497986147416234_831904855650992128_n.jpg

72434422_497986114082904_9147182778767376384_n.jpg


関連記事→http://masakotani.jp/blog-entry-1092.html

Pianist谷真子公式twitter→https://twitter.com/tani_piano

ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2019_09
10
(Tue)12:37

阿部裕之先生のレッスンを受けに参りました。

昨日は、京都へ阿部裕之先生のご自宅へレッスンを受けに参りました。
16日(月・祝)に、salon classic芦屋にて、自分のコンサートがあるので、今月は、早めにレッスンをお願い致しました。

ラヴェルのラ・ヴァルスを中心に、グリーグのホルベア組曲、モーツァルトの幻想曲ニ短調をレッスンして頂きました。
グリーグやモーツァルトは、お得意のレパートリーのようで、素晴らしいレッスンでした。

11/27の阿部裕之先生のコンサートが大阪フェ二ックスホールで開催されます。チケットをお願いしておりました。


毎年、阿部裕之先生のコンサートをお聴きしています。
フランスの香り漂う、素晴らしいピアニストの方です。
谷真子ピアノ・スタジオとご面識のある方や先日の秋篠音楽堂での谷真子ピアノ・リサイタルにお越し下さった方で、一度、お聴きになられてみたい方は、谷真子ピアノ・スタジオ(TEL0742-46-2302)までご一報下さいませ。

お問い合わせ先
お問い合わせフォームはこちら
谷真子ピアノ・スタジオ TEL 0742-46-2392

先生阿部
“KCM Concert at The Phoenix Hall, Osaka”
阿部裕之(ピアノ)
~ノートル・ダム大聖堂に思いを寄せて~

◆ドビュッシー:前奏曲集 第1巻
◆酒井健治:静寂の顕現
◆ラヴェル:組曲「クープランの墓」

2019年 11月27日(水)19:00開演(18:30開場)
会場:ザ・フェニックスホール

入場料(全席指定・税込)
●全席指定:3,500円
●ザ・フェニックスホール友の会会員:3,150円(前売のみ)

協賛:あいおいニッセイ同和損保/あいおいニッセイ同和損保ザ・フェニックスホール
後援:毎日新聞社

発売開始日
2019. 7/19(金) 一般発売開始

お問い合わせ
コジマコンサートチケットサービス
0570-00-8255/03-5379-3733


Pianist谷真子コンサートのご案内
【日時】2019年9月16日(月) 開演17時(開場16:30)
【コンサート名】ジョイント・コンサート パリ国立高等音楽院 イブ・アンリ教授を客演に迎えて
【プログラム】 ラヴェル ラ・ヴァルス(谷真子ピアノ・ソロ)
【主催】 The Music Center Japan Tel 0797-55-0730 後援:(株)ベヒシュタイン・ジャパン
【入場料】 3000円
※ご招待券あります。
【お問い合わせ】谷真子ピアノスタジオチケットお問い合わせフォーム


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2019_08
30
(Fri)18:21

阿部裕之先生のコンサートのお知らせ

我が師の阿部裕之先生のコンサートのお知らせです。

11月27日、午後7時から、大阪のフェニックスホールに於いてです。

“KCM Concert at The Phoenix Hall, Osaka”
阿部裕之(ピアノ)
~ノートル・ダム大聖堂に思いを寄せて~

◆ドビュッシー:前奏曲集 第1巻
◆酒井健治:静寂の顕現
◆ラヴェル:組曲「クープランの墓」

2019年 11月27日(水)19:00開演(18:30開場)
会場:ザ・フェニックスホール

入場料(全席指定・税込)
●全席指定:3,500円
●ザ・フェニックスホール友の会会員:3,150円(前売のみ)

協賛:あいおいニッセイ同和損保/あいおいニッセイ同和損保ザ・フェニックスホール
後援:毎日新聞社

発売開始日
2019. 7/19(金) 一般発売開始

お問い合わせ
コジマコンサートチケットサービス
0570-00-8255/03-5379-3733

先生阿部

a_blt019.gif次回コンサートのお知らせ

【日時】2019年9月16日(月) 開演17時(開場16:30)
【コンサート名】ジョイント・コンサート パリ国立高等音楽院 イブ・アンリ教授を客演に迎えて
【プログラム】 ラヴェル ラ・ヴァルス(谷真子ピアノ・ソロ)
【主催】 The Music Center Japan 後援:(株)ベヒシュタイン・ジャパン
【入場料】 3000円
【お問い合わせ】 Tel 0797-55-0730(The Music Center Japan)

ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ



2019_08
27
(Tue)21:58

阿部裕之先生のご自宅へ、レッスンを受けに参りました

今日は、午前中、阿部裕之先生のご自宅へ、レッスンを受けに参りました。

9月16日の演奏会で弾く予定にのラヴェルのラ・ヴァルス、グリーグのホルベア組曲、モーツァルトの幻想曲ニ短調、ラヴェルのソナチネ第1楽章を見て頂きました。

ラヴェルのラ・ヴァルスは、長く弾いている曲で、長く弾いていると、くずれやすくなりますので、客観的な目で確認して頂きます。
長く弾いている曲を、新鮮な気持ちで練習することは、とても、難しいことですが、常に新たな気持ちで練習していきたいと思います。

グリーグのホルベア組曲やモーツァルトや、ラヴェルのソナチネは、阿部裕之先生お得意のレパートリなのだと思います。
音がとても美しく、大変お上手でした。

モーツァルトの幻想曲は、時々、子供でもコンクール等で弾いていますが、解釈が難しい曲です。
幻想曲とは、元々、即興的な要素を含む楽曲から派生した語。

有名な冒頭のニ短調によるアルペジオは、当時、その曲の調のアルペジオなどの簡単な指慣らしをしてから、弾き始める事が多かったそうで、その名残だそうです。

ラヴェルのソナチネは、私は、ぺルルミュテール版の楽譜の指使いを楽譜に書きこみましたが、その人に合った指使いを探すのが一番良いとの事。ドビュッシーやラベルを弾く時に、まず、指使いを探すのが大変ですが、色々アドヴァイスを頂いてきました。

レッスン後はランチ。
69637396_473672899847559_3440396570783121408_n.jpg


a_blt019.gif次回コンサートのお知らせ
【日時】2019年9月16日(月) 開演17時(開場16:30)
【コンサート名】ジョイント・コンサート パリ国立高等音楽院 イブ・アンリ教授を客演に迎えて
【プログラム】 ラヴェル ラ・ヴァルス(谷真子ピアノ・ソロ)
【主催】 The Music Center Japan Tel 0797-55-0730 後援:(株)ベヒシュタイン・ジャパン
【入場料】 3000円
【お問い合わせ】 The Music Center Japan Tel 0797-55-0730


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ



2019_08
09
(Fri)12:36

第二回京都国際音楽コンクール

第二回京都国際音楽コンクールの阿部裕之教授によるマスタークラスが開かれました。

日中友好交流音楽祭を兼ねているそうで、中国人による参加者が多いようです。

前半は中国からのレッスン受講生、後半は音高生によるレッスンが行われました。

67805008_469592713880809_6911760903742423040_n.jpg

a_blt018.gif次回コンサートのお知らせ
【日時】2019年9月16日(月)17時~
【コンサート名】ジョイント・コンサート パリ国立高等音楽院 イブ・アンリ教授を客演に迎えて
【プログラム】 ラヴェル ラ・ヴァルス(谷真子ピアノ・ソロ)
【お問い合わせ】 0742-46-2302(谷)

ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2019_07
29
(Mon)22:28

阿部裕之先生フルートとピアノのコンサートのお知らせ

2019年9月29日(日)14時~大阪梅田にあるザ・フェニックスホールで、中務晴之さんによるフルートリサイタルが開催されます。現在、師事しております阿部裕之先生がピアノで共演されます。

