2018_02
25
(Sun)18:13

京都まで自分のレッスンを受けに行ってまいりました。

京都の阿部裕之先生のご自宅まで自分のレッスンを受けに行ってまいりました。

レッスンして頂いた曲はラヴェルの水の戯れとボロディン風に、シャブリエ風に、ラヴェルのバイオリンソナタト長調、ブラームスのチェロソナタ1番です。

先生が4月1日、京都府立府民ホールアルティでバッハの平均律の4番を弾かれるのでそのチラシを頂いてきました。

img191.jpg

24人のピアニストの人が平均律を分けて演奏し全曲演奏されるそうです。 阿部先生はゲストとして参加をされるそうです。

気候も良くなりますし、アルティは京都御所の目の前ですので、古代絵巻の御所を見学してバッハを聴いて帰るというのも楽しいかと思います。

帰り道、甘いものを頂いて休憩して帰りました。

P1040419.jpg


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2018_02
10
(Sat)10:32

コンサート裏話

コンサートを聴きに来られた生徒さんから「先生は弾きにくい箇所はないのですか?」jという質問を受けましたが、もちろん弾きにくい箇所はあります。 しかしそういう箇所はメトロノームを使って徹底的にさらいます。 音楽的によどみなく弾けるようにパート練習を繰り返しながら、全体を仕上げていきます。

また女性ピアニストはドレスを着て一見優雅に演奏しているように見えますが、実はコンサートというのはかなりの重労働なのです。 ライトも暑いですのでかなりの汗をかいております。 ピアニストによったらホームクリーニングをできる素材のドレスを着用して、演奏会終了後は毎回洗濯機にドレスを放り込むという女性ピアニストもいます。

男性ピアニストは女性よりも汗を多くかく方が多く、数回の演奏でタキシードを着つぶしてしまう方もいらっしゃるようです。

本番の緊張度は想像を絶するものがあり、血中濃度がかなり高くなります。 ですからピアニストそれぞれアフターケアの仕方は異なりますが、皆何かのアフターケアはしているようです。

万全の準備があっての本番ですが、本番は一発勝負ですので、何が起こるか分かりません。 本番では練習してきたものを淡々と再現していきますが、最後の一音を弾き終わった時に、無事に終了したことを安堵致します。

コンサート終了後の達成感が、次回のモチベーションになります。

小さい時からの本番の数を数えると数えきれない数の本番をこなしておりますので、身についた手順があるように思います。


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2018_02
08
(Thu)13:44

コンサートを終えて

2月4日のコンサートの翌日の5日は心身ともに終日休憩させておりましたが、6日から生徒さんのレッスンがありましたので仕事モードに入りました。

昨日は午前中はヨガに行き、リフレッシュしてまいりました。 極度の緊張の後は、血行が悪くなりますので、ケアしておかないといろいろな体調不良の原因になります。

私の場合はヨガに行ったり、森林浴をしたり、美味しいものを頂いたりして、心身の充電を致します。

今はコンサートの余韻を楽しみながら、次に向けてリフレッシュをし、徐々に次の演奏会の曲へと脳を切り替えていっております。

次はラヴェルの水の戯れとシャブリエ風にとボロディン風にですが、ラヴェルは我が師、阿部裕之先生のご専門ですので、フランス音楽のエスプリを伝えられたらと願っております。

ピアノ曲は数が多いですので、一生かかっても全てを弾ききる事は叶いませんが、密度濃くレパートリーを増やしていけたらと考えております。

コンサート活動が続けられる環境と健康に感謝しつつ、日々研鑽を積んでまいりたいと思います。


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2018_02
04
(Sun)23:02

コンサート盛会の内に終了致しました。

室内楽コンサート盛会の内に終了致しました。

P1040410.jpg

プログラムはベートーヴェンのチェロ・ソナタ第3番で、チェリストはベルギーのブリュッセル王立音楽院准教授のニコラ・デルタイユさんでした。

一緒に出演されるサックスの方の伴奏の方が急病で出演できなくなり代役のピアニストの方が対応されたので、その方のリハーサルで時間をとられ、私はあまり十分なりハーサルができず、ぶっつけ本番となり心配しましたが、本番は気持ちよく演奏する事ができ、ニコラさんとのかけあいを楽しませて頂きました。

