2016_09
30
(Fri)08:50

ワーグナ=リスト イゾルデの愛の死 S.447/Liszt Isoldes Liebestod S.447

リスト編曲の「イゾルデの愛の死」はワーグナー作曲の「トリスタンとイゾルデ」の最終場面「第3幕の終結部」のアリアに基づいてリストが編曲したもので原曲の初演から2年後の1867年に完成致しました。

ワーグナー トリスタンとイゾルデより アリア イゾルデの愛の死♫~マリア・カラス

*****
『トリスタンとイゾルデ』(Tristan und Isolde)は、リヒャルト・ワーグナーが作曲した楽劇。台本も作曲者自身による。
全3幕からなり、1857年から1859年にかけて作曲された。一般に「楽劇 (Musik Drama)」と呼ばれているが、ワーグナー自身は総譜及びピアノ譜に単に「3幕の劇進行 (Handlung)」としている。1865年6月10日、ミュンヘンのバイエルン宮廷歌劇場において、ハンス・フォン・ビューローの指揮で初演された。演奏時間は約3時間55分(第1幕80分、第2幕80分、第3幕75分)。
物語は、ケルトに起源を持つと考えられている古代トリスタン伝説によっており、直接的にはゴットフリート・フォン・シュトラスブルク(?-1210年)の叙事詩を土台として用いている。
ワーグナー自身が「あらゆる夢の中で最も麗しい夢への記念碑」と述べているように、この作品は愛の究極的な賛美であるとともに、その一方で、感情的な体験を超えて形而上的な救済を見いだそうとするものともなっている。作品全体に浸透した不協和音の解放によって『トリスタンとイゾルデ』は、ヨーロッパ音楽史上の里程標と見なされている。また、この作品の極限的な感情表現は、あらゆる分野にわたって何世代もの芸術家に圧倒的な影響を及ぼすものとなった。
第1幕への前奏曲と第3幕終結部(イゾルデの「愛の死」)は、ワーグナーが全曲の初演に先立って演奏会形式で発表したことにちなみ、現在でも独立して演奏会で演奏される。

ワーグナー楽劇 トリスタンとイゾルデ第1幕全曲
ワーグナー楽劇 トリスタンとイゾルデ第2幕全曲
ワーグナー楽劇 トリスタンとイゾルデ第3幕全曲

ワーグナーの分厚く豊かな響きを表現するためにリストは忠実に再現するのではなく演奏効果を似せるという手段をとっております。

オーケストラ的な響きを再現するためにリストは三段譜を用いております。

4小節の前奏は第2幕第2場の「愛の二重奏「から引用されておりますが、これは編曲の最終段階で付加されたものでリストは3度書き直しております。

ワーグナー=リスト イゾルデの愛の死♫~ブレンデル
ワーグナー=リスト イゾルデの愛の死♫~ホロヴィッツ


ピアニスト谷真子公式サイト
2016_09
28
(Wed)08:16

リスト 悲しみのゴンドラ 第1稿 変イ長調 S.200-1、第2稿S.200-2/Liszt La lugubre gondola S.200

1883年2月ワーグナーは70歳で亡くなりますが、友人であったリスト(71歳)はワーグナーの死の3か月前悲しみのゴンドラ第1稿・第2稿を作曲致します。

リストは後にこの曲についてワーグナーの死を予感しながら作曲したと述べております。

悲しみのゴンドラ 第1稿
ワーグナ―の作品に良く見られる半音階的な旋律が用いられております。

悲しみのゴンドラ 第2稿
原曲はヴァイオリンまたはチェロとピアノのための二重奏曲として書かれたものでそれをピアノ版に編曲したものです。 「調のないパガテル」や「灰色の雲」と並び現代音楽の先駆とされた曲です。

リスト 悲しみのゴンドラ 第1稿♫~ポリー二
リスト 悲しみのゴンドラ 第2稿♫~ツイメルマン
リスト 悲しみのゴンドラ 第2稿♫~ブレンデル


ピアニスト谷真子公式サイト

2016_09
26
(Mon)09:43

ラヴェル 左手のためのピアノ協奏曲 二長調/Ravel Concerto pour la main gauche D-Dur

第1次世界大戦で右手を失ったピアニストのパウル・ウィトゲンシュタインは、ラヴェル(1875~1937)に左手だけで弾ける曲の作曲を依頼します。

これに応えて作曲したのが「左手のためのピアノ協奏曲」でラヴェルにとって最初のピアノ協奏曲です。

作曲は1929年冬に始められましたが、ラヴェルは作曲するにあたり古今の作曲家サン=サーンス、ゴトフスキー、ツエルニー、アルカン、スクリャービンらの左手のための曲の勉強を致します。

