2016_05
30
(Mon)08:50

ブラームス シューマンの主題による変奏曲 嬰へ短調 作品9/Brahms Variationen uber ein Thema von Schumann fis-moll Op.9

主題はシューマンの「Bunte Blatter(色とりどりの小品)作品99」の中の4番目の曲の「Funf Albumblatter I.Ziemlich langsam(5つの音楽帳第1曲)」からとられております。

シューマン 色とりどりの小品 作品99♫~リヒテル

ブラームスは第1変奏から第9変奏、第12変奏から第16変奏までを1854年6月、第10,11変奏を1854年8月12日の聖クララの日に、デュッセルドルフで作曲しております。

シューマンは病院での療養生活を送っており、その妻のクララは家族を維持することに全力を傾けておりました。 ブラームスはクララへの慰めとシューマンへの敬意をかねてこの変奏曲を書きクララに捧げました。

シューマンもクララもこの楽譜を見て喜び、シューマンは「何と独創的で創意に溢れていることか」とその多様さ、すばらしさについて記しております。

P1030395.jpg

ブラームス シューマンの主題による変奏曲 作品9♫~オピッツ
ブラームス シューマンの主題により変奏曲 作品9♫~コブリン

なおブラームスは「シューマンの主題による変奏曲 変ホ長調 作品23(連弾)」も書いております。


ピアニスト谷真子公式サイト

2016_05
28
(Sat)19:45

樫本大進&小菅優&クラウディオ・ボルケストリオの演奏会に行って来ました。

兵庫県立芸術文化センターまで樫本大進&小菅優&クラウディオ・ボルケストリオの演奏会を聴きに行ってまいりました。

P1030389.jpg
 
オール・ベートーヴェン・プログラムでピアノ三重奏曲第1,2,7番「大公」の3曲でした。

樫本大進さんはベルリン・フィル第1コンサートマスターのヴァイオリニストですが、さすがと思わせる実力の持ち主でまたソロを聴きに行きたいと思いました。

小菅優さんは10歳からドイツでお勉強をされている女性ピアニストの方ですが、紅一点衣装がとても素敵でした。 このピアニストの特徴は磨き抜かれた素晴らしいテクニックと、美しいppの音から紡ぎだされる豊かな音楽性ではないかと思います。

チェリストのボルケスさんはジュネーヴ国際音楽コンクール優勝の実力の持ち主ですが、とてもいい味を出しておられたように思います。

私も室内楽の演奏会が続いておりますので、大変良いお勉強をさせて頂きました。

ワックスマン カルメン幻想曲♫~樫本大進

ショパン エチュード Op.10-12♫~小菅優



ピアニスト谷真子公式サイト
2016_05
28
(Sat)07:50

ピアノ・コンクールとは?

ピアノ・コンクールは登山と同じではないかと思います。 一口に山と言っても国内の初級者向けの山から外国のプロの登山家向けの厳しい山までいろいろございます。 コンクールも同じだと思います。 主催者によってコンクール開催の目的が違いますので、自分の目的に合ったコンクールを選ぶことが大切かと思います。

しかしどんな初級者用の山でも登山は登山です。 万全の準備をして臨まないと思わぬ事故に巻き込まれる事もあります。 ピアノコンクールも同じだと思います。 どんな小さなコンクールでも自分にできる最善の努力をして出場しなければ予選の通過は難しいものがあります。

「何故山に登るのか?」「それはそこに山があるから」と答えた登山家がいますが、ピアノコンクールも同じだと思います。 頑張る途中経過に意義があるのであって、結果がどうであれ結果が出た瞬間から、それが次のスタートになります。 

生きる力を学ぶために部活を致しますが、子供のピアノ・コンクールは個人競技の運動部の部活と近いものがあるかと思います。子供のピアノ・コンクールは保護者の方が捉え方を間違えなければ、生きる力を学ぶ良い機会ではないかと思います。


ピアニスト谷真子公式サイト
2016_05
27
(Fri)10:25

ブラームス 4つのバラード 作品10/Brahms 4 Balladen Op.10

ブラ―ムス(1833~1897)の「4つのバラード作品10」はブラ―ムス初期の作品集です。 ショパンやリストの叙事詩的なバラードと異なり叙情的な小品集となっております。 単独で演奏されることもありますが、調性上の関係から4曲まとめて演奏される事が多くあります。

1853年ブラームスはハンガリーのヴァイオリニストのレメーニと演奏旅行に行き、旅行の途中デュッセルドルフのシューマン家を訪れます。 そしてその時にブラームスのクララ・シューマンへの生涯にわたる愛が始まり、ブラームスはシューマン夫妻が最も信頼する音楽家となっていきます。

