2016_06
29
(Wed)09:02

ラフマニノフ ピアノ・ソナタ第2番 変ロ短調 作品36/Rakhmaninov Sonata for Piano No.2 b-moll Op.36

ラフマニノフ(1873~1943)のピアノ・ソナタ第2番はラフマニノフが完成させた2曲のピアノ・ソナタのうち最後の作品で1913年に書かれております。 これはピアノ協奏曲第3番を作曲して3年後にあたりすでに2曲のピアノ協奏曲と2曲の交響曲を作曲しておりラフマニノフ後期の作風が確立されております。

ラフマニノフは1913年の1月から8月まで合唱交響曲「鐘」の構想と作曲のため先人チャイコフスキーに倣ってイタリアに滞在しておりました。 しかしローマで娘が病に倒れたため名医を求めてドレスデンに立ち寄りその地で「ピアノ・ソナタ第2番」を着想致しました。

完成はロシア帝国に戻ってからであり、1913年12月16日にモスクワのリサイタルでラフマニノフ自身の演奏で初演を行いました。 同年にモスクワのグートヘイリ社より出版致しております。

献呈は音楽院時代の同級生でピアニストのマトヴェイ・プレスマンに献呈されました。

1917年のロシア革命でアメリカへ亡命するまでラフマニノフはこの作品を国内の演奏会で演奏致しましたが評判が芳しくなく、渡米後の1931年にブージー・アンド・ホークス社より改訂版を発表致しました。

しかし友人のホロヴィッツは異議を唱え、ホロヴィッツはラフマニノフ了解のもとで両者を折衷した独自の編曲(ホロヴィッツ版)を好んで演奏致しました。

かつてはホロヴィッツが独自に作った編曲版のみがホロヴィッツの演奏や録音を通じて知られていたに過ぎず、ラフマニノフの「ピアノ・ソナタ第2番」が正当に評価されていたとは言えませんでしたが、ラフマニノフ生誕100周年の1970年代を境に事情は一変し多くのピアニストがラフマニノフ自身の版(初版または改訂版)を取り上げるようになりました。 またグリモーのように独自の編曲をするピアニストもおります。

初版と改訂版の2つは一長一短のうえそれぞれに魅力があり優劣を付けることは容易ではありません。

ホロヴィッツ版を好む演奏者は初版は長すぎるし改訂版は物足りないと評価します。

改訂版を好むピアニストは、初版は冗長であり改訂版が最終決定版と評価します。

初版を好むピアニストは、改訂版は世に受け入れられるための妥協であり作曲者の望んだ真の姿ではないと評価します。

P1030448.jpg

P1030451.jpg
1楽章(1931年版)

2
2楽章(1931年版)

3
3楽章(1931年版)

ラフマニノフ ピアノ・ソナタ第2番♫~ホロヴィッツ
ラフマニノフ ピアノ・ソナタ第2番♫~グリモー
ラフマニノフ ピアノ・ソナタ第2番(1913年版♫~アシュケナージ
ラフマニノフ ピアノ・ソナタ第2番(1913年版♫~コチシュ
ラフマニノフ ピアノ・ソナタ第2番(1931年版♫~マツーエフ
ラフマニノフ ピアノ・ソナタ第2番♫~ロマノフスキー(チャイコフスキーコンクールより)


ピアニスト谷真子公式サイト


2016_06
27
(Mon)09:05

ラヴェル クープランの墓/Ravel Le tombeau de Couperin

1902年にドビュッシーと対面したラヴェル(1875~1937)は初めドビュッシー(1862~1918)に尊敬を払い続け、初期の作品にはドビュッシーの影響が色濃く反映されていますが、次第に明確な旋律や簡潔な様式を求め、18世紀の古典主義的な傾向をその作品に反映するようになってまいります。

そのような傾向が最も現れているのがこの「クープランの墓」で、クープランを代表する18世紀フランス音楽に敬意を表して1914年から1917年にかけてラヴェル最後のピアノ独奏曲の「クープランの墓」を作曲致します。

「プレリュード」、「フォルラーヌ」、「リゴドン」、「メヌエット」、「トッカータ」の6曲から成りそれぞれが第1次世界大戦で戦死した知人たちへの思い出に捧げられております。