1931年11月27日ウイーンでウィトゲンシュタインのピアノで初演が行われましたが、ウィトゲンシュタインは楽譜通りに弾ききれずその上音楽性をも非難したためラヴェルとの仲は険悪なものとなります。

ラヴェル晩年の傑作として高く評価されると同時に左手だけのピアノ・ソロやジャズの影響が色濃く反映されており極めて個性的なピアノ協奏曲です。

曲は切れ目なしに演奏される単一楽章ですが、大きく3つの部分に分けられピアノ・パートは大変な難曲でとても片手で弾いているとは思えない見事な書法で書かれております。

ラヴェル 左手のためのピアノ協奏曲♫~フランソワ



ピアニスト谷真子公式サイト
2016_09
23
(Fri)11:17

ハイドン チェンバロ(ピアノ)協奏曲 第11番 ニ長調/Haydn Concert per il clavicembalo o fortepiano D-Dur Hob.XVIII-11 Op.21

ハイドンのピアノ協奏曲第11番ニ長調は私が小学校4年生の時、二度目のコンチェルトで演奏した曲ですが明るくさわやかな曲です。

ハイドン ピアノ協奏曲 ニ長調 第1楽章♫~谷真子(小4)

ハイドンは10曲余りのクラヴィーアのための協奏曲を書いていますが、実際に今日演奏される機会があるのは、このニ長調の協奏曲のみです。 出版は1784年にハイドンの指示によってアルタリア(ウィーン)から行われています。 表題はクラヴィチェンバロ、またはフォルテピアノ用の協奏曲と記載されていますが、この当時ハイドンはハンマークラヴィーアは所有していなかったものと思われます。

楽曲はチェンバロでもピアノでも演奏が可能ですが、内容的にはクラヴィーア曲を盛んに書いていたモーツァルトを意識していると思われます。

そもそもハイドンの前半生では鍵盤楽器といえばオルガンかチェンバロ(ハープシコード、クラヴサンと同じ)で、1780年代になってやっと今のピアノフォルテに近いいわゆるピアノが使われるようになりました。 ただ、この曲はピアノを念頭に作曲されたと思われます。 基本的にはこれらの内のどの鍵盤楽器で演奏しても構いません。

第1・第2楽章にはハイドン自身のカデンツァが存在します。

ハイドン ピアノ協奏曲 ニ長調♫~スコダ
ハイドン ピアノ協奏曲 ニ長調♫~プレトニョフ
ハイドン ピアノ協奏曲 ニ長調♫~リヒテル
ハイドン ピアノ協奏曲 ニ長調♫~ギレリス
ハイドン ピアノ協奏曲 ニ長調♫~アルゲリッチ
ハイドン ピアノ協奏曲 ニ長調♫~ミケランジェリ
ハイドン ピアノ協奏曲 ニ長調♫~ラローチャ


ピアニスト谷真子公式サイト♪ 
2016_09
20
(Tue)23:05

パリ国立高等音楽院イヴ・アンリ教授レッスンとジョイント・リサイタル

パリ国立高等音楽院(パリコンセルヴァトワール)のイヴ・アンリ教授に11月7日秋篠音楽堂で演奏するモーツアルトピアノ四重奏曲第1番のレッスンをして頂きました。

パリ国立高等音楽院というのは世界の最難関校の音楽学校のうちの一つですが、アンリ先生はそこの教授をしていらっしゃる他、シューマン国際ピアノコンクールの審査員でもいらっしゃり、またショパン国際ピアノコンクールの予備審査にも入っていらっしゃいます。

アンリ先生には1年に2度くらいのペースでレッスンをして頂いておりますが、室内楽のレッスンを受けたのは初めてです。 ヨーロッパの室内楽のエッセンスを学ぶことができたように思います。

P1030641.jpg

P1030642.jpg

レッスン終了後、アンリ先生をお迎えしてのジョイント・リサイタルが開かれました。 私は浦瀬さんとおっしゃる方とドヴォルザークのスラヴ舞曲集から抜粋で3曲連弾を演奏しました。

P1030644.jpg

P1030645.jpg

P1030647.jpg

秋は生徒のコンクールも多く、11月の室内楽コンサートを控えて忙しいスケジュールが続きます。 生徒たちにも伝えたいことですが、コンクールであれコンサートであれ一つの行事が終了したら一度リフレッシュをして次の行事に向かって前進する事が長く音楽活動を続けていく秘訣ではないかと思います。

