2016_08
30
(Tue)11:28

ドヴォルザークのスラブ舞曲集(連弾)から抜粋で3曲演奏致します。

9e80221e50d48e56309162ad1bc346ad1 (1)

来る9月20日(火)、芦屋のサロン・クラシックでパリ国立高等音楽院のイヴ・アンリ教授の公開レッスンが行われます。 私もモーツァルトのピアノ四重奏曲第1番でレッスンを受講いたしますが、レッスン終了後イヴ・アンリ教授をお迎えしてジョイント・コンサートが開催されます。

私も急遽ドヴォルザークのスラブ舞曲集を浦瀬さんとおっしゃる方と連弾することに決まりました。 抜粋で3曲だけですが、綺麗な曲なので楽しみにしています。

お近くの方は是非足をお運び頂けましたら嬉しく存じます。

問い合わせ先→サロン・クラシック(芦屋)
開演17:15(開場16:45)
曲目 ドヴォルザーク スラヴ舞曲集 Op.46-1,Op.72-2,Op.46-3

(イヴ・アンリ教授演奏曲目 ショパン 前奏曲集より 嬰ハ短調 Op.45 他)


ピアニスト谷真子公式サイト
2016_08
29
(Mon)10:27

バッハ ゴルトべルク変奏曲(アリアと30の変奏曲) ト長調/J.S.Bach Goldberg-Variationen Aria mit verschiedenen Veranderungen G-Dur BWV988

ゴルトベルク変奏曲はバッハ(1685~1750)によるアリアと30の変奏曲から成る2段の手鍵盤のチェンバロのための練習曲です。

全4巻からなる「クラヴィーア練習曲集」の第4巻であり1742年に出版されました。

バッハ自身の表題は「2段鍵盤付きクラヴィチェンバロのためのアリアと種々の変奏」となっております。

ゴルトベルク変奏曲というのは俗称で、バッハが音楽を手ほどきしたゴルトベルクが不眠症に悩むドレスデンの延臣カイザーリンク伯爵のためにこの曲を演奏したと言う逸話からこの俗称が付けられましたが、演奏には高度な技術を必要としゴルトベルクは当時まだ14歳であったことから、この逸話については懐疑的な見方が多くあります。

ピアノが主流となった時代から20世紀初頭まで演奏されることは少なかったですが、ランドフスカのモダンチェンバロによる演奏録音やグールドのデビュー録音によって世界的なヒットとなり広く知られるようになりました。

バッハ ゴルトベルク変奏曲♫~シフ
バッハ ゴルトベルク変奏曲♫~ニコライエワ
バッハ ゴルトベルク変奏曲♫~ランドフスカ(チェンバロ)
バッハ ゴルトベルク変奏曲♫~レオンハルト(チェンバロ)


ピアニスト谷真子公式サイト



2016_08
26
(Fri)10:05

ベートーヴェン ディアベッリのワルツの主題による33の変奏曲 作品120/Beethoven 33 Veranderrungen uber einen Walzer A.Diabelli Op.120

作品120はベートーヴェンの最後のピアノ変奏曲で、彼のこれまでの変奏技法が駆使された集大成の作品です。

作曲家で出版業も営んでいたアントン・ディアベリは1819年に自らの主題によって当時名前の売れていた作曲家50人に一人一曲ずつ変奏を書いてもらい長大な作品に仕上げようと企画します。 その中にはツエルニーやシューベルト、当時まだ11歳だったリストもいました。

その50人の一人にベートーヴェンも選ばれましたが、当初ベートーヴェンはその主題を評価せず仕事は放置されました。

しかし1822年にその主題による独自の変奏曲の作曲を思い立ち33の変奏からなる長大な作品に仕上げました。

ベートーヴェンはこのワルツ主題を馬鹿にしていましたが、ディアベリにはお世話になっていたため、立派なものに仕上げるためには全て自分で作った方が良いと考え、独自の変奏曲を完成させたと言われております。

完成された作品は、元々の主題の原型がほぼ完全になくなってしまう性格変奏の究極の形とも言える作品となっております。

この作品は当初の企画の作品より先に、単独でディアベリ出版社から出版されました。

P1030536.jpg

P1030538.jpg

ベートーヴェン ディアべりのワルツの主題による33の変奏曲♫~ポリーニ
ベートーヴェン ディアベリのワルツの主題による33の変奏曲♫~シュナーベル
ベートーヴェン ディアべりのワルツの主題による33の変奏曲♫~ゼルキン
ベートーヴェン ディアベリのワルツの主題による33の変奏曲♫~リヒテル
ベートーヴェン ディアベリのワルツの主題による33の変奏曲♫~アラウ


