2015_07
31
(Fri)09:00

ベルギーのCelllist Nicolas Deletailleニコラ・デルタイユ氏の古楽器の音に心が癒される音楽

今日はべルギーのチェリストのニコラ・デルタイユさんとのデュオコンサートのエピソードについて書きます。

 

 ニコラ・デルタイユさんとは芦屋にある♪サロン・クラシック♪のオーナーの中西淳子さんのご紹介で二度デュオ・コンサートを行いました。

ニコラ・デルタイユさんは若手のチェリストですがベルギーのブリュッセル王立音楽院の准教授でもいらっしゃいます。音楽に敬虔に向き合われる姿勢は若きピューリタンという感じの方です。

一度目は私の自宅でチェロの小品を何曲か演奏致しました。その時の演奏はyou tubeにアップしております。         
https://www.youtube.com/watch?v=nYYP-f00kgg         
https://www.youtube.com/watch?v=bZhb69jev40 (他)

ニコラ・デルタイユさんはアルぺジョーネという古楽器にも深い造詣がおありになりウイーンの巨匠のPaul Badura-SkodaとシューベルトのCDを出していらっしゃいます。私の自宅のCDラックに、廃盤になった古いPaul Badura-Skodaのピアノフォルテによるベートヴェンのピアノ・ソナタ全集があるのを見つけられて大変驚いていらっしゃいました。またハイドンやモーツアルトの生家の古楽器の絵葉書を見つけられてとても懐かしそうにされていました。          
アルぺジョーネCD紹介 http://ml.naxos.jp/album/FUG529

私の家にはイタリア語、ドイツ語、フランス語と辞書がとても多いのですがその中に伊英辞典を見つけられ「Io parlo italiano anche.」と嬉しそうにイタリア語でお話しされていました。デルタイユさんは日常会話はフランス語ですがクリスチャンの多いヨーロッパの人にはイタリア語は憧れの言語のようです。

二度目は芦屋のサロン・クラシックでドビュッシーのチェロ・ソナタを演奏致しました。この曲はお互いが拍に厳格に弾かないと合わないのですが本番はドビュッシーの世界を表現できたのではないかと思っています。

ニコラ・デルタイユさんのチェロは音楽が穏やかにゆったりと流れていきヨーロッパの風景が目に浮かんでまいります。喧噪の日本ではあの緩やかなテンポを保つのは難しくデルタイユさんのチェロには聴いていて心が癒されるものがあります。
                  
ドビュッシー チェロ・ソナタ              
 https://www.youtube.com/watch?v=maujknp81qE              
 https://www.youtube.com/watch?v=wRyxH2OU8ug 

ニコラ・デルタイユ氏公式サイト
                                
2015_07
30
(Thu)09:26

15歳の時からお世話になった関孝弘先生の思い出(東京)

私は中学3年の9月から東京音楽大学に進学するまで毎週日曜日、新幹線に乗って1日がかりで東京の等々力の関孝弘先生とおっしゃるピアニストの方のご自宅にレッスンに通っておりました。 関先生は東京芸術大学大学院を卒業された後イタリアのブレーシアという所に留学されそのまま長くイタリアに住んでらした方です。

私が伺った時は帰国された直後で、日本人というより外国人という感じでいらっしゃいました。レッスンは日本語でされましたがそれ以外の普段の会話はイタリア語で話されお宅はまるでイタリアでした。お玄関を入った時の家のにおいもいつもガーリックとオリーブオイルのにおいがし、奥様のマリアンジェラさんがイタリア語で迎えて下さいます。

ご自分のピアニストとしてのライフ・ワークはイタリアのピアノ音楽を日本に紹介しイタリアと日本の架け橋となる事とされていらっしゃいましたが、私へのレッスンはピアノの基本を大切にされバッハの平均律、ショパンのエチュード、ベートーヴェンのソナタ、近現代の音楽と何時間もかけて丁寧にレッスンして下さいました。

