2017_06
30
(Fri)10:03

お子様のピアノ・コンクールへの参加について

当ピアノ教室では「三木楽器フレッシュピアノコンサート」というピアノ・コンクールへは全員の参加を認めておりますが、それ以外のピアノ・コンクールへのお子様の参加は先生がお子様の実力を認めた時点でコンクールに参加して頂くというようにしております。

実力がまだついていない状態で先生が生徒さんを無理矢理特訓し、コンクール入賞という栄誉をお子様にあげてしまうと、励みになるというよりお子様をスポイルする事が多いからです。 

三木楽器のフレッシュコンサートはコンクールの設立趣旨が、ピアノを習うお子さんにレヴェルに応じた目標とご褒美をという趣旨ですので、生徒さんの励みになるかと思い、全員の参加を認めております。

また努力の著しい生徒さんや素晴らしい才能を示される生徒さんの場合は、親御さんが全くの素人の方でも、ピアニストへの道が開かれるよう、こちらで誘導してまいります。

千里の道も一歩からです。 努力すれば世界に羽ばたくピアニストも夢ではありません。

お子様のコンクール指導実績
日本クラシック音楽コンクール全国大会第5位
日本クラシック音楽コンクール全国大会入選
ベーテン音楽コンクール全国大会第2位
ピティナ・ピアノ・コンぺティション優秀賞多数
グレンツェンピアノコンクール全国大会入賞
グレンツェンピアノコンクール優秀賞、準優秀賞多数
三木楽器フレッシュ・ピアノ・コンサート入賞多数
グレンツェンピアノコンクール指導者賞 
 

ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2017_06
25
(Sun)11:00

メシアン 8つの前奏曲/Messiaen Preludes

メシアンはフランスの現代音楽の作曲家ですが、同時に神学者・鳥類学者・共感覚の持ち主としても有名です。

1919年11歳でパリの国立高等音楽院に入学し、多くのプルミエプリ取得後、1930年卒業します。

1931年、22歳でパリのサントトリニテ教会のオルガ二ストに就任し、最後までその職を務めあげます。

1942年、母校の教授となりますが、弟子にはブレーズ、シュトックハウゼン、クセナキスなど多くの弟子を育て上げています。

8つの前奏曲は1929年作曲されたメシアンの最初の重要なピアノ曲ですが、各曲に付けられた詩的なタイトルはドビュッシーの前奏曲集をイメージさせられる所もあります。 しかしドビュッシーとは一線を画した音楽観を呈しており、メシアンの独立した世界を表現しております。

1 鳩 / "La colombe" 
2 悲しい風景のなかの恍惚の歌 / "Chant d'extase dans un paysage triste" 
3 軽快な数 / "Le nombre léger" 
4 過ぎ去った時 / "Instants défunts" 
5 夢のなかのかすかな音 / "Les sons impalpables du rêve" 
6 苦悩の鐘と告別の涙 / "Cloches d'angoissse et larmes d'adeu" 
7 静かな嘆き / "Plainte calme" 
8 風のなかの反映 / "Un reflet dans le vent" 

メシアン 8つの前奏曲より 鳩


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2017_06
22
(Thu)11:22

ベルギーのチェリストのニコラ・デルタイユ(Nicolas Deletaille)さんが来日されます。

これまでに何度か共演した事のあるベルギーのチェリストのニコラ・デルタイユさんが7月来日されます。

今回もサロンクラシック芦屋等で様々な日本の演奏家の方達と共演されます。

今回は私は都合により共演できないのですが、7/29(土)のニコラさんのコンサートにはお伺いする予定にしております。

ニコラさんはまだ30代の若手チェリストの方ですが、その音楽性は大変素晴らしく、私はいつも共演させて頂いて多くの事をニコラさんから学ばせて頂いております。

アルペッジョーネというチェロの原型の古楽器にも熟達されており、ウィーンの巨匠のパウル・バドーラ・スコダとの共演のCDも出されています。

心の琴線に触れるニコラさんの優しい音楽を是非一度聴いてみられませんか?

