2017_12
30
(Sat)14:09

フャルカシュ・ガーボルピアノリサイタルのお知らせ

1514609228261.jpg

東京音楽大学客員教授のフャルカシュ・ガーボル先生のピアノリサイタルのお知らせを致します。

奥様が日本人のため大変な親日家でいらっしゃるそうで、関西方面での開催ということもあり大学の校友会より校友会関西支部の事務局の矢野さんへ広い告知を頼まれましたそうで、私にも矢野さんから宣伝を頼まれました。

2018年3月23日(金)、午後7時より京都のバロックザールに於いて開催されますが、リスト音楽院卒業のピアニストで、ワイマールでのフランツ・リストピアノコンクールで優勝された経歴をお持ちのピアニストの方です。

青山バロックザールホームページ

プログラムにはリストの名曲が多く並んでいるようです。

お近くの方は是非足を運んでみられて下さい。


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2017_12
28
(Thu)19:05

ヴァイオリニスト松川暉さんの演奏会のお知らせ

昨年のモーツアルトピアノ四重奏曲第1番のコンサートで共演したヴァイオリニストの松川暉さんが来年1/24(水)、午後6時半より大阪のシンフォニーホールでコンサートを開かれます。

プログラムはプロコフィエフのヴァイオリン協奏曲第2番で、オーケストラは日本センチュリー交響楽団です。

松川さんは来年からミラノのミラノスカラ座管弦楽団アカデミーへ入団されますが、一時帰国されてコンサートへ臨まれるようです。

ギルドホール音楽院卒業の新進気鋭のヴァイオリニストの演奏をぜひ聴かれてみてください。

松川暉さんホームページ→https://hikarumatsukawaviolin.com/


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2017_12
25
(Mon)14:20

ベートーヴェン チェロ・ソナタ第3番 イ長調 作品69

2018年2月4日(日)、午後7時から豊中市立文化芸術センターでベルギーのチェリストのニコラ・デルタイユ氏とベートーヴェンのチェロ・ソナタ第3番を演奏致しますので、今日はベートーヴェンのチェロ・ソナタ第3番について書いてみようと思います。

2012年5月31日に阿部裕之先生と上村昇さんが大阪倶楽部で第3番を弾かれましたが、ベートーヴェンの雄渾さに満ちた素晴らしい演奏でした。 第3番はベートーヴェン中期の作品ですがピアノとチェロが対等に渡り合いチェロの魅力が発揮されている構想の大きな作品です。 大阪倶楽部での演奏はお二人の演奏家としての魅力が十分に発揮された印象に残る演奏会でした。

さてベートーヴェンのチェロ・ソナタは全部で5曲あります。

P1030840.jpg

P1030841.jpg

ベートーヴェンはピアノとは異なりチェロには格別の演奏技術はなくデュポール兄弟などとの親交が動機となりチェロ・ソナタを作曲したと見られますが、チェロ・ソナタ5曲はチェロの新約聖書とされチェロ奏者には大切なレパートリとなっております。 ニコラ・デルタイユ氏もCDを出しておられます。

P1030843.jpg

P1030844.jpg

初期に作品が集中したヴァイオリン・ソナタと比べチェロ・ソナタには初期・中期・後期を代表するような傑作を残しており、弦楽四重奏曲に次ぐ成功を収めたと評価されチェロソナタ5曲は室内楽作品上、重要な作品です。

5曲のチェロ・ソナタのうち最も広く知られているのが中期の「傑作の森」を代表する室内楽の3番です。 これはそれ以前のチェロとピアノのためのソナタが実質「チェロ伴奏付のピアノ・ソナタ」であったのに対して、この3番は歴史的に初めてチェロとピアノが対等な役割を与えられたといえます。

P1030842.jpg

第3番Op.69は1808年に作曲されたベートーヴェン中期の作品ですが、同時期に作曲された作品に第5交響曲「運命」や第5ピアノ協奏曲「皇帝」、「エグモント」序曲などがあります。 ベートーヴェンが聴覚の異常を自覚し出したのは1801年頃です。 「ハイリゲンシュタットの遺書」という手紙を弟たちに書いて苦しんだ時期もありますが、1808年と言えばその苦しみを乗り越えた後ですので、その中から生まれた第3番は第1番や第2番に比べるとチェロとピアノの掛け合いも自由でベートーヴェンらしい旋律にあふれた情熱的なスケールの大きい作品です。 また第3番はベートーヴェンが愛したウイーン郊外のハイリゲンシュタット村で完成した曲です。