バラード4曲は、作品9「シューマンの主題による変奏曲」とほぼ並行して1854年夏にデュッセルドルフで書き上げられ、1856年に出版、友人でピアニストのマリウス・オットー・グリムに捧げられております。

ブラームスは作品5「ピアノ・ソナタ第3番」でピアノ独奏用のソナタから離れ、ピアノ独奏曲では変奏曲と小品の世界へと向かいます。

P1030382.jpg
第1番 ニ短調
1
バラードとしての性格が最も強く劇的な曲です。 この曲はドイツロマン派の詩人ヘルダーの「諸民族の声」の中の「スコットランドのバラード<エドワード>」からインスパイアされて作曲され「エドワード・バラード」とも呼ばれております。 この詩は父を殺したことを静かに問い詰める母と、罪の意識にさいなまれる息子エドワードの対話から成っております。
ブラームス バラード作品10-1♫~ツイメルマン

第2番 ニ長調
2
優しい雰囲気を持つ曲想です。 この曲はブラームスのモットー(Frei aber froh 自由にしかし喜ばしく)の各語のイニシャルに基づきFis-A-Fisの進行となっております。
ブラ―ムス バラード作品10-2♫~ツイメルマン

第3番 ロ短調
3
4つのバラードの中で間奏曲的な位置を占めスケルツォ的な性格を持ちます。
ブラ―ムス バラード作品10-3♫~ツイメルマン

第4番 ロ長調
4
シューマンの影響があらわれており、ブラームスの特徴の「癒されぬ郷愁」も感じられます。 「親しみのある感情をもって、しかし旋律をあまり強調しないように」とのブラームス自身の指示があります。
ブラームス バラード作品10-4♫~ツイメルマン

ブラームス バラード作品10♫~ミケランジェリ
ブラームス バラード作品10♫~ギレリス


ピアニスト谷真子公式サイト



2016_05
25
(Wed)08:45

リスト へクサメロン(演奏会用小品~ベッリーニの「清教徒」の行進曲による華麗な大変奏曲)S.392/Hexameron(Morceau de concert)~Grandes variations de bravoure sur le marche des Puritains S.392

リストの「へクサメロン」(別名へクサメロン変奏曲)は1837年クリスティナ・トリヴルツィオ・ベルジョイオーソ侯爵夫人の発案により生まれた作品です。 それはリストと5人の友人のピアニスト(ショパン、ツエルニー、エルツ、ピクシス、タールベルク)と共同でべッリーニのオペラ「清教徒」の中の”清教徒の行進曲”による変奏作品をまとめないかという発案でした。

へクサメロンとは旧約聖書「創世記」の創世の6日間を表す単語でギリシャ語で「6編の詩」という意味があり6人の作曲家を表しています。

曲は1837年3月31日パリのベルジョイオーソ夫人のサロンで行われ、フランス在住のイタリア難民の慈善コンサートのための委嘱作品でした。

その会でタールベルクとリストは「世界一のピアニスト」というタイトルの有名な「ピアノ対決」を行い、ベルジョイオーソ夫人は有名な評定「タールベルクは世界で一番のピアニスト、リストは世界で唯一のピアニスト」という評定を下します。

曲は序奏(リスト)、主題(リスト編)、第1変奏(タールベルク)、第2変奏(リスト)、第3変奏(ピクシス)-リトルネロ(リスト)、第4変奏(エルツ)、第5変奏(ツェルニー)-接続部分(リスト)、第6変奏(ショパン)-コーダ(リスト)、フィナーレ(リスト)から成り立っております。

リスト ヘクサメロン♫~ホロヴィッツ(その1)
リスト へクサメロン♫~ホロヴィッツ(その2)
ショパン へクサメロン変奏曲(第6変奏)♫~アシュケナージ
べッリーニ オペラ「清教徒」


ピアニスト谷真子公式サイト

2016_05
23
(Mon)08:46

モーツァルト デュポールのメヌエットによる9つの変奏曲 ニ長調 K.573/Mozart 9 Variationen uber ein Menuetto von Duport D-Dur K.573

1789年の作品でこの頃のモーツァルト(1756~1791)は人気のオペラ作曲家として名を知られるようになっていましたが、一家の経済状況は厳しいものがありモーツァルトは宮廷での職を希望してベルリンを訪れました。

この曲は、ベルリンの宮殿で仕えていたフランス人チェロ奏者・作曲家のジャン・ピエール・デュポール(1741~1818)の前でモーツァルトが即興演奏を行った際、デュポールのチェロ・ソナタの作品の中の旋律をもとに即興で演奏した変奏曲と言われております。