【プログラム】
バッハ フルートソナタロ短調BWV.1030
T.ベーム シューベルトの主題によるファンタジー作品21
プロコフィエフ 無伴奏ソナタ ニ長調 作品115(原曲ヴァイオリン)
フランク ヴァイオリン・ソナタ イ長調 FWV.8

以前、大阪のドルチェ楽器でのトリオ・コンサートを聴きにお伺いしたことがありますが、温かみあるフルートとヴァイオリンとピアノの音色で、楽しくコンサートを聴きました。
私は当日、生徒の発表会があり、伺えず残念ですが、母が聴きに伺います。

10月5日(土)に、紀尾井町サロンホールでも、同プログラムによるリサイタルが行われます。

関西・東京の皆さま、是非、お出かけ下さいませ。

中務先生チラシ

先日のレッスンで、阿部裕之先生より、チケットを分けて頂きました。
中務先生チケット

チケットご希望の方は、教室受付にてお申し出下さいませ。

ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2019_07
28
(Sun)23:45

阿部裕之先生のレッスンを受けに参りました。

今日は、夕方より、京都へ阿部裕之先生のレッスンを受けに参りました。

リサイタル後、初のレッスンでした。

グリーグのホルベア組曲と、モーツァルトの幻想曲ニ短調、ディティユーのソナタより3、コラールと変奏、チェロの序奏と華麗なる大ポロネーズをレッスンして頂きました。

ホルベア組曲の「ホルベア」とは、「ホルベアの時代の~」という意味で、中世の舞曲を模して作曲された組曲だそうです。

タイトルには、バッハのフランス組曲と同じようなバロック舞曲が並びますが、グリーグらしいロマン派的な豊かな音楽となっています。

元は、弦楽合奏の曲ですが、ピアノ用に編曲されています。

モーツァルトの幻想曲は、大変有名な曲ですが、冒頭は、即興的な雰囲気を出すそうです。

モーツァルトもグリーグも、どちらも、レッスンで弾かれた阿部裕之先生の演奏はとても、素晴らしかったです。

チェロの序奏と華麗なる大ポロネーズは、ショパンにチェロのお友達がいて、その人ために、書かれた作品だそうです。

先生とご一緒に御相談したプログラムの案を載せてみます。

♪Vol.3ソロ・リサイタル 自主企画プログラム

グリーグ ホルベア組曲 
モーツァルト幻想曲ニ短調
シューベルト 優雅で感傷的なワルツ

ラヴェル ソナチネ
ラヴェル ラ・パレード
ディティユー ソナタより3、コラールと変奏

先日の、リサイタルの焼き増したDVDもお渡し致しました。

ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ





2019_07
24
(Wed)07:34

阿部裕之先生公開マスタークラスのお知らせ

🎵阿部裕之先生公開マスタークラスお知らせ

第2回京都国際音楽コンクールの詳細なスケジュールが発表になりました。

会場は、京都府城陽市の文化パルク城陽です。

8月8日は、阿部裕之先生の、公開マスタークラスが開かれます。

素晴らしいレッスンですので、是非、聴きに行かれて下さい。


10:00 Ke ZuoYing Zheng Xiao Yin Chu WangHua G
11:00 Chen YingTong Sonata No.1 in C major Beethoven D
13:00 Yashima Midori Allegro Op.8 Schumann F
14:00 Sawai Miki Fantaisie f-moll Op.49 Chopin F
15:00 Ishida Maki Scherzo No.4 Op.54 Chopin F

a_blt018.gif
阿部裕之先生コンサートのお知らせ
“KCM Concert at The Phoenix Hall, Osaka”
阿部裕之(ピアノ)
~ノートル・ダム大聖堂に思いを寄せて~

◆ドビュッシー:前奏曲集 第1巻
◆酒井健治:静寂の顕現
◆ラヴェル:組曲「クープランの墓」

2019年 11月27日(水)19:00開演(18:30開場)
会場:ザ・フェニックスホール

入場料(全席指定・税込)
●全席指定:3,500円
●ザ・フェニックスホール友の会会員:3,150円(前売のみ)

協賛:あいおいニッセイ同和損保/あいおいニッセイ同和損保ザ・フェニックスホール
後援:毎日新聞社

発売開始日
2019. 7/19(金) 一般発売開始

お問い合わせ
コジマコンサートチケットサービス
0570-00-8255/03-5379-3733


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2019_07
14
(Sun)11:59

阿部裕之先生コンサートお知らせ

♫阿部裕之先生コンサートお知らせ

“KCM Concert at The Phoenix Hall, Osaka”
阿部裕之(ピアノ)
~ノートル・ダム大聖堂に思いを寄せて~

◆ドビュッシー:前奏曲集 第1巻
◆酒井健治:静寂の顕現
◆ラヴェル:組曲「クープランの墓」

2019年 11月27日(水)19:00開演(18:30開場)
会場:ザ・フェニックスホール

入場料(全席指定・税込)
●全席指定:3,500円
●ザ・フェニックスホール友の会会員:3,150円(前売のみ)

協賛:あいおいニッセイ同和損保/あいおいニッセイ同和損保ザ・フェニックスホール
後援:毎日新聞社

発売開始日
2019. 7/19(金) 一般発売開始

お問い合わせ
コジマコンサートチケットサービス
0570-00-8255/03-5379-3733

昨日のコンサートで初演された、酒井健治さんの「静寂の顕現」も演奏されるようです。

是非、お聴きになられる事をお勧め致します。


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2019_06
26
(Wed)20:37

リサイタル前の阿部裕之先生のレッスンを受けて参りました。

先週の日曜日に、阿部裕之先生のご自宅へ、6月30日のリサイタルの曲目のレッスンを受けに行って参りました。

全体を1曲ずつ、通して聴いて頂き、これまでのご注意の再確認や、細かなところだけ、アドヴァイスを頂きました。

具体的には、

シューベルトは、ダイナミックスの幅が狭くならないこと、バッハ=ブゾーニ シャコンヌは、拍子の厳格さや情熱的に弾くところ、

ドビュッシー映像では、第1曲「水の反映」では、テンポが急ぎすぎない箇所や、次の曲との間、 第2曲「ラモー讃」では、音色や響きの変化のための間の取り方、テンポの持って行き方、第3曲 「運動」では、テンポを一定に保つこと、

ラヴェルのラ・ヴァルスでは、全体を一つにまとめるのが難しい曲ですが、クライマックスへの持って行き方などを、アドバイス頂きました。

6月30日のリサイタルまで、あと4日ほどと迫って参りました。

秋篠音楽堂にて、お待ち申し上げております。

補助席20席追加しましたので、当日券もございます。


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2019_06
08
(Sat)21:50

阿部裕之先生のレッスンを受けに行って参りました。

今日、京都へ阿部裕之先生のレッスンを受けに行って参りました。

6月30日の秋篠音楽堂でのソロ・リサイタルに向けて、1曲ずつ、約2時間のプログラムを全体を通して、聴いて頂きました。

1曲ずつ弾く時とは違い、プログラム全体の流れの中でのバランスや配置がありますので、それを踏まえてレッスンして下さいました。

シューベルトはOp.90は全4曲から成る曲集ですが、今回のリサイタルでは、Op.90-2,3、4の3曲を選びましたので、
プログラムの冒頭はOp.90-2から始まります。 

ですので、Op.90-2をOp.90-1から続けて弾く場合とは、エネルギーの持って行き方や、テンポや音楽の表情も変わってきます。

CDの演奏は、大体、4曲続けて録音が多いですで、自分の解釈が必要です。

Op.90-2は、速く軽やかな曲ですので、指だけの動きに走りがちですが、速すぎず、3拍子感を大切に、愛情を持って弾くこと、

Op.90-3では、いろいろな歌い回しが考えられますが、細かな部分の表情のつけ方について、アドヴァイスを頂きました。

Op.90-4では、冒頭が弾きにくいですので、テクニック的なこと、後は音楽の流れの持って行き方について、アドバイスして下さいました。

後は、シューベルトではよく言われることですが、各曲の調性を踏まえて弾くことなど、プログラムの冒頭の曲をどのようなイメージで弾いたら良いのか、イメージをつかむことができました。