どなたかピアニストの方がおっしゃっていた事ですが、ピアノのお勉強は天国と地獄を行ったり来たりするそうです。 コンクールシーズンですので生徒たちも悲喜こもごもですが、音楽の歓びを忘れずたゆまぬ努力を続けていってほしいと思います。


ピアニスト谷真子公式サイト






2016_09
18
(Sun)23:04

第70回全日本学生音楽コンクール大阪大会ピアノ部門小学校の部予選結果

第70回全日本学生音楽コンクール大阪大会予選ピアノ部門小学校の部を聴きにフェニックスホールまで行ってまいりました。

全日本学生音楽コンクールは通称「毎コン」と呼ばれ日本で一番歴史の古い権威あるコンクールですが、その名に違わず以下の11名の素晴らしい方々が選出されました。

片岡鈴(兵庫・川西市立明峰小6年)▽飯塚梨央(同・姫路市立高浜小6年)▽島田智香子(徳島・鳴門教育大付属小6年)▽瀧野茉依(大阪・箕面市立彩都の丘小6年)▽細川李耶(石川・津幡町立中条小6年)▽吉田龍司(大阪・東大阪市立長瀬南小5年)▽飯島真愛(大津市立志賀小6年)▽入江未菜(広島市立安西小6年)▽大山桃暖(堺市立金岡小5年)▽倉橋陽土(京都・宇治市立木幡小6年)▽城上千夏(大阪・八尾市立南高安小6年)(敬称略)

11名の方々の氏名と学校名は明日の毎日新聞の朝刊に掲載されます。

本選は10月30日フェニックスホールで開催されます。

審査員には私がプライベートで師事する♪阿部裕之先生♪も入っていらっしゃいましたが、阿部裕之先生は私が第47回全日本学生音楽コンクール大阪大会小学校の部で入選した時も審査員でいらっしゃいました。

P1030636.jpg


ピアニスト谷真子公式サイト




2016_09
17
(Sat)10:27

ドヴォルザークの連弾の合わせを致しました。

一昨日15日は午後からsalon classicをお借りして9/20のコンサートの連弾の曲目のドヴォルザーク・スラヴ舞曲集よりを浦瀬さんと合わせを致しました。

主にペダルやテンポ、音楽的な表情の確認を行いました。

今回は私はセコンドを担当致します。
客席から見て奥側に座る人(セコンド)はペダルを一手に引き受けますが、自分のパート分とプリモの方の両方のパートの分のペダルを踏むため、工夫が必要です。相手の音楽的な好みもあるため、連弾のコンサートではデュオとしていつも同じパートナーで組むことが多いかと思います。

ピアノ1台で2人で連弾で弾くことは音楽の楽しみやピアノの楽器の醍醐味を味わえるのでソロや室内楽とはまた違った楽しみがございます。

♪9月20日のコンサートのお知らせ♪
連弾にてドヴォルザークのスラブ舞曲集を演奏致します。
皆さまのご来場をお待ち致しております。
【日時】2016年9月20日(火)17:15開演(16:45開場)
【会場】salon classic(芦屋市東芦屋町3-9)
【プログラム】ドヴォルザーク スラブ舞曲集よりOp.46-1,Op.72-2,Op.46-3(ピアノ・デュオ)
(イヴ・アンリ教授演奏曲目 ショパン 前奏曲集より 嬰ハ短調 Op.45他)
【出演】谷 真子(第2ピアノ)浦瀬奈那子(第1ピアノ)
【入場料】3,000円
【主催】salon classic
【後援】ユーロピアノ株式会社
【チケットお申込み】salon classic(芦屋)(tel 0797-55-0730 info@tmcj.jp)

9e80221e50d48e56309162ad1bc346ad1 (1)



ピアニスト谷真子公式サイト
2016_09
16
(Fri)09:29

ドビュッシー 仮面

ドビュッシーは当初「仮面」を「ベルガマスク組曲」の一曲に入れようと考えていました。 ドビュッシーが歌曲にしたヴェルレーヌの詩集「艶めく宴」の「月の光」の一節にも「Masques」という言葉が出てまいります。