ピアニスト谷真子公式サイト

2016_08
24
(Wed)12:54

ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第30番 ホ長調 作品109/Beethoven Sonate fur Klavier Nr.30 E-Dur Op.109

ベートーヴェンは全部でピアノ・ソナタを32曲書いておりますが、作品109はベートーヴェン後期作品の一つのピアノ・ソナタです。ベートーヴェン晩年の特徴であるようにこのOp.109以降においてはロマン的で自由な楽想の中の圧縮されたソナタ形式が特徴としてあげられると思います。

1820年秋頃に完成されたと推定されますが、第1楽章はストイックなまでに切り詰められ、それに対して第3楽章は変奏形式による大きな広がりを持っております。

P1030531.jpg

第1楽章
P1030532.jpg
ソナタ形式
第1楽章は速度と拍子の異なる楽想を一つにまとめ上げており、当時のベートーヴェンが関心を持っていた挿入節的な構成概念が反映されております。 無駄のない形式の中に込められた曲の内容は幻想的でそれまでのベートヴェンのピアノ・ソナタには見られなかった柔軟性が示されております。

第2楽章
P1030534.jpg
ソナタ形式

第3楽章
P1030535.jpg
主題と6つの変奏からなります。 全曲の重心のほとんどはこの第3楽章に置かれており変奏曲がこれほどの比重を占めたのはベートーヴェンのピアノ・ソナタでは初めての事でした。

ベートーヴェン ピアノソナタ30番♫~ポリーニ
ベートーヴェン ピアノソナタ30番♫~バレンボイム
ベートーヴェン ピアノソナタ30番♫~リヒテル
ベートーヴェン ピアノソナタ30番♫~アラウ
ベートーヴェン ピアノソナタ30番♫~ギレリス
ベートーヴェン ピアノソナタ30番♫~シュナーベル
ベートーヴェン ピアノソナタ30番♫~バックハウス


ピアニスト谷真子公式サイト



2016_08
22
(Mon)21:32

第26回日本クラシック音楽コンクール奈良予選の審査に行ってきました。

第26回日本クラシック音楽コンクール奈良予選の審査に行ってきました。 高校生部門・大学生部門・一般部門を審査致しましたが、皆ピアノに真面目に取り組まれた努力の後が見え、良かったと思います。 これからも努力を続けていってほしいと願います。

同じく審査に入られた先生方は三木孝子先生と栗原はるみ先生でした。 三木孝子先生はピアニスト三木康子さんのお母様ですが、三木康子さんはこの11月に大阪のいずみホールでリサイタルをされるそうです。

さて今はピアノ・コンクールも数が多くありますが、子供のピアノ・コンクールについて思う所を書いてみようと思います。

趣味でピアノを続けていかれるお子さんは、部活代わりにコンクールを利用し、1曲を少しでも奥深くお勉強をするという事は大変良いことだと思います。

しかし専門に進みたいと願うお子さんの場合、話は少し変わってまいります。 将来専門に進みたいお子さんの場合、コンクールの結果よりもエチュードやバッハというピアノの基礎をしっかりお勉強しておかないと、後で取り返しのつかない事になる場合があります。

ハノン・エチュード・バッハ・古典派ソナタというピアノの基礎をお勉強しながら時間に余裕があるならば、コンクールに挑戦してみるのは良いことです。 しかしピアノの基礎のお勉強を全面的にストップしてコンクールだけの曲しかしないと言うのは、将来的に本末転倒になりかねません。

コンクールが大ブームの昨今ですが、将来専門を目指すお子さんはそれに流されないように地道な基礎のお勉強をしっかりやりましょう。


ピアニスト谷真子公式サイト

2016_08
22
(Mon)09:26

ショパン ノクターン第8番 変ニ長調 作品27-2/Chopin Nocturne Op.27-2 Des-Dur

ショパンのノクターンは全部で21曲ありますが20歳の時から晩年に至るまでほぼ均等に創作されております。

ノクターンの語源はラテン語で夜をさすNoxから派生し修道院などで行われる晩祷の事を示し、そこから夜の黙想・瞑想などの意味に転化したものと考えられます。

夜想曲第8番変ニ長調作品27-2はショパンが1835年に作曲したピアノのための夜想曲ですが翌1836年に出版され7番と合わせてテレーズ・ダッポ二ィー伯爵夫人に献呈され貴婦人のノクターンと呼ばれております。