ベートーヴェン チェロ・ソナタ第3番♬~リヒテル(ピアノ)、ロストロポーヴィツチ(チェロ)
べートーヴェン チェロ・ソナタ第3番♫~アックス(ピアノ)、ヨーヨーマ(チェロ)
べートーヴェン チェロ・ソナタ第3番♫~グルダ(ピアノ)、フルニエ(チェロ)
ベートーヴェン チェロ・ソナタ第3番♫~インマぜール(フォルテピアノ)、ビルスマ(チェロ)

また演奏会のチラシができましたらホームページとブログでご案内させて頂きます。



ピアニスト谷真子公式サイト
2017_12
24
(Sun)16:36

宮崎の中学生の方からクリスマスプレゼントを頂きました。

12月は久しぶりに、大阪の八尾市文化会館プリズムホールへ垣内悠希さん指揮・大阪フィルハーモニー交響楽団の素晴らしいオーケストラのコンサートを聴きにいったり、10日には豊中市立文化芸術センターでソロを弾いたり、17日には私のピアノ教室のある地元・奈良市学園前のアートサロン空で生徒さんによるstudent concert’17やミニ・コンサートで弾いたりと、慌ただしい一カ月でした。

先日、11月19日に九州・宮崎で開催された宮日音楽コンクールの本選に出場された中学生の方から、贈り物を頂きました。

宮日音楽コンクールには私が師事する阿部裕之先生が審査員で行かれていますが、この中学生の方は本選でラヴェルを弾かれたそうです。

秋ごろ、私のホームページを見て阿部裕之先生のラヴェルのCDを聴きたいので、入手したいと、お電話を頂きました。 喜んで、大阪フェ二ックスホールでの阿部先生のラヴェル全曲リサイタルの演奏会後、CDを求め、先生から直筆のサインを頂き、先生にもその旨お伝えし、宮崎へお送り致しました。

先日、CDを聴いてとてもお勉強になりました、また阿部先生のコンサートを聴きたいですというお手紙と、ツリーとトナカイの付いた可愛いクリップを御礼に送って下さいました。

阿部先生は宮日音楽コンクールの特別演奏会でラヴェルを弾かれたそうです。 12月初旬のレッスンで、受賞者の演奏の後、地元の偉い方達がたくさん来られている中で、ラヴェルの水の戯れや亡き王女のためのパヴァ―ヌ、古風なメヌエット、鏡などを弾かれたとおっしゃっておられました。

CDをお送りした中学生のお母様から、阿部先生の特別演奏を聴かれて感動しましたとお電話を頂きましたが、素敵な演奏だったのではと思います

いつもはコンサート後は休憩のためにリフレッシュに近場に出かけますが、この時期風邪が流行っておりますので、今回は控えています。

次のコンサートのベートーヴェンのチェロ・ソナタ第3番の練習に取り掛かっていますが、楽譜がペラペラしますので、ちょうど、頂いたクリップで楽譜を止めて、練習しています。

DSC_0096.jpg

a_blt020.gif次回のコンサートのご案内

2018年2月4日(日)

【時間】19時開演
【会場】豊中市立文化芸術センター小ホール
【曲目】ベートーヴェンチェロ・ソナタ第3番
【出演】Nicolas Deletaille ,cello
谷真子Masako Tani,piano

nt007.gif【チケット購入】 谷真子ピアノ・スタジオTEL 0742-46-2302
salon classic TEL0797-55-0730
谷真子コンサートチケットお求めフォームより、必要事項をご入力頂き、お席のご予約(チケットは当日受付にて取り置きとなります)を頂けます。