お問い合わせ先はサロン・クラシック芦屋まで


フォーレ 夢のあとに、シチリア―ノ、エレジー

ニコラ・デルタイユさんホームページ


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2017_06
19
(Mon)17:39

12月に豊中で演奏会に出演致します。

12/10(日)に豊中芸術文化センター大ホールで、The Music Center Japan(サロン・クラシック芦屋)の設立30周年を記念してのコンサートが開かれます。

オーナーの中西淳子さんと長く親交のおありになるヴァイオリニストの漆原啓子さんをゲストにお迎えし、大勢の演奏家が集まってのコンサートです。

つきましては中西さんにお声かけを頂き、私も出演させて頂くことになりました。

詳細はまだ何も決まっておりませんが、10分程度のソロ曲を弾く事になると思います。

詳細が決まりましたら、またご案内させて頂きますので、是非大勢のご来場をお待ち申し上げております。

The Music Center Japan ホームページ


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2017_06
18
(Sun)11:30

学会で上京してまいりました。

P1040008.jpg

学会で上京してまいりました。

学会で発表するにあたっては、今までの研究をさらに発展させて、新しい切り口から新たな論点を見つけなくてはいけませんので、研究を進めておりましたが、本日の学会では納得いく発表ができたのではないかと思っております。

今までの研究では第1楽章を研究対象としておりましたが、今回は新しく第2楽章を研究対象とし、テーマは「シューマンの幻想曲Op.17の第2楽章の演奏解釈~ホロヴィッツとアラウとキーシンの音源比較によるテンポの違いを通して~」と致しました。 第2楽章は作曲的にも第1楽章とは全く違った展開を見せており、演奏解釈の研究発表も新たな展開を示すことが出来たのではないかと思います。 

また私の見解とは異なるピアニストのCDを会場でかけてその違いを明確にさせ、自分で演奏しながらなぜ私がそのように演奏するのかをテンポを論点の中心として論じてまいりました。

今後も第3楽章へ、また他の論点から、そして他の曲へと研究を進め、シューマンについてさらに深めてまいりたいと思います。

会場が母校の東京音楽大学でしたので、大変懐かしく、学生時代の思い出の場所や改装されたA館を廻ってきました。

DSC_0065.jpg

DSC_0062.jpg

また神戸大学大学院でお世話になった坂東肇先生も聴きに来て下さり、大変嬉しく思いました。

学生時代の友人とも久しぶりに会う事ができ積もる話をして一時リラックスができたように思います。

P1040006.jpg

第15回日本音楽表現学会クロッシング大会の模様(日本音楽表現学会のHPより)


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2017_06
16
(Fri)10:09

サン=サーンス 6つのエチュード Op.111/Saint-Saens Six etudes Op.111

サン=サーンス(1835~1921)はフランスの作曲家ですが、優れたオルガ二ストでもありました。

1848年に13歳でパリ音楽院に入学し作曲とオルガンを学び、1857年にはパリのマドレーヌ教会のオルガ二ストに就任します。

練習曲は全部で18曲書いており、「6つの練習曲作品52」「6つの練習曲作品111」「6つの左手のための練習曲集作品135」の3つの曲集にまとめられました。

6つの練習曲作品111は第1曲は1892年に作曲され残りは1899年にスペイン領のラス・パルマスで作曲されそれぞれが別々のピアニストに献呈されています。

ラス・パルマスを初めて訪れたのは母を亡くした翌年の1889年ですが、その後7度も訪れており、第4曲の「ラス・パルマスの鐘」は南国の青空の下の鐘の音がまるで絵のように描かれております。

1 長3度と短3度 / "Tierces majeures et mineures"
2 半音階奏法  / "Traits chromatiques"  
3 前奏曲とフーガ / "Prélude et Fugue"  
4 ラ・パルマの鐘 / "Les cloches de Las Palmas"  
5 半音階的長3度 / "Tierces majeures chromatiques"  
6 第5協奏曲のフィナーレによるトッカータ / "Toccata d'àpres le final du cinquième concerto"



サン=サーンス 6つのエチュード 作品111-4


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2017_06
14
(Wed)12:30

パソコンハウス

学会の研究発表で使用する音源を1枚のCDにトラッキング編集をしなくてはいけないのですが、その編集の仕方が良く分からないのでパソコンハウスの方に指導しに来て頂きました。

パソコンハウスの方にはピアニスト谷真子ホームペーの作成の際、大変お世話になりましたが、その後もyoutubeのアップなどでいつもお世話になっております。

私はパソコンの事については全くの素人ですので、良く頓珍漢な質問をしますが、パソコンハウスの下村様はいつも丁寧に教えて下さり大変助かっております。

学園前の大和町という所でパソコン教室も経営なさっていらっしゃいます。

パソコンハウスホームページ


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2017_06
12
(Mon)10:47

京都まで自分のレッスンを受けに行ってまいりました。

京都の阿部裕之先生のご自宅へ自分のレッスンを受けに行ってまいりました。

見て頂いた曲はベートーヴェンのピアノソナタ第31番とグリンカ=バラキレフのひばりです。

ベートーヴェンのピアノソナタ第31番の3楽章は阿部裕之先生の師匠のクラウス・シルデ先生によると「弔い」の楽章だそうです。
タイの弾き方などを教わりました。 じっくりお勉強したいと思います。

