2018_12
06
(Thu)10:10

第72回全日本学生音楽コンクール全国大会結果

第72回全日本学生音楽コンクール全国大会(主催=毎日新聞社、共催=横浜市、後援=NHK、特別協賛=かんぽ生命、協賛=ANA・島村楽器、協力=横浜みなとみらいホール)は11月30日と12月1日の両日、横浜市西区の横浜みなとみらいホールでピアノ部門の小学校・中学校・高校の部が開かれました。

プロコフィエフ「ロメオとジュリエット」を弾かれた加藤皓介(こうすけ)さん(東京都杉並区立高井戸小6年)、メンデルスゾーン「スコットランドソナタ」を弾かれた国本奈々さん(山口県下関市立川中中2年)、ブゾーニ「ショパンのプレリュードに基づく10の変奏曲」を弾かれた谷藤全(あきら)さん(北海道・函館ラ・サール1年)と、リスト「死の舞踏(サン・サーンス)」を弾かれた須藤帆香(ほのか)さん(名古屋市立菊里2年)のそれぞれが1位に選ばれました。

 その他の入賞等は次の通りです。(同位は演奏順、敬称略)

 <小学校の部>2位=角谷春奈(愛知県碧南市立棚尾5年)、澤田幸希(札幌市立山の手南4年)▽3位=片岡琴佑(東京都江戸川区立鎌田6年)、市谷紗雪(札幌市立共栄5年)▽入選=野原章史(千葉県船橋市立海神6年)、二宮煌太(和歌山市立野崎西5年)、尾崎愛美(名古屋市立徳重6年)、合原結姫(福岡県那珂川市立安徳南6年)、泉家梨紗(熊本大付5年)、山田初音(奈良市立朱雀6年)、深津天馬(茨城・江戸川学園取手5年)、中田蒼唯(神戸市立花山5年)▽横浜市民賞=片岡琴佑

 <中学校の部>2位=真鍋響都(埼玉県宮代町立百間1年)、後藤美優(愛知県豊田市立猿投2年)、仁宮花歌(東京都葛飾区立金町1年)▽3位=岩本七音(札幌市立羊丘2年)▽入選=藤本莉奈(広島市立矢野3年)、土田裕利(札幌市立厚別南1年)、津野絢音(東京・東洋英和女学院3年)、近藤里咲(堺市立三原台3年)、横並遥(愛知教育大付属名古屋3年)、石山和暉(東京・筑波大付属駒場3年)、太田かのん(広島女学院2年)、中山智晴(佐賀大付1年)▽横浜市民賞=岩本七音

<高校の部>2位=岸本隆之介(北海道・北嶺1年)▽3位=本多伊織(東京・桐朋女子<男女共学>2年)▽入選=坂口由侑(同)、田尻乙花(東京都立総合芸術2年)、佐藤和泉(桐朋女子2年)、加古彩子(兵庫県立西宮3年)、石原広大(愛知県立明和3年)、板舛李空(広島県立祇園北3年)、斎藤陽花(東京芸大付2年)、二俣菜月(京都市立京都堀川音楽2年)、鶴原壮一郎(山口・梅光学院1年)▽横浜市民賞=岸本隆之介

皆さまの今後のご活躍をお祈りしたいと思います。

ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2018_11
26
(Mon)15:19

第10回浜松国際ピアノコンクール入賞者披露演奏会

昨日、第10回浜松国際ピアノコンクール入賞者披露演奏会の模様をインターネット配信により、鑑賞しました。

入賞者披露演奏会では、ソロによるコンサートで、それぞれの入賞者の方の演奏に個性があり、素晴らしかったです。

DSC_0501.jpg

舞台から客席への眺め。
DSC_0502.jpg


第1位になられた方は、トルコ出身のジャン・チャクムル氏。ショパンの幻想ポロネーズとバルトークの作品を演奏されました。
DSC_0505.jpg

第2位 牛田智大さん。プロコフィエフピアノ・ソナタ第7番を演奏。
DSC_0503.jpg

入賞者演奏会プログラム
第6位
6th Prize
安並 貴史
YASUNAMI Takashi
E. ドホナーニ : 3つの小品 ハ長調 Op. 23-1 「アリア」
E. DOHNANYI : Three Pieces in C major Op. 23-1 "Aria"
E. ドホナーニ : 4つの狂詩曲 ハ長調 Op. 11-3 「ビバーチェ」
E. DOHNANYI : 4 Rhapsodies in C major Op. 11-3 "Vivace"

第5位
5th Prize
務川 慧悟
MUKAWA Keigo
C. ドビュッシー : 前奏曲 第1集より 「亜麻色の髪の乙女」
C. DEBUSSY : La fille aux cheveux de lin from Preludes Book Ⅰ
M. ラヴェル : 「鏡」より 洋上の小舟
M. RAVEL : Une barque sur l'océan from "Miroirs"

第4位
4th Prize
今田 篤
IMADA Atsushi
F. J. ハイドン : ピアノ・ソナタ ト長調 Hob.XVI : 40
F. J. HAYDN : Piano Sonata in G major Hob.XVI : 40
M. ラヴェル : 「夜のガスパール」より スカルボ
M. RAVEL : Scarbo from "Gaspard de la nuit"

第3位
3rd Prize
イ・ヒョク
LEE Hyuk
I. ストラヴィンスキー / G. アゴスティ : 組曲「火の鳥」
I. STRAVINSKY / G. AGOSTI : Suite "Firebird"
F. リスト : パガニーニによる大練習曲 第3番 嬰ト短調 「ラ・カンパネラ」
F. LISZT : Grande étude de Paganini No. 3 in G sharp minor "La campanella"

第2位
2nd Prize
牛田 智大
USHIDA Tomoharu
S. プロコフィエフ : ピアノ・ソナタ 第7番 変ロ長調 Op. 83
S. PROKOFIEV : Piano Sonata No. 7 in B flat major Op. 83


第1位
1st Prize
ジャン・チャクムル
Can CAKMUR
F. ショパン : ポロネーズ 第7番 変イ長調 Op. 61 「幻想」
F. CHOPIN : Polonaise No. 7 in A flat major Op. 61 "Fantaisie"
B. バルトーク : 「野外にて」より 「笛と太鼓」、「夜の音楽」、「狩」
B. BARTOK : "With Drums and Pipes", "The Night's Music", "The Chase" from "Out of Doors"

ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ





2018_11
24
(Sat)19:10

第10回浜松国際ピアノコンク-ル本選結果発表

第10回浜松国際ピアノコンクールの本選結果が発表になりました。

浜松

本選結果発表
ジャン・チャクムル
第1位 / 札幌市長賞 / 室内楽賞
Can CAKMUR
トルコ / 1997年生まれ

牛田 智大
第2位 / 聴衆賞
USHIDA Tomoharu
日本 / 1999年生まれ

イ・ヒョク
第3位
LEE Hyuk
韓国 / 2000年生まれ

今田 篤
第4位
IMADA Atsushi
日本 / 1990年生まれ

務川 慧悟
第5位
MUKAWA Keigo
日本 / 1993年生まれ

安並 貴史
第6位
YASUNAMI Takashi
日本 / 1992年生まれ

入賞者演奏会は明日15時から、ライブ放送されます。

ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2018_11
21
(Wed)15:45

第10回浜松国際ピアノコンクール本選プログラム

第10回浜松国際ピアノコンクール本選プログラムです。

11月23日(金)
1 18:00 50 務川 慧悟
S. プロコフィエフ
協奏曲 第3番 ハ長調 Op.26
休憩20分
2 18:50 90 安並 貴史
J. ブラームス
協奏曲 第2番 変ロ長調 Op.83
休憩20分
3 20:00 79 牛田智大
S. ラフマニノフ
協奏曲 第2番 ハ短調 Op.18

11月24日(土)
1 14:00 22 今田 篤
P. チャイコフスキー
協奏曲 第1番 変ロ短調 Op.23
休憩20分
2 14:55 41 イ・ヒョク
S. ラフマニノフ
協奏曲 第3番 ニ短調 Op.30
休憩20分
3 15:55 10 ジャン・チャクムル
F. リスト
協奏曲 第1番 変ホ長調 S.124

表彰式 17:30から

公式サイトから、リアルタイムのライブ放送が見れます。


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2018_11
19
(Mon)16:37

第10回浜松国際ピアノコンクール第3予選が行われています。

今日と明日は、第10回浜松国際コンクールの第3予選が行われています。
第3予選結果はこちら
現在、インターネット中継ストリーム配信により、liveでコンクールの模様を聴くことができます。

浜松国際コンクール記事

私は昨日演奏会があったので、その練習の間に、第1予選と第2予選の日本人参加者の方たちの演奏を何人か聴くことができました。ハイレベルな演奏が繰り広げられていて、また参加者の方たちの多彩なプログラムを楽しむことができます。

ライブ配信はこちら。
終了した演奏配信はこちら。

ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2018_11
18
(Sun)19:11

生徒さんが、第10回三木楽器フレッシュコンサート本選で優秀賞を頂きました。

今日、第10回三木楽器フレッシュピアノコンサート本選が行われました。

私は、自分の演奏会があり、聴きにいけませんでしたが、生徒さんのKさんが、優秀賞を頂きました。

携帯の方に、喜びのメッセージが入っており、嬉しく拝見しました。

これからも頑張って欲しいと思います。

2コンクール


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2018_11
12
(Mon)20:02

第10回浜松国際ピアノコンクール

現在、静岡にてアクトシティ浜松ホールにて、第10回浜松国際ピアノコンクールが開催されています。浜松国際ピアノコンクールは、日本で開催される数少ない国際コンクールのひとつで、世界的なピアニストを輩出している国際ピアノコンクールです。

浜松国際コンクール公式サイト

審査員

出場者はこちら

コンテスタントの皆さんの演奏がストリーム配信されていて、コンクールのライブ模様を聴くことができます。
明日は予選が行われるようです。

ライブ配信はこちら。
終了した演奏配信はこちら。

【コンクール開催日程】
第1予選 アクトシティ浜松中ホール 11/9~11/13
第2予選 アクトシティ浜松中ホール 11/15~11/17
第3予選 アクトシティ浜松中ホール 11/19~11/20
本選   アクトシティ浜松大ホール 11/23~11/24
表彰式  アクトシティ浜松大ホール 11/24
入賞者披露演奏会 アクトシティ浜松大ホール 11/25

ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ

次回コンサートのお知らせ

【日時】11月18日(日)13時~
【会場】奈良市立登美ヶ丘北中学校 体育館 map
【コンサート名】とみきた芸術祭
【出演】ピアノ・ソロ 谷 真子
【プログラム】バッハ=ブゾーニ  シャコンヌ

♪とみきた芸術祭とは・・・

登美ヶ丘北中学校区地域教育協議会主催の芸術祭です。
子供にいい音楽を。芸術家とのふれあいや地域コミュニティの場として。
若い演奏家を応援したい気持ちを込めて。をコンセプトに2回開催され、内容は2時間程度の音楽会で、昨年度は奈良学園大学で行われたそうです。

今年は、登美ヶ丘北中学校体育館で開催され、11月18日(日)10時より開会行事およびオープニング演奏が行われ、午後13時より2時間ほどの演奏会が予定されております。


私は、13時からの演奏会にてバッハ=シャコンヌを演奏します。
最後には、「もみじ」を全員で合唱致します。私も、ピアノ伴奏を担当致します。
無料にてご入場頂けますので、お近くの方は是非足をお運び下さいませ。


2018_11
09
(Fri)13:52

第87回日本音楽コンクール本選会ピアノ部門結果とラジオ・テレビ放送のスケジュール

第87回日本音楽コンクールピアノ部門本選会の模様が、NHKのラジオ、テレビで放送されます。

■ラジオ放送(NHK-FM)※19:30~21:10

ピアノ部門         11月16日(金)


■テレビ放送(NHK-BSプレミアム)

「クラシック倶楽部」※5:00~5:55

ピアノ部門         12月13日(木) 


■ドキュメンタリー放送(NHK Eテレ)