【主催】The Music Center Japan TEL0797-55-0730
emeil info@tmcj.jp HP http://www.tmcj.jp

facebook谷真子Pianist 公式サイトでのコンサートの御案内4321014.gif


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2017_12
23
(Sat)09:57

ミラノスカラ座アカデミー

昨年モーツアルトピアノ四重奏曲で共演したヴァイオリニストの松川暉さんがミラノ・スカラ座管弦楽団アカデミーのオーディションに合格され、イタリアへ2年間行かれる事になりました。

松川暉さんは全日本学生音楽コンクール全国大会第1位という輝かしい経歴をお持ちの方ですが、東京芸術大学入学後、イギリスのギルドホール音楽院へ留学され、この度帰国されたばかりの若手の演奏家の方です。

ミラノ・スカラ座アカデミーはミラノ・スカラ座管弦楽団の研修組織ですが、オーディションで集まったソリストやオーケストラのメンバーや舞台装置を製作するスタッフ達のフレッシュな若者たちがオペラを制作し公演する団体です。

東京音楽大学在学中に、東京・渋谷にあるNHKホールへ、イタリアのミラノスカラ座が来日した時に、ヴェルディのオペラ『オテッロ』を聴きにいったことがあります。 中・高で師事した先生が、長くイタリアに住まれ、イタリアと日本の往復生活をされていたこともあり、また、大学在学中に、声楽科の学生のオペラの伴奏をよく頼まれたりしていたので、イタリアのオペラに関心があり、学業の合間にチケットを取って聴きに行きました。

また、ウィーンフィルハーモニー管弦楽団の指揮者であったリッカルド・ム―ティーの演奏も聴きにいきたくて、チケットを求めていったのですが、大変感動しました。 当日会場に行ってみると、会場には皇太子ご夫妻がご臨席されており、会場は厳重な警備でした。

P1040368.jpg
P1040369.jpg

オペラの殿堂ミラノスカラ座で研鑽を積まれて松川さんの素晴らしい才能が益々華開いていかれるよう応援しております。

モーツアルトピアノ四重奏曲第1番♪~秋篠音楽堂にて(ヴァイオリン 松川暉、ピアノ 谷真子、チェロ ニコラ・デルタイユ、ビオラ サンダー・ガーツ)


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2017_12
18
(Mon)17:58

1月のチョ・ソンジン ピアノ・リサイタルのチケットを購入して楽しみにしております。

img188.jpg

2018年1月21日(日)、大阪シンフォニーホールでチョ・ソンジンピアノ・リサイタルが開催されます。

演奏曲目はベートーヴェン ピアノ・ソナタ8番・30番、ドビュッシー 映像第1集、ショパン ピアノ・ソナタ3番です。

チョ・ソンジンはショパンコンクールで優勝し、世界中で一躍脚光を浴びている若手のピアニストですが、16歳で浜松国際ピアノコンクールでも優勝している事から日本でも人気が非常に高く、来日の度に会場は満席となっているようです。

先日NHK Eテレでもベートーヴェンピアノ協奏曲第3番の演奏模様を放映していましたが、その素晴らしい技巧と豊かな音楽性はあふれる才能を感じさせる素晴らしいものでした。

私もすでにチケットを入手し、当日を楽しみにしております。

一年前も聴きに行きましたが、シューベルトのピアノ・ソナタ第19番のフレッシュな演奏に感銘を受けて戻ってまいりました。

シンフォニーホール チョ・ソンジンリサイタル ホームページ


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2017_12
17
(Sun)17:18

発表会が終了致しました。

発表会が終了致しました。

近鉄学園前駅のアートサロン空で行いましたが、50席用意した椅子が満席となり大勢のお客様に来て頂くことができました。

生徒さんは本番に焦点を合わせるかのように、皆良い演奏でした。 来年の発表会に向けて益々頑張って欲しいと思います。

10時にサロンに入り、スタインウエイを少しならしてみました。

P1040349.jpg

12時半からリハーサルで2時開演でした。

1部が生徒さんの演奏で2部が講師演奏です。

P1040367.jpg

お客様には音楽の余韻に浸って帰って頂けたようで、良かったと思います。

一番小さい男の子のお子さんが、可愛い花束をくれました。

P1040352.jpg


P1040364.jpg

また今回は参加できなかった大人の生徒さんがお菓子を持って聴きに来てくれました。

P1040365.jpg

ホームページを見て来ましたという方が終演後、ご挨拶に来て下さりご来場頂けました事大変嬉しく思います。

次は来年2月4日(日)、19時から豊中市立文化芸術センター小ホールでベルギーのチェリストのニコラ・デルタイユさんとベートーヴェンのチェロ・ソナタ3番を演奏します。