P1040411.jpg
終演後、ニコラさんと

P1040413.jpg
楽屋にて

奈良から遠方な上、夜のコンサートでしたが、大勢の方にご来場頂き嬉しく思います。 また美味しいお菓子を頂戴し有難うございました。

P1040415.jpg

P1040416.jpg

次はブラームスのチェロ・ソナタ第1番をお勉強してまた聴いて頂けたらと思っております。

帰りにスムージーを飲んで一服して帰りました。

P1040414.jpg


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2018_02
04
(Sun)00:00

チェリストのニコラ・デルタイユさんとのデュオ・コンサートのご案内

image1.jpeg

image2.jpeg

2018年2月4日(日)、午後7時より、豊中市立文化芸術センター小ホールに於いて、ベルギーのチェリストのニコラ・デルタイユ氏とデュオ・コンサートを開催致します。

プログラムはベートーヴェンのチェロ・ソナタ第3番全楽章です。

ニコラ・デルタイユさんはベルギーのブリュッセル王立音楽院室内楽科の准教授の方ですが、共演は今回で8度目になります。

大勢の方のご来場をお待ち申し上げております。

お問い合わせ先→0742-46-2302(谷)
主催サロンクラシックホームページ→http://tmcj.jp/event/

(チラシは今回のコンサートへ出演されるサックス奏者の安泰旭さんの製作です。)

pic_b029.jpg

ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2018_02
03
(Sat)18:38

チェロとの合わせに行ってまいりました。

芦屋のサロン・クラシックまで明日のコンサートの合わせに行ってまいりました。

P1040408.jpg

プログラムはベートーヴェンのチェロ・ソナタ第3番全楽章ですが、チェリストはベルギーのブリュッセル王立音楽院准教授のニコラ・デルタイユさんです。

ニコラさんは木曜日の夕方ベルギーで演奏会がありましたので、それが終わった後、日本に向かわれ、日本時間で土曜日の朝、日本に到着されました。

到着後、休憩する間もなく、午後3時からの合わせでしたが、お疲れの様子もなく精力的な演奏でした。

西洋の方は肉食の食生活のせいか、みなさんタフなように思います。 朝の5時からレッスンをされる先生もいらっしゃると聞いた事もあります。

大きな問題もなく、合わせは順調に進みました。 共演は今回で8度目ですが、いつお聞きしても大変素晴らしいチェロで、共演させて頂くと良いお勉強になります。

ニコラさんは普段はフランス語で会話されますが、私とお話しされる時は英語でお話しして下さいます。 音楽が介在しておりますのでコミュニケーションは何とかとれます。

2時間弱の合わせでしたが、明日本番前にもう一度合わせて、本番を迎える事になります。

合わせが終了した後、少し雑談致しましたが、2週間前に新しいチェロを買われたそうです。

明日は開演は7時からですが、2時頃自宅を出、5時から合わせです。

大勢の方のご来場をお待ち申し上げております。

当日券もございますので、宜しければのぞいてみて下さい。

場所: 豊中市立文化芸術センター小ホール
開演日時: 2018年2月4日 19時開演
入場料: 3,000円


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2018_02
01
(Thu)09:57

奈良市内も雪が降っています。

奈良市内も雪が降っています。

私の自宅は奈良市北部の京都に隣接する住宅街ですが、道路は車が普通に走れる状態で、お庭の樹や芝生やガレージの上には雪がうっすらと積もっています。

P1040405.jpg

P1040406.jpg

P1040407.jpg

4日の室内楽のコンサートの日のお天気を心配していましたが、明日は晴れて、土曜日と日曜日は晴天に恵まれそうですので、安堵しております。

昨日は6月24日、なら100年会館中ホールで演奏する第31回奈良市音楽協会定期演奏会のチラシとプログラムのプロフィールを作成して協会にメールで送りました。

自主コンサートの場合は、会場の予約やチラシ、プログラムの作成等、自分でしますが、依頼コンサートの場合は主催者の方が全てして下さいます。

通常、本番のⅠ,2ケ月前にチラシが出来上がり、広く宣伝を行いますので、その印刷に合わせて、プロフィールや写真を主催者の方に提出致します。

プロフィールはベースは一緒ですが、毎回字数が違いますので、会の目的に合わせて若干の変更を致します。

4日のチェロとの室内楽コンサートはまだ当日券に余裕がありますので、ご興味のおありの方は、お電話(0742-46-2302)、メール、フェイスブック、ライン等いずれでも構いませんので、どうぞお問い合わせ下さい。

♫2月4日チェロとのデュオ・コンサートご案内♬

日時: 2018年2月4日 19時開演
場所: 豊中市立文化芸術センター小ホール
プログラム: ベートーヴェン チェロ・ソナタ第3番
入場料: 3,000円(自由席)

出演者: チェロ ニコラ・デルタイユ(ブリュッセル王立音楽院准教授)
       ピアノ: 谷 真子

チケット問い合わせフォーム