ひばりはアンコールピースとしても良く弾かれる名曲ですが、テクニック的には小学生でも弾ける曲ですので、次回は別の曲を持って行こうと考えております。

今は他にはラヴェルのクープランの墓、ベートーヴェンのチェロソナタ3番、ブラームスのチェロソナタ1番などを読譜しておりますが、ラヴェルのピアノコンチェルトなども弾いてみたいと思っております。


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2017_06
10
(Sat)09:52

学会の研究発表の準備に追われております。(2)

いよいよ学会も来週に迫ってまいりました。

学会で発表するにあたっては、今までの研究をさらに発展させて、新しい切り口から新たな論点を見つけなくてはいけませんので、今その最後の仕上げに追われております。

今までの研究では第1楽章を研究対象としておりましたが、今回は新しく第2楽章を研究対象としております。また私の見解とは異なるピアニストのCDを会場でかけてその違いを明確にさせ、自分で演奏しながらなぜ私がそのように演奏するのかをテンポを論点の中心として論じてまいりたいと思っております。

ピアノ演奏と同じで論文も日時が経つと、新たな発見があるものです。 

第2楽章に進み音楽も佳境に入ってまいりますが、発表も新たな発展・展開を見せたいと思います。


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2017_06
08
(Thu)07:24

バレトン

練習からくる筋肉疲労のケアのために私は近くのスポーツクラブへ通っておりますが、プログラムの一つにバレトンという珍しいプログラムがあります。

バレトンはニューヨークで生まれたエクササイズですが、ヨガとバレエとフィットネスを組み合わせたエクササイズです。

ヨガよりも運動量は激しく終了後は心地よい疲労感があります。

ピアノ演奏は一見すると優雅で美しく見えますが、実はかなり激しい運動でもあり、背中の筋肉、肩の筋肉、腕の筋肉を酷使致します。

スポーツ選手の場合はコーチが付いていますので必ずアップをし、練習終了後もメインテナンスをしますが、ピアニストは(指の準備運動はしますが、)あまり激しく準備運動を行うと練習に疲労が残りますので行いません。 練習の後も整理体操のようなものをすると良いとは思いますが、練習で脳と心の疲労が激しくボーとしている事が多く、散歩に出かける程度です。

筋肉の疲労がたまると、肩があがらなくなったり、腕や腰に激痛がおきたり致します。 ですからそうなる前にスポーツクラブで心身の調整を致します。

教えると言う仕事もずっと同じ姿勢で細かい楽譜に集中いたしますので、筋肉が固まるのかもしれません。

スポーツクラブは今の私には必需品となっております。


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2017_06
06
(Tue)10:37

学会の研究発表の準備に追われております。(1)

6月中旬、東京の池袋の母校東京音楽大学で行われる日本音楽表現学会での研究発表のため上京致しますが、今その準備に追われております。

発表は30分の持ち時間ですが、ピアノ演奏を交えながらシューマンについてお話を致します。 今はタイマーで時間を計測しながら、本番さながらにシミュレーションを行い、原稿を添削しております。

時間に制限がありますのでスピーチの原稿の枚数はA4で2枚位にまとめなくてはいけません。 ピアノ演奏やCDをかける時間が20分、スピーチが10分くらいの時間配分に調整しております。

今までの研究をさらに発展させた新たな発見からの論点を研究しており、演奏に結びつけた発表をと思っております。

昨日、近くの近畿日本ツーリストへ往復の新幹線のチケットを受け取りに行ってきました。

以前でしたら、上京した際は、新しいCDや楽譜の情報を発見するために、銀座のヤマハで時間を過ごし、重い楽譜を持ち帰ったものですが、今はインターネットがありますのでその必要はありませんが、土地を変わる事は感性への刺激となりますので、久しぶりの母校東京音楽大学の界隈の池袋、目白を散策して来ようと思っております。


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2017_06
05
(Mon)10:21

シベリウス 10の小品 作品24-9 ロマンス/Sibelius 10 Pieces Op.24-9

シベリウス(1865~1957)はフィンランドの作曲家ですが、青年期はバイオリニストを目指しており、後に作曲に専念致しました。

1885年よりヘルシンキ音楽院で作曲などを学び始め、1889年にベルリンへ留学しその後ウイーン音楽院でも勉強しております。

青年期はウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のオーディションを受ける程、シベリウスはバイオリ二ストを志望しており、1903年には有名な唯一のヴァイオリン協奏曲を完成させております。

1892年アイノ・ヤルネフェルトと結婚し、10の小品は1894年から1903年にかけて単独に書かれた曲から10曲を選んで一つの作品番号を付けた曲集ですが、第9曲のロマンスは1901年に作曲されました。