1919年にその中から4曲(プレリュード、フォルラーヌ、メヌエット、リゴドン)を抜粋し管弦楽版をラヴェル自身が作曲しております。
ラヴェル クープランの墓♫~管弦楽版

ラヴェルはフランスへの愛国心が強く、特にクープランを尊敬しておりました。 そこでクープランを代表とする18世紀の音楽全般に対するオマージュを書こうと思い立ち1914年に「クープランの墓」の構想を練り始めます。

しかしその直後第1次世界大戦が勃発しラヴェル自身も従軍し1917年に除隊はするものの母を亡くしまた多くの友人を大戦で亡くします。 悲しみに打ちひしがれたラヴェルは中断したままになっていた曲をまた作曲し始めたのです。

「クープランの墓」という訳は古楽が日本で現在ほど知られていなかったための誤訳で、ラヴェルは18世紀フランス音楽の伝統に遡ってトンボーという音楽のジャンルを復興させたのです。

トンボーと言うのはフランス語で墓碑の事を指す名詞ではありますが音楽用語としては故人を追悼する器楽曲の意味で使われていました。 「Tombeau de~」と言うのは「故人を称えて」という意味です。

1918年にデュラン社から出版されており、1919年4月11日にピアニストのマルグリット・ロンによってパリで初演されましたが、ロンは最終曲「トッカータ」を捧げられた音楽学者のジョゼフ・ドゥ・マルリアーヴの戦争未亡人でした。

ラヴェル クープランの墓♫~ぺルルミュテール
ラヴェル クープランの墓♫~ギーゼキング
ラヴェル クープランの墓♫~モニク・アース
ラヴェル クープランの墓♫~フランソワ
ラヴェル クープランの墓♫~ワイセンベルク
ラヴェル クープランの墓♫~アンジェラ・ヒューイット

P1030446.jpg

P1030447.jpg
阿部裕之先生CD



ピアニスト谷真子公式サイト

2016_06
24
(Fri)09:27

ブラームス 4つの小品 作品119/Brahms 4 Stucke Op.119

「4つの小品作品119」はブラームス(1833~1897)が1893年に作曲したピアノ独奏のための性格的小品集です。

ブラームスが作曲した最後のピアノ独奏作品です。

第1曲は1893年5月に残りの3曲は1893年6月に着手されオーストリアのバート=イシュルでのブラームスの夏の休暇中に完成しております。

初演は1894年3月7日ロンドンでアイベンシュタッツのピアノにより作品118と合わせて演奏されております。

P1030432.jpg

第1曲 間奏曲 ロ短調
1
決して悲観的でも絶望的でもなくすべての感情を超えた穏やかさが感じられます。

第2曲 間奏曲 ホ短調
2
近く訪れるであろう死への漠然とした不安を感じさせる曲です。 中間部は天国で来るであろうな宗教的な達観を感じさせるシンプルな曲です。

第3曲 間奏曲 ハ長調
3
テーマは東洋的な五音音階で作られていますが、ドイツ的な生真面目さを併せ持った「giocoso」です。

第4曲 狂詩曲 変ホ長調
4
堂々としたファンファーレのような重厚な和音によるテーマで幕を開け非常に交響的な曲です。 最後は重々しい変ホ短調で劇的に終わります。

ブラームス 4つの小品♫~ケンプ
ブラームス 4つの小品♫~ぺライア
ブラームス 4つの小品♫~ルプー
ブラームス 4つの小品♫~リヒテル
ブラームス 4つの小品♫~シフ
ブラームス 4つの小品♫~ルドルフ・ゼルキン


ピアニスト谷真子公式サイト


2016_06
22
(Wed)08:55

ブラームス 6つの小品 Op.118/Brahms 6 Stucke Op.118

「ピアノのための6つの小品作品118」は1893年に完成したブラームス最晩年のピアノ小品集です。 存命中に出版された最後から2番目の作品でクララ・シューマンに献呈されております。

ブラームスは初期・中期のオーケストラをそのままピアノに移したような雄大な曲想のソナタ・変奏曲を多く書いた後で、1871年の「8つの小品作品76」から「4つの小品作品119」まで5つの小品集を書いております。

