ヤナーチェク ピアノ・ソナタ 「1905年10月1日」 変ホ短調/Janacek Sonata pro klavirni "1.X.1905" es-moll

ヤナーチェク(1854~1928)はチェコの誇る国民的作曲家ですが、今でもチェコ人の演奏会では必ずといっていいほど取り上げられる作曲家です。

私は中学3年の時にチェコのプラハ音楽院へコンクールと音楽研修を受けるために行きましたが、チェコとスロヴァキアが独立した直後で、街にはアメリカの作曲家の音楽も多く流れておりました。 しかしチェコにはそれまでに流血を呼ぶ様々な独立運動の悲劇が繰り返されており、そうした出来事の中でこのピアノ・ソナタは作曲されました。

この「1905年10月1日」はヤナーチェク(1854~1928)が残した唯一のピアノ・ソナタです。

1905年、民族復興運動の機運の中で射殺されたチェコ人青年の労働者フランティシェーク・パヴリークへの追悼作品として構想され、1906年1月に完成、ブルノの芸術愛好家クラブでトゥ千コヴァーのピアノで初演されました。

当初はヤナーチェクは3楽章の「葬送行進曲」も作曲して「1905年10月1日街角にて」としておりましたが、初演の寸前、3楽章の楽譜を暖炉に投げ込み焼き捨ててしまいます。

また後には、残りの1,2楽章の自筆譜もヴォルタヴァ川に投げ入れ破棄してしまいますが、1924年になって初演者のトゥ千コヴァーが筆写譜を持っており「1905年10月1日」と改題されプラハでも初演されました。

ヤナーチェクの許可を得て出版されたのは、1924年になってからです。

ヤナーチェク ピアノ・ソナタ♫~チッコリーニ


ピアニスト谷真子公式サイト
プロフィール

谷真子 masakotani

Author:谷真子 masakotani
東京音楽大学卒業

ADRESS
奈良市学園前

ピアニスト谷真子公式サイト
http://masakotani.co
奈良市学園前 谷真子ピアノ教室 教室ブログ「musica」
最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
カウンター