10の小品は初期のシベリウスのピアノ作品の集大成といえると思いますが、シベリウスは後年は作風も内省的で簡潔なものになってまいります。 10の小品は初期のエネルギッシュさが作風に表れており、小品と名付けられているものの感情表現が豊かで特にOp.24-9は良く弾かれる1曲です。

1 即興曲 op.24-1 "Impromptu"(1894)  g-moll
2 ロマンス op.24-2 "Romance"(1894)  A-Dur
3 カプリス op.24-3 "Caprice"(1895)  e-moll
4 ロマンス op.24-4 "Romance"(1895)  d-moll
5 ワルツ  op.24-5 "Valse"(1895)  E-Dur
6 牧歌  op.24-6 "Idylle"(1898)  F-Dur
7 アンダンティーノ  op.24-7 "Andantino"(1898)  F-Dur
8 夜想曲  op.24-8 "Nocturne"(1900)  e-moll
9 ロマンス op.24-9 "Romance"(1903)  Des-Dur
10 舟歌  op.24-10 "Barcarola"(1903)  B-Dur


シューラ・チェルカスキー 10の小品 Op.24-9


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2017_06
03
(Sat)07:32

専門に音楽をお勉強する上での悩み

ホームページを見られた方からピアノレッスンについてお電話でご相談を受けました。 お母様からのご相談ですが、私で良ければとお話をさせて頂きました。

先生と生徒は教える側と教わる側というように立場が違いますので、コミュニケーションを取るのは大変難しい事です。 お互いの良かれと思う言葉がお互いを傷つけ合ったり、距離を遠ざけたりします。

ピアノの先生というお仕事をしている人は、大なり小なり小さい時からピアノを中心に生活をしてきていますので、音楽が生活の中心ですし音楽が人生そのものの先生も多くいます。

しかし生徒さんはまだお勉強の途中ですので、先生とは生活の中での音楽の占める割合は大きく異なります。

趣味で習われる方の場合は、先生の方もそのつもりで接しますが、専門に進まれた方の場合は先生は自分と同じ道を進む後輩として接します。 ですから要求も厳しくなりますし、生徒さんからすると先生は大きな壁に感じるかもしれません。

特に音楽の世界は師弟関係の世界ですので、現代の感覚からするといささか古めかしい所が残っております。 慣れておられないお母様にはとまどいも多くあるのではないかと思います。 先生の言葉をあまり神経質に考えずおおらかに頑張っていってほしいものだと思います。

どの道でも環境が変わると慣れるのにいろんな障害があります。 時の経過が解決してくれる事も多く、振り返ると辛かった事も楽しい思い出になる事が良くあります。 

ピアノを習いたくても習えない人やお勉強を続けたくても続けられない人も多くいます。 クラシック音楽に触れられる事に感謝してたくましく頑張っていって欲しいものだと思います。

ワンポイントレッスンなどもしておりますので、私でお役にたてる事があればお役にたちたいと思います。


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2017_06
01
(Thu)11:21

楽譜の大切さ

専門にお勉強するようになると、使用する楽譜の版などで先生からご指示を頂くことが多くなると思います。

ヘンレ版、ペータース版、ウイーン原典版、等々それぞれのお国で様々な出版社がありますが、専門にお勉強される場合は、輸入版の楽譜を使う事が多く、また1曲に付き何冊もの楽譜を購入する事もあります。

楽譜は演奏家にとっては聖書と同じで、大変神聖で大切なものです。 楽譜はただの印刷物ではなく、その中に作曲家の魂が凝縮されており、演奏家はそれを再現するのが使命です。

使用する楽譜によって演奏も変わってまいりますし、受験やコンクールでは指定される楽譜と違う楽譜を使用して演奏すると、結果に影響してまいります。

ところで先生が楽譜にこだわるのはノーマルな事ですが、生徒さんの方が先生と同じ意識を持っているとは限りません。

音楽の専門に進むと言っても選択肢は多岐にわたります。 将来世界的なピアニストを夢見られる生徒さんから、近所の子供たちにピアノを教える先生になりたいと願う人や、学校の教師になりたいと願う人など、将来への展望は各自異なるのではないかと思います。

本来は、芸術のお勉強をする場合は、経済的な事にこだわらず、最高の道具、材料、テキストなど用意できれば理想ですが、各ご家庭の事情によってそれがかなわない場合もあるかと思います。

どうしても不可能な場合は、先生にその旨を説明する義務が生徒さんにはあると思いますが、せっかく専門への道を進まれるのであれば、他の贅沢を削ってでも楽譜には贅沢をしたいものだと思います。

楽譜を拡げて眺めていると、その向こうには時空を超えた世界が広がり、タイムマシーンに乗って旅行しているような喜びがあります。 せっかく専門に進まれた生徒さんには是非その喜びを知って欲しいものだと思います。


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