バッハ=ブゾーニのシャコンヌは、全体に力強い曲ですので、クライマックスのところでの聴かせ方、

ドビュッシー映像第1集では、第1曲「水の反映」は、細かいところの拍の取り方や、クライマックスへの持って行き方や、力配分、

第2曲「ラモーを讃えて」では、ドビュツシーの曲では、p、piu p (ピウ・ピアノ・・・もっと小さく)、 ppと、小さい所だけでも、何段階にも分けて指示が書かれていますが、その雰囲気を出すための間の取り方や、小さくても大事なところは強調してはっきりと出すなどの、細かいところをアドバイス頂きました。

第3曲「運動」では、ドビューッシーが、機械的な”運動”というものを、抽象的に、音楽で表そうとした作品ですが、機械的にならず、楽しそうに弾く事、一定にテンポで弾くことが難しい曲ですが、急いでしまう箇所や中間部をたっぷりとなどと細かい注意を頂きました。

ラヴェルのラ・ヴァルスは、今までたくさんレッスンを受けて参りましたが、これまでの注意の再確認のほか、ワルツの雰囲気を出すために、ただ、繊細なだけでなく、表情を豊かにつける事、また、fと書いてあっても、同じようにすべて強く弾かなくても、ユニゾンで弾くため、十分に響く箇所があること、(第312小節)、などをレッスンして下さいました。

いつもレッスンを受けて思うことですが、ピアニストとしての長いキャリアの視点からアドバイス下さり、また、ラヴェルについては、「若い時はこう弾いていたけれども、長年の研究の結果、今はこのように弾いているから、このようにした方が良いよ」などというアドヴァイスを頂けることもあります。

阿部裕之先生は、パリで、ラヴェルの直弟子であったペルルミュテールに師事され、ラヴェルのオーソリティーでいらっしゃいますが、ラヴェルのレッスンは貴重なご意見を頂けます。

ピアノを弾かれる方はお分かりかと思いますが、舞台でピアノを弾いているのを観客から見ていると、ドレスやグランドピアノの楽器が醸し出す雰囲気が優雅だな~と思われるかもしれませんが、2時間弾くのは体力が必要です。

弁当

♪次回のコンサートのご案内♪
2019年6月30日(日)14時開演
秋篠音楽堂 map
谷真子ピアノ・リサイタル
【プログラム】
シューベルト 即興曲Op.90-2・3・4
バッハ=ブゾーニ シャコンヌ
ドビュッシー  映像第1集
ラヴェル ラ・ヴァルス

ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2019_05
26
(Sun)10:53

阿部先生のお宅へ、自分のレッスンを受けに行ってきました。

昨日は、阿部先生のお宅へ、リサイタルのレッスンをして頂きに行ってまいりました。

両親が、クロマチックハーモニカの竹内海人さんのコンサートを聴きにいきましたので、私は、バスで駅まで行きました。

早目に、家を出たので、御池の志津屋というパン屋さんで、お茶をしました。

シューベルトを音楽表現豊かに弾く方法、シャコンヌは一度、弾いた曲をもう一度弾くのは大変ですが、音楽の流れの持って行き方や原曲がバッハである事から、神聖な雰囲気を出す方法などをレッスンして頂きました。

ドビュツシーは、響きの変化を出すための間の取り方や音楽の流れの持って行き方、ラヴェルのラ・ヴァルスは、三拍子のワルツの拍子感が急がない事、細部の音量のバランスなどをレッスンして下さいました。

パン



ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2019_05
24
(Fri)13:21

阿部裕之教授公開マスタークラスのご案内~京都国際音楽コンクール~

第2回京都国際音楽コンクールで、阿部裕之先生の公開マスタークラスが開かれます。

この際、阿部先生のレッスンを受講してみられませんか?

私は、2011年より阿部裕之先生に、ご自宅で定期的にレッスンをしていただいております。細かく丁寧なレッスンで、また、演奏家としての長いキャリアからの演奏上のご指導を頂けます。

京都国際音楽コンクールHPより 
■公開マスタークラス(受講の申し込みは7月24日まで)一般公開、入場無料
  定員約10名、受講ご希望の方は kyotoimc@gmail.com 宛先に連絡をして下さい。応募者が定員を超えた場合抽選になります。ご了承下さい。

公開マスタークラス教授(予定)
Hiroyuki ABE 阿部 裕之 (他2名) 
ピアニスト 京都市立芸術大学教授
第49回日本音楽コンクールピアノ部門第1位。パリではM.ラヴェルの直弟子であるV.ペルルミュテール氏に師事し、M.ラヴェルの作品を集中的に学んでいる。1983年フランス・エピナール国際ピアノコンクールで銀メダル受賞。

♪次回のコンサートのご案内♪
2019年6月30日(日)14時開演
秋篠音楽堂
谷真子ピアノ・リサイタル
【プログラム】
シューベルト 即興曲Op.90-2・3・4
バッハ=ブゾーニ シャコンヌ
ドビュッシー  映像第1集
ラヴェル ラ・ヴァルス

ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2019_05
12
(Sun)20:36

京都の阿部裕之先生のお宅へ自分のレッスンを受けに行ってまいりました。

今日は、京都へ阿部裕之先生のレッスンへお伺い致しました。

約2時間のレッスンで、リサイタルの曲目が全部入るようになってきました。

細かい注意はあまりなく、ポイントのみに絞ったレッスンでした。

1回のリサイタルとなると、練習する曲目も多くなりますが、全部細かく練習していては、時間が足りないので、
練習時間の配分をお尋ねしたところ、時間を区切って、出来ないところのみを練習すると良いとアドバイス頂きました。


お昼は、京都の近くの公園で、母が作ったお弁当を頂きました。
IMG_20190512_085003.jpg

外は、良いお天気で、気持ちよく、小さい子ども達がたくさん遊んでいました。
DSC_0621.jpg

 帰りは、京都駅で降りて、伊勢丹や京都駅周辺をぶらぶらしました。特に、買い物もなく、家族におみやげを買って帰りました。

♪次回のコンサートのご案内♪
2019年6月30日(日)14時開演
秋篠音楽堂
谷真子ピアノ・リサイタル
【プログラム】
シューベルト 即興曲Op.90-2・3・4
バッハ=ブゾーニ シャコンヌ
ドビュッシー  映像第1集
ラヴェル ラ・ヴァルス

ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2019_04
21
(Sun)20:21

ピアニスト阿部裕之先生クラシック講座-NHK文化センター京都教室ー

現在、私が師事しております阿部裕之先生がNHK文化センター京都教室にて、クラシック講座を開かれています。

先生が、以前、レッスンで、「最近では、トークコンサートも増えてきた」とおっしゃっておられましたが、演奏家の方のお話を直接聴く機会は少ないことと思います。

阿部先生は、レッスンでも、ピアノ曲の歴史的背景や、作曲背景などに精通しておられ、ピアノ曲以外にもとても造詣が深くていらっしゃいます。

クラシック音楽の興味深いをお話しを聴けることと思います。

♪クラシック名曲サロン♪
~名曲をアラカルトで~
講師 京都市立芸術大学教授、ピアニスト 阿部 裕之


クラシック音楽の鑑賞で素敵な時間を過ごしませんか。

クラシック音楽の名曲を、曲の構成や魅力、作曲家のエピソードなどを交えながら、楽しく鑑賞しましょう。クラシックの入門者、深く楽しみたい方にぴったりの講座です。

演奏:阿部裕之 ラヴェル 夜のギャスパールより3.スカルボ


→お申込みはこちら。
NHK文化センター京都教室

名曲サロン講座詳細
【開催期間】4/1~9/2
【曜日・日時】第1月曜 10:30~12:00
【回 数】5回  (途中受講できます )
【受講料(税込み)教材費(税込み)】 会員 14,634円
【日程】
×
2019/04/01(月)