 東京音楽大学に進んだ後も引き続きご自宅でプラィベートレッスンをして頂きましたが、私が今ピアニストとして演奏活動を続けていく事ができる根っこの部分は関先生が作って下さったのかもしれないとも思います。

1曲につき基本的には3回しかレッスンはしない、つまり言い換えれば3回で仕上げるという事ですが今私の手元に残っているレッスンのテープ、DAT, MDは膨大な数になります。

関先生にご指導頂いた曲の中で、高1の時第5回高校生国際芸術コンクールで入選した「シューマンの幻想小曲集」と大学の卒業の時教授会でご推薦を受けた新人演奏会の曲の「ラヴェルのスカルボ」を今you  tubeにアップしております。また頂いた外国の写真集(作曲家の生家の写真集)の素敵な装丁など新ホームページのMy Historyの項目に掲載します。

20150804230701.jpg

 

一見、東京への往復の時間がもったいないように思いますがそれだけの時間をかけてお伺いするからこそレッスンで何かを吸収して来ようと思いますし、(ピアノを弾くという作業は感性を消耗する作業ですので)土地を変わるというのは感性の補充にもなり有意義な時間だったと思います。

シューマン 幻想小曲集~谷真子♬
ラヴェル スカルボ~谷真子♬

ピアニスト関孝弘氏公式サイト





2015_07
29
(Wed)09:19

1991年京都ピアノコンクール 3位受賞の思い出(小4)

"a memory of '91 KYOTO PIANO CONCOURS, the third prize (10 years old)"
古都京都で毎年開催されるコンクールに「京都ピアノコンクール」というのがあります。昔の要項を見ていますと私が師事する阿部裕之先生は当初からこのコンクールの審査員に入ってらしたようです。

実は私は小学4年の時先生に勧められ'91京都ピアノコンクールに参加して総合で3位という素晴らしい賞を頂いた事があります。その当時と今は少しコンクールの形式が変わっているようですので詳細は下のアドレスからご確認下さい。
2016年京都ピアノコンクール詳細はこちら

私がエントリーしたのは小学4年で第9回京都ピアノコンク―ルでした。中田喜直さんの変奏的練習曲を演奏しましたが、特別な気負いもなかったせいか気持ちよく楽しく弾け結果は総合第3位という素晴らしい賞を頂く事になりました。本選の京都会館第2ホールの大きな舞台で当時出たばかりのヤマハのCF-3という立派なピアノを弾けるだけでも子供心に誇らしく感じましたが、賞まで頂けて大変嬉しくまた大きな励みになったのを覚えています。

1位と2位は京都の堀川高校の方でしたので表彰式の時は私は一人小さく、京都新聞社の方から頂いたトロフィーを大きく感じました。

翌日の京都新聞の記事にコンクールの結果が掲載されまた協賛の(株)JEUGIAさんから素敵なパネル写真を頂き今でもそれは大切に飾って励みとしております。新ホームページのMy Historyの項目に当時の写真や資料を掲載致します。

20150804230127.jpg

 

    
話は変わりますが、同じ小学4年生の時にオーストリアの作曲家ハイドンのピアノ協奏曲二長調1楽章を演奏し初めてコンチェルトを体験致しました。小さい時にコンチェルトを経験した方が良いという先生のお勧めもあったのですが、その時の演奏のビデオを主催者の方が制作して下さり記念に頂きましたのでその時の演奏をyou tubeにアップしております。

モーツァルトやハイドンというウイーン古典派の作曲家は楽譜は一見簡単ですが、音符の少ない分演奏者には究極の難しい作曲家だと私は考えております。モーツァルトやハイドンを淡々と弾き人に感銘をもし与えられたらそれは素晴らしい事ですが、遠い目標のようです。

     Haydon Piano Concerto D-dur 1st mov.
             ハイドンピアノ協奏曲Hob.18-2二長調第1楽章
           https://www.youtube.com/watch?v=5vhDV2SmBfs
2015_07
28
(Tue)09:06

第9回日本ピアノ教育連盟ピアノ・オーディシヨン全国優秀者演奏会(小5)