P1030432.jpg

第1曲 間奏曲
1
ブラームス特有の音域の広い和声が非常に美しいです。

第2曲 間奏曲
2
単独で演奏される事が多い作品です。
ブラームス 6つの小品 Op.118-1,2♫~キーシン

第3曲 バラード
3
力強い和音による情熱的な曲です。

第4曲 間奏曲
4
ブラームス 6つの小品 Op.118-3,4♫~キーシン

第5曲 ロマンス
5
タイトルの「ロマンス」の通り甘い曲想の作品です。
ブラームス 6つの小品 Op.118-5♫~キーシン

第6曲 間奏曲
6
暗い曲想の作品で最後は疲れ果てたように静けさの中で終わります。
ブラームス 6つの小品 Op.118-6♫~キーシン

ブラームス 6つの小品♫~シフ
ブラームス 6つの小品♫~ぺライア
ブラームス 6つの小品♫~ルプー
ブラームス 6つの小品♫~グリモー


ピアニスト谷真子公式サイト


2016_06
20
(Mon)08:23

ブラームス 3つの間奏曲 作品117/Brahms 3 Intermezzi Op.117

ブラームス(1833~1897)の初期の作品は大規模でエネルギッシュなものが多いですが、晩年は内省的な小品を多く作曲しております。

3つの間奏曲作品117はブラームスが1892年に作曲したピアノ独奏曲ですが、3曲ともブラームスの晩年の小品の特徴を備えております。

作品117の3曲はいずれも対位法的な処理が美しく神秘的な雰囲気をたたえております。

P1030432.jpg

第1曲 アンダンテ・モデラート 変ホ長調
1
楽譜の冒頭にスコットランドの子守歌が添えられており音楽的にも子守歌的な作風です。
ブラームス 3つの間奏曲 Op.117-1♫~ケンプ

第2曲 アンダンテ・ノン・トロッポ・エ・コン・モルタ・エスプレッシオーネ 変ロ短調
2
簡素な印象の中に巧妙かつ複雑な対位法的書法がなされており難曲です。
ブラームス 3つの間奏曲 Op.117-2♫~ケンプ

第3曲 アンダンテ・コン・モート 嬰ハ短調
3
ブラームス 3つの間奏曲 Op.117-3♫~ケンプ


ピアニスト谷真子公式サイト
2016_06
17
(Fri)10:30

ブラームス 7つの幻想曲 Op.116/Brahms Fantasien Op.116

「7つの幻想曲Op.116」は1892年の夏、ブラームス59歳の時に作曲を完成したピアノ曲集で、1879年に作曲された「2つのラプソディ」以来12年ぶりのピアノ曲です。

7曲の内のいくつかは1892年までにすでに書き上げられていたと思われますが、これに続いて同年の夏までにOp.117,118,119というブラームスの集大成ともいえる傑作群の3つの曲集を作曲しております。

