2017_03
31
(Fri)12:01

ラフマニノフ 2台のピアノのための組曲 第1番 「幻想的絵画」 作品5/Rakhmaninov Suite No.1 "Fantasie-tableaux" Op.5

「二台のピアノのための組曲第1番」はラフマニノフ(1873~1943)のピアノデュオ曲ですが、ラフマニノフが20歳の時の1893年に作曲されました。

ラフマニノフは1891年18歳でモスクワ音楽院ピアノ科を首席で卒業し、翌1892年には同院作曲家を首席で卒業します。 1892年10月にはモスクワ電気博覧会で後ラフマニノフの代表作となる「前奏曲嬰ハ短調”鐘”」を初演致します。

「二台のピアノのための組曲第1番」の初演は1893年11月30日にモスクワでラフマニノフとパプストのピアノで行われ、才能を認め目をかけてくれていたチャイコフスキーへの感謝の思いから彼に献呈されましたが、初演を聴くことを約束していたにも拘わらずチャイコフスキーは11月6日初演を聴く前に亡くなってしまいました。

各楽章冒頭にラフマニノフが作曲のインスピレーションを受けた詩が載せられており、インスピレーションを基に絵画的に作曲された作品です。

第1楽章 バルカローレ
ロシアの詩人レールモントフの詩「ベネチア」の一節が引用されております。

(ミハイル・レールモントフ)
おお、涼しいゆうべの波が、
ゴンドラのオールを静かに打つ。
―あの歌がまた! またギターで鳴る!
―遠くでいまは、憂鬱そしてまた幸せに、
聞こえるのは古い舟歌の響きか、
「ゴンドラは水面を滑り、
時も愛とともに飛び去る、
水はふたたび穏やかになり、
情熱はもはや高まらない」

第2楽章 夜と愛と
イギリスの詩人バイロンの詩が記されています。

(ジョージ・ゴードン・バイロン)
ナイチンゲールの高いさえずりが
枝から聞こえる時刻に、
恋人同士の誓いあう囁きが、
穏やかな風や近くの水音が、
孤独な者の耳に音楽となる。

第3楽章 涙
ロシアの詩人チュッチェフの同名の詩が引用されています。

(フョードル・チュッチェフ)
人の懸念、おお、人の涙!
お前は朝から晩まで流れ、
人知れずに、目に見えずに、
無限に、無数に流れる、
まるで土砂降りの雨のように、
秋の夜の深遠の中に流れる。

第4楽章 復活祭
ロシアの詩人ホミャコフの同名の詩が引用されています。

(アレクセイ・ホミャコーフ)
強大な鐘の音が大地を越えて鳴り、
大気のすべては嘆き、おののき、苦しむ。
美音の銀色の雷鳴は、
聖なる勝利の知らせを告げる。

ラフマニノフ 2台のピアノのための組曲 第1番♫~ラベック姉妹


ピアニスト谷真子公式サイト
2017_03
29
(Wed)10:07

演奏会の打ち合わせでホールまで行ってまいりました。

月曜日の夕方、来たる4/29の東京音楽大学校友会関西支部演奏会の打ち合わせのために秋篠音楽堂まで行ってまいりました。

東京音楽大学校友会関西支部支部長の近藤孝司さん、事務局の矢野光子さん、出演者で先輩の日西麻紀さん、そして私の4名が参加致しました。

当日のスケジュールの詳細な説明を秋篠音楽堂のスタッフの方から受けながら細部を綿密に打ち合わせをするのですが、あまり大きな問題もなく終了致しました。

支部長の近藤孝司さんは東京音楽大学の大先輩でプロのトロンボーン奏者でいらっしゃいます。 支部長と言う肩書は持っていらっしゃいますが、日本センチュリー交響楽団の首席トロンボーン奏者を今春までしていらした方で、CDも出していらっしゃいます。