今日は私が小学5年の時、第9回日本ピアノ教育連盟ピアノ・オーディションで全国優秀者演奏会(当時は入選者演奏会と呼ばれていました)に出場した時の思い出とこのコンクールの詳細について書こうと思います。
P1020165.jpg
上野学園 石橋メモリアルホール全国優秀者演奏会にて 
W.A.Mozart Piano Sonata No.16 C dur K.545 2Satz,3Satz♫       


毎年7月になると「JPTA 公益財団法人 日本ピアノ教育連盟 ピアノ・オーディション」というコンクールの要項が発表され今年は第32回になります。通称[教育連盟」といったり「ピアノ・オーディション」と簡略に言われますが,年齢別に8つの部門に分かれておりまず地区予選が行われます。そこで優秀賞と奨励賞が出され優秀賞をもらった人は全国大会に進みます。

課題曲は全日本学生音楽コンクールほど難しいものではありませんのでピアノを真面目にお勉強している人にとって挑戦はしやすいですが、優秀賞を頂いて全国大会に進むのは相当に厳しい関門だと言えると思います。その当時は優秀賞を頂くと「本選出場之証」という賞状を当時の審査委員長の故安川加壽子さんのお名前で頂きました。


次は東京で行われる全国大会ですが課題曲は地区予選とは別のものになります。全国から選抜された人が集まってきますのでこの全国大会で弾けるだけでも素晴らしい事です。私もそれしか考えておらず課題曲の中から自分で選んだモーツァルトのピアノ・ソナタ16番K.545ハ長調を無心に練習した思い出があります。

全国大会は家族旅行を兼ねて家族全員で東京には行きましたが、父と姉が東京見物をするのを横目で見ながら私はスタジオを借りて練習をしました。全国大会は銀座のヤマハホールで行われましたが、緊張する事なくいつも通りに弾けたように思います。

結果発表で私の番号が呼ばれ翌日の入選者演奏会で演奏させて頂ける事になりました。母は慌ててピアノスタジオの予約を取りに電話まで走って行ったそうです。

翌日の入選者演奏会はトップバッターの奏者でしたので、翌朝6時ごろから渋谷の宮益坂にある三浦楽器の方にお願いしてピアノの練習室を貸して頂き早朝練習をして演奏会に出ました。

その時一緒に出演した方々も皆さん今も音楽活動を精力的に続けていらっしゃいます。

後日教育連盟の方から会報と石橋メモリアルホールでのパネル写真を送って頂きましたが、その会報の中にお亡くなりになられた藤田晴子さんが入選者演奏会での奏者へのコメントを書いて下さっていました。私のモーツァルトを大変褒めて頂けたので一生懸命頑張って良かったと子供心に思った思い出があります。

小さい時の大変さは大人が思う程には子供は覚えていません。中学、高校となるとやらなくてはいけない事も増えてまいりますので、時間のある小さい時にピアノの基礎を身に付けておくのは良い事なのではないかと思います。

JPTA公益財団法人 日本ピアノ教育連盟ピアノ・オーディション公式サイト♪             
2015_07
27
(Mon)09:27

旧ワルシャワ高等音楽院院長Prof.Kazimierz Gierzodの思い出(中学生)

旧ワルシャワ高等音楽院(ショパン音楽大学)元院長ゲルジョード先生に初めてお目にかかったのはまだ中1になったばかりの頃でした。 ♪ゲルジョード先生♪は相愛大学客員教授でもいらしたので相愛音楽教室の熱意ある生徒は相愛大学で個人レッスンをして頂く事ができました。

私はその年の全日本学生音楽コンクール中学校部門の本選の課題曲の「ショパンのスケルツォ1番」を見て頂きました。初めは聞き慣れないポーランド語に驚いたのを今でも覚えています。