「第87回日本音楽コンクールドキュメント」

12月1日(土) 15:00~16:00

ピアノ部門本選会結果

1位・小井土文哉(こいどふみや)さん(22)=桐朋学園大を卒業し、現在は同大ソリスト・ディプロマコースに在籍
2位・竹澤勇人さん(21)=桐朋学園大3年
3位・尼子裕貴さん(19)=桐朋学園大1年
入選  望月晶さん

岩谷賞(聴衆賞) 
尼子裕貴さん

日本音楽コンクールは日本で一番歴史が古く、権威あるコンクールですが、わが師の阿部裕之先生も、第49回日本音楽コンク-ルピアノ部門で第1位に輝いていらっしゃいます。
 
ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ

次回コンサートのお知らせ

【日時】11月18日(日)13時~
【会場】奈良市立登美ヶ丘北中学校 体育館 map
【コンサート名】とみきた芸術祭
【出演】ピアノ・ソロ 谷 真子
【プログラム】バッハ=ブゾーニ  シャコンヌ

♪とみきた芸術祭とは・・・

登美ヶ丘北中学校区地域教育協議会主催の芸術祭です。
子供にいい音楽を。芸術家とのふれあいや地域コミュニティの場として。
若い演奏家を応援したい気持ちを込めて。をコンセプトに2回開催され、内容は2時間程度の音楽会で、昨年度は奈良学園大学で行われたそうです。

今年は、登美ヶ丘北中学校体育館で開催され、11月18日(日)10時より開会行事およびオープニング演奏が行われ、午後13時より2時間ほどの演奏会が予定されております。


私は、13時からの演奏会にてバッハ=シャコンヌを演奏します。
最後には、「もみじ」を全員で合唱致します。私も、ピアノ伴奏を担当致します。
無料にてご入場頂けますので、お近くの方は是非足をお運び下さいませ。


2018_10
23
(Tue)11:48

第72回全日本学生音楽コンクール大阪大会ピアノ部門本選結果

第72回全日本学生音楽コンクール大阪大会ピアノ部門本選が21日、大阪市のザ・フェニックスホールで行われました。

小学校の部は予選通過者10人、中学校の部は11人、高校の部は11人が出場し、次の入賞者が選ばれました。

小学校と中学校の部は12月1日、高校の部は11月30日、いずれも上位3人が横浜市西区の横浜みなとみらいホール小ホールでの全国大会に出場します。(敬称略)

 <小学校の部>1位=山田初音(奈良市立朱雀小6年)▽2位=中田蒼唯(神戸市立花山小5年)▽3位=二宮煌太(和歌山市立野崎西小5年)▽奨励賞=白石萌々音(兵庫・西宮市立浜脇小5年)<中学校の部>1位=近藤里咲(堺市立三原台中3年)▽2位=太田かのん(広島女学院中2年)▽3位=藤本莉奈(広島市立矢野中3年)▽奨励賞=大山桃暖(大阪・帝塚山学院泉ケ丘中1年)<高校の部>1位=二俣菜月(京都市立京都堀川音楽高2年)▽2位=板舛李空(広島県立祇園北高3年)▽3位=加古彩子(兵庫県立西宮高3年)

全国大会に進出される皆様には、是非、頑張って頂きたいと思います。

♪全日本学生音楽コンクールサイト♪

次回コンサートのお知らせ

【日時】11月18日(日)13時~
【会場】奈良市立登美ヶ丘北中学校 体育館 map
【コンサート名】とみきた芸術祭
【出演】ピアノ・ソロ 谷 真子
【プログラム】バッハ=ブゾーニ  シャコンヌ

♪とみきた芸術祭とは・・・

登美ヶ丘北中学校区地域教育協議会主催の芸術祭です。
子供にいい音楽を。芸術家とのふれあいや地域コミュニティの場として。
若い演奏家を応援したい気持ちを込めて。をコンセプトに2回開催され、内容は2時間程度の音楽会で、昨年度は奈良学園大学で行われたそうです。

今年は、登美ヶ丘北中学校体育館で開催され、11月18日(日)10時より開会行事およびオープニング演奏が行われ、午後13時より2時間ほどの演奏会が予定されております。


私は、13時からの演奏会にてバッハ=シャコンヌを演奏します。
無料にてご入場頂けますので、お近くの方は是非足をお運び下さいませ。



ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2018_09
19
(Wed)09:34

全日本学生音楽コンクール大阪大会ピアノ部門小学校の部予選結果

第72回全日本学生音楽コンクール(毎日新聞社主催、NHK後援、かんぽ生命特別協賛)大阪大会予選・ピアノ部門小学校の部は16、17日の両日、大阪市北区のあいおいニッセイ同和損保ザ・フェニックスホールで行われ、参加62人(うち棄権1人)中、次の10人が予選を通過しました。

本選は10月21日です。

 酒井彩花(三重・伊賀市立青山小5年)▽中田蒼唯(神戸市立花山小5年)▽二宮煌太(和歌山市立野崎西小5年)▽山田初音(奈良市立朱雀小6年)▽田野辺千咲(大津市立青山小5年)▽平田結莉恵(島根大教育学部付属小6年)▽長谷川絵菜(大阪・高槻市立五領小6年)▽加部七菜子(大阪・茨木市立彩都西小6年)▽岸野花音(大阪・岸和田市立城内小6年)▽白石萌々音(兵庫・西宮市立浜脇小5年)(敬称略)

私も小学校部門は入選をさせて頂きましたが、ごくわずかの人しか予選を通過できない厳しいコンクールです。

予選を通過された方の、本選での健闘をお祈り申し上げます。

♪全日本学生音楽コンクールサイト♪

ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2018_09
16
(Sun)10:44

全日本学生音楽コンクール大阪大会ピアノ部門高校生の部予選の結果

毎日新聞社が主催する、第72回全日本学生音楽コンクールの大阪大会ピアノ部門高校の部予選が9月14日と15日、大阪市のザ・フェニックスホールで行われ、審査の結果、以下の方が、10月21日に同ホールで行われる本選への進出を決めました。