事務局の矢野光子さんも東京音楽大学の大先輩の方ですが、大学へ教えに行かれてお忙しい中を、事務局のお世話を精力的にして下さっています。

打ち合わせ終了後、場所を変えていろんなお話をうかがいながらお茶を頂きましたが、ひとつの会を運営するのは大変な事のようでいろんな苦労話もお伺いしました。

私に出来る事は良い演奏をお届けする事だけですので、精一杯の努力で頑張りたいと思います。

当日は大勢の方にご来場頂けますのをお待ち申し上げております。



ピアニスト谷真子公式サイト
2017_03
27
(Mon)11:01

シューマン ダヴィッド同盟舞曲集 作品6/Schumann Die Davidsbundlertanze Op.6

「ダヴィッド同盟舞曲集」はシューマンが1837年に作曲し、後自費出版した18曲から成るピアノ曲集です。

「ダヴィッド同盟」というのはシューマンが考え出した架空の団体で、保守的な考えの人に対して新しい芸術を創作するために戦っていく人達の集まりの呼称です。 「謝肉祭」の中にも表れます。

当時、ロマン主義芸術家の間では芸術を理解しない保守的な俗物「ペリシテ人」に対抗する新しい芸術のための運動である同盟構想がよく行われておりました。

ダヴィッドとは旧約聖書に描かれているペリシテ人戦士ゴリアテを倒したダビデ王に由来しますが、同盟のメンバーはシューマン自身を表すフロレスタンやオイゼビウスやクララ・ヴィーク、フリードリヒ・ヴィークなどをモデルにした人物等で構成されております。 また実際の社会的活動として音楽評論雑誌を発刊したりもしておりました。

曲はシューマンとクララの将来の結婚式の前夜に集まった同盟員達の様子を描いており、フロレスタンとオイゼビウスという2人の人物が主役となっております。

フロレスタンはシューマンの中の明朗で積極的な「動」を表し、オイぜビウスは冷静で瞑想的な「静」の部分を表す人物として描かれております。

作品には初稿と第2稿があり初稿には曲の性格が動である時には「F]、静である時には「E」と書かれ、冒頭に格言も記述されていますが、第2稿ではこれらの記述は削除されております。

シューマン ダヴィッド同盟舞曲集♫~アラウ
シューマン ダヴィッド同盟舞曲集♫~コルトー
シューマン ダヴィッド同盟舞曲集♫~ギーゼキング



ピアニスト谷真子公式サイト
2017_03
24
(Fri)23:07

神戸大学大学院学位記授与式に行ってまいりました。

今日3/24、三宮の神戸ポートアイランドホールへ神戸大学大学院学位記授与式に行ってまいりました。

P1030888.jpg

授与式では代表の方だけが学位記を受領され他の学生は場所を変えて大学の方で担当教授から渡されました。

P1030897.jpg

P1030899.jpg

P1030900.jpg

午後は異人館通りの神戸北野美術館へ足を伸ばして来ました。

P1030892.jpg
旧アメリカ領事館官舎の建物です。

P1030894.jpg
入口にて

P1030895.jpg
お庭で

美術館の中の可愛いワッフルのお店ミュージアムカフェで美味しいワッフルを頂いて少し休憩をした後、夕方からは三宮で表現系の先生と学生の謝恩会がありました。

P1030893.jpg



ピアニスト谷真子公式サイト
2017_03
22
(Wed)10:14

シューマン クライスレリアーナ 作品16/Schumann Kleisleriana Op.16

「クライスレリアーナ」はシューマンが1838年に作曲した8曲から成るピアノ曲集ですがショパンに献呈されております。

作家のE.T.A.ホフマンにシューマンは大変傾倒しておりましたが、ホフマンの書いた小説に登場する「楽長クライスラー」からタイトルの「クライスレリアーナ」は取られております。

シューマンは叶わぬ恋を描いたこの小説の主人公クライスラーに自分を重ね、当時結婚に反対され苦しんでいた自分とクララとの恋愛にも重ねあわせ、創作の源泉としたようです。