まず大きくアドヴァイスを受けたのが真ん中のクリスマスキャロルの部分でした。「ここのメロディはポーランドでは誰もが知っている有名な民謡です。」と原曲の民謡のメロディを大きな声で歌って下さいました。 そしてショパンの作曲したスケルツォ1番のクリスマスキャロルの部分を弾いて下さったのですがその心に染み渡る音楽は初めて聴くピアノでした。
Prof. Kazimierz Gierzod performs  F.Chopin.(ゲルジョード先生のショパン演奏)♬          

その当時お習いしていた故片岡みどり先生(相愛大学名誉教授)とゲルジョード先生は個人的に親しくなさっていたのでその後も何度も片岡先生のお宅でプラィベートレッスンをして頂きました。バッハのいろいろな曲やモシュコフスキーやショパンのロンドやショパンの華麗なる変奏曲などを見て頂きましたが、いつも音楽の基本を厳しくご指導頂いたように思います。

中1の時、学音の本選で弾き入賞したショパンのスケルツォ1番を(コンクール直前のレッスンの際片岡先生のお宅で先生に言われて録音したものですが)クリスマスキャロルの部分から最後まで楽譜の一部と共に現在you tubeにアップしております。
F.Chopin  Scherzo  No.1  h-moll  Op.20 ( Masako Tani)ショパンスケルツォ1番クリスマスキャロルより♬      

今もゲルジョード先生のお元気で演奏されるお姿をyou tubeで拝見し中学生時代に厳しくレッスンして頂いた事を懐かしく思い出します。
ゲルジョード先生と(中1)

参考ブログ
ショパン スケルツォ1番について
ショパン スケルツォ2,3番について





2015_07
26
(Sun)09:28

中学生の時訪れたPrague Conservatoryとプラハの街について徒然に書きました。

プラハの街の風景~谷真子、他参加者撮影
プラハ モルダウ川
プラハ
プラハ
プラハ
プラハ
プラハ
プラハ
プラハ

中学生の時、お習いしていた故片岡みどり先生(相愛大学名誉教授)からお勧めを受けピアノの研修とコンクールを兼ねてチェコの首都プラハへ行きました。研修場所はプラハ音楽院という名門の音楽学校です。 プラハ音楽院はドヴォルザークが校長先生をしていた事もあり、クーベリックや多くのチェコの著名な音楽家を輩出している伝統のある音楽院です。 
Prague Conservatory♪ 

プラハ搭乗券
スカンジナビア航空でコペンハーゲンに行きそれからミュンヘンへ行きミュンヘンからバスでプラハへ入りました。
1996年プラハコンサート
私が行ったのは1996年ですが1989年に民主化し1993年にはチェコとスロヴァキアに分国された後でプラハ城ではアメリカのガーシュインやバーンスタインの曲が演奏されていました。

プラハの街はモーツアルトが熱狂的に受け入れられた街ですが、中世の面影が街のあちlこちに残り大変ヨーロッパらしい素敵な街です。その時写した写真は今作成中の新ホームページの中や現在アップ中のyou  tubeのショパン「ノクターン遺作嬰ハ短調」等の音源だけの私の演奏の画面に載せています。
F.Chopin Nocturne Cis-moll (ショパン ノクターン遺作嬰ハ短調)♬

街の中央にはスメタナ作曲の「わが祖国」の中の”モルダウ”で有名なヴォルダバ川が流れており、また旧チェコスロヴァキアの誇るドヴォルジャークやスメタナを記念する建造物もたくさんあります。

チェコ国産のピアノは「ペトロフ」といわれるピアノですが、プラハ音楽院ではベーゼンドルファーやペトロフの他に日本の「ヤマハ」も大切に使われていました。コンクールはプラハ音楽院の中のホールで開催されましたがプラハの男の子が子供でもタキシードを着て正装していたのが印象に残りました。

私はショパンのスケルツォ第3番を演奏し3位に入賞でき審査員の先生方のサインの入った賞状を頂きました。新ホームページのMy  Historyの項目に写真を掲載致します。またその時の演奏はyou tubeに現在アップしております。
F.Chopin Scherzo No.3 cis-moll Op.39(ショパンスケルツォ3番)♬