P1030373.jpg

優しく繊細なテーマが少しずつ広がっていき、はっとするような深遠さを経て再びテーマに戻って終わります。

モーツァルト デュポールのメヌエットによる9つの変奏曲♫~クララ・ハスキル
モーツァルト デュポールのメヌエットによる9つの変奏曲♫~ミハイル・ボスクレセンスキー
モーツァルト デュポールのメヌエットによる9つの変奏曲♫~マリア・ユーディナ


ピアニスト谷真子公式サイト
2016_05
22
(Sun)16:55

英気を養うため練習の合間に近くの霊山寺までバラを見に行って来ました。

練習の合間に近くの霊山寺まで休憩がてらバラを見に行ってまいりました。 世界各国のバラが丹精を込めて育てられており、その美しさに思わずシャッターを押しました。 音楽もそうですが、バラにもお国柄があるのだと思いました。

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

14

15
2016_05
21
(Sat)07:55

日本ピアノ教育連盟会報が届きました。

公益財団法人日本ピアノ教育連盟の会報が届きました。

P1030356.jpg

P1030355.jpg

ジュリアード音楽院教授のマッテイ・ラエカッリオ氏の「ベートーヴェン以降の物語るソナタ/ドラマとしてのソナタ形式」という講演や平野昭氏の「古典様式のソナタとロマン主義のソナタ」の講演の記事が、今私が大学院で書いている論文のテーマに似通っており、大変興味深く読みました。

日本ピアノ教育連盟というのは、ピア二ストやピアノ教育者の集まりで、自らの啓発のために種々の企画を催している団体の事です。

1年に1回ピアノ・オーディションというコンクールも開催されておりますが、小学校5年の時、このコンクールのA部門に入賞して全国優秀者演奏会に出場した事があります。→こちら

ピアノと言う楽器は個人作業ですのでどうしても自分の枠にはまりがちですが、このような勉強会のグループがあることは、自らの啓発にもつながり有り難い事だと思っております。

日本ピアノ教育連盟公式サイトはこちら

2016_05
20
(Fri)09:01

サン=サーンス ピアノ協奏曲 第4番 ハ短調 作品44/Saint=Saens Concerto pour piano et orchestre No.4 c-moll Op.44

サン=サーンスのピアノ協奏曲第4番は1875年に作曲され、同年10月31日にパリでサン=サーンス自身のピアノ、エドゥアール・コロンヌの指揮でコンセール・シャトレ芸術協会の最初の演奏会において初演されました。

この時期は「サムソンとダリラ」「死の舞踏」などサン=サーンスが数々の傑作を生みだした時期でもあり、特にピアノ協奏曲第4番はサン=サーンスのピアノ作品において最も完成された曲の一つとして高く評価されております。

ピアノと管弦楽の対等な扱いの中で交響的な構築が目指されており、またフランクとその弟子たちが推進した作曲技法の中の循環形式を用いているのが特徴です。

サン=サーンスはこのピアノ協奏曲においてリストのいう「主題変容」の方法を用い、主題を循環させて全曲の音楽的統一を高めました。 

楽譜は1877年に出版され、フォーレによって2台ピアノ版が編曲されております。

大きくは2つの楽章から成りそれぞれがさらに2つの部分に分けられています。

第1楽章(第1部分)
最初に弦楽によって循環主題Aが示されその主題が2つの変奏を見せます。

第1楽章(第2部分)
幻想的な導入部分に続き木管で循環主題Bが示されます。 そして次にピアノとクラリネットで交互に演奏される循環主題Cが示されこれら3つの主題が中心となって曲に統一感を与えていきます。

第2楽章(第1部分)
おどけたように下降するピアノに管弦楽が応答する第1主題と、循環主題Aがリズミカルに変容された第2主題が出てまいります。

第2楽章(第2部分)
循環主題Cのフーガ的な展開のあと循環主題Bが現れピアノの華やかなカデンツァとなります。 続くアレグロとなっても循環主題が活躍し、第1主題は循環主題Bを変形させたもの、第2主題は循環主題は用いられてはいませんが曲に活気を与えるリズムです。

ピアノのヴィルティオーソ的な見せ場がたくさん散りばめられておりサン=サーンスの作曲家・ピア二ストとしての力量が感じられる曲です。

サン=サーンス ピアノ協奏曲第4番♫~コルトー
サン=サーンス ピアノ協奏曲第4番♫~パスカル・ロジェ


ピアニスト谷真子公式サイト

2016_05
18
(Wed)09:10

カプ―スチン 8つの演奏会用エチュード Op.40/kapustin Eight Concert Etudes Op.40

ニコライ・カプースチン(1937~)はウクライナの作曲家・ピアニストでジャズのエッセンスとバッハ以降のクラシック音楽の歴史を内包した作風を持つのが最大の特徴の作曲家です。