シューマンはこの時期に他にも傑作を多く生み出しております。

シューマン クライスレリアーナ♫~アルゲリッチ
シューマン クライスレリアーナ♫~ホロヴィッツ
シューマン クライスレリアーナ♫~ポリーニ


ピアニスト谷真子公式サイト
2017_03
20
(Mon)08:28

ラフマニノフ パガニーニの主題による狂詩曲 イ短調 作品43/Rakhmaninov Rapsodie sur un theme de Paganini pour Piano et Orchestre a-moll Op.43

ロシア革命(1917)の中、アメリカへ亡命したラフマニノフ(1873~1943)はアメリカでピアニストとして名声を獲得し演奏家としての活動に追われておりました。

そのような中で1934年6月スイスのルツェルン湖畔に建てた別荘で作曲を開始しわずか2か月で仕上げたのがこの「パガニーニの主題による狂詩曲」です。

初演は1934年11月ラフマニノフのピアノ独奏で行われました。

「パガニーニの主題による狂詩曲」は主題と24の変奏から成り、独奏ピアノとオーケストラというピアノ協奏曲スタイルで作曲された狂詩曲ですが、パガニーニのヴァイオリン曲「24のカプリシャス」の第24番「主題と変奏」の主題を用いてラフマニノフが変奏させたものです。

パガニーニ 24のカプリシャス 第24番

構成はパガニーニの主題の断片による8小節の序奏の後、まず先に第1変奏がおかれ、その後で主題があらわれ、第2変奏へと続いていきます。

ラフマニノフ パガニーニの主題による狂詩曲♫~トリフォノフ



ピアニスト谷真子公式サイト

2017_03
19
(Sun)08:55

無料体験レッスン実施中

春の転勤・進級等の異動に伴い、春より60分枠1枠と30分枠1枠空きが出る予定です。 つきましては3枠(30分1枠)のみとなりますが、新規生徒さんをお受けする事ができます。

(当教室では30分を1枠としており、生徒さんの希望でレッスン時間を決定致しております。)→レッスン詳細はこちら

音楽のお好きなお子さん方、趣味でピアノを始めたい大人の方、音楽大学進学を志される方等、種々の要望に対応致しております。

また通常は有料の体験レッスンを4月末まで無料とさせて頂いております。 この際、現役のピアニストのレッスンを受けてみられませんか?

お問い合わせはホームページのレッスンの項目のレッスン問い合わせフォームかまたはお電話(0742-46-2302)でお願い致します。


ピアニスト谷真子公式サイト
2017_03
18
(Sat)13:35

カワイ奈良ショップ主催公開講座を聞きに行ってまいりました。

P1030887.jpg

今日、カワイ奈良ショップ主催の「青島広志の音楽の形式を知ろう」という講座を聞きにカワイ奈良店まで行ってまいりました。

以前カワイ奈良店の営業の吉村様から、4月29日の秋篠音楽堂での私のコンサートにいらして下さるとのお電話を頂き、チケットを取りに来られた時に、この講座を勧められたものです。

講座をお聴きしながら、NHKテレビの子供のための音楽番組で拝見したことのある先生だなと思いました。 青島先生の視点から音楽形式を解説されたものですが、とても軽快なトークで、ブルグミュラーやソナチネなどの楽曲についての、ロンド・ソナタ・変奏曲・フーガについての音楽形式の講座でした。

とても興味深く聴くことができました。

カワイ奈良ショップ



ピアニスト谷真子公式サイト
2017_03
17
(Fri)09:52

グリーグ 抒情小曲集/Grieg Lyriske smastykker

グリーグ(1843~1907)の抒情小曲集は1867年から1903年にかけて作曲され全66曲からなるピアノ曲集で全部で第10集まであります。

第1集 作品12
1867年に出版されました。 ニーナ・ハーゲルップと結婚した年で、翌1868年にピアノ協奏曲を作曲するなど、創作意欲の充実した時期です。 後の作品集と比較すると、音形は単純で、複雑な技巧は必要とせず、初心者の教材として良く用いられますが、すでにグリーグらしさは発揮されております。
アリエッタ
ワルツ
夜警の歌
妖精の踊り
民謡
ノルウェーの旋律
アルバムの綴り(アルバムリーフ)
祖国の歌