作曲当時、友人や身内の死からの衝撃で、作品には暗く沈んだ気分が反映されており、晩年の孤独と諦観が描き出されております。

出版は1892年の11月ベルリンのジムロック社から出版されました。

P1030432.jpg

第1曲 奇想曲
1
エチュード風の作品です。
ブラームス 幻想曲集 Op.116-1♫~キーシン

第2曲 間奏曲
2
幻想的な雰囲気を持つ作品です。
ブラームス 幻想曲集 Op.116-2♫~キーシン

第3曲 奇想曲
3
ブラームスの晩年の技巧をよく示していることで有名な作品です。
ブラームス 幻想曲集 Op.116-3♫~キーシン

第4曲 間奏曲
4
ノクターン風の作品です。
ブラームス 幻想曲集 Op.116-4♫~キーシン

第5曲 間奏曲
5
強拍に音をおかないで独特の雰囲気を生み出しています。
ブラームス 幻想曲集 Op.116-5♫~キーシン

第6曲 間奏曲 
6
優しい雰囲気を持った曲です。
ブラームス 幻想曲集 Op.116-6♫~キーシン

第7曲 奇想曲 
7
右手と左手が逆に進行する印象的な作品です。
ブラームス 幻想曲集 Op,116-7♫~キーシン


ピアニスト谷真子公式サイト



2016_06
15
(Wed)09:10

ブラームス 8つの小品 Op.76/Brahms 8 Stucke Op.76

「8つの小品」はブラームスが作曲したピアノの為の性格的小品集です。

1878年の夏頃、オーストリアの避暑地ペルチャッハで作曲されましたが、第1曲の初稿のみ1871年に書かれております。

1879年10月22日第2曲だけイグナーツ・ブリュルによって先行して作曲され、全曲の初演は10月29日ベルリンでハンス・フォン・ビューローによって行われました。

ピアノ独奏曲は「ワルツ集」の独奏版以来13年ぶりの出版でしたが、この頃シューマンやショパンの作品の校訂をブラームスが行った事がピアノ曲の作曲の要因になったのではないかと思われます。

ブラームスの「後期」への入り口にあたる作品とされております。

P1030414.jpg

第1曲 奇想曲
1
1871年9月13日のクララ・シューマンの誕生日に贈られたとされております。
ブラ―ムス 8つの小品 Op.76-1♫~ケンプ

第2曲 奇想曲
2
スタッカートを中心にした軽快な作品で演奏機会も多いです。
ブラームス 8つの小品 Op.76-2♫~ケンプ

第3曲 間奏曲
3
ブラームス 8つの小品 Op.76-3♫~ケンプ

第4曲 間奏曲
4
ブラームス 8つの小品 Op.76-4♫~ケンプ

第5曲 奇想曲
5
この曲集の中では規模の大きい部類に入りピアノの技巧的にも比較的難度のある曲です。
ブラームス 8つの小品 Op.76-5♫~ケンプ

第6曲 間奏曲
6
ポリリズムが用いられた落ち着いた作品です。
ブラームス 8つの小品 Op.76-6♫~ケンプ

第7曲 間奏曲
7
ブラームス 8つの小品 Op.76-7♫~ケンプ

第8曲 奇想曲
8
華やかなピアニスティックな作品です。
ブラームス 8つの小品 Op.76-8♫~ケンプ


ピアニスト谷真子公式サイト


2016_06
13
(Mon)10:05

ブラームス パガニーニの主題による変奏曲 イ短調 作品35/Brahms Variationen uber ein Thema von Paganini a-moll Op.35

「パガニーニの主題による変奏曲」はブラ―ムス(1833~1897)が1862年から1863年にかけて作曲したピアノ独奏曲です。

1865年11月にブラームス自身によってチューリッヒにおいて初演されました。

パガニーニの有名な「カプリッチョ第24番イ短調」を主題とした変奏曲です。

パガニーニ 24の奇想曲 第24番♫~ハイフェッツ

*****パガニーニ 24の奇想曲 第24番*****
ニコロ・パガニーニのヴァイオリン独奏曲の「24の奇想曲 作品1」の最終曲第24番です。 全曲をまとめるのにふさわしい華々しい変奏曲で、主題と11の変奏曲それに終曲が付きます。 主題はわずか16小節ですが、ロマン派作曲家が競ってピアノ作品に改作・編曲しております。


1862年ブラームスは生活の本拠をウイーンに移しました。 そこで彼はリストの弟子の名ピアニスト、タウジッヒ(1841~1871)の技巧に魅了され親交を結びます。 そのタウジッヒがパガニーニの主題による華やかな変奏曲を書かないかとブラームスに提案しますが、シューマンの作品3や作品10、リストのパガニーニの主題による練習曲を見てそのような練習曲を作ってみたいと考えていたブラームスはタウジッヒの提案を受け変奏曲を作曲いたします。

リストの門下のタウジッヒの提案で作曲された上、もともと練習曲として構想された事もあり、超絶技巧の難曲となっております。(初版の表紙には変奏曲の横に小さく練習曲と書かれておりました。)

弟子のピアニスト、シュトックハウゼンに献呈されております。

2巻に分けられておりそれぞれパガニーニの主題の後に13の変奏が続いております。 それぞれの最後に超絶技巧を要する華麗で長めの終曲が置かれております。

P1030406.jpg

第1巻
1

2

第2巻
3

4

ブラームス パガニーニの主題による変奏曲♫~キーシン
ブラームス パガニーニの主題による変奏曲♫~ミケランジェリ
ブラームス パガニーニの主題による変奏曲♫~シフラ