2019/05/06(月) 祝日開講日


2019/07/01(月)


2019/08/05(月)


2019/09/02(月)
【持ち物】
<教室>7階 701教室

●筆記用具


【備考】

■10月期優先継続期間(予定)は 7/22~8/21です。

是非、お申込み下さいませ。
(最近の演奏会のblog記事はこちら。)

♪次回のコンサートのご案内♪
2019年6月30日(日)14時開演
秋篠音楽堂
谷真子ピアノ・リサイタル
【プログラム】
シューベルト 即興曲Op.90-2・3・4
バッハ=ブゾーニ シャコンヌ
ドビュッシー  映像第1集
ラヴェル ラ・ヴァルス

ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ






2019_04
16
(Tue)20:30

阿部裕之先生のレッスンを受けて参りました。

昨日は、京都へ阿部裕之先生のレッスンを受けに参りました。

先日、聴きに伺ったバッハ全曲演奏会でのコンサートへお持ちする予定のネクタイのプレゼントを母からことづかっていましたので、お渡しさせて頂いたところ、大変喜ばれました。

6/30のコンサートの最終仕上げに向けて、頑張って練習に励んで参りたいと思います。

帰りに、京都大丸によって、アフタ―ヌーンティールームで、ケーキセットと美味しいチャイを頂き、気分転換してきました。

♪次回のコンサートのご案内♪
2019年6月30日(日)14時開演
秋篠音楽堂
谷真子ピアノ・リサイタル
【プログラム】
シューベルト 即興曲Op.90-2・3・4
バッハ=ブゾーニ シャコンヌ
ドビュッシー  映像第1集
ラヴェル ラ・ヴァルス

ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ


2019_03
18
(Mon)22:39

阿部裕之先生のレッスンを受けて参りました。

今日は、阿部裕之先生のレッスンを受けに京都へ参りました。

ラヴェルのラ・ヴァルスは、暗譜ができてもとても難しい曲ですが、表情の付け方や、最後のクライマックスの部分など、表現についての、細かいポイントを教えて頂きました。

阿部先生は、ラヴェル演奏のオーソリティーでいらっしゃるので、楽譜を研究されつくしておられ、レッスンでは、いつも、貴重なアドバイスを頂いております。

4月には、バッハ平均律クラヴィーア曲集の全曲演奏会に客演でバッハを弾かれ、7月には大阪のいずみホールで邦人作曲家による作品を初演されるので、そちらのチケットも分けて頂きました。

レッスン室のカレンダーが、私が練習用に使用しているウィーンのピアノのベーゼンドルファー社のカレンダーで、とても素敵なカレンダーでした。

帰りに、京都駅で、ケーキとアールグレイのお紅茶を頂き、甘いものを補給しました。


DSC_0577.jpg

♪次回のコンサートのご案内♪
2019年6月30日(日)14時開演
秋篠音楽堂
谷真子ピアノ・リサイタル
【プログラム】
シューベルト 即興曲Op.90-2・3・4
バッハ=ブゾーニ シャコンヌ
ドビュッシー  映像第1集
ラヴェル ラ・ヴァルス

ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2019_02
20
(Wed)15:22

阿部裕之先生コンサートお知らせ

阿部裕之先生が、邦人作曲家の酒井健治さんの新作委嘱作品を初演されます。

日時:2019,7,13(土) 15時開演
場所:いずみホール

タイトル:演奏家と邦人作曲家シリーズ2019 in KANSAI

チケット先行発売は2月22日(金)10時からです。

詳細情報
第1部 ピアノは喜び
大澤壽人:ソナチネ
ピアノ・ソロ/河江優

西村朗:水の鏡(2台のピアノのための「水の詩曲」より)
ピアノ・デュオ/佐野えり子、佐野まり子

酒井健治:新作委嘱作品初演
ピアノ・ソロ/阿部裕之

第2部 器楽の愉しみ
西村朗:無伴奏ヴァイオリンのための<木霊(こだま)>
ヴァイオリン・ソロ/周防亮介

貴志康一:弦楽四重奏曲
第1ヴァイオリン/豊嶋奏嗣
第2ヴァイオリン/小栗まち絵
ヴィオラ/小峰航一
チェロ/上村昇

廣瀬量平:ブルー・トレイン(フルート・アンサンブル)
指揮/持田洋
フルート/安藤史子、井上愛子、大塚ゆき、奥田裕美、清水信貴、高橋成典、竹林秀憲、中務晴之、沼田陽一、山本純子

第3部 歌は慈しみ
山田耕筰:からたちの花 なかにしあかね:今日もひとつ
ソプラノ/古瀬まきを ピアノ伴奏/尹紗梨

越谷達之助:初恋 武満徹:小さな空
テノール/松原友 ピアノ伴奏/尹紗梨

中田喜直:悲しくなったときは 團伊玖磨:紫陽花
ソプラノ/泉貴子 ピアノ伴奏/關口康祐

貴志康一:かごかき 平井康三郎:九十九里浜
バリトン/晴雅彦 ピアノ伴奏/關口康祐

清水脩:混声合唱 最上川舟歌、そうらん節
指揮/阪上和夫
ソプラノ/氏家美紀、繁田千都子、仲河友紀、古瀬まきを
アルト/泉貴子、小川典子、鈴木さやか、瀬戸口文乃
テノール/松原友、八百川敏幸、安川忠之
バス/佐藤彰宏、晴雅彦、山川大樹


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2019_02
11
(Mon)13:08

阿部裕之先生のレッスンを受けてまいりました。

作日、京都の阿部裕之先生のお宅まで、自分のレッスンを受けに行ってまいりました。

6月30日のリサイタルの曲を見て頂きました、

ラヴェルは、暗譜ができていても、難しい曲ですので、楽譜をさらに入念に研究したいと思います。

パン


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2019_01
13
(Sun)12:49

京都の阿部裕之先生のお宅まで、自分のレッスンをして頂きに行ってまいりました。

京都の阿部裕之先生のお宅まで、自分のレッスンをして頂きに行ってまいりました。

ラヴェルのラ・ヴァルスとドビュッシー映像第1集とバッハのシャコンヌとシューベルトの即興曲を見て頂きました。


6月のリサイタルで演奏する曲目です。

引き続き、頑張って練習致します。

↓こちらレッスン前のランチ
パン


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2018_12
14
(Fri)15:54

ラヴェルのラ・ヴァルスのスコアが届きました。

P1040919.jpg

ラヴェルのラ・ヴァルスのスコアが届きました。

ラ・ヴァルスは、ピアノで弾く事を前提に作曲された曲ではなく、オーケストラのための曲ですので、ピアノ独奏用の楽譜は、非常に弾きづらい部分が多く、デュラン社の楽譜には、ミスプリではないかと思われる部分もあり、スコアをみたらいいという阿部先生のアドヴァイスにより、スコアを求めました。

♪ラヴェル ラ・ヴァルス♪~管弦楽版



ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2018_04
30
(Mon)10:08

阿部裕之先生のご自宅にレッスンに伺いました。

昨日は、午前中に、生徒さんを一人振り替えレッスンをした後、阿部裕之先生のレッスンを受けに参りました。

6月24日に演奏予定のラヴェルの・・・風に(シャブリエ風に、ボロディン風に)、水の戯れを見て頂きました。

・・・風にでは、小品の中にも、音楽を聴かせるコツや、水の戯れでは、全体の中でのテンポのバランスなどを
アドバイスして頂きました。

あと、シューベルトの即興曲Op.90-3と、ラヴェルのクープランの墓もレッスンして頂きました。
先生の弾かれるクープランの墓のプレリュードの出だしは、クラブサン(チェンバロ)を思わせる軽やかな演奏で素晴らしかったです。