第2集 作品38
1883年に出版されました。 第1集から16年経っております。 ピアノ協奏曲、『ペール・ギュント』の音楽で名声を確立しておりましたが、、以降ピアノや歌曲、室内楽作品等を中心に手がけるようになっていきます。
子守り歌
民謡
メロディ
ハリング(ノルウェー舞曲)
飛びはね踊り
エレジー
ワルツ
カノン

第3集 作品43
1884年に作曲されましたが、出版は1886年です。 ヨーロッパ各地への演奏旅行の合間に書かれた曲で、全体的に春の喜びに溢れております。
ちょうちょう(蝶々)
孤独なさすらい人
故郷にて
小鳥
愛の歌
春に寄す

第4集 作品47
1888年の出版です。 「アルバムの綴り」、「ハリング」、「飛び跳ね踊り」等、他の曲集と重複する名前の曲があります。
即興的ワルツ
アルバムの綴り
メロディ
ハリング
メランコリー
飛びはね踊り
悲歌(エレジー)

第5集 作品54
1891年に出版されました。 完成度の高い作品で、最初の4曲はグリーグにより「抒情組曲」として管弦楽へ編曲されております。
羊飼いの少年
ノルウェーの農民行進曲
小人の行進
夜想曲
スケルツォ
鐘の音

第6集 作品57
1893年に出版されました。 フランスの保養地マントンで作曲され、祖国への郷愁とヨーロッパ的なスタイルが同居している作品です。
過ぎ去った日々
ガーデ(ゲーゼ)
幻影
秘密
彼女は踊る
郷愁

第7集 作品62
1895年に出版されました。 トロルドハウゲンで作曲され、体調が次第に悪化していった時期の作品です。
風の精
感謝
フランス風セレナード
小川
夢想
家路

第8集 作品65
1896年に出版されました。
青春の日々から
農民の歌
憂うつ
サロン
バラード調で
トロルドハウゲンの婚礼の日

第9集 作品68
1898年に書かれ1899年に出版されました。 2~3分の小さな曲ばかりです。
水夫の歌
おばあさんのメヌエット
あなたのそばに
山の夕べ
ゆりかごの歌
憂うつなワルツ

第10集 作品71
1901年5月に作曲されました。
パック
昔々
夏の夕べ
小妖精
森の静けさ
ハリング
過去
余韻

グリーグ 抒情小曲集から♫~ギレリス
グリーグ 抒情小曲集から♫~リヒテル


ピアニスト谷真子公式サイト
2017_03
12
(Sun)17:28

近くのけいはんな記念公園までぶらっと観梅に行ってまいりました。

近くのけいはんな記念公園までぶらっと観梅に行ってまいりました。

P1030873.jpg

けいはんな記念公園は京都に学研都市が出来る時に記念に造られた公園ですが、広い敷地に桜や梅の木や竹林があり、せせらぎの聞こえる小川も流れております。

P1030874.jpg

6

桜はまだ開花していませんでしたが、梅は満開で美しく咲き誇っており、思わずシャッターを切りました。

3

4

5

日曜日ですので大勢の親子連れの方がボール投げやなわとびをして遊んでいましたが、桜の季節にまたお弁当を持って行ってみようと思います。


ピアニスト谷真子公式サイト
2017_03
11
(Sat)14:19

自治会の親睦会で楽しんでまいりました。

自治会の集会所で親睦会がありました。

P1030861.jpg

 全員での「春の歌」の合唱で伴奏を頼まれましたので7曲春の歌の童謡を伴奏致しました。 ご近所の方がお持ちの楽器を集会所まで運んでくださったようです。 また「エリーゼのために」も独奏致しました。