また大勢のお客様にご来場頂けます事を願っております。


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2017_12
17
(Sun)00:00

講師谷真子と門下生達によるコンサートのご案内

img180.jpg

講師谷真子と門下生達によるピアノコンサートを12月に開催致します

日時 
2017年12月17日(日) 14時開演(13時30分開場)←時間が変更になりました。

会場 
アートサロン空(近鉄学園前駅より徒歩2分)

講師プログラム
シューベルト 即興曲Op.90-2
ドビュッシー 花火

門下生プログラム
ショパン バラード、子犬のワルツ、告別ワルツ他

入場料は無料で、どなたでもご入場して頂けますので(座席50席)、谷真子ピアノ教室にご関心のおありの方、ピアニスト谷真子の演奏を一度聴いてみたい方等、お気楽にいらして下さいませ。

41-09.jpg

お問い合わせ
谷真子ピアノ教室 0742-46-2302


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2017_12
15
(Fri)20:18

奈良市音楽協会主催のクリスマスコンサートへ行ってきました。

奈良市音楽協会から送られてきた葉書にクリスマスコンサートのお知らせが載っていましたので、ぶらっとのぞいてみました。

P1040343.jpg

P1040344.jpg

会場は近鉄学園前駅前の学園前ホールというホールですが、早く着きましたので、1Fのスターバックスでコーヒーとサンドイッチを頂いて休憩をとりました。

P1040342.jpg

奈良市音楽協会は奈良市在住の音楽家達のグループですが、いろいろな活動をされているようです。

クリスマスコンサートは今年が初めてという事ですが、クリスマスの曲を中心にした、楽しいコンサートでした。

会場にはお子様達の姿が多く、ピアノやヴァイオリンやフルートの音色に親しむ良い機会かと思います。

明後日は門下生たちの発表会です。 開演は午後2時からですが、裏方の仕事がありますので私は10時には会場に入ります。 無事終了してくれるのを願うばかりです。

♪発表会お知らせ♪
日時:2017年12月17日(日) 14時開演
会場:アートサロン空(近鉄学園前駅徒歩2分)
出演:講師谷真子と門下生達(講師演奏があります。)


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2017_12
14
(Thu)15:02

10日のコンサートを聴いて下さった知り合いの方からお手紙を頂戴しました。

10日のコンサートを聴いて下さった知り合いの方からお手紙とクリスマス仕様の可愛いチョコレートを頂きました。
絵本のような箱に入っているチョコレートでした。

DSC_0092.jpg
(箱の表です)
DSC_0093.jpg
(パッケージの裏です)
DSC_0094.jpg
(絵本のようなクリスマス仕様の箱の中にチョコレートが入っていました)

サロン・クラシックでよくご一緒する知り合いの方ですが、自身の音楽活動もお忙しい中をコンサートを聴きに来て下さいました。

「研鑽の積まれた美しい音に感動しました。」とコメントして頂き、日々の努力が伝わった事に大変嬉しく思います。

6日に行われるサロン・クラシック主催のニューイヤーコンサートへ出演されますが、招待券を頂きましたので母と伺うつもりです。

演奏会で弾くという事は準備を含めて莫大なエネルギーを必要としますが、終演後、喜んで頂けると、励みとなりそれがまた次回へのエネルギーとなります。


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2017_12
11
(Mon)12:37

お花をどうも有難うございました。

昨日の演奏会の様子は昨夜ブログにアップいたしましたが、頂いたお花を花瓶に活けてみました。

P1040341.jpg
生徒さんが奈良市の学園前のお花屋さんで購入し遠方をわざわざ持ってきてくれた花束ですが、お母様と駆けつけて下さったそのお気持ちに大変嬉しく思います。