本選進出者は次の通り。

工藤桃子(東京音大付属高3年)
二俣菜月(京都市立京都堀川音楽高2年)
板舛李空(広島県立祇園北高3年)
藤原京香(京都市立京都堀川音楽高1年)
肥塚菜々花(兵庫県立北須磨高3年)
鈴木こはるマケナ(大阪府立夕陽丘高2年)
戸村奈央(京都市立京都堀川音楽高2年)
加古彩子(兵庫県立西宮高3年)
角 優奈(東京芸大付属高3年)
野瀬桃香(奈良県立高円高2年)
友近凪紗(兵庫県立西宮高2年)

このコンクールは、予選を通過するだけでも超難関のコンクールで、ピアニストを目指す学生さんのあこがれのコンクールです。
私も、小学部門入選、中学部門入賞しておりますが、高校部門は東京へレッスンに通っておりましたので、参加はしておりません。

今は、ふるさと参加という形で、東京の音高の方も、地元で参加できるようです。

♪全日本学生音楽コンクールサイト♪

ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2018_09
14
(Fri)20:19

全日本学生音楽コンクールを聴きに行ってきました。

梅田のフェニックスホールへ、全日本学生音楽コンクール大阪大会ピアノ部門予選高校の部を聴きに行って来ました。

エントリーは100名弱のようですが、30名ほど聴きました。

厳しいコンクールですので、聴いた30名の中から、予選を通過できるのは、2名くらいだと思います。

東京音楽大学附高の方が、ふるさと参加の枠で、参加されていました。

1毎日

2毎日

♪全日本学生音楽コンクールサイト♪

ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2018_09
11
(Tue)14:37

第72回全日本学生音楽コンクール大阪大会ピアノ部門中学校の部予選結果

毎日新聞社が主催する、第72回全日本学生音楽コンクールの大阪大会ピアノ部門中学校の部予選が9月8日と9日、大阪市のザ・フェニックスホールで行われ、審査の結果、11人が10月21日に同ホールで行われる本選への進出を決めました。

全日本学生音楽コンク―ルは、日本の学生コンクールの中では、一番歴史が古く、最難関と言われ、権威あるコンクールです。

将来、ピアニストを目指す人が、あこがれるコンクールですが、課題曲の量も多く、レベルも高い、予選を通過できるのは一握りの人だけで、大変厳しいコンクールです。

本選進出者は次の通りです。

入江未菜(広島市立安西中2年)
大山桃暖(帝塚山学院泉ヶ丘中1年)
近藤里咲(堺市立三原台中3年)
藤本莉奈(広島市立矢野中3年)
岡久涼葉(徳島市立城東中1年)
城上千夏(八尾市立南高安中2年)
池田彩乃(和歌山大付属中3年)
伊藤梨花(向日市立寺戸中1年)
倉橋陽土(宇治市立木幡中2年)
伊藤陽莉(白陵中3年)
太田かのん(広島女学院中2年)

私が師事する阿部裕之先生は、ピアノ部門の審査員で入っていらっしゃいます。

私自身、第47回小学校の部入選、第48回中学校の部入賞させて頂きましたが、阿部先生は当時から審査員で入っていらっしゃいました。


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2018_09
02
(Sun)16:53

生徒さんがコンクールで優秀賞という最高の賞を頂きました。

第10回三木楽器フレッシュピアノコンサートが、本日、大阪本町の開成館で開かれました。

当ピアノ教室からも、加登志乃さんとおっしゃる生徒さんが参加され、見事、優秀賞という最高の賞で予選を通過されました。

大変、良く弾かれるお子様で、益々の研鑽を積んで、大きく成長してくれる事を願っております。

弟さんも副科ピアノですが、すいすい弾かれ、優秀な姉弟さんです。

本選は11月18日、ムラマツリサイタルホール新大阪で開催されます。

P1040841.jpg

P1040843.jpg

2コンクール

1コンクール


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2018_08
07
(Tue)20:00

第48回フランス音楽コンクールのお知らせ

img039.jpg

第48回フランス音楽コンクールのお知らせを致します。

日時は2018年11月16日予選、11月17日本選です。

会場は芦屋のサロン・クラシックです。

我が師の阿部裕之先生も審査に入られます。

課題曲は、予選・本選ともフランスの作曲家の作品です。

詳細は公式ホームページでご確認下さい。↓

https://kansei-de-ashiya.org/about-france


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2018_07
02
(Mon)15:19

第35回JPTAピアノ・オーディションのお知らせ

img034.jpg

第35回日本ピアノ教育連盟ピアノ・オーディションが9月3日からⅠ4日まで開催されます。

幼児部門、小1・2年生部門、小3・4年生部門、中学生部門、高校生部門、D部門、E部門と分かれます。

予選で良い成績を収められて方には奨励賞が出され、その名から特に優れた方は全国大会への推奨が行われます。

全国大会で特に優秀な方には全国優秀者演奏会に出演が認められます。

奨励賞は比較的受賞しやすいですが、全国大会への推奨はかなりの難関だと思います。

また全国優秀者演奏会は、また一段と厳しくなり、出場者はその後も、演奏家として活躍している人が多いです。

詳細は次の記事をお読み下さい。

第9回日本ピアノ教育連盟ピアノ・オーディション全国優秀者演奏会の思い出


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2018_06
10
(Sun)09:43

第28回日本クラシック音楽コンクールで奈良本選の審査に入ります。

P1040693.jpg

第28回日本クラシック音楽コンクールが開催されます。

このコンクールは予選・本選・全国大会を通じて、審査員の得点の合計点で合否が決定されます。

予選は審査員の得点の合計点が70点以上、本選は80点以上、全国大会は86点以上の得点を獲得する必要があります。(最低得点と最高得点はカットされます。)

規定の得点に達していれば、全員入賞となります。

また、入賞された方には、チケット負担なく、入賞者演奏会への出場の特典が与えられています。

予選から、ずっと同じ曲でも構いませんので、受験やその他の難関コンクールのリハーサルとして、利用される方も多く、是非、挑戦されてみて下さい。

私もずっと審査に入らせて頂いておりますが、今年も奈良本選の審査に入ります。
2018_04
15
(Sun)16:45

第72回全日本学生音楽コンクールの課題曲が発表になりました。

第72回全日本学生音楽コンクールの課題曲が発表になりました。

P1040632.jpg

私も第46,47,48回と受け、第47回は大阪大会小学校の部入選、第48回は大阪大会中学校の部入賞させて頂いております。
また今年も、我が師の阿部裕之先生が審査員として審査にあたられます。