P1030528.jpg

ショパン ノクターン 8番♫~アシュケナ-ジ
ショパン ノクターン 8番♫~ポリーニ
ショパン ノクターン 8番♫~ルービンシュタイン
ショパン ノクターン 8番♫~キーシン
ショパン ノクターン 8番♫~ユンディ・リー
ショパン ノクターン 8番♫~アルゲリッチ


ピアニスト谷真子公式サイト




2016_08
19
(Fri)09:44

ショパン ノクターン第7番 嬰ハ短調 作品27-1/Chopin Nocturne Op.27-1 cis-moll

夜想曲第7番作品27-1はショパンが1835年に作曲したピアノのためのノクターンで、翌1836年に次作の作品27-2と対にしてパリ・ライプツィヒ・ロンドンで出版されました。

オーストリア駐仏公使夫人のダッポニィ伯爵夫人に献呈されていますが、身分の高い彼女に捧げられた事から「貴婦人のための夜想曲」とも呼ばれております。

P1030526.jpg

ショパン ノクターン7番♫~ルービンシュタイン
ショパン ノクターン7番♫~アヴデーエワ
ショパン ノクターン7番♫~キーシン
ショパン ノクターン7番♫~ホロヴィッツ
ショパン ノクターン7番♫~アラウ
ショパン ノクターン7番♫~コルトー



ピアニスト谷真子公式サイト

2016_08
17
(Wed)09:56

ベルク ピアノ・ソナタ 作品1/Berg Sonate fur Klavier Op.1

「ピアノ・ソナタ作品1」はベルク(1885~1935)が作品番号付で生前に発表した唯一のピアノ曲ですが、恩師シェーンベルクの元で卒業制作として1907年から1908年にかけて作曲されました。

ベルクはシェーンベルクに師事し、無調音楽を経て十二音技法による作品を残したオーストリアの作曲家で十二音技法の中に調性を織り込んだ作風で知られております。

ベルクは最初は多楽章を考えていたようですが、シェーンベルクの助言により1楽章のみで出版する事にし、1911年に出版致しました。

初演は1911年4月24日ウイーンで行われましたが、当時としては革新的な書法だった事で聴衆が暴動をおこしたと言われております。

単一楽章のソナタでロ短調を主調としておりますが調性感は安定しません。 また伝統的なソナタ形式の枠組みに従っている反面、冒頭の単一の楽想から全ての部分を派生させ、作品の統一感を確保しております。

P1030516.jpg

P1030517.jpg

ベルク ピアノ・ソナタ♫~ブレンデル


ピアニスト谷真子公式サイト
2016_08
15
(Mon)08:32

モーツァルト ピアノ・ソナタ 15(18)番 へ長調 K.533(K.494)/Mozart Sonate fur Klavier Nr.15(18) F-Dur K.533(K.494)

ピアノ・ソナタヘ長調K.533/494はモーツァルト(1756~1791)のピアノ・ソナタですが、2つのケッヘル番号が並んでいるのは、第1楽章と第2楽章(K.533)が1788年、第3楽章(K.494)が1786年に書かれたものだからです。

自作品目録にはK.494のロンドは1786年6月10日付で「ピアノ独奏のための小ロンドK.494」として(翌年単独で出版)、第1・2楽章は1788年1月3日付で「ピアノ独奏のためのアレグロとアンダンテK.533」として記されております。

第3楽章K.494は1787年に単独で出版されておりますが、その後カデンツァと終結部が追加されK.533と共にピアノ・ソナタとして1788年にホフマイスター社から出版されました。

P1030508.jpg

第1楽章 ソナタ形式
1
対位法的な要素が楽章全体にはりめぐらされています。

第2楽章 ソナタ形式
2
主題は非常に不安定な印象を与え、展開部は不可思議な響きが致します。

第3楽章 ロンド形式
3
もともとは小規模なロンドでしたが、ソナタとして出版する際にカデンツァ風パッセージなどが挿入され、終楽章にふさわしく仕上げられております。 また対位法的な処理も加えられ前楽章との統一が量られております。