あとは、ソロプログラムのご相談や、伺ったコンサートの感想などもお話ししました。

帰りに、京都大丸へ立ち寄り、お買いものや、小さい生徒さんが初めてのコンサートに出られるので、プレゼントなどを購入致しました。

DSC_0222.jpg

DSC_0223.jpg

DSC_0224.jpg


♪次回演奏会のご案内
奈良市音楽協会第13回定期演奏会
6月24日(日)14時開演 なら100年会館中ホール map
出演・谷真子
曲目:ラヴェル ・・・風に(シャブリエ風に、ボロディン風に)、水の戯れ
入場料:2,000円(全席自由)
チケットお問い合わせ:谷真子コンサートチケットお求めフォーム 事務局 0742-44-2949
主催:奈良市音楽協会
後援:奈良市・奈良市教育委員会・奈良県芸術音楽協会

ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2018_04
25
(Wed)09:02

阿部裕之先生のラヴェルのCDのご案内

来る6月24日、ラヴェルの水の戯れとボロディン風にとシャブリエ風にの3曲を演奏しますが、わが師の阿部裕之先生はラヴェルのピアノ曲の全曲が収録されたCDを発売されております。

阿部先生は、私が東京音楽大学を卒業して帰郷後、お人にご紹介頂き、京都のご自宅でレッスンをして頂いているピアニストの方ですが、日本音楽コンクール1位という輝かしい経歴をお持ちで、京都市立芸術大学教授としても、後進の指導にあたっていらっしゃいます。

ラヴェルの直弟子のぺルルミュテール氏からラヴェル全曲を学ばれた事から、ラヴェルのスペシャリストとして有名な方で、ラヴェルの没後80年を記念して、昨年の秋、ラヴェルのピアノ曲全曲収録のCDを発売されました。

レッスンではいつも弾いて下さいますが、先生の巨匠の域に入られようとする円熟された演奏とその音の美しさには、いつも感動して帰宅しております。

レッスンは非常に厳しいものですが、ひとりで練習しておりますとまだ自己中心的な演奏になり、客観的なアドバイスを頂いております。

P1040647.jpg

P1040648.jpg
阿部裕之先生公式サイト
http://www012.upp.so-net.ne.jp/hiroyukiabe/



ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2018_04
01
(Sun)20:38

京都府立府民ホール「アルティ」まで、J.S.バッハ平均律クラヴィーア曲集第2巻全曲演奏会を聴きに行ってまいりました。

京都の「アルティ」まで、バッハの平均律第2巻全曲演奏会を聴きに行ってまいりました。

P1040625.jpg

師事する阿部裕之先生が客演で、第4番を弾かれました。

阿部先生の演奏は敬虔なクリスチャンのバッハの世界を描かれた、見事な演奏でした。

お花見の季節の京都はすごい人混みですので、午前中朝早く家を出て、京都御所へ行きぶらぶら散策しながらお花見し、コンサート前に京都ガーデンパレスでパスタランチを頂きました。

演奏会を鑑賞した後、帰りに、ヤオイソでフルーツパフェを頂き、母の母校である同志社女子大学へ立ち寄り、三条へ出て、JEUZIAで必要な自分の楽譜を買って帰路に付きました。

京都御所にて
DSC_0131.jpg
DSC_0128.jpg
DSC_0130.jpg
DSC_0120.jpg
DSC_0136.jpg
京都ガーデンパレスにて
DSC_0146.jpg
DSC_0145.jpg

京都府立アルティーホール本日の催し物のご案内
DSC_0142.jpg

ホール前掲示板の花壇
DSC_0141.jpg
三条へ立ち寄る帰り道に、絵柄の素敵な扇子のお店を見つけました。
DSC_0149.jpg

はちみつ専門店
DSC_0148.jpg
中に入って試飲したところ、美味しかったので、ローズヒップティを購入致しました。
DSC_0152.jpg
DSC_0147.jpg

楽譜を購入致しました。
DSC_0150.jpg
DSC_0154.jpg

3日は豊中の文化芸術センターまでベルギーのチェリストのニコラさんの演奏を聴きに行きます。
ニコラさんは今朝エールフランスの飛行機で日本へ到着されました。

お目にかかるのを楽しみにしております。



ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2018_03
26
(Mon)17:43

京都まで自分のレッスンに行ってまいりました。

京都の阿部裕之先生のお宅まで自分のレッスンを受けに行ってまいりました。

京都に行く時は、近鉄京都線高の原駅を利用しますが、途中の竹田駅で京都市営地下鉄と連絡していますので、それを利用してレッスンに通っております。

近鉄高の原駅付近風景です。
P1040517.jpg

P1040518.jpg

ラヴェルの水の戯れとボロディン風にとシャブリエ風にと、バイオリンソナタ第2楽章とシューベルトのアンプロンプチュOp.90-3とラヴェルのクープランの墓より抜粋をレッスンして頂きました。

水の戯れは短い中にもいろいろな表相がつまっており、難しい曲です。ボロディン風にとシャブリエ風にも、短い中にも凝った書法で書かれおり、パリのエスプリを感じさせる曲です。


4月1日の京都府立府民ホール「アルティ」での「J.S.バッハ 平均律クラヴィーア曲集第2巻全曲演奏会」のコンサートのチケットを2枚分けて頂きました。

P1040522.jpg

レッスンの後は脳の疲労が激しいので、帰り道にいつも甘いものを頂くのですが、今日は家で手作りのレモネードと桜のムースで一服しました。

P1040520.jpg

ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2018_03
15
(Thu)11:24

阿部裕之先生演奏会のお知らせ

img022.jpg

J.S.バッハ平均律クラヴィーア曲集第2巻全曲演奏会が4月1日(日)、京都府立府民ホール「アルティ」で13時より開催されます。

24人24色と銘打たれているように、24人のピアニストの方で第2巻全曲を演奏されるそうです。

我が師の阿部裕之先生も客演として第4番を演奏されます。

京都府立府民ホールは京都御所の乾門の前にあり、バロック時代の作曲家の演奏を楽しんだ後、日本の古い文化に触れるのも贅沢な時間ではないかと思います。

是非お出かけ下さいませ。

門下の方でチケットを希望される方は、3月25日までに受付に申し出て頂ければこちらでチケットをご用意する事もできます。
(1枚2,000円)

ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2018_02
25
(Sun)18:13

京都まで自分のレッスンを受けに行ってまいりました。

京都の阿部裕之先生のご自宅まで自分のレッスンを受けに行ってまいりました。

レッスンして頂いた曲はラヴェルの水の戯れとボロディン風に、シャブリエ風に、ラヴェルのバイオリンソナタト長調、ブラームスのチェロソナタ1番です。

先生が4月1日、京都府立府民ホールアルティでバッハの平均律の4番を弾かれるのでそのチラシを頂いてきました。

img191.jpg

24人のピアニストの人が平均律を分けて演奏し全曲演奏されるそうです。 阿部先生はゲストとして参加をされるそうです。

気候も良くなりますし、アルティは京都御所の目の前ですので、古代絵巻の御所を見学してバッハを聴いて帰るというのも楽しいかと思います。

帰り道、甘いものを頂いて休憩して帰りました。

P1040419.jpg


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2018_01
28
(Sun)18:30

京都まで自分のレッスンを受けに行ってまいりました。

京都の阿部裕之先生のご自宅まで自分のレッスンを受けに行ってまいりました。

2月4日のコンサートを控え、ベートーヴェンのチェロ・ソナタ3番は最終のレッスンをして頂きました。

コンサートの前の最終レッスンは、阿部先生のピアニストとしての長いキャリアを踏まえたレッスンをして下さいますので、とても参考になります。

レッスンではいつも弾いて下さいますが、客席から聴くのと違い、真近で聴かせて頂くのは何よりのお勉強になり、その素晴らしい演奏に感嘆するばかりです。

ホームページでレコード芸術と朝日新聞の特選盤に先生のCDが選奨された記事を読ませて頂いた旨、お話したところ、読みにくいだろうとレコード芸術の記事のコピーしたものを下さいました。