1961年モスクワ音楽院を卒業後、1972年までの11年間ソビエト中をジャズ・オーケストラとして旅行、1980年チャイコフスキー大ホールで自作のピアノ協奏曲第2番を演奏したのを最後に作曲活動に専念しております。

本人が優れたピアニストであることから高度な演奏技巧が求められるピアノ曲を多数作曲しており、非常に高い演奏効果があり演奏会向きの作品といえます。

カプースチン 8つの演奏会用エチュード Op.40♫~カプ―スチン


ピアニスト谷真子公式サイト

2016_05
16
(Mon)08:05

チャイコフスキー ドゥムカ ハ短調 Op.59/Tchaikovsky Dumka c-moll Op.59

フランスのピアニストのマルモンテルの依頼により1886年作曲された作品で副題に”ロシアの農村風景”と付いておりマルモンテルに献呈されております。

初演は1893年チャイコフスキーの死後、ペテルブルクの追悼演奏会でF.M.ブルーメンフェルトによって行われました。

18世紀、ポーランドで起こった民謡形式「ドゥムカ形式」にのっとって書かれた演奏会用の作品です。(ショパンの歌曲に「ドゥムカ」と言うのがあります。) 「ドゥムカ形式」とは、ポーランドに起こりスラブ諸国に広まった民謡形式の一種でゆっくりとした悲哀を表す部分とテンポの速い情熱的な部分から成っております。

重苦しく悲しみに満ちた楽想の部分と、華やかで技巧的な中間部の対比が効果的です。

P1030345.jpg
ホロヴィッツ

チャイコフスキー ドゥムカ♫~ホロヴィッツ
チャイコフスキー ドゥムカ♫~ダン・タイ・ソン
チャイコフスキー ドゥムカ♫~プレトニョフ
チャイコフスキー ドゥムカ♫~ロマノフスキー


ピアニスト谷真子公式サイト



2016_05
13
(Fri)09:55

ショパン ピアノ・ソナタ第3番 ロ短調 作品58/Chopin Sonate No.3 h-moll Op.58

ショパン(1810~1849)のピアノ・ソナタ第3番ロ短調作品58は1844年に作曲され翌年出版されたピアノ・ソナタです。

第2番に比べ有機的な形式や壮大な規模を持ち、ショパンの力強く雄大な一面が発揮された傑作です。

E・ドゥ・ペルトゥイ伯爵夫人に献呈されております。

P1030340.jpg
第1楽章 ロ短調
1
アレグロ・マエストーソのソナタ形式で書かれております。 決然とした第1主題とショパンらしい優美な第2主題からなり、ショパンの資質がうかがえる楽章です。
ショパン ピアノ・ソナタ第3番 第1楽章♫~キーシン

第2楽章 変ホ長調
2
深刻な内容の多いショパンのスケルツォには珍しく、即興的で諧謔味を含んだスケルツォです。
ショパン ピアノ・ソナタ第3番 第2楽章♫~キーシン

第3楽章 ロ長調
3
ノクターン風の甘美な三部形式の楽章です。
ショパン ピアノ・ソナタ第3番 第3楽章♫~キーシン

第4楽章 ロ短調
4
ロンド形式のフィナーレです。 大曲の締めくくりにふさわしい情熱的で力強いヴィルトゥオーソ的技巧を要求される楽章です。 終結はピアノ・ソナタ全3曲の中、唯一長調で締めくくられております。
ショパン ピアノ・ソナタ第3番 第4楽章♫~キーシン

P1030333.jpg
アルゲリッチ

ショパン ピアノ・ソナタ第3番♫~ツイメルマン
ショパン ピアノ・ソナタ第3番♫~アルゲリッチ
ショパン ピアノ・ソナタ第3番♫~ピリス
ショパン ピアノ・ソナタ第3番♫~リパッティ
ショパン ピアノ・ソナタ第3番♫~ギレリス
ショパン ピアノ・ソナタ第3番♫~トリフォノフ


ピアニスト谷真子公式サイト
2016_05
11
(Wed)09:30

リスト ピアノ協奏曲 第2番 イ長調 S.125/Liszt Konzert fur Klavier und Orchester Nr.2 A-Dur S.125

リストのピアノ協奏曲はリスト(1811~1886)が作曲した2番目のピアノ協奏曲ですが、1839年に着手し初稿は同年の9月13日に完成させております。

しかしそれ以降も補筆や改訂を施し1848年頃に「交響的協奏曲」という名称を与えております。

これは後に取り下げる事となりますが、その後も1861年決定稿が出されるまで補筆を行い続けております。

曲は6つの部分から構成されておりますが全体は単一楽章で書かれ、狂詩曲風の性格が浮き彫りにされたピアノと管弦楽が一体となった交響詩ともいえる性格を呈した作品で、詩的な味わいや内面的な抒情性が極めて豊かな作品となっております。