P1030866.jpg

P1030868.jpg

クラシック音楽に携わっていると音楽を楽しむと言う事をとかく忘れがちになりますが、時には何も考えず音を楽しむのも楽しいひと時の癒される時間となります。

自治会のお世話役の方々にも大変喜んで頂き美味しそうな御菓子とお野菜を頂きました。

P1030869.jpg
無農薬のお野菜だそうです。どうもありがとうございます。

P1030870.jpg

またビンゴゲームをして景品も頂きました。

P1030871.jpg

最後に皆さんに来る4月29日の秋篠音楽堂での演奏会のチラシをお渡しさせて頂きました。


ピアニスト谷真子公式サイト
2017_03
10
(Fri)12:27

リストのオペラ 180年ぶりに再現 

フランスのAFP通信の記事に興味深い記事が載っておりました。

英ケンブリッジ大学のデービッド・トリペット氏が2年前リストが長年過ごしたドイツのワイマールのアーカイブからリストのオペラ作品の楽譜を発見したそうです。

平和を愛する一方で快楽主義だったアッシリア王の滅亡を描いたイギリスの詩人バイロンの戯曲「サルダラパラス」を基にした作品でイタリア語で書かれているそうです。

トリペット氏は6月にウェールズで開催されるオペラコンクールでこのオペラを上演する計画だそうです。

上演されるリストのオペラはワーグナーの音楽に似ているそうですが、ワグネリアン(ワーグナーの音楽に傾倒した人たち)であるリストはピアノ曲にも息の長い旋律など、ワーグナーに似ている部分が多いような気がします。

記事はこちら



ピアニスト谷真子公式サイト

2017_03
08
(Wed)17:54

神戸大学大学院博士課程前期課程修了が確定致しました。

今日神戸大学大学院人間発達環境学研究科の修了生が正式発表になりましたので大学院事務局まで確認に行ってまいりました。

P1030848.jpg

私は人間発達環境学研究科人間発達専攻(表現系)ですが、無事博士課程前期課程を修了する事ができました。

後は24日の学位授与式を待つばかりです。

P1030850.jpg

今後は大学院で学んだ事を演奏活動や生徒さんの指導に生かしてまいりたいと思います。


ピアニスト谷真子公式サイト
2017_03
06
(Mon)20:45

京都まで自分のレッスンを受けに行ってまいりました。

今日はお昼から京都の阿部裕之先生のご自宅へ自分のレッスンを受けに行ってまいりました。
ラヴェルの鏡を中心にレッスンして頂きました。

道化師の朝の歌では、スペインのフラメンコの雰囲気を出すのが難しく、自分の中で一定のテンポを保つことも難しく、そのような事を中心としたレッスンでした。

洋上の小舟は主にペダルについてアドヴァイスを頂きました。 波の雰囲気を描写している曲ですが、それが故に何を弾いているのかはっきりと分かりにくい曲でもあります。

ラヴェルの楽譜を読むことはとても好きなのですが、印象派に近い作曲家ですので、表情を出すのが難しい作曲家だなと思います。

夜は一人生徒さんのレッスンが入っているので、京都からの帰りにコーヒーで一服しました。

20170306161721.jpg

レッスンの行きがけに先生のご自宅の近くで神戸大学大学院の音楽科教育法の授業でお世話になった垣内幸夫先生の息子さんのコンサートのチラシが貼ってあるのを見かけました。

垣内先生には授業の後、授業を受けた学生さん達とお食事をご馳走になりお世話になりました。 以前一度私も息子さんの垣内悠希さん(指揮者)の演奏会にご案内頂き京都コンサートホールまで聴きに行かせて頂いた事があります。

息子さんはブザンソン指揮者コンクールで1位になられた新進気鋭の若手指揮者の方ですが、お見かけしたチラシのコンサートはこちらです。



ピアニスト谷真子公式サイト

2017_03
05
(Sun)11:34

チャイコフスキー ロマンス ヘ短調 作品5/Tchaikovsky Romance f-moll Op.5

チャイコフスキーのピアノ曲はあまり知られていませんが、その作品の数は非常に多く、現在残されているものだけでも百曲にも及びます。 

作曲家として、また音楽院の教官として活動をはじめた1867年から1872年にかけて、チャイコフスキーは多くのピアノの小品を次々に作曲しており、その中の一曲が《ロマンス ヘ短調》作品5です。 1868年に作曲され、チャイコフスキーが想いをよせていたメゾ・ソプラノ歌手デジレー・アルトーに献呈されました。