img190.jpg

いつもレッスンして頂いて私が感じていることが、そのまま評論家の方々に評価されており、弟子として大変嬉しく思います。

私の生徒さんで阿部先生のCDを購入された方がいらっしゃるので、記事をお渡ししてあげようと思います。

ニコラさんは土曜日の朝ベルギーから到着されるので、午後芦屋で合わせを致します。 前日の土曜日と日曜日の本番と寒波が和らいでくれるのを願っております。


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2018_01
23
(Tue)07:28

阿部裕之先生の新しいラヴェルのCDが朝日新聞の12月特選盤とレコード芸術特選盤に選出されました。

阿部裕之先生が昨年秋、出されたラヴェル全曲ピアノソロのCDが朝日新聞の12月特選盤とレコード芸術の特選盤に選ばれました。

P1040403.jpg

ラヴェルというと冷徹で機械的という評価をされることが多いですが、阿部裕之先生の演奏は人間的なあたたかみを感じさせるものだと評論されています。

阿部先生の作曲家ラヴェルへの深い愛情と恩師でいらっしゃるペルルミュテール先生へのご尊敬の念と阿部先生のピアノに向き合われる真摯なお姿が音楽を通して聴き手に伝わっているのではないかと弟子として嬉しく思います。

詳細は阿部先生のホームページのDIARYの項目で読むことができます。

CDご購入をご希望の方は、こちらよりお申込みをされると、阿部裕之先生のサイン入りで、送って頂けるようです。


是非、阿部裕之先生のピアノ芸術の世界を味わって頂けたらと思います。


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2018_01
14
(Sun)17:36

京都まで自分のレッスンに行ってまいりました。

京都の阿部裕之先生のお宅まで自分のレッスンを受けに行ってまいりました。

2月4日のコンサートで演奏するベートーヴェンのチェロ・ソナタ第3番を中心に、6月演奏するラヴェルの水の戯れ、ボロディン風に、シャブリエ風にの3曲、他にはグリーグのバイオリン・ソナタ第3番を見て頂きました。

ベートーヴェンは弾いて下さいましたが、素晴らしい演奏で、何よりもお勉強になりました。 私は女性ピアニストの中でも、骨太の演奏をする方ではないので、男性ピアニストの出す太い音を真近に聴くと、圧倒されます。

ピアノのレッスンを受けると脳の疲労が激しく、いつも帰りに甘いものを補給致します。

P1040395.jpg

コンサートまでにもう1回レッスンして頂きます。


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2017_12
03
(Sun)18:34

京都まで自分のレッスンを受けに行ってまいりました。

京都の阿部裕之先生のお宅まで自分のレッスンを受けに行ってまいりました。

10日のコンサートを控えて、コンサート直前のレッスンをして頂きました。

レッスンして頂いた曲はコンサートで弾く曲のシューベルトの即興曲Op.90-2とドビュッシーの花火と、他にはベートーヴェンのチェロ・ソナタ3番とラヴェルの水の戯れとシャブリエ風にとボロディン風にです。

ラヴェルの水の戯れの弾きにくい個所の指番号を教えて頂き、ベートーヴェンのチェロ・ソナタは音楽の作り方を教わりました。

生徒さんから新しく発売された阿部先生のラヴェルのCDを頼まれていましたので、それも求めサインをして頂きました。

レッスンの後は脳の疲労が激しく、いつも帰り道に甘い物を補給するのですが、今日もキャラメル・マッキャートを飲んで帰宅致しました。

DSC_0087.jpg

年内の自分のレッスンは今日で終わりですが、生徒さんのレッスンは年末ぎりぎりまであります。 17日には発表会もありますので、師走の風景とは縁のない生活です。


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2017_11
20
(Mon)08:36

第23回宮日音楽コンクールの特別演奏で阿部裕之先生が演奏されます。

第23回宮日音楽コンクールが宮崎県立芸術劇場で行われ、昨日本選入賞者が発表されましたが、私が師事する阿部裕之先生も審査員として入っていらっしゃいました。

表彰式が23日1時から行われますが、特別演奏として阿部先生が演奏されるそうです。

表彰式とグランプリ受賞者7名の演奏の後、特別演奏が行われるようです。

会場は宮崎県立劇場アイザック・スターンホールmapで入場無料です。

宮崎近辺の方は是非足をお運び下さい。

宮日音楽コンクールホームページ


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2017_11
13
(Mon)20:40

京都の阿部裕之先生のお宅へ自分のレッスンを受けに行ってまいりました。

京都の阿部裕之先生のお宅へ自分のレッスンを受けに行ってまいりました。

演奏会で弾くシューベルトの即興曲Op、90-2とドビュッシーの花火とお勉強中のラヴェルのクープランの墓と亡き王女のためのパヴァーヌを見て頂きました。

ドビュッシーは流れの持っていきかたのアドヴァイスを頂きました。

来年の奈良市の定期演奏会でラヴェルを弾きたいと思い、そのプログラムのご相談も致しました。

ラヴェルは、ベートーヴェンなどのドイツなどの作曲家とは少し異なる和声や響きのする作曲家です。

譜読みするのも難しいですが、指番号や手の取り方(右手で弾く、左手で弾くなど)もまず自分で考えなければなりません。

ラヴェルの楽譜は、手のポジションなど、楽譜通り弾くと、演奏困難な箇所がたくさんあります。

弾きやすいように、自分で考えたり、レッスンでは、先生の長年のキャリアから、弾きやすい方法などのラヴェル演奏の秘訣を教えて頂いたりしています。

ラヴェルはバッハやショパンなどと比べて、校訂版の楽譜やCDの数も少ないですが、ラヴェルの弟子であったペルルミュテール校訂版の楽譜も出ております。 それを見てもよいということですし、また阿部先生が独自に研究された奏法もあるようで、教えて頂いております。

帰りに東山の南禅寺と永観堂まで足を伸ばし紅葉を見てきました。

P1040295.jpg

P1040296.jpg

京都大丸へ寄り生徒さんの発表会の記念品とストロベリー味の美味しいお紅茶を購入し、たづむらでとんかつを頂いて帰宅しました。

P1040302.jpg

P1040303.jpg

P1040301.jpg

10日の演奏会前にもう一度レッスンして頂き、それで年内のレッスンは終了です。

来年もチェロとの共演や奈良市定期演奏会などがあり、忙しくなりそうです。


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2017_11
06
(Mon)23:59

阿部裕之先生のラヴェルのピアノ演奏会を聴きに行ってまいりました。

私が師事する阿部裕之先生のラヴェルの演奏会を聴きに大阪のフェニックスホールまで行ってまいりました。

P1040286.jpg

P1040287.jpg

柔らかい音色とゆったりした演奏で素晴らしい演奏でした。

まるでフランスの印象派の絵画を見るような雰囲気に会場は包まれ、その色彩豊かな音色に阿部先生の長年の研鑽とキャリアを感じ改めてご尊敬申し上げました。

難曲として知られるラヴェルのスカルボをあれほど芸術的に弾けるピアニストの方はそれほど多くはいないのではないかと思います。

アンコールはラヴェルのシャブリエ風にと高雅で感傷的なワルツからで、たくさん弾いて下さいました。

京都のご自宅にレッスンに伺った折に夏ごろに阿部先生から直接チケットを分けて頂いており、響きの良い席はどこかとお尋ねしたところ、2階席を分けて頂きました。
両親と2階の最前列の席でコンサートを堪能致しました。
響きも良く、手がよく見える位置でした。