P1030332.jpg
ツイメルマン(ピアノ)、小澤征爾(指揮)

リスト ピアノ協奏曲第2番♫~ケンプその1
リスト ピアノ協奏曲第2番♫~ケンプその2
リスト ピアノ協奏曲第2番♫~リヒテル
リスト ピアノ協奏曲第2番♫~ブレンデル
リスト ピアノ協奏曲第2番♫~カサドシュ


ピアニスト谷真子公式サイト

2016_05
09
(Mon)09:36

リスト ピアノ協奏曲 第1番 変ホ長調 S.124/Liszt Konzert fur Klavier und Orchester Nr.1 Es-Dur S,124

リストのピアノ協奏曲第1番は1830年代から1856年にかけて作曲されたピアノ協奏曲ですが、第3楽章でトライアングルが活躍する事からハンスリックに「トライアングル協奏曲」と揶揄された事で知られております。

本作は1830年代にスケッチが始められており第1楽章の冒頭主題と終楽章の行進曲調の主題が書かれております。

その後1839年に初稿を単一楽章の形式として改訂を行い改訂版をひとまず完成させております。

7年後の1846年にワイマール近郊のアルテンブルクの別荘で本格的に本作に着手し、1849年7月に最終稿を完成させますが、すぐには発表せず、1853年に再び改訂し初演したのち1856年にさらに推敲を加え、1857年にハズリンガー社より出版しております。

初演は1855年2月17日ワイマールの宮廷で行われベルリオーズの指揮とリストのピアノによって行われ、献呈はイギリス出身のピアニストのアンリ・リトルフに献呈されております。

全体は4つの楽章から構成されており全曲を通じて連続して演奏されます。 きらびやかなテクニックが散りばめられ、またオーケストラも充実した書法を見せ、ロマン派のピアノ協奏曲の中でも最も好んで演奏される1曲となっております。

P1030332.jpg
ツイメルマン(ピアノ)、小澤征爾(指揮)

リスト ピアノ協奏曲第1番♫~アルゲリッチ
リスト ピアノ協奏曲第1番♫~ランラン
リスト ピアノ協奏曲第1番♫~リヒテル
リスト ピアノ協奏曲第1番♫~ケンプその1
リスト ピアノ協奏曲第1番♫~ケンプその2


ピアニスト谷真子公式サイト

2016_05
06
(Fri)11:30

第85回日本音楽コンクールピアノ部門課題曲一覧

第85回日本音楽コンクールピアノ部門課題曲を掲載いたします。

第1予選
次の(a)~(h)より1曲を選択し、演奏すること。
ただし、(h)の主題以外、繰り返しをしないこと。進行の都合で演奏をカットすることがある。

(a)Mozart:デュポールのメヌエットによる9つの変奏曲 K.573
(b)Beethoven: 32の変奏曲 WoO .80
(c)Beethoven: 自作主題による6つの変奏曲 op.34
(d)Schubert: 即興曲集op.142、D.935より第3番
(e)Chopin: 華麗なる変奏曲 op.12
(f)Schumann: アベッグ変奏曲 op.1
(g)Brahms: 自作主題による変奏曲 op.21-1
(h)Brahms: パガニーニの主題による変奏曲第2集 op.35-2
第2予選
次の(a)~(c)を17~20分にまとめて演奏すること。繰り返しは自由とする。

(a)Chopin、Liszt、Debussy、Rachmaninoff、Scriabin、Bartók 、Prokofieff、Ligeti、間宮芳生の練習曲より1曲を選び演奏する。
(b)Chopinの作品より1曲あるいは複数曲を、6分以上演奏する。練習曲を除く。抜粋も認める。
(c)下記の作曲家より1人を選び、1曲あるいは複数曲を演奏する。練習曲を除く。抜粋も認める。
  Fauré、Debussy、Ravel
第3予選
次の(a)と(b)を35~45分にまとめて演奏すること。繰り返しは自由とする。

(a)J. S. Bach(オリジナル曲)、Haydn、Mozart、Beethoven の作品から任意の1曲。
(b)下記の作曲家より1人を選び、1曲あるいは複数曲を演奏する。
  Schubert、Chopin、Schumann、Liszt、Brahms、Franck
本選
下記のピアノと管弦楽のための作品の中から各自選択した1曲を演奏すること。