この「艶めく宴」の中にも描かれているイタリア喜劇の世界~華やかで滑稽であるがその裏には哀しい運命が潜んでいる~にドビュッシーは関心を寄せておりました。

イタリア喜劇に仮面はなくてはならないものですが、仮面の持つ二面性は曲を通して交互に表れ、それはリズムや調性などによって表現されております。

ドビュッシーは「仮面」でドビュッシーという人間そのものを表現しようとしたのではないかと思います。

ドビュッシー 仮面♫~チッコリーニ


ピアニスト谷真子公式サイト


2016_09
14
(Wed)09:13

ラフマニノフ ピアノ・ソナタ第1番 ニ短調 Op.28/Rakhmaninov Sonata for Piano No.1 d-moll Op.28

ラフマニノフのピアノ・ソナタ第1番は元来はゲーテの戯曲「ファウスト」を題材として作曲されましたが、後にこの発想は放棄されました。

1906年11月ラフマニノフは妻と娘を連れてドレスデンに移り住み交響曲第2番の作曲に没頭します。 モスクワの喧騒を離れ集中できる環境の中でラフマニノフはピアノ・ソナタ第1番の作曲にかかりますが、最初の構想はゲーテの「ファウスト」に基づいて第1楽章をファウスト、第2楽章をグレートヒェン、第3楽章をメフィストフェレスの肖像とする標題的なソナタの作曲でした。

この発想はリストの「ファウスト交響曲」をなぞったものでしたが、作曲開始直後にこの発想は放棄されました。

初演は1908年10月17日友人のコンスタンティン・イグムノフによってモスクワで行われました。

ラフマニノフは2曲のピアノ・ソナタを残しておりますが、ソナタ第2番に対してそのソナタ第1番は演奏される機会が非常に少なく演奏には約40分もの時間を要します。 その複雑さと長大さゆえに全体像がつかみにくく技巧的に難易度も高いですが、名ピアニストによってその世界が再現された時には壮大で輝かしい世界が立ち現れます。

ラフマニノフ ピアノ・ソナタ第1番♫~トリフォノフ
ラフマニノフ ピアノ・ソナタ第1番♫~ルガンスキー
ラフマニノフ ピアノ・ソナタ第1番♫~スコア付き


ピアニスト谷真子公式サイト

2016_09
12
(Mon)10:26

ドビュッシー 喜びの島 イ長調/Debussy L'isle joyeuse A-Dur

ドビュッシーの「喜びの島」はヴァトーの絵画「シテール島への巡礼」の影響を受けて1904年に作曲されたピアノ曲です。

シテール島はエーゲ海、クレタ島の北西にある島で神話では愛の女神ヴィーナスの島とされています。

初演は1905年2月18日パリの国民音楽協会にてリカルド・ビニェスの演奏により「仮面」とともに演奏されました。

装飾音やリズムの変化といっったドビュッシーには珍しくヴィルトゥオーゾ的な技巧を駆使して大胆な表現力や鮮やかな色彩感に満ち溢れ、幻想的な愛の歓びを描き出しています。

イタリアの指揮者ベルナルデイオ・モリナーリによる管弦楽版はドビュッシー自身の指示に基づいた編曲です。

ドビュッシー 喜びの島♫~ポリーニ
ドビュッシー 喜びの島♫~ホロヴィッツ
ドビュッシー 喜びの島♫~フランソワ
ドビュッシー 喜びの島♫~ギーゼキング
ドビュツシー 喜びの島♫~リヒテル
ドビュッシー 喜びの島♫~ブレハッチ
ドビュツシー 喜びの島♫~ミケランジェリ
ドビュッシー 喜びの島♫~コチシュ
ドビュッシー 喜びの島♫~管弦楽版


ピアニスト谷真子公式サイト

2016_09
11
(Sun)08:24

11月7日の秋篠音楽堂での室内楽コンサートの合わせを致しました。

11月7日の秋篠音楽堂でのモーツァルトピアノ四重奏曲第1番の室内楽コンサートの合わせを昨日致しました。

先日ベルギーのチェリストのニコラさんが来日された時には、チェロとヴァイオリンとピアノで合わせをしたのですが、昨日はヴァイオリンとピアノだけで合わせを致しました。

ヴァイオリンは日本の松川暉さんとおっしゃるヴァイオリニストの方ですが、全日本学生音楽コンクール小学校部門全国優勝という経歴をお持ちの若手実力派の方です。 東京芸術大学在学中にイギリスへ留学されこの度帰国されたばかりの新進演奏家の方ですが、 繊細な素晴らしい音楽を奏でられますので、皆様には楽しんで頂けるのではないかと思います。

次の合わせはベルギーの方が来日されてからピアノとヴァイオリンとチェロとビオラの4人でする事になります。

当日は大勢の方のご来場をお待ち申し上げております。

42b8ce034d4400d96d482b72aaf6fa961.png



ピアニスト谷真子公式サイト
2016_09
09
(Fri)15:33

ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第31番 変イ長調 作品110/Beethoven Sonate fur Klavier Nr.31 As-Dur Op.110