詳細は以下の通りです。

【予選】小学校の部
次の課題曲(1) ~ (3)を演奏すること。ただし、計3曲を6分以内に収まるように選択すること。演奏順序は自由とする。
(1)次の13曲から任意の1曲を選択すること
  J.S.Bach:15 Sinfonias (No.5、No.9は除く)
(2)次の5曲から任意の1曲を選択すること
D.Scarlatti:Sonata
K.1/L.366 in D minor
K.20/L.375 in E major
K.27/L.449 in B minor
K.146/L.349 in G major
K.201/L.129 in G major
(3)次の5 曲から任意の2 曲を選択すること。 当日抽選で1 曲を決定する
Cramer=Bülow:60 Selected Studies
No. 8 in F minor
No.33 in C major
No.35 in E minor
No.42 in B-flat major
No 56 in E major
【予選】中学校の部
次の課題曲(1)(2)を演奏すること。ただし、計2曲を6分以内に収まるように選択すること。演奏順は自由とする。
(1)次の曲集から任意の1 曲を選択すること
  J.S.Bach:The well tempered clavier Book Ⅰ
(No.3、No.5、No.6、No.9、No.10は除く)
(2)次の5 曲から任意の1曲を選択すること
  F.Chopin:Etudes
Op.10 からNo.4 in C-sharp minor
No.7 in C major
Op.25 からNo.2 in F minor
No.12 in C minor
3 Nouvelles études から in D-flat major
【予選】高校の部
次の課題曲(1)(2)を演奏すること。ただし計2曲を8分以内に収まるように選択すること。演奏順は自由とする。
(1)次の作品集から任意の1 曲を選択すること
  J.S.Bach:The well tempered clavier Book I または
The well tempered clavier Book II
(2)次の(イ)~(ハ)の曲集から任意の1 曲を選択すること
(イ)F.Chopin:Etude, Op.10(No.6は除く) または
Etude, Op.25(No.7は除く)
(ロ)C.Debussy:12 Etudes
(ハ)S.Rachmaninoff:Etudes-tableaux, Op.33 または
Etudes-tableaux, Op.39
※(ハ)の作品番号はBoosey&Hawkes版を参照すること
【本選】小学校の部
次の課題曲(1)(2)を10分以内に収まるように選択して演奏すること。演奏順は自由とする。
(1)次の3 曲から任意の1 曲を選択すること
(イ)J.Haydn:Fantasia in C major, Hob.XVII-4
※ウィーン原典版またはHenle版を使用すること
(ロ)W.A.Mozart:12 Variationen über ein Allegretto in B-flat major, K.500
(ハ)L.Beethoven:6 Variationen über “Nel cor piu non mi sento”aus “La Molinara” von G. Paisiello, WoO.70
(2)次の作曲家から1人を選択し、曲集から1曲または複数曲を演奏すること
(イ)F. Mendelssohn:Songs without words (Op.67 No.4 in C major「紡ぎ歌」は除く)
(ロ)F. Chopin:Waltzes(遺作を含む)
※申し込み時に使用する版も申告すること
(ハ)C.Debussy:Children's corner
(二)S.Prokofieff:Visions fugitives, Op.22
【本選】中学校の部
次の課題曲(1)~(5)の5曲から任意の1曲を選択すること。(4)は2曲とも演奏すること。
(1)J.Haydn:Andante con variazioni in F minor, Op.83, Hob. XVII-6
※ウィーン原典版またはHenle版を使用すること。ウィーン原典版を使用する場合は、146~150小節の演奏は自由とする
(2)L.Beethoven:32 Variationen über ein eigenes Thema in C minor, WoO.80
(3)R.Schumann:Papillons, Op.2
(4)F.Liszt:2 Konzertetüden, S.145
1. Waldesrauschen, 2. Gnomenreigen
(5)B.Bartók:Mikrokosmos, Vol. 6 からNo.148 ~ No.153
「ブルガリアン・リズムによる6 つの舞曲」
※(5)の作品番号はBoosey&Hawkes版を参照すること
【本選】高校の部
次の16人の作曲家から1人を選択し、1曲または複数曲を演奏すること。演奏時間は7分以上12分以内とする。 繰り返しは自由とする。
J.Haydn, W.A.Mozart, L.Beethoven, F.Schubert, F.Mendelssohn,F.Chopin, R.Schumann, F.Liszt, J.Brahms, C.Debussy, G.Fauré,A.Scriabin, S.Rachmaninoff, M.Ravel, B.Bartók, S.Prokofieff
※練習曲を演奏する場合は、F.Liszt, C.Debussy, A.Scriabin, S.Rachmaninoff,B.Bartók, S.Prokofieffの作品から選択すること。ただし、予選で提出した課題曲と重複しないこと
※ソナタ、組曲、前奏曲集、練習曲集からの抜粋は可。変奏曲の抜粋は不可
※編曲作品は可
※時間の都合により演奏をカットする場合がある
【全国大会】小学校の部
自由曲とする。ただし、5分以上10分以内で演奏すること。
曲目は複数でも可。ソナタ、組曲、前奏曲集、練習曲集からの抜粋は可。変奏曲の抜粋は不可。すでに出版されている曲を選ぶこと(楽譜の提出を求める場合がある)。予選と本選で提出した課題曲と重複しないこと。
【全国大会】中学校の部
自由曲とする。ただし、8分以上13分以内で演奏すること。
曲目は複数でも可。ソナタ、組曲、前奏曲集、練習曲集からの抜粋は可。変奏曲の抜粋は不可。すでに出版されている曲を選ぶこと(楽譜の提出を求める場合がある)。予選と本選で提出した課題曲と重複しないこと。
【全国大会】高校の部
自由曲とする。ただし、10分以上15分以内で演奏すること。
曲目は複数でも可。ソナタ、組曲、前奏曲集、練習曲集からの抜粋は可。変奏曲の抜粋は不可。すでに出版されている曲を選ぶこと(楽譜の提出を求める場合がある)。予選と本選で提出した課題曲と重複しないこと。
【ピアノ部門注意】
(1)すべて暗譜で演奏すること
(2)特に指示のあるものを除き予選、本選では繰り返しは省略すること。ただし、D.C.は演奏すること。全国大会での繰り返しは自由とする
(3)規定の演奏時間は正味とする
(4)使用楽譜は指定されたもの以外は自由
(5)参加申込書に記入した曲順と演奏順は違ってもよい
(6)時間の都合により演奏をカットする場合がある
(7)予選、本選の選択曲は参加申込書の所定の欄に記入して申し込み時に提出すること。全国大会の自由曲は参加申込書の所定の欄に記入し、本選出場時に必ず持参すること。いずれも提出後の変更は認めない
(8)規定に違反する場合は失格とする