【Mozart】
Piano concerto No.9 E flat major K.271
Piano concerto No.20 D minor K.466
Piano concerto No.21 C major K.467
Piano concerto No.22 E flat major K.482
Piano concerto No.23 A major K.488
Piano concerto No.24 C minor K.491
Piano concerto No.25 C major K.503
Piano concerto No.26 D major K.537
Piano concerto No.27 B flat major K.595
【Beethoven】
Piano concerto No.1 C major op.15
Piano concerto No.2 B flat major op.19
Piano concerto No.3 C minor op.37
Piano concerto No.4 G major op.58
Piano concerto No.5 E flat major op.73
【Chopin】
Piano concerto No.1 E minor op.11
Piano concerto No.2 F minor op.21
【Schumann】
Piano concerto A minor op.54
【Liszt】
Piano concerto No.1 E flat major
Piano concerto No.2 A major
【Brahms】
Piano concerto No.1 D minor op.15
Piano concerto No.2 B flat major op.83
【Saint-Saëns】
Piano concerto No.2 G minor op.22
Piano concerto No.5 F major op.103
【Tchaikovsky】
Piano concerto No.1 B flat minor op.23
【Grieg】
Piano concerto A minor op.16
【Rachmaninoff】
Piano concerto No.2 C minor op.18
Piano concerto No.3 D minor op.30
Rhapsody on a theme by Paganini op.43
【Ravel】
Piano concerto G major
【Bartók】
Piano concerto No.3
【Prokofieff】
Piano concerto No.2 G minor op.16
Piano concerto No.3 C major op.26
【注意事項】
*暗譜で演奏すること
*曲目の演奏順は自由とする
*予選を通じて曲目が重複しないこと
*提出したプログラムの変更は認めない
*制限時間は厳守のこと

現在私が師事する阿部裕之先生は第49回日本音楽コンクールで第1位に輝いていらっしゃいます。

第85回日本音楽コンクール公式サイト


ピアニスト谷真子公式サイト

2016_05
06
(Fri)07:59

ショパン スケルツォ 第4番 ホ長調 作品54/Chopin Scherzo No.4 E-Dur Op.54

ショパン(1810~1849)のスケルツォ4番はピアノのための4曲のスケルツォのうちの最後の1曲で1842年に作曲され翌年出版されております。

1番、2番、3番と比べると怒り・絶望といった感情は影を潜め喜びにあふれた洗練されたものです。

構成は自由なロンド・ソナタ形式で、冒頭の主題が全曲を通して重要な役割を演じており967小節に及ぶ大作です。

「スケルツォ」はイタリア語で「冗談」を意味し従来は簡明な形式で明るく軽く小規模な曲を指しております。

しかしショパンの「スケルツォ」は一見するとこうした伝統に全く反し暗く深刻なうえに大規模ですが、「バラード」と比べるときわめて急速でレッジェーロな動機が多く登場し、軽妙な音型や滑稽なまでのコントラストでユーモアを内包しております。

ショパン スケルツォ4番♫~キーシン
ショパン スケルツォ4番♫~ユンディ・リー
ショパン スケルツォ4番♫~ブレハッチ
ショパン スケルツォ4番♫~アヴデーエワ
ショパン スケルツォ4番♫~トリフォノフ
ショパン スケルツォ4番♫~ディーナ・ヨッフェ
ショパン スケルツォ4番♫~リヒテル
ショパン スケルツォ4番♫~ルービンシュタイン

P1030296.jpg

スケルツォ1番ブログ


ピアニスト谷真子公式サイト


2016_05
04
(Wed)08:55

ハイドン ピアノ・ソナタ Hob.XVI-37 二長調(ウイーン原典版/ランドン版第50番) 作品30-3/Haydn Sonate fur Klavier Nr.50 D-Dur Hob.XVI-37 Op.30-3

この曲は今年の第70回全日本学生音楽コンクールの小学校の部の本選の課題曲の一つとなっております。

正確な作曲年は不明ですが、出版は1780年にHob.XVI/35~39までの作品から成る「ソナタ集第1巻Op.30」としてウイーンで出版されております。 このソナタ集はアウエンブルッガー姉妹に献呈されております。

ハイドンらしさに溢れた曲で1楽章は大変快活なフレーズで2楽章は荘厳な雰囲気、3楽章はハイドンらしい素朴で無邪気な曲です。

1楽章と3楽章は二長調で2楽章はニ短調で書かれておりますが、ハイドン(1732~1809)のソナタにはニ短調は存在せず、2楽章がニ短調の曲がわずか3曲残っているだけです。

1楽章 アレグロ・コン・ブリオ
1

2楽章 ラルゴ・エ・ソステヌート
2

3楽章 フィナーレ
3

ハイドン ピアノソナタ第50番♫~コブリン
ハイドン ピアノソナタ第50番♫~ワイセンベルク
ハイドン ピアノソナタ第50番♫~エッシェンバッハ
ハイドン ピアノソナタ第50番♫~リリー・クラウス