ピアニスト谷真子公式サイト






2016_06
10
(Fri)09:25

ブラームス ヘンデルの主題による変奏曲とフーガ 変ロ長調 作品24/Brahms Variationen und Fuge uber ein Thema von Handel B-Dur Op.24

「ヘンデルの主題による変奏曲とフーガ」はブラームス(1833~1897)が1861年に作曲したピアノ独奏曲です。

当時28歳のブラームスがハンブルク近郊のハムで書いた作品で出版されたもののうち、唯一のフーガ作品を伴う大曲です。

初演は1861年12月7日ハンブルクにてクララ・シューマンによって演奏され、出版は翌1862年に出版されました。

バッハの「ゴルトベルク変奏曲」、ベートーヴェンの「ディアべり変奏曲」、シューマンの「交響的練習曲」と並ぶ音楽史上の変奏曲を代表する作品です。

主題と25の変奏とフーガから成り主題はヘンデルの「クラヴィーア組曲第2巻第1番変ロ長調HWV434 3.アリアと変奏」からとられております。
ヘンデル クラヴィーア組曲第2巻第1番変ロ長調HWV434♫~シフ

変ロ長調を基本としながらも第5、第6、第13変奏で変ロ短調を用い、第21変奏ではト短調が用いられております。
テーマ
1

第5変奏
2

第6変奏
3

第13変奏
4

第21変奏
5

ブラ―ムスがヘンデルやバッハ等のバロック音楽を熱心に研究しさらにそれに独自の個性を打ち立てた成果が反映されております。

1864年ウイーンに滞在したワーグナーのもとを訪れた際、ワーグナーが「古いものでも熟達した作曲家の手にかかると新鮮なものになるものだ」と感激したというエピソードが残っております。

ブラ―ムス ヘンデルの主題による変奏曲とフーガ♫~ケンプ
ブラ―ムス ヘンデルの主題による変奏曲とフーガ♫~リヒテル
ブラームス ヘンデルの主題による変奏曲とフーガ♫~アラウ
ブラームス ヘンデルの主題による変奏曲とフーガ♫~ぺライア
ブラ―ムス ヘンデルの主題による変奏曲とフーガ♫~チェルカスキー
ブラームス ヘンデルの主題による変奏曲とフーガ♫~コヴァセヴィッチ
ブラ―ムス ヘンデルの主題による変奏曲とフーガ♫~イヴ・ナット


ピアニスト谷真子公式サイト


2016_06
08
(Wed)08:28

ブラームス ハンガリーの歌の主題による変奏曲 ニ長調 作品21-2/Brahms Variationen uber ein ungarisches Lied D-Dur Op.21-2

1853年ハンガリー系ヴァイオリニストの友人レメーニと演奏旅行に出かけたブラームスは、多分その際に知ったと思われる主題をもとに1856年までに13の変奏とコーダを持つ「ハンガリーの歌の主題による変奏曲」を書きます。

出版は1862年ジムロック社から出版されております。

主題は3/4拍子と4/4拍子が1小節ごとに交代した独特のリズム感です。
1

この拍子は第8変奏まで保たれ、第9変奏では6/8拍子に変わります。
2

第10変奏では2/4拍子に変わります。
3

その後チャールダーシュ風のコーダに向かって進みロンド風のコーダの後、再び主題に回帰して曲は終わります。
4

ブラームス ハンガリーの歌の主題による変奏曲♫~リヒテル
ブラ―ムス ハンガリーの歌の主題による変奏曲♫~オピッツ


ピアニスト谷真子公式サイト


2016_06
06
(Mon)07:00

ブラームス 自作主題のテーマによる変奏曲 ニ長調 作品21-1/Brahms Variationen uber ein eigenes Thema D-Dur Op.21-1 

ブラームス(1833~1897)の「自作主題のテ―マによる変奏曲」は1857年に作曲され、初版は1862年3月に出版されました。 子守唄のような優しい雰囲気を持つテーマと11の変奏曲から成っております。