モーツァルト ピアノ・ソナタ第15(18)番♫~ピリス
モーツァルト ピアノ・ソナタ第15(18)番♫~リヒテル
モーツァルト ピアノ・ソナタ第15(18)番♫~チッコリーニ
モーツァルト ピアノ・ソナタ第15(18)番♫~グリンべルク


ピアニスト谷真子公式サイト




2016_08
10
(Wed)16:45

芦屋でのホームコンサート終了致しました。

P1030512.jpg
ニコラさんとシューマン「トロイメライ」、バッハ「G線上のアリア」、フォーレ「夢のあとに」他を演奏。
11月7日(月)には奈良の秋篠音楽堂でニコラ・デルタイユさん、松川暉(ひかる)さん他と共にモーツァルトピアノ四重奏曲第1番をお送り致します。

P1030513.jpg
ニコラさん 「無伴奏チェロ組曲第3番」を演奏。

P1030514.jpg
松川暉(ひかる)さんとクライスラー「愛の喜び」、マスネ「タイスの瞑想曲」を演奏。
松川さんは全日本学生音楽コンクール小学校部門全国優勝という輝かしい経歴をお持ちのヴァイオリ二ストの方です。

P1030515.jpg
ニコラさんと松川さんでチゴイネルワイゼンを演奏。


2016_08
05
(Fri)23:47

芦屋でのホームコンサートに出演致します。

ニコラ

すでにHP上でもお知らせさせて頂いておりますが、11月7日の奈良・秋篠音楽堂でのコンサートでベルギーより来日されるEnsemble Mendelssohnのメンバーのお一人でいらっしゃるチェリストのニコラ・デルタイユ氏が8月神戸に来日されます。

つきましては、8月10日(水)にコンサートのデモンストレーションを兼ねてホーム・パーティーが開かれます。 軽いお食事会とチェロ・ミニコンサートが開かれます。 私もピアノ伴奏で出演させて頂くこととなりました。

場所 芦屋市岩園町23-38 サロン・クラシックオーナー 中西淳子様ご自宅
時間 12時開演(11:45開場)
参加料 3,000円(要予約・定員15名)
お問い合わせ 0797-55-0730
info@tmcj.jp

ぜひお気軽にお越し下さいますよう お待ち申し上げております。


ピアニスト谷真子公式サイト
2016_08
04
(Thu)14:58

東京音楽大学学校説明会&出張レッスン in大阪のお知らせ

img150.jpg

2016年10月1日(土)、大阪の三木楽器 開成館にて東京音楽大学の学校説明会が開催されます。

同時に東京音楽大学教授の武田真理先生のレッスンも受講する事ができます。(無料・要申込み)

詳細は東京音楽大学広報課03-3982-2717までお問い合わせ下さい。
お申込み開始日時は8/8(月)9:00~からとなっておりますが、定員になり次第締め切られます。


ピアニスト谷真子公式サイト

2016_08
04
(Thu)08:57

モーツァルト ピアノ四重奏曲 第1番 ト短調 K.478/Mozart Piano Quartet Nr.1 g-moll K.478

ピアノ四重奏曲第1番 ト短調 K.478はモーツァルト(1756~1791)が作曲したピアノ四重奏曲です。

モーツァルトの主要ピアノ三・四・五重奏曲9曲は1曲を除いてウイーン時代の1784~1788年の作品です。 当時のウイーンではピアノが社交的な楽器として愛好されており、またこの時期はモーツァルト自身が人気ピアニストだった事もあってピアノ協奏曲を含めた作品が数多く作られております。

ピアノ四重奏曲第1番は1785年10月16日ウイーンでオペラ「フィガロの結婚」の創作の合間をぬって作曲され、同年12月にウイーンのホフマイスターから出版されました。

モーツァルトの友人で作曲家でもある出版社アントン・ホフマイスターはアマチュアが家庭で演奏する音楽を出版しひと稼ぎしようともくろんでモーツァルトに3曲のピアノ四重奏曲を作曲してほしいと頼みました。