P1040291.jpg

ラヴェル全曲録音のCDの先行販売とサイン会が行われましたので、私もCDを求めサインをして頂きました。

P1040289.jpg

P1040293.jpg

P1040294.jpg

阿部先生の「ラヴェルピアノ・ソロ作品全集」のCDは11月25日に全国の楽器店で一斉に発売されます。

ライヴノート・ナミレコードからの発売で品番はWWCC-7853-5、3枚組で4,500円+税となります。

阿部裕之先生のピアノの素晴らしさをぜひ多くの方に聴いて頂きたいと思います。


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2017_11
03
(Fri)12:20

珍しい遠方からのお電話

昨日、私のホームページを見られた九州・宮崎の方からお電話を頂きました。

私が現在、師事する阿部裕之先生が新しく発売されるラヴェルのCDを入手したいとのことで、いつ発売になるのかというお問い合わせでした。

阿部先生は宮崎で開催されている「宮日音楽コンクール」の審査員で行かれていますので、多分九州の方にもお名前が広く知られていらっしゃるのだと思います。

11月23日開催の表彰式では阿部先生が演奏をされるようです。

第23回宮日音楽コンクールホームページ↓
http://www.the-miyanichi.co.jp/special/onkon/onkon_17/index.php


ところで、私の家から歩いて5分のところに住んでいました私の母方の祖父は、九州の大分県出身で、親戚は今も九州にいるそうです。 母が小学生の時に、転勤で大阪へ引っ越してきたようですが、私が、小さい頃は、退職するまで、ほとんど、アメリカやアジア、ヨーロッパなどの海外に仕事で行き、よく絵葉書を送ってくれていました。 海外の文化へ興味を持つひとつのきっかけであったように思います。

私の自宅には祖父が求めた岩田順三画伯の九州の油絵の絵が小さい時からかかっており、その絵を見ながら育った私には九州と聞くと懐かしいものがあります。

P1040281.jpg



ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2017_10
31
(Tue)09:32

ラヴェル演奏の難しさ

11月6日に私が現在、師事しております阿部裕之先生のラヴェル作品による演奏会が大阪・梅田のフェ二ツクスホールで開催されます。

こちらのホールは、ホールの後ろがガラス張りになっています。 閉まっており壁のようになっている時も多いですが、ガラス張りのまま空いている時は、大阪・梅田の夜景が美しいホールです。 そんなに大きくはないホールですが、響きもよく、良い音響で聴けるのではないかと楽しみにしております。

ラヴェル全曲演奏会とのことですが、クラシックのコンサートでラヴェルのみによるプログラムというのは、そんなに多くはないのではないかと思います。

ラヴェルの作品は、ドビュッシーと同じく印象派と呼ばれる時代の作曲家で、聴いているととても大変美しい曲が多いです。

阿部裕之先生に師事するようになり、ラヴェルの作品をレッスンして頂く機会が増え、コンサートのソロ・プログラムでもよく弾きますが、何しろラヴェルの作品は暗譜がとても難しいのです。

また、暗譜できたとしても、3日も放っておくと、すぐに暗譜を忘れ、手の動きも鍵盤の正しい位置にぱっと飛べなくなるのです。 ソルフェージュの生まれたフランスの作曲家ですので、和声的にもラヴェルの楽譜はとても精密に出来ています。

阿部先生にはレッスンで、和声的に分析をした方が良いとアドヴァイスを頂きますが、フランス和声独特の和声のつながりで出来ていますので、かなり難解な分析です。

今回のコンサートは全部ラヴェルのプログラムという事ですので、暗譜するだけでも、練習量とともに大変です。

阿部先生はラベルをライフ・ワークとされていますので、独自の深みのある解釈による演奏をされるのではと楽しみにしているところです。

関西地方にお住まいの方は、是非、一度聴かれてみて下さい。

お問い合わせ先はコジマ・コンサートマネジメント KCMチケットサービス 0570-00-8255でございます。 残席少なくなっておりますのでお求めの方は是非お早くお求め下さい。
コジマ・コンサートマネージメント公式facebook→
https://www.facebook.com/kojimaconcertmanagement

ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2017_10
07
(Sat)08:33

阿部裕之先生ピアノ演奏会のお知らせ

img173.jpg

私が師事しております阿部裕之先生のオール・ラヴェル・プログラムによるピアノ演奏会のご案内をさせて頂きます。

日時: 2017年11月6日(月) 19:00開演(18:30開場)

会場: ザ・フェニックスホール

プログラム:
ラヴェル「水の戯れ」
ラヴェル「鏡」
ラヴェル「亡き王女のためのパヴァ―ヌ」
ラヴェル「古風なメヌエット」
ラヴェル「夜のギャスパール」

入場料: 3,500円(全席指定)

阿部裕之先生は日本音楽コンクール第1位という輝かしい経歴をお持ちのピアニストの方ですが、現在は京都市立芸術大学教授として後進の指導にもあたっていらっしゃいます。

またラヴェルのオーソリティとしても有名な方ですが、この秋ラヴェルの全曲CDを発売されます。 それに合わせて開かれる演奏会ですが、ラヴェルの世界を心ゆくまで楽しんで頂けるのではないかと思います。

お問い合わせ先はコジマ・コンサートマネジメント KCMチケットサービス 0570-00-8255でございます。 残席少なくなっておりますのでお求めの方は是非お早くお求め下さい。

門下の方でご希望の方は受付までお申し出下さい。


ピアニスト谷真子公式サイトはこちら
2017_10
02
(Mon)19:53

京都まで自分のレッスンを受けに行ってまいりました。

昨日は京都の阿部裕之先生のご自宅まで自分のレッスンを受けに行ってまいりました。

レッスンして頂いた曲は、シューベルトの即興曲Op.90-2とショパンの木枯らしのエチュードとベートーヴェンのピアノソナタ31番です。

いつも弾いて下さるのですが、昨日も素晴らしい演奏で、何よりのお勉強になりました。

12月10日の演奏会は時間に制約があり、ベートーヴェンのソナタは時間オーバーになり、先生にご相談しましたら、シューベルトの即興曲と何かフランス物が良いのではないかとアドヴァイスを頂きました。

ドビュッシーの花火はレパートリーにありますので、花火で考えてみようかと思っております。

12月17日の発表会での講師演奏は10日と同じ曲が良いのではないかとアドヴァイスを頂きましたので、アドヴァイスに従い、予定していましたベートーヴェンのピアノソナタ31番はレパートリー曲としてストックしておこうと思います。

一人で練習しているとどうしても自己流になってしまいますので、レッスンにうかがい自分の演奏への客観的なアドヴァイスをして頂くと大変お勉強になります。


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2017_09
11
(Mon)18:32

京都まで自分のレッスンを受けに行ってまいりました。

今日、京都まで自分のレッスンを受けに行ってまいりました。

見て頂いた曲はベートーヴェンのピアノ・ソナタ31番とベートーヴェンのチェロ・ソナタ3番とショパンのエチュードOp.25-11「木枯らし」の3曲です。

ショパンのエチュードは高校生以来久しぶりに取り出した曲ですが、当時見て頂いていた先生と解釈が異なり、新しい発見があります。

ベートーヴェンは一見音符の数は少ないのですが、大変難しいものがあります。 練習量を増やさなくてはいけないと思います。

師事しております阿部裕之先生は現在開催中の全日本学生音楽コンクール大阪大会ピアノ部門の審査に入っていらっしゃいます。 私も17日の小学校の部を聴きに行かせて頂く予定にしております。