P1040340.jpg
母の友人の方が東京の奥沢のお花屋さんから届けて下さった花束ですが、大変現代的なアーティスティックな花束です。 いつも演奏会場にお花を届けて下さり、気にかけて下さるそのお気持ちに大変嬉しく思います。

P1040334.jpg
調律の方が送って下さった祝電の電報です。 開くと飾れるようになっており、きれいな薔薇の花束の絵が描かれております。 お忙しい中のお手配申し訳なく思います。

しばらく目の保養ができて清涼剤になります。
有難うございました。


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2017_12
10
(Sun)22:32

コンサート盛会のうちに終了致しました。

豊中市立文化芸術センターでのサロンクラシック30周年記念コンサートが盛会のうちに終了致しました。

P1040325.jpg
豊中市立文化芸術センター外観

私はトップバッターでしたので責任重大で少し緊張致しましたが、納得いく演奏ができ責任を果たせて安堵致しております。 ピアノはスタインウエイでよく鳴り、ホールも響きの良い弾きやすい会場でした。最近新しく出来たホールで、心地よい木の香りがし、リラックスできました。

P1040327.jpg
終演後、舞台下手出口で

開演は13時からですが、リハーサルが10時でしたので、7時過ぎには自宅を出ました。 楽屋入口から楽屋入りし開演までの時間を集中力を高めてまいります。

P1040322.jpg
楽屋前のアーティストラウンジで

P1040328.jpg
出番直前楽屋で

祝電やお花やお菓子を頂き嬉しく思います。

P1040334.jpg
お世話になっている調律の方から祝電を頂きました。

P1040337.jpg
生徒さんからきれいなお花を頂きました。

P1040335.jpg
母の友人の方からアーティスティックなお花を頂きました。

P1040333.jpg
幼い時のご近所の方から美味しいマドレーヌを頂きました。

来週の日曜日は生徒さんの発表会です。 講師演奏もあり、本日演奏したシューベルトの即興曲Op.90-2とドビュッシーの花火をもう一度弾きます。

会場は近鉄学園前駅徒歩2分のアートサロン空というサロンで14時開演です。 入場無料ですので谷ピアノ教室にご興味のある方やピアニスト谷真子の演奏を一度聴いてみたいと思われる方は是非いらして下さいませ。


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2017_12
10
(Sun)00:00

谷真子ピアノソロコンサートへのご案内

a_ilst153.gif
img184.jpg

来る12月10日(日)、13時より、大阪豊中の豊中市立文化芸術センター大ホールにて芦屋のサロンクラシック創立30周年記念コンサートが開催されます。

芦屋のサロン・クラシックさんには、室内楽や外国の教授のレッスン受講等で大変お世話になっておりますが、私も記念コンサートに出演させて頂ける運びとなり、10分程度演奏致します。

曲目はシューベルトの即興曲Op.90-2とドビュッシーの花火を予定しております。

豊中市立文化芸術センター大ホールは新しく改装され、収容人数も多く、綺麗で立派なホールですので、ぜひ大勢の方に足をお運び頂けますと嬉しく存じます。

日時: 12月10日(日) 13:00開演(12:30開場)
場所: 豊中市立文化芸術センター大ホール
入場料: 3,000円

主催: The Music Center Japan
後援: ユーロピアノ株式会社 河合楽器製作所 カワイ梅田 クロサワバイオリン

チケットお申込みフォーム


a_blt018.gif谷真子Pianist公式facebookサイトでのコンサートのご案内

4321014.gifhttps://www.facebook.com/%E8%B0%B7%E7%9C%9F%E5%AD%90-Pianist-430950750575156/

ピアニスト谷真子公式サイトはこちら
2017_12
09
(Sat)12:22

日本音楽コンクールドキュメントテレビ放映

今年の日本音楽コンクールのドキュメントが本日(9日)、NHK Eテレで午後3時から放映されます。

日本音楽コンクールは以前は毎日コンクールと呼ばれておりましたが、ピアニストの登竜門と言われる日本で最も古い権威あるコンクールです。

私が師事する阿部裕之先生も1980年の第49回日本音楽コンクールで第1位に輝いていらっしゃいますが、入賞者はみなさんピアニストとしてご活躍されている方が多く、日本のクラシックの世界を支えていらっしゃる方々ばかりです。