しかし完成した第1番を受け取った出版社側は「一般大衆には受け入れにくい難解な作品」と苦情を呈したためモーツァルトは出版社との契約を解除しました。

その後、別の出版社のアルタリアから第2番を出版しましたが第3作目は作曲されませんでした。

P1030498.jpg

第1楽章 ト短調
1
ソナタ形式による楽章で厳格で険しい面持ちの極めてドラマティックな曲想です。
モーツァルト ピアノ四重奏曲第1番 第1楽章♫~シュナーベル

第2楽章 変ロ長調
2
情緒豊かでメロディックな曲想です。
モーツァルト ピアノ四重奏曲第1番 第2楽章♫~シュナーベル

第3楽章 ト長調
3
ロンド・ソナタ形式によるフィナーレです。
モーツァルト ピアノ四重奏曲第1番 第3楽章♫~シュナーベル

モーツァルト ピアノ四重奏曲第1番♫~リヒテル
モーツァルト ピアノ四重奏曲第1番♫~プレヴィンとN響首席奏者


ピアニスト谷真子公式サイト




2016_08
03
(Wed)07:35

モーツァルト ピアノ・ソナタ第8(9)番 ニ長調 K.311/Mozart Sonate fur Klavier Nr.8(9) D-Dur K.311

ピアノ・ソナタ第8(9)番K.311はモーツァルト(1756~1791)が1777年10月から11月にかけて作曲したピアノ・ソナタで同時期に書かれたソナタにK.309があります。

母アンナとともにパリへ向かう途中に滞在したマンハイムで作曲されたと考えられております。

1781年パリでK.309,K.310と共に「作品4」として出版されましたが、自筆譜は現在ポーランドのクラコウの図書館に保存されております。

P1030494.jpg

第1楽章
1
K.309と同様、オーケストラのトウッティのような力強い開始とそれに呼応して弱奏の軽快なメロディが流れ出します。

第2楽章
2
冒頭の主題11小節が反復記号によって繰り返されます。 全体はK.309と同じくエピソード主題を持つ変奏曲の形を取っておりますが、その変奏はとても控え目なものとなっております。

第3楽章
3
このソナタの終楽章もロンドでK.309と全く構成を同じくしております。

モーツアルト ピアノ・ソナタK.311♫~ヘブラー
モーツアルト ピアノ・ソナタK.311♫~ピリス
モーツアルト ピアノ・ソナタK.311♫~グルダ
モーツアルト ピアノ・ソナタK.311♫~ツイメルマン
モーツアルト ピアノ・ソナタK.311♫~バレンボイム


ピアニスト谷真子公式サイト



2016_08
01
(Mon)09:53

シューマン ピアノ五重奏曲 変ホ長調 作品44/Schumann Quintett fur Klavier und Streichquartetto Es-Dur Op.44

ピアノ五重奏曲作品44はピアノと弦楽四重奏(2本のヴァイオリン・ビオラ・チェロ)のために書かれたシューマンの代表的な室内楽作品です。

ごく初期のピアノ四重奏曲を例外として、シューマンはこの年までに室内楽作品を一曲も完成させていませんでしたが、「室内楽の年」と言われる1842年中に3曲の弦楽四重奏曲とこのピアノ四重奏曲を作曲しており、この曲は1842年9月から10月にかけてのわずか数週間のうちに作曲されました。

妻のクララ・シューマンに献呈され、初演も翌1843年1月8日ライプツィヒにてクララ・シューマンのピアノで行われました。

この時、聴衆の中にはドイツロマン派に批判的態度を示していたベルリオーズもおりこの曲に非常に感激したと伝えられております。

またシューマンの家でこの曲を聴いたリストは「余りにもライプツィヒ過ぎる」とあまり褒めず、この事をきっかけにシューマンはリストと距離をおくようになります。

シューマン ピアノ五重奏曲♫~アルゲリッチ
シューマン ピアノ五重奏曲♫~ゼルキン
シューマン ピアノ五重奏曲♫~コチシュ
シューマン ピアノ五重奏曲♫~トリフォノフ
シューマン ピアノ五重奏曲♫~コブリン


ピアニスト谷真子公式サイト



2016_08
01
(Mon)00:00

ブラームスピアノ三重奏曲第1番の演奏をyou tubeにアップ致しました。

P1030456.jpg

♫ブラームスピアノ三重奏曲第1番の演奏をyou tubeにアップ致しました~谷真子(ピアノ)、ピオトル・ツェギエルスキ(ヴァイオリン)、ロベルト・プトフスキ(チェロ)→こちら

お楽しみ頂けましたら嬉しく存じます。


ピアニスト谷真子公式サイト