予選開催日(大阪フェニックスホール)
9月8日(土) ピアノ部門 中学校の部
9月9日(日) ピアノ部門 中学校の部

9月14日(金) ピアノ部門 高校の部
9月15日(土) ピアノ部門 高校の部

9月16日(日) ピアノ部門小学校の部
9月17日(月・祝) ピアノ部門小学校の部

9月23日(日・祝) 予備日(全部門共通)
※ピアノ部門小学校の部は、参加人数が多い場合のみ9月17日(月・祝)も開催する
※9月23日(日・祝)は予選全体の予備日
※日程は、やむを得ない理由で変更することがあります

本選
【会場】あいおいニッセイ同和損保 ザ・フェニックスホール
(大阪市北区西天満4-15-10 あいおいニッセイ同和損保フェニックスタワー内)

開催日
10月21日(日) ピアノ部門 小学校の部
ピアノ部門 中学校の部
ピアノ部門 高校の部
※日程は、やむを得ない理由で変更することがあります

大阪大会入賞者発表演奏会・表彰式
【開催日】2019年1月13日(日)
【お問い合わせ】
毎日新聞大阪本社 大阪事業本部事業部(電話:06-6346-8377 平日10時~18時)

2017_12
09
(Sat)12:22

日本音楽コンクールドキュメントテレビ放映

今年の日本音楽コンクールのドキュメントが本日(9日)、NHK Eテレで午後3時から放映されます。

日本音楽コンクールは以前は毎日コンクールと呼ばれておりましたが、ピアニストの登竜門と言われる日本で最も古い権威あるコンクールです。

私が師事する阿部裕之先生も1980年の第49回日本音楽コンクールで第1位に輝いていらっしゃいますが、入賞者はみなさんピアニストとしてご活躍されている方が多く、日本のクラシックの世界を支えていらっしゃる方々ばかりです。

どうぞぜひご覧になって下さい。


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2017_12
03
(Sun)07:44

第71回全日本学生音楽コンクール全国大会ピアノ部門小・中学校の部結果

第71回全日本学生音楽コンクールの全国大会ピアノ部門の小学校・中学校の両部が2日、横浜市の横浜みなとみらいホールで開かれました。

小学校の部第1位 小野寺拓真さん(札幌市立新陵東小6年)
中学校の部第1位 千葉百香(ももか)さん(横浜市立豊田中3年) 

その他の入賞・入選は次の通りです。(同位は演奏順、敬称略)

 <小学校の部>2位=原田怜(神奈川県大和市立福田6年)▽3位=山内理桜菜(愛知県一宮市立大徳6年)▽入選=仁宮花歌(東京都葛飾区立花の木6年)、加部七菜子(大阪府茨木市立彩都西5年)、杉山瑞歩(札幌市立西6年)、柏木美咲(北九州市立清水5年)、岸野花音(大阪府岸和田市立城内5年)、三宅祐佳(奈良市立鳥見5年)、竹内理恵(東京・桐朋4年)、中山智晴(佐賀大付6年)、大西透子(東京都世田谷区立瀬田6年)、角谷春奈(愛知県碧南市立棚尾4年)▽横浜市民賞=小野寺拓真

 <中学校の部>2位=森本隼太(京都教育大付属桃山1年)▽3位=馬場彩乃(東京・桐朋女子3年)、西山響貴(東京都立武蔵高付3年)▽入選=谷藤全(北海道・函館ラ・サール3年)、中野すみれ(埼玉・開智学園総合部7年)、藤原京香(奈良・帝塚山3年)、小原慎太郎(北海道江別市立大麻東1年)、小松さくら(愛知県西尾市立福地2年)、セレステ香月ワグニッツ(佐賀大付2年)、藤本莉奈(広島市立矢野2年)、神原雅治(岐阜市立東長良3年)、小山七世(北九州市立田原2年)▽横浜市民賞=森本隼太

全日本学生音楽コンクールは日本の学生音楽コンクールで一番歴史が古く、ピアニストの登竜門と言われている難関コンクールですが、その入賞者の多くは世界で活躍されています。

私も第47・48回大阪大会で入選させて頂き、第48回中学1年の時には奨励賞を頂き、入賞者演奏会にも出演致しました。 厳しいコンクールを通過することで身についた事も多く、今も大阪大会の予選・本選は必ず聴きに行くようにしております。

通過された皆様方にはますますのご活躍をお祈り申し上げます。


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2017_12
02
(Sat)07:48

第71回全日本学生音楽コンクール全国大会ピアノ部門高校の部結果

第71回全日本学生音楽コンクール全国大会ピアノ部門高校の部が1日、横浜市の横浜みなとみらいホールで開かれました。

第1位
島多(しまた)璃音(りいと)さん(兵庫県立西宮2年)
亀井聖矢(まさや)さん(愛知県立明和1年)
 
その他の入賞・入選は次の通りです。(同位は演奏順、敬称略)
2位=永井希望(東京芸大付2年)▽3位=三田有輝也(札幌南1年)、荒川浩毅(札幌藻岩1年)▽入選=重松良卓(東京・桐朋女子<男女共学>1年)、天勝悠太(京都市立京都堀川音楽2年)、石川奈々歩(東京芸大付2年)、伊波蘭菜(沖縄県立開邦1年)、渡辺晟人(県立秋田2年)、高尾真菜(名古屋市立菊里2年)、角優奈(東京芸大付2年)、鮫島彩音(鹿児島県立鶴丸2年)▽横浜市民賞=亀井聖矢