クラシック音楽はもともとはヨーロッパの文化ですので、中学生の時初めて見たヨーロッパの風景は私には時々とても懐かしく感じられます。今は小学生からヨーロッパへ音楽研修やコンクールを受けに行く時代ですが、可能であれば小さい時にカルチャーショックを受けておく事は意義のある事ではないかと思います。

関連記事
ドヴォジャーク、スメタナ室内楽(プラハ音楽院出身者室内楽奏者)♪
チェコの指揮者クーベリック(プラハ音楽院出身)♪

2015_07
25
(Sat)10:42

私がソルフェージュを学んだ大阪本町の相愛音楽教室をご紹介します。

相愛音楽教室(現相愛大学附属音楽教室)♪は関西のソルフェージュ教育では伝統のあるソルフェージュを学べる音楽教室です。今までにピアニストだけではなくヴァイオリストなど大勢の世界的な著名なアーテイストを輩出しています。

聴音、楽典、新曲視唱等系統的に学べるようにシステムが組まれています。学校と同じように学期末には個人懇談もあり音楽大学進学を希望される保護者の方の相談にものって頂けます。年1回実技テストもあり中3の実技テストで1番の優秀な生徒は卒業演奏会に出場できます。

20150804234533.jpg

 

私も卒業時のテストで♪ハイドンのソナタ♪を弾き相愛音楽教室卒業演奏会に出演し演奏会ではリストの小人の踊りとベートーヴェンのピアノ・ソナタ3番を演奏致しました。その時のプログラムは新ホームページのMy Historyの項目に掲載します。

音楽のお勉強は毎日の実技の練習だけでも大変ですが、合わせてソルフェージュ教育も必要となってきます。私は毎日ピアノの練習の前に、必ず楽典の復習と新曲視唱の練習、CDを使っての聴音のテストを組み込んでやっていました。

音楽のお勉強は非常に孤独な世界ですが、音楽教室の良い所はそこに行けば同じ目的を持った仲間がいますしいろんな側面からサポートしてくれる先生方も大勢いらっしゃいます。経済的にもソルフェージュ科目を個別に習うよりは割安なのではないかと思います。

毎週のピアノのレッスンと毎日の練習、ソルフェージュのお勉強、学校のお勉強、体調の管理のためのリラックスタイムの確保、と音楽のお勉強は頭で考えると不可能ではないかと思うほどいろんな事を並行してやっていかないといけません。時間を効率的に使う事も大切ですが、なによりの原動力はやはり「音楽のお勉強が好き」という本人の気持ちなのではないかと思います。
2015_07
24
(Fri)12:10

第46,47,48回全日本学生音楽コンクール大阪大会の思い出(中1)

通称「毎コン」と呼ばれる全日本学生音楽コンクール大阪大会の思い出について今日は書きます。

このコンクールは日本で一番歴史の古いコンクールですがそのレヴェルの高さと厳しさでは定評があります。
     http://www.mainichi-classic.jp/

毎年、春になると毎日新聞社からその要項が発表されますがピアノ部門は小学校部門、中学校部門、高校部門と分かれています。

課題曲が大変難しく要求される音楽的レヴェルも高いものがありますのでエントリーするだけでも難しく参加者はそんなに多くありませんが、予選からハイ・レヴェルでの競争になります。

予選通過者は毎年10名弱ですがその人達には入選証という賞状が渡され翌日の毎日新聞の朝刊に氏名と学校名が発表されます。

その入選者達で次本選が開催されますが、本選はもっと厳しい戦いになります。基本的にはミスは許されないと思わないといけないのではないかと思います。

予選が9月本選が10月ですので皆、夏休みは朝から晩まで練習に明け暮れます。

私も小学校部門(小5、小6で)と中学校部門(中1で)にエントリーし小学校部門は6年の時入選、中学校部門は中1の時入選の後本選に進み本選で奨励賞を頂き大阪大会入賞者演奏会に出演しました。