どうぞぜひご覧になって下さい。


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2017_12
07
(Thu)09:08

ヨガ

ピアノを演奏している姿は一見優雅に見えますが、実はハードな筋肉を酷使する運動です。 スポーツ選手は練習の前に準備運動をして入念に体を作り、練習の後もケアを致しますが、実はピアノの練習にもそれが必要なのです。

しかしピアノの練習は孤独な作業で、仲間がいるわけでもなくコーチがついているわけでもありませんので、日々の練習の際は簡単なストレッチくらいしかしない事が多く、長時間の練習で筋肉が次第に固まってまいります。

ピアニストは整体に通ったり水泳やジムに通ったり、それぞれにいろいろ身体のケアに工夫しますが、私の場合はヨガに通っております。

近くのスポーツクラブのヨガコースに通っておりますが、1週間に3,4回通います。

何の手当もせず筋肉が固まってくると血行不良にもなり、背中や腕に痛みが走ったり、指先に鈍痛を感じたりしてまいります。 

以前、整形外科に通っておりましたがあまり効果が見えず、師事する阿部裕之先生にご相談した所、それは血行不良だとアドヴァイスを受け、ヨガに通うことに致し、以来ずっと続けており、おかげで身体の好調も維持できております。

コンサートの直前などは、練習に時間を使いたいためヨガに行くのをやめようかと思う時もありますが、練習で固まった筋肉をリラックスさせるため休まず通うようにしております。

スポーツクラブでは気の向いた時には、水泳をしたり、アロマリラックスに参加したりもしており、私には趣味というより生活の必需品となっております。


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2017_12
03
(Sun)18:34

京都まで自分のレッスンを受けに行ってまいりました。

京都の阿部裕之先生のお宅まで自分のレッスンを受けに行ってまいりました。

10日のコンサートを控えて、コンサート直前のレッスンをして頂きました。

レッスンして頂いた曲はコンサートで弾く曲のシューベルトの即興曲Op.90-2とドビュッシーの花火と、他にはベートーヴェンのチェロ・ソナタ3番とラヴェルの水の戯れとシャブリエ風にとボロディン風にです。

ラヴェルの水の戯れの弾きにくい個所の指番号を教えて頂き、ベートーヴェンのチェロ・ソナタは音楽の作り方を教わりました。

生徒さんから新しく発売された阿部先生のラヴェルのCDを頼まれていましたので、それも求めサインをして頂きました。

レッスンの後は脳の疲労が激しく、いつも帰り道に甘い物を補給するのですが、今日もキャラメル・マッキャートを飲んで帰宅致しました。

DSC_0087.jpg

年内の自分のレッスンは今日で終わりですが、生徒さんのレッスンは年末ぎりぎりまであります。 17日には発表会もありますので、師走の風景とは縁のない生活です。


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2017_12
03
(Sun)07:44

第71回全日本学生音楽コンクール全国大会ピアノ部門小・中学校の部結果

第71回全日本学生音楽コンクールの全国大会ピアノ部門の小学校・中学校の両部が2日、横浜市の横浜みなとみらいホールで開かれました。

小学校の部第1位 小野寺拓真さん(札幌市立新陵東小6年)
中学校の部第1位 千葉百香(ももか)さん(横浜市立豊田中3年) 

その他の入賞・入選は次の通りです。(同位は演奏順、敬称略)

 <小学校の部>2位=原田怜(神奈川県大和市立福田6年)▽3位=山内理桜菜(愛知県一宮市立大徳6年)▽入選=仁宮花歌(東京都葛飾区立花の木6年)、加部七菜子(大阪府茨木市立彩都西5年)、杉山瑞歩(札幌市立西6年)、柏木美咲(北九州市立清水5年)、岸野花音(大阪府岸和田市立城内5年)、三宅祐佳(奈良市立鳥見5年)、竹内理恵(東京・桐朋4年)、中山智晴(佐賀大付6年)、大西透子(東京都世田谷区立瀬田6年)、角谷春奈(愛知県碧南市立棚尾4年)▽横浜市民賞=小野寺拓真