入賞者の方々には、ますますの研鑽を積まれて、世界に羽ばたいて欲しいものだと思います。

島多璃音さんピティナでの演奏→https://www.youtube.com/watch?v=OKjHbAqY1o4
亀井聖矢さんピティナでの演奏→https://www.youtube.com/watch?v=OjCUhsPNEJM


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2017_10
23
(Mon)09:34

第71回全日本学生音楽コンクール大阪大会本選ピアノ部門の結果

第71回全日本学生音楽コンクール大阪大会本選ピアノ部門が22日、大阪のザ・フェニックスホールで行われました

上位3人が横浜市西区の横浜みなとみらいホール小ホールでの全国大会に出場されます。

 <小学校の部>1位=岸野花音(大阪・岸和田市立城内小5年)▽2位=三宅祐佳(奈良市立鳥見小5年)▽3位=加部七菜子(大阪・茨木市立彩都西小5年)▽奨励賞=上原心音(神戸海星女子学院小6年)▽同=中嶋雫(滋賀・彦根市立高宮小6年) (敬称略)

 <中学校の部>1位=森本隼太(京都教育大付属桃山中1年)▽2位=藤原京香(奈良・帝塚山中3年)▽3位=藤本莉奈(広島市立矢野中2年)(敬称略)

 <高校の部>1位=島多璃音(兵庫県立西宮高2年)▽2位=角優奈(東京芸術大付属音楽高2年=ふるさと参加)▽3位=天勝悠太(京都市立京都堀川音楽高2年) (敬称略)

全日本学生音楽コンクールはピアニストへの登竜門と言われ、ピアニストを目指す人にとってあこがれのコンクールですが、難関コンクールとしても有名なコンクールです。

全国大会への切符を手に入れられた方はみな晴れの場で実力を発揮してほしいものだと思います。


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2017_10
22
(Sun)11:26

今日、全日本学生音楽コンクール本選が開催されます。

今日は大阪・梅田フェ二ックスホールにて全日本学生音楽コンクール小学校の部、中学校の部、高校の部の大阪大会本選が開催されます。

毎年同じ時期に開催されますが、今年も台風の影響が懸念されます。

現在、私がプライヴェートで師事しております阿部裕之先生も審査員に入っていらっしゃいます。 私が中学生部門で中1で本選で入賞させて頂いた時にも審査に入っておられました。

全日本学生音楽コンクールはピアニストの登竜門として知られ、入選、入賞するためには、大変厳しい日々の練習の積み重ねが要求されるコンクールです。

子どもの頃は参加者として毎年参加・出場していましたが、毎年学生音コンの課題曲に取り組むことで、一年の勉強の軸となり学生音コンの課題曲の勉強を中心に一年のスケジュールを組んでいました。

ここ数年は毎年、私も聴きに行き、今は指導者として大変良い勉強ができるコンクールとなっています。

ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2017_10
10
(Tue)13:01

ピティナ・ピアノコンペティション

P1040252.jpg

私はピティナの指導者会員となっておりますので、自宅へピティナの要項や会報等が送られてまいります。

先日結果特集号が送られて参りました。

今年の特級のグランプリは我が母校東京音楽大学の3年生の学生さんのようです。

当教室でもピティナはお勉強になりますので、希望される方には参加して頂いております。

優秀賞を頂いた事もあり、参加する以上は頑張ってほしいと、私も全力で応援させて頂いております。

来年の課題曲の発表は3月ですが、ファイト一杯のお子様方。是非当教室の門をたたいてみて下さい。

また門下の方で興味のある方は、受付までお尋ね下さい。


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2017_09
27
(Wed)09:22

第71回全日本学生音楽コンクール大阪大会予選ピアノ部門高校の部で11名が通過されました。

第71回全日本学生音楽コンクール大阪大会予選ピアノ部門高校の部で次の11名が予選を通過されました。 本選は10月22日です。

天勝悠太(京都市立京都堀川音楽高2年)▽山西彩恵子(東京音楽大付属高3年=ふるさと参加)▽角優奈(東京芸術大付属音楽高2年=ふるさと参加)▽永田桜子(大阪府立三国丘高1年)▽宇賀治晴香(大阪府立夕陽丘高2年)▽始田茉衣(京都市立京都堀川音楽高2年)▽野瀬桃香(奈良県立高円高1年)▽肥塚菜々花(兵庫県立北須磨高2年)▽工藤桃子(東京音楽大付属高2年=ふるさと参加)▽島多璃音(兵庫県立西宮高2年)▽二俣菜月(京都市立京都堀川音楽高1年)(演奏順、敬称略)

今年は東京からふるさと参加された方が多くいらしたようですが、皆さん本選で実力が発揮されますよう頑張って頂きたいと思います。

本選は10月22日、大阪のフェニックスホールで、小・中・高と公開で一日行われますが、入場は各部門入れ替りになります。
私も聴きに行く予定にしております。


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2017_09
19
(Tue)08:40

第71回全日本学生音楽コンクール大阪大会予選ピアノ部門小学校の部で12名の方が通過されました。

17日と18日、大阪のフェニックスホールで開かれました第71回全日本学生音楽コンクール大阪大会予選ピアノ部門小学校の部で次の12名の方が予選を通過されました。 本選は10月22日です。

加部七菜子(大阪・茨木市立彩都西小5年)▽伊藤梨花(京都・向日市立第3向陽小6年)▽岸野花音(大阪・岸和田市立城内小5年)▽大山桃暖(堺市立金岡小6年)▽三宅祐佳(奈良市立鳥見小5年)▽衣斐桜秋(大阪・吹田市立山田第五小6年)▽中嶋雫(滋賀・彦根市立高宮小6年)▽永里姫珈(滋賀大付属小6年)▽山田初音(奈良市立朱雀小5年)▽上原心音(神戸海星女子学院小6年)▽谷口和真(大津市立晴嵐小5年)▽二口沙来(石川・白山市立松陽小6年)(演奏順、敬称略)

私は17日の午前の部を聴きにまいりましたが、聴いた中では4名の方が通過されていました。 小学校の部はピアノの基本が審査の対象になっているのではないかと思います。 鍵盤の底まできちっと深く掴んだ基礎の打鍵法や音色や楽譜の読み取り方の正確さ、真摯さが審査の対象となり、またプロの真似をするのではなくみずからの頭で考えて音楽を考察し素直に表現できているかどうかが合否の分かれ目になるのではないかと思います。