師事していた片岡先生には直前のレッスンでは「あなた、1位になれるわよ。」とおっしゃって頂いていたのですが、本番では冒頭の部分で1ケ所ミスをしてしまいました。練習に練習を重ねたつもりでしたが、今思えばやはりまだ中1だったのであの極限まで緊張する毎コンの本番でパーフェクトに弾くには体格的に少し無理があったのかなと思います。大阪大会は3位と一点差の人にしか奨励賞は出ないからと審査に入ってらした片岡先生から後日お聞きしましたが、中1と中3では体格が全然違う中学校部門でまだ中1だったのと冒頭でミスが1ケ所あったのとで第48回学音は自分では納得のいく結果かなと思っています。

P1010913.jpg

全日本学生音楽コンクール大阪大会歴代入賞者一覧より


その後私は中3から東京に毎週レッスンに通うようになり、大学を卒業して関西に戻るまでは関西は疎遠にしておりましたが、またこうして奈良市の学園前を拠点に音楽活動をするようになり今は多くの関西在住の音楽家の方にお世話になっております。


さて恩師の相愛大学名誉教授の故片岡みどり先生は学音の審査員でもおられその厳しいレッスンでは定評のある方でしたが、レッスンの帰途は私はいつもi電車の中で涙を流しながら片岡先生のご注意を楽譜に書き込んでいました。その楽譜の一部は新ホームページのMy Historyの項に掲載します。 

しかし今の私のピアノの基本はすべて故片岡みどり先生のご指導によるものと思います。月日が経ち今私がレッスンをする立場になって故片岡みどり先生のご指導力のすごさがよく分かりあらためて感謝しております。

コンクールには賛否いろんな考え方がありますが、成長期に何かの目標に向かって努力する事は生きる力をつけてくれますので無駄な事ではないと思います。

第48回全日本学生音楽コンクール大阪大会入選曲
↓Italienisches Konzert BWV 971 2.Satz 3.Satz     
https://www.youtube.com/watch?v=bU2l707In5k

第48回全日本学生音楽コンクール大阪大会入賞曲(途中より)
↓F.Chopin Scherzo No.1 h-moll Op.20
https://www.youtube.com/watch?v=f5U1VgR5up4
2015_07
23
(Thu)17:20

東京音大の大先輩の近藤孝司さんのトロンボーンのCDをご紹介します。

今日は我が母校東京音楽大学の大先輩の近藤孝司さんとおっしゃるトロンボーン奏者の方のCDをご紹介します。

大先輩近藤孝司さんと
東京音楽大学校友会関西支部コンサートにて近藤孝司さんと

近藤孝司さんは第49回日本音楽コンクールの金管楽器部門2位という輝かしい経歴をお持ちの方で、現在は♪日本センチュリー交響楽団♪の首席トロンボーン奏者です。東京音大校友会関西支部支部長というお顔も持ってらっしゃいます。 (日本センチュリー交響楽団は2017年3月で退職なさいました。)

CDは「近藤孝司(Tb)/チゴイネルワイゼン」PAMP-1016-2ですが♪プロアルテムジケのホームページ♪から求める事ができます。 

まずその超絶技巧テクニックに驚かされます。そして曲目が耳に馴染んだ曲が多く家族で楽しむ事ができます。ピアノは広瀬宣行さんとおっしゃるピアニストの方で私が東京音楽大学在学中ピアノ伴奏法の授業でお世話になった先生です。

是非、聴かれてみて下さい。
2015_07
05
(Sun)00:09

「シューマン幻想曲Op.17ハ長調」のコンサートが終了しました。

今日神戸salon classicでのジョイントコンサートが終わりました。
シューマン 「幻想曲」Op.17 ハ長調

本番前リハーサルにて
 
 
 
リハーサルでは部屋の響きとピアノの響きのバランス、ペダルなどをチェックします。


 サロン内
  
 
 
 
東京音楽大学校友会関西支部の矢野さんと
東京音大ピアノ科の大先輩でいらっしゃいます
 



salon classicサロン入口
 
 

 
  salon classicのオーナー中西さんと  

 

  
 

客演のコレヴァー氏