 <中学校の部>2位=森本隼太(京都教育大付属桃山1年)▽3位=馬場彩乃(東京・桐朋女子3年)、西山響貴(東京都立武蔵高付3年)▽入選=谷藤全(北海道・函館ラ・サール3年)、中野すみれ(埼玉・開智学園総合部7年)、藤原京香(奈良・帝塚山3年)、小原慎太郎(北海道江別市立大麻東1年)、小松さくら(愛知県西尾市立福地2年)、セレステ香月ワグニッツ(佐賀大付2年)、藤本莉奈(広島市立矢野2年)、神原雅治(岐阜市立東長良3年)、小山七世(北九州市立田原2年)▽横浜市民賞=森本隼太

全日本学生音楽コンクールは日本の学生音楽コンクールで一番歴史が古く、ピアニストの登竜門と言われている難関コンクールですが、その入賞者の多くは世界で活躍されています。

私も第47・48回大阪大会で入選させて頂き、第48回中学1年の時には奨励賞を頂き、入賞者演奏会にも出演致しました。 厳しいコンクールを通過することで身についた事も多く、今も大阪大会の予選・本選は必ず聴きに行くようにしております。

通過された皆様方にはますますのご活躍をお祈り申し上げます。


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2017_12
02
(Sat)20:08

指揮者の垣内悠希さんのコンサートへ行ってまいりました。

img187.jpg

指揮者の垣内悠希さんのコンサートに伺うため大阪の八尾のプリズムホールまで行ってまいりました。

P1040316.jpg

P1040317.jpg

P1040318.jpg

垣内悠希さんは先年ブザンソン国際指揮者コンクールで第1位になられ、現在もウイーン在住で日本とヨーロッパを往復されながら活躍されている若手指揮者の方ですが、お父様の垣内幸夫先生に神戸大学大学院修士課程の音楽教育の授業でお世話になったご縁から、関西で演奏会が開かれる時はいつも母と楽しみに伺わせて頂いている指揮者の方です。

プログラムはグリンカの歌劇「ルスランとリュドミラ」序曲、ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番、ブラームスの交響曲第1番でした。
ソリストは及川浩治さん、オーケストラは大阪フィルハーモニ交響楽団です。

ヨーロッパの香りに満ちた見事な音楽に感動致しました。 満席のお客さんからブラボーの掛け声が何度もかかり、拍手が鳴りやみませんでした。

アンコールはブラームスのハンガリー舞曲第5番でした。

また次回も必ず伺わせて頂きたいと思います。

P1040319.jpg

帰りにホールの近くのレストランでハンバーグを頂いて帰宅致しました。

P1040321.jpg

P1040320.jpg


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2017_12
02
(Sat)07:48

第71回全日本学生音楽コンクール全国大会ピアノ部門高校の部結果

第71回全日本学生音楽コンクール全国大会ピアノ部門高校の部が1日、横浜市の横浜みなとみらいホールで開かれました。

第1位
島多(しまた)璃音(りいと)さん(兵庫県立西宮2年)
亀井聖矢(まさや)さん(愛知県立明和1年)
 
その他の入賞・入選は次の通りです。(同位は演奏順、敬称略)
2位=永井希望(東京芸大付2年)▽3位=三田有輝也(札幌南1年)、荒川浩毅(札幌藻岩1年)▽入選=重松良卓(東京・桐朋女子<男女共学>1年)、天勝悠太(京都市立京都堀川音楽2年)、石川奈々歩(東京芸大付2年)、伊波蘭菜(沖縄県立開邦1年)、渡辺晟人(県立秋田2年)、高尾真菜(名古屋市立菊里2年)、角優奈(東京芸大付2年)、鮫島彩音(鹿児島県立鶴丸2年)▽横浜市民賞=亀井聖矢

入賞者の方々には、ますますの研鑽を積まれて、世界に羽ばたいて欲しいものだと思います。

島多璃音さんピティナでの演奏→https://www.youtube.com/watch?v=OKjHbAqY1o4
亀井聖矢さんピティナでの演奏→https://www.youtube.com/watch?v=OjCUhsPNEJM


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