コンクールは悲喜こもごもですが、駄目だった方も、また次の目標に向けて頑張って欲しいと思います。


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2017_09
17
(Sun)14:39

第71回全日本学生音楽コンクール大阪大会予選ピアノ部門小学校の部を聴きに行ってまいりました。

第71回全日本学生音楽コンクール大阪大会予選ピアノ部門小学校の部を聴きに大阪のフェニックスホールまで出かけてまいりました。

P1040242.jpg

私が師事する阿部裕之先生が毎年審査員に入っていらっしゃいますので聴きに伺わせて頂きましたが、夕方から台風が近畿接近ということでしたので、半日だけ聴かせて頂いて帰宅致しました。

今年は課題曲のせいかレベルが高く、皆さんしっかりと弾いていらしたように思います。

しかし予選を通過して入選証を頂けるのは10名くらいですので、厳しい競争になるかと思います。

予選は2日にわたり行われ、発表は明日の夕方です。 明後日の毎日新聞の朝刊に氏名と学校名が掲載されます。

私も第47回と第48回に入選をし、第48回は入賞もさせて頂きました。

日本の学生音楽コンクールでは一番歴史が古くピアニストの登竜門と言われる権威あるコンクールですので、将来ピアニストを目指す子供にはあこがれのコンクールです。

楽譜を見たくないほど、練習し尽くして挑戦するわけですが、結果は悲喜こもごもです。 結果にこだわらず元気にピアノのお勉強を続けていって欲しいものだと思います。


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2017_09
11
(Mon)09:10

第71回全日本学生音楽コンクール大阪大会予選ピアノ部門中学校の部10名が通過されました。

第71回全日本学生音楽コンクール大阪大会予選・ピアノ部門中学校の部が9、10日にザ・フェニックスホールで行われ、次の10人が予選を通過されました。 本選は10月22日です。

藤原京香(奈良・帝塚山中3年)▽塩飽桃加(広島市立祇園中3年)▽青山茉白(徳島・つるぎ町立半田中3年)▽岡部祐奈(金沢市立泉中2年)▽大同理紗(堺市立長尾中2年)▽森本隼太(京都教育大付属桃山中1年)▽倉橋陽土(京都・宇治市立木幡中1年)▽入江未菜(広島市立安西中1年)▽平野未紗(石川・能美市立寺井中3年)▽藤本莉奈(広島市立矢野中2年)(演奏順、敬称略)

今年で71回目になる全日本学生音楽コンクール(毎日新聞社主催、NHK後援)は難関コンクールとして定評がありますが、今年も10名の中学生が大阪大会予選を通過されました。

私も第48回で中学1年生の時、予選を通過し、本選でも奨励賞を頂き、入賞者演奏会に出場致しました。 その時の予選の課題曲はバッハのイタリア協奏曲、本選はショパンのスケルツォ1番で、入賞者演奏会ではショパンの華麗なる変奏曲を演奏致しました。 毎日コンクールで培ったテクニックは今の私のピアノライフに大いに役立っております。

今年の予選通過者の皆様には本選でのご健闘をお祈り申し上げます。


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2017_09
09
(Sat)10:39

第71回全日本学生音楽コンクール大阪大会予選ピアノ部門中学校の部が開催されます。

第71回全日本学生音楽コンクール大阪大会予選ピアノ部門中学校の部が今日と明日、大阪のフェニックスホールで開催されます。

全日本学生音楽コンクールは通称「毎コン」と呼ばれ、毎日新聞社主催、NHK後援の日本の学生音楽コンクールで一番歴史の古い権威あるコンクールですが、1年に1回秋に全国で開催されます。

その課題曲の難しさと量の多さでは定評があり、参加者はそんなに多くありませんが、予選通過者は入選者として翌日の毎日新聞の朝刊の紙面に氏名と学校名が掲載されます。

毎年予選通過者は10名くらいですが、その入選者で後日本選が開かれ、全国大会進出者が決定します。

私も第47回小学校部門で入選、第48回中学校部門では入賞をしております。

私のピアノの原点ですので、毎年聴きに行きますが、今年も小学校部門を聴きに行く予定です。

全日本学生音楽コンクール公式サイト


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2017_08
26
(Sat)14:07

東京音楽大学の1年生の方がクララ・ハスキル国際ピアノコンクールで1位を受賞されました。

40-07.jpg

東京音楽大学の1年生の藤田真央さんが第27回クララ・ハスキル国際ピアノコンクールで1位を受賞されました。

クララ・ハスキル国際ピアノコンクールは2年に一度、スイスで開かれる著名なピアノ・コンクールですが、ピアニストのクララ・ハスキルにちなんで設立されたピアノコンクールです。

藤田さんは全日本学生音楽コンクール小学校部門全国優勝、日本クラシック音楽コンクールグランプリ他数々のコンクール受賞歴を持たれる方ですが、これを機会に世界での活躍が期待されます。

今後も活躍を楽しみにしたいと思います。




ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2017_08
21
(Mon)19:46

第27回日本クラシック音楽コンクールの奈良予選の審査に行ってきました。

第27回日本クラシック音楽コンクールの奈良予選の審査のためにやまと郡山城ホールまで行ってきました。

P1040194.jpg

郡山は金魚の名産地ですが、玄関では大きな水槽の中で金魚が泳いでいました。

P1040196.jpg

少し早く着いたのでアイスコーヒーで一服しておりました。

コーヒー

私は幼児から中学生までを審査しましたが、皆夏休み返上で練習に励んでいる様子が伝わってくる立派な演奏でした。

P1040199.jpg

演奏曲名は事前に審査員に知らされますので、審査員もお勉強して審査に臨みます。

日本クラシック音楽コンクール予選は審査員の平均点が70点以上で合格です。 合否の境目は楽譜に正確に丁寧に弾けているかどうかにかかると思います。

通過された方は次の本選に向けて頑張って欲しいと思いますし、駄目だった人はもう一度基本に戻って丁寧な練習に取り組んで欲しいと思います。


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