1868年チャイコフスキー28歳の作品で、当時モスクワを訪れていたイタリア歌劇団の一員ベルギー出身のメゾ・ソプラノ歌手デジレ・アルトーに捧げられたものです。 デジレ・アルトーは、チャイコフスキーが結婚を考えるまでに至った相手ですが、アルトーは後ワルシャワでスペイン人のバリトン歌手と結婚してしまいます。

チャイコフスキーは、この事実を知りますが、以後アルトーとは友人の関係を保ち彼女の為に歌曲を作曲することもあったようです。

チャイコフスキー ロマンス♫~リヒテル
チャイコフスキー ロマンス♫~プレトニョフ



ピアニスト谷真子公式サイト

2017_03
03
(Fri)10:20

チョ・ソンジン アンコール公演(東京)

img164.jpg

2015年のショパン国際コンクールの優勝者のチョ・ソンジンの演奏会が1月日本各地で開催されましたが、その圧倒的な音楽性と美しいタッチの評判から、アンコール公演が5月17日東京藝術劇場で開催されるようです。

東京まで足を運んでも是非聴きたい演奏会だと思います。

5月公演はコンチェルトで日本各地を廻り、ソロ公演は東京芸術劇場だけのようです。

ソロ公演の曲目はドビュッシー 子供の領分、ベルガマスク組曲、喜びの島 ショパン バラード全曲です。



ピアニスト谷真子公式サイト

2017_03
03
(Fri)09:32

ラフマニノフ ヴォカリーズ 嬰ハ短調/Rakhmaninov Vocalise Op.34-14

ラフマニノフの歌曲「ヴォカリーズ」は1912年6月に作曲され1913年に出版されたソプラノまたはテノールのための歌曲です。

ラフマニノフ ヴォカリーズ♫~ソプラノ(キリ・テ・カナワ)

最初の草稿ではピアノ伴奏でしたが、1916年1月初演時には管弦楽版で初演されております。

献呈は初演者のソプラノ歌手アントニーナ・ネジタノーヴァに献呈されております。

母音「アー」でため息のような旋律が歌われ、淡々と和音と対旋律をピアノが奏でます。

ロシア語の制約を受けないためラフマニノフの歌曲の中では最も有名な歌曲となっており、様々な編曲の器楽曲としても良く演奏されます。

ピアノ独奏版の編曲としては有名なのがアラン・リチャードソン版、コチシュ・ゾルターン版、アール・ワイルド版の3つあります。

ラフマニノフ ヴォカリーズ♫~ピアノ独奏(エフゲニー・キーシン)

ラフマニノフ ヴォカリーズ♫~チェロ(宮田大)
ラフマニノフ ヴォカリーズ♫~ヴァイオリン(パールマン)



ピアニスト谷真子公式サイト
2017_03
01
(Wed)10:18

ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第18番 変ホ長調 作品31-3/Beethoven Sonate fur Klavier Nr.18 Es-Dur Op,31-3

ベートーヴェンのピアノソナタ第18番作品31-3は1802年にベートーヴェンが完成したピアノソナタですが、第4楽章の主題が狩猟用の角笛を思い起こさせる事から「狩り」という愛称でも親しまれております。

1801年に着手され16番、17番と並行して作曲され1802年の初めにはほぼ完成に至ったと思われます。

作品31の3曲中、唯一4楽章制を採っていますが、第2楽章にスケルツォ。第3楽章にメヌエットという風変わりな構成となっており、初期ピアノソナタの平明さからは著しく発展しており、中期に相応しい充実した内容となっております。

ウィルヘルム・バックハウスが1969年のリサイタルでこのピアノソナタの第3楽章を演奏中に心臓発作を起こしそれが彼の最後の演奏会となりました。

P1030835.jpg

第1楽章
1

第2楽章
2

第3楽章
3

第4楽章
4

ベートーヴェン ピアノソナタ第18番♫~バレンボイム
ベートーヴェン ピアノソナタ第18番♫~アシュケナージ



ピアニスト谷真子公式サイト