ピアノ・ソナタ第31番作品110はベートーヴェンが1821年に作曲したピアノ・ソナタですが、ベートーヴェンの最後のピアノ・ソナタ3作品は「ミサ・ソレムニス」や「ディアべリ変奏曲」などの大作と並行して書き進められております。

楽譜には1821年12月25日と書き入れられておりますが、1822年になってからも終楽章の手直しが行われたとされております。

出版は1822年7月、シュレジンガー、シュタイナー、ブージーなどから行われております。

P1030625.jpg

第1楽章
P1030626.jpg
ソナタ形式 序奏はなく第1主題が優しく奏でられます。

第2楽章
P1030628.jpg
三部形式 スケルツォ的な性格を持ち、軽やかな中にも全体的に不気味な雰囲気を漂わせています。

第3楽章
P1030629.jpg
最後の3曲のピアノ・ソナタの中では最も典型的にフーガを用いたものです。

ベートーヴェン ピアノソナタ31番♫~ポリーニ
ベートーヴェン ピアノソナタ31番♫~ブレンデル
ベートーヴェン ピアノソナタ31番♫~ギレリス
ベートーヴェン ピアノソナタ31番♫~バレンボイム
ベートーヴェン ピアノソナタ31番♫~バックハウス
ベートーヴェン ピアノソナタ31番♫~シュナーベル
ベートーヴェン ピアノソナタ31番♫~チョ・ソンジン


ピアニスト谷真子公式サイト





2016_09
05
(Mon)09:27

ベートーヴェン ピアノ・ソナタ 第32番 ハ短調 作品111/Beethoven Sonate fur Klavier Nr.32 c-moll Op.111

ベートーヴェンのピアノ・ソナタ第32番は1819年からスケッチに着手されており1822年に全曲の完成に至ったと思われます。

30番や31番、ミサ・ソレムニス、交響曲「運命」などの晩年の作品と並行して生み出されました。

曲は対象的な2つの楽章から構成されております。 ベートーヴェン自身は曲が2つの楽章で終わることについてシンドラーに問われた際、ただ「時間が足りなかったので」とのみ述べたと言われております。 しかし我々が2楽章を聴く時、このピアノ・ソナタがこれ以上の楽章を必要としないのを感じます。

楽譜は1822年シュレジンガーから出版されルドルフ大公へ献呈されました。

P1030625.jpg

第1楽章
P1030626.jpg

P1030629.jpg
ソナタ形式
悲愴ソナタや交響曲「運命」などと同じくハ短調で書かれ荒々しく熱情的な楽想です。

第2楽章
P1030628.jpg
変奏曲
16小節の主題とそれに基ずく5つの変奏から成り転調を伴う短い間奏とコーダを持ちます。

ベートーヴェン ピアノソナタ32番♫~ポリーニ
べートーヴェン ピアノソナタ32番♫~アラウ
ベートーヴェン ピアノソナタ32番♫~ケンプ
ベートーヴェン ピアノソナタ32番♫~バレンボイム
ベートーヴェン ピアノソナタ32番♫~バックハウス
ベートーヴェン ピアノソナタ32番♫~シュナーベル


ピアニスト谷真子公式サイト




2016_09
01
(Thu)19:00

志摩観光ホテルへバケイションに行ってきました。

伊勢志摩サミットが行われたので有名な志摩観光ホテルへ夏のバケイションに行ってきました。

P1030540.jpg

P1030542.jpg

P1030544.jpg

P1030549.jpg
五十鈴川

P1030552.jpg
内宮

P1030559.jpg
志摩観光ホテル

P1030561.jpg

P1030569.jpg

P1030570.jpg
屋上庭園

P1030582.jpg
ラウンジから

P1030583.jpg
プール

P1030611.jpg
お部屋の窓から

P1030598.jpg
ラ・メール ザ・クラシック

P1030614.jpg
サミットのテーブル

P1030586.jpg

P1030589.jpg

P1030587.jpg

P1030588.jpg

P1030591.jpg

P1030593.jpg

P1030597.jpg

P1030600.jpg

P1030602.jpg
リスニング・ルーム

P1030603.jpg
デンマーク製の立派なオーディオ機器が置いてありました。

P1030604.jpg

P1030605.jpg

P1030606.jpg

P1030607.jpg


ピアニスト谷真子公式サイト