P1030297.jpg
イングリッド・ヘブラー



ピアニスト谷真子公式サイト

2016_05
03
(Tue)08:10

愛用のウイーンのベーゼンドルファーのピアノが修理から戻ってまいりました。

私の愛用のウイーンのベーゼンドルファーのピアノが修理から戻ってまいりました。

P1030290.jpg

P1030289.jpg

P1030291.jpg

部分的にメインテナンスをして頂きながら使用しておりましたベーゼンドルファーのピアノですが、今回弦を全面的に張り替える事になり2か月ほどの間B-tech Japanの工房の方に修理に出しておりました。

B-tech Japan

2か月の間はB-tech Japanの方が代替のピアノとして貸して下さったKawaiのピアノにお世話になっておりました。

P1030270.jpg

車と同じでピアノもオーナーの好みで作りあげておりますので、代替のピアノはやはりどこかしっくりこないものがあり、愛用のピアノが戻って来るのを首を長くして待っておりました。 普段いつも練習しているピアノはピアニストにとっては家族と同じで、旅行に出かけていた家族が帰宅してきたような気分です。

リニューアルされたベーゼンドルファーのピアノでコンサートへ向けての日々音色作りを目指していきたいと思います。

10月にはB-tech Japanのスタジオで先生と生徒によるミニ・コンサートを予定しておりますが、スタジオには、ベーゼンドルファーのフルコンサートピアノが設置されております。  フルコンサートピアノとはコンサート会場に設置されておりますピアノの中で最も大きいグランド・ピアノの事です。

私もコンサート前などは音色の調整のためにB-tech Japanのスタジオに伺いフルコンサートピアノで音色の調整を致します。

P1030271.jpg

ベーゼンドルファーのフルコンサートピアノの「インぺリアル」は見た目もとても大きいですが、実際に音もボリュームがあり、また音色も多彩でございます。

アップライトピアノとグランドピアノは構造が全く違いますので、音の鳴る仕組みが異なり、一口に同じピアノと言っても異なる楽器と言えるかと思いますが、グランドピアノと言ってもいろいろなサイズのピアノがあり、やはりフルコンサートピアノになりますと、音のバランスや音色の多彩さなど小さいグランドピアノとは格段に表現の幅が違います。

楽器から自然に学び身に付ける事は多く、音の問題や部屋の広さの問題などいろいろな問題がございますが、やはりグランドピアノで練習できる環境があるならば、音色の多彩さや技術的な面などより高度なピアノテクニックや表現技術をグランドピアノから習得できるのではないかと思います。

発表会では門下生の皆さんは普段は弾くことができないベーゼンドルファーのフルコンサートピアノの素晴らしい音色をぜひ肌で実感して頂ければと思います。


ピアニスト谷真子公式サイト
2016_05
02
(Mon)07:05

先日のメンデルスゾーンピアノ三重奏曲第1番の演奏会のリハーサルから

少し前の話になりますが、メンデルスゾーンのピアノ三重奏曲第1番のコンサートのリハーサルをSalon Classicで本番2日前に行った時のことについて書いてみたいと思います。

事前に2回ほどリハーサルができればベストなのですが、今回はニコラさんのスケジュールの都合もあり事前に1回と本番直前に1回でした。

4/7の水曜日の午前中からお昼にかけて2時間程事前リハーサルを行いました。 海外の先生方はタフだというお話をよく聞きますが、まさにその通りだと思います。 

私はピアノ演奏やピアノ指導の仕事をしながら2011年より阿部裕之先生のもとで2年間大学院受験のための受験勉強をし(私の場合は専門はピアノですから受験勉強といってもデスク―ワークではなく、語学+あくまでもピアノのレッスンをとおして楽曲内容を掘り下げるという受験勉強になります)、2013年秋に社会人入試で国立大学の大学院に合格致しました。 現在ピアノの演奏活動の傍ら大学院に通って勉強を続けておりますので、論文の勉強のために英語などの文献を読むことはありますが、日常では私は英語を使いませんから、普段使わない言語と(リハーサルは英語で行います。 通訳はつきません)、細かいリハーサル、そして本番と続きますので体力勝負になります。

リハーサルの内容はチェリストでブリュッセル音楽院の室内楽科准教授でいらっしゃるニコラ氏よりポイントとなるテンポなどの確認の他、音楽的なアドヴァイスを頂くというものです。 短い時間の間に的を得たアドバイスを頂けます。