レッスンを受けると非常に脳が疲労するため、いつも帰り道は甘いものを頂いて脳を休めるのですが、今日も帰り道でおいしいコーヒーを頂いて一服して帰宅致しました。


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2017_08
13
(Sun)12:11

阿部裕之先生室内楽コンサートのお知らせ

img182.jpg

私が師事する阿部裕之先生が秋に福井で室内楽コンサートを開催されますのでお知らせさせて頂きます。

日時: 22017年11月15日(水) 19:00開演(18:00開場)
場所: 坂井市みくに市民センター みくに未来ホール
題目: 晩秋のエスキス
     ヴァイオリン 深山尚久、フルート 中務晴之、ピアノ 阿部裕之
プログラム:
J.J.クヴァンツ トリオソナタ ハ短調
F.ボルヌ カルメンファンタジー
サン=サーンス 序奏とロンドカプリチオーソ
N.ロータ トリオ

阿部先生のソロ(ラヴェル 道化師の朝の歌)もございます。
福井方面の方は是非ご来場下さい。

詳細はこちらまで


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2017_06
12
(Mon)10:47

京都まで自分のレッスンを受けに行ってまいりました。

京都の阿部裕之先生のご自宅へ自分のレッスンを受けに行ってまいりました。

見て頂いた曲はベートーヴェンのピアノソナタ第31番とグリンカ=バラキレフのひばりです。

ベートーヴェンのピアノソナタ第31番の3楽章は阿部裕之先生の師匠のクラウス・シルデ先生によると「弔い」の楽章だそうです。
タイの弾き方などを教わりました。 じっくりお勉強したいと思います。

ひばりはアンコールピースとしても良く弾かれる名曲ですが、テクニック的には小学生でも弾ける曲ですので、次回は別の曲を持って行こうと考えております。

今は他にはラヴェルのクープランの墓、ベートーヴェンのチェロソナタ3番、ブラームスのチェロソナタ1番などを読譜しておりますが、ラヴェルのピアノコンチェルトなども弾いてみたいと思っております。


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2017_04
22
(Sat)18:39

京都まで自分のレッスンを受けに行ってまいりました。

今日は京都の阿部裕之先生のご自宅まで自分のレッスンを受けに行ってまいりました。

4/29のラヴェルの演奏会の前の最終のレッスンでした。

もうほとんどご注意はありませんでしたが、表現の幅を広くというアドヴァイスを頂きました。

自分を客観的に見ると言うのは、人間には難しい事ですので、阿部先生の客観的なアドヴァイスはいつも自分を省みる材料となり、多いに助けられております。

4/29は良い演奏を皆様にお届けできますよう頑張りたいと思います。

多くの方にご来場頂けますよう願っております。


ピアニスト谷真子公式サイト
2017_04
19
(Wed)18:40

阿部裕之先生演奏会お知らせ

私が師事する阿部裕之先生が今秋、ラヴェルのリサイタルを開かれますのでご案内させて頂きます。

♪演奏会名
KCM Concert at The Phoenix Hall, Osaka” No.2
~関西圏の最大拠点 梅田で展開する藝術音楽~
ラヴェル ピアノ演奏のオーソリティ!
阿部裕之(ピアノ)オール・ラヴェル・プログラム

♪曲目
ラヴェル:
◆水の戯れ
◆鏡
◆亡き王女のためのパヴァーヌ
◆古風なメヌエット
◆夜のギャスパール

♪日時
2017年 11月6日(月)19:00開演(18:30開場)

♪会場
ザ・フェニックスホール

♪入場料金(全席指定・税込)
●全席指定:\3,500

♪お問い合わせ
コジマ・コンサートマネジメント

秋にはラヴェルの全曲CDも発売される予定です。

阿部裕之先生の音楽を十分に堪能できる機会ですので、是非足をお運び下さい。


ピアニスト谷真子公式サイト
2017_04
09
(Sun)18:54

京都までバッハの平均律クラヴィーア曲集第1巻全曲演奏会を聴きに行ってまいりました。

京都府立府民ホールアルティまでバッハの平均律全曲演奏会を聴きに行ってまいりました。 アルティは京都御所の向かいにあるホールで烏丸今出川駅より徒歩5分位のロケーションにあります。

P1030907.jpg
烏丸通り

P1030908.jpg

P1030909.jpg
京都府立府民ホールアルティ

平均律というのは、1オクターブの音の幅を均等に12等分した調律を指します。 一音ずつの調性には長調と短調があり、全部で24調あります。 バッハはこの24調を使ってクラヴィーア(バロック時代の鍵盤楽器)のための音楽を作曲しました。 第1巻と第2巻があり全部で48曲になります。

今年はこの第1巻の24曲を24人のピアニストで分けて弾こうと言うチャリティコンサートの企画でしたが、私が師事する阿部裕之先生が客演で出演されるので聴きに行って参りました。

P1030911.jpg

阿部先生は第14番嬰へ短調を演奏されましたが、その精神性の深い教会のミサを思わせるような演奏に感銘致しました。

阿部先生のプログラムノートによると、バッハは1705年20歳の時、当時最高と言われたオルガン奏者のブクステフーデの演奏を聴くために400kmの道のりを歩いてリューベックまで聴きに行ったそうです。 だからバッハの音楽を演奏する時は、いつもその音楽へのとてつもないエネルギーを感じ、緻密で隙のない構造と敬虔なクリスチャンの精神性が私たちを圧倒すると書いていらっしゃいます。

バッハの平均律は試験やコンクールで弾かせられる事が多いですが、演奏会のプログラムとして自由に弾いてみるのも音楽の源泉に触れられ、インスピレーションが膨らみ楽しいのではないかと思いました。

この企画が広まり、愛媛や仙台でも同様の企画が行われているそうです。


ピアニスト谷真子公式サイト
2017_04
02
(Sun)19:24

京都まで自分のレッスンを受けに行ってまいりました。

京都の阿部裕之先生のご自宅まで自分のレッスンを受けに行ってまいりました。

演奏会を約1か月後に控えており、最後の詰めのレッスンを受けてまいりました。

img155.jpg


先生の演奏会のチラシが置いてありましたので、チケットを二枚分けて頂いてまいりました。

img167.jpg

「平均律クラヴィーア曲集第1巻全曲演奏会」という演奏会ですが、バッハの平均律第1巻の24曲を24人のピアニストで弾くという企画です。 24色の演奏が楽しめる興味深い企画です。

阿部先生は客演で出演され第14番を演奏されます。

京都府立府民ホール”アルティ”4/9(日)13:30開演ですが、よろしければ是非聴きに行かれて下さい。

バッハ平均律を弾く会公式サイト


ピアニスト谷真子公式サイト
2017_03
06
(Mon)20:45

京都まで自分のレッスンを受けに行ってまいりました。

今日はお昼から京都の阿部裕之先生のご自宅へ自分のレッスンを受けに行ってまいりました。
ラヴェルの鏡を中心にレッスンして頂きました。

道化師の朝の歌では、スペインのフラメンコの雰囲気を出すのが難しく、自分の中で一定のテンポを保つことも難しく、そのような事を中心としたレッスンでした。

洋上の小舟は主にペダルについてアドヴァイスを頂きました。 波の雰囲気を描写している曲ですが、それが故に何を弾いているのかはっきりと分かりにくい曲でもあります。

ラヴェルの楽譜を読むことはとても好きなのですが、印象派に近い作曲家ですので、表情を出すのが難しい作曲家だなと思います。

夜は一人生徒さんのレッスンが入っているので、京都からの帰りにコーヒーで一服しました。

20170306161721.jpg

レッスンの行きがけに先生のご自宅の近くで神戸大学大学院の音楽科教育法の授業でお世話になった垣内幸夫先生の息子さんのコンサートのチラシが貼ってあるのを見かけました。

垣内先生には授業の後、授業を受けた学生さん達とお食事をご馳走になりお世話になりました。 以前一度私も息子さんの垣内悠希さん(指揮者)の演奏会にご案内頂き京都コンサートホールまで聴きに行かせて頂いた事があります。

息子さんはブザンソン指揮者コンクールで1位になられた新進気鋭の若手指揮者の方ですが、お見かけしたチラシのコンサートはこちらです。



ピアニスト谷真子公式サイト