作品9の「シューマンの主題による変奏曲」に比べると異なった手法が用いられており、彼の変奏技法の転換点という意味で重要な作品です。

和声またはバスの音が主題との厳密な関連を保ち全体の統一を図っているものの、旋律は主題旋律から離れ新しい旋律へと変化しております。

各変奏は独立したキャラクターを持ちながらも、調や拍子は頻繁に変化することはなく、主題の小節構造も維持され音楽的な配慮も十分見られる作品です。

クララ・シューマン(1819~1896)によって1865年10月31日フランクフルトにて初演されました。

P1030396.jpg

ブラームス 自作主題のテーマによる変奏曲♫~リヒテル
ブラームス 自作主題のテーマによる変奏曲♫~マリア・グリンベルク
ブラームス 自作主題のテーマによる変奏曲♫~ゲルハルト・オピッツ


ピアニスト谷真子公式サイト

2016_06
05
(Sun)18:25

東京音楽大学校友会第14回関西支部演奏会のお知らせ

東京音楽大学校友会第14回関西支部演奏会が来年4月29日(土)、奈良の秋篠音楽堂で開催される事に決まりました。

この演奏会は母校東京音楽大学の先生をゲストにお呼びして、在学生を中心にしながら卒業生と共に演奏会を行うものです。 例年楽しみにされているお客様が多くいつも満席になります。

奈良での開催は初めてですが、多くの皆様方のご来場をお待ち申し上げております。

詳細は未定ですのでまた決まり次第お知らせさせて頂きます。


ピアニスト谷真子公式サイト
2016_06
03
(Fri)10:05

ブラームス 主題と変奏(弦楽六重奏曲第1番より) ニ短調 作品18b/Brahms Thema und Variationen d-moll Op.18b

この曲はブラームス(1833~1897)の作品「弦楽六重奏曲第1番」の中の第2楽章をブラームス自ら1860年にピアノ独奏用に編曲したものです。

1853年シューマン夫妻と出会ったブラームスはシューマン夫妻を尊敬し続けます。 その後故人となったロベルト・シューマンの妻クララをブラームスは変わらず精神的に支え続けますが、クララの41歳の誕生日の記念としてブラームスはこの曲をクララにプレゼントいたしました。

1865年10月31日にフランクフルトで初演されております。

主題と6つの変奏から成りベートーヴェン的でもあり民謡風でもある主題から情熱的に始まります。

ブラームス 主題と変奏♫~ツイメルマン
ブラームス 主題と変奏♫~バレンボイム
ブラームス 主題と変奏♫~ルプー


弦楽六重奏曲第1番変ロ長調作品18はブラームスが1860年に作曲した弦楽六重奏曲です。 ブラームスが27歳の時に作曲した若々しく情熱的な曲風の作品です。 作曲の同年にブラームス自身によって第2楽章がピアノ独奏用に編曲されクララ・シューマンの誕生日にプレゼントされました(1927年出版)。 第2楽章はルイ・マル監督の映画「恋人たち」で用いられている事でも知られております。
ブラームス 弦楽六重奏曲第1番第2楽章


ピアニスト谷真子公式サイト
2016_06
01
(Wed)08:04

ブラームス スケルツォ 変ホ短調 作品4/Brahms Scherzo es-moll Op.4

ブラームス(1833~1897)はその生涯を通して自作の出版には極めて慎重で、自己批判の末破棄された作品は数多くあります。 ハンブルクで作曲された曲の大部分は破棄されましたが、その中で残り出版されたものとしてOp.4は貴重な作品です。

P1030391.jpg

P1030392.jpg

スケルツォ作品4はブラームスが18歳の時に作曲した唯一の独立したスケルツォです。

1851年8月ハンブルクで完成し、1854年2月に出版された、出版作品の中では第1作目にあたります。 ブラームスの友人でピアニストのヴェンツエルに献呈されております。

ブラームスは1853年デュッセルドルフのシューマンを訪れる前に、ワイマールのリストを訪れておりますが、その時に持参した自作の曲の楽譜の中にこのスケルツォも含まれておりました。

リストがその自筆譜を初見で演奏してブラームスを驚かせたという有名なエピソードが残っております。

ブラ―ムス スケルツォ♫~ツイメルマン
ブラームス スケルツォ♫~アラウ
ブラームス スケルツォ♫~バックハウス
ブラームス スケルツォ♫~ケンプ


ピアニスト谷真子公式サイト