ニコラ・デルタイユ氏公式サイト

各楽章について書いてみたいと思います。

メンデルスゾーンは裕福な貴族の家に生まれ、恵まれた環境に育った人物のようです。 育ちの良さから誰にも親しみやすいシンプルで美しい曲が多いと思います。

ピアノ三重奏曲第1番はヴァイオリンとチェロは比較的弾くのが優しいのですが、ピアノパートは曲の最初から最後まで常に速い細かいパッセージが続く曲です。 メンデルスゾーンはピアノ・ソロ曲もそうですが、細かいパッセージが多い曲が多いように思います。 今回はコンサートに当たって隅から隅まで細かいパッセージをさらわなければならず、時間もかかり、ピアニストにとっては結構大変な曲でありました。

第1楽章では、ヴァイオリン奏者より事前にご質問のあった、ボーイングについてのお話です。  ピアノ・トリオはバイオリン・チェロ・ピアノの3つの楽器による編成になりますが、違うメロディーを弾くところは各自ボーイングが違って良いとのことでした。 同じメロディーを弾くところは1つのボーイングでとのご指摘でした。

ピアノ・パートのテンポが走ってしまう箇所は、ピアノ・ソロとは違うアンサンブルの視点から練習方法をアドヴァイスを頂きました。これは実際にピアノを使ってでないとご説明が難しい点が多くあります。 後はリハーサル時からヴァイオリンとピアノのパートがどうしても合わない箇所があり、弦楽器奏者の視点からアドヴァイスを頂きました。
2
第1楽章から

1
ppの箇所はリラックスした雰囲気がほしいなど全体の中の音楽的な緩急についてアドヴァイスを頂きました。

3
第2楽章はとても美しい楽章です。私は割とゆったりめのテンポをイメージしていたのですが、シューベルトなら心地よいゆったりしたテンポで良いが、メンデルスゾーンはシンプルな中に穏やかな美しさがあるとのご指摘がありました。 メンデルスゾーンも早めのメトロノーム表示を書いています。

4
第3楽章は喜びに満ちた(joyful)楽章だという表現をしておられました。 速めのテンポが良いとのことでした。

5
第4楽章は一貫したテンポが大切だという事でした。

6
写真の箇所では弦楽器とピアノの音色を合わせると効果があるとアドヴァイスを頂きました。

4楽章の最後にはシューベルトに近いメロディーが出てくるなどのご指摘がありました。

ピアノという楽器は普段一人で練習することが多く、他の楽器と合わせる機会は少ないと思います。 同じ楽器といっても、ヴァイオリンとチェロなどの弦楽器とピアノでは構造が全く違い、音の鳴らし方も全く異なる楽器です。

東京音大のソルフェ―ジュの初見による室内楽の授業で、先生から渡された現代音楽のリズムの複雑な楽譜を数分間見てから、初見でチェロやクラリネット、ヴァイオリンの学生と3,4人で合わせるという経験はありましたが、コンサートでのトリオは今回が初めての経験でした。

室内楽ではお互いのボリュームのバランスや音色感をそろえなければ室内楽にはなりません。 また緊密なアンサブルを行うためにはソロ以上に一貫したテンポを心掛けなければいけません。

海外の音楽院には室内楽科やオペラやリートの伴奏科というそれを専門に学べる科がございますが、国内の音大には専門で学べる室内楽科はなく(東京音大の大学院には伴奏科というのがございます)、ニコラ氏は室内楽科の准教授でいらっしゃるので、国内にいながらにして国内では学べない室内楽のお勉強をさせて頂いております。


ピアニスト谷真子公式サイト
2016_05
01
(Sun)07:50

ショパン音楽大学2016夏期ピアノセミナーのご紹介

img146.jpg
(チラシをクリックされると拡大致します。)

今日は私が13歳の時からプライベートでレッスンをして頂いていたカジミエール・ゲルジョード先生が講師で入っていらっしゃる「ショパン音楽大学2016夏期ピアノセミナー」をご紹介致します。

ポーランド国立ショパン音楽大学はポーランドで最も古い歴史と伝統のある国立音楽大学です。 前身はショパンが卒業したワルシャワ高等音楽院ですが、ゲルジョード先生は長くワルシャワ高等音楽院の院長をなさっていらっしゃいました。

ゲルジョード先生にはショパンのスケルツォ1番をはじめとするショパンの曲のほかにバッハやモシュコフスキー等多くの曲をレッスンして頂きましたが、ピアノの基礎を大切になさる素晴らしいレッスンでした。  その思い出は以前のブログの旧ワルシャワ高等音楽院院長Prof.Kazimierz Gierzodの思い出(中学生)♪に書いておりますので合わせてお読み頂けたらと思います。

P1030272.jpg

ショパン音楽大学2016夏期ピアノセミナーの開催日程は2016年8月15日~8月28日、会場はポーランド国立ショパン音楽大学です。 お問い合わせはポーランド市民交流友の会事務局(053-522-0692)です。


ピアニスト谷真子公式サイト