2018_09
19
(Wed)09:34

全日本学生音楽コンクール大阪大会ピアノ部門小学校の部予選結果

第72回全日本学生音楽コンクール(毎日新聞社主催、NHK後援、かんぽ生命特別協賛)大阪大会予選・ピアノ部門小学校の部は16、17日の両日、大阪市北区のあいおいニッセイ同和損保ザ・フェニックスホールで行われ、参加62人(うち棄権1人)中、次の10人が予選を通過しました。

本選は10月21日です。

 酒井彩花(三重・伊賀市立青山小5年)▽中田蒼唯(神戸市立花山小5年)▽二宮煌太(和歌山市立野崎西小5年)▽山田初音(奈良市立朱雀小6年)▽田野辺千咲(大津市立青山小5年)▽平田結莉恵(島根大教育学部付属小6年)▽長谷川絵菜(大阪・高槻市立五領小6年)▽加部七菜子(大阪・茨木市立彩都西小6年)▽岸野花音(大阪・岸和田市立城内小6年)▽白石萌々音(兵庫・西宮市立浜脇小5年)(敬称略)

私も小学校部門は入選をさせて頂きましたが、ごくわずかの人しか予選を通過できない厳しいコンクールです。

予選を通過された方の、本選での健闘をお祈り申し上げます。

♪全日本学生音楽コンクールサイト♪

ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2018_09
16
(Sun)22:25

パリ国立高等音楽院イヴ・アンリ教授のレッスンを受けに行ってまいりました。

パリ国立高等音楽院イヴ・アンリ教授のレッスンを受けに行ってまいりました。

受講曲はバッハ=ブゾーニのシャコンヌです。

楽譜の構造を説明しながら、お手本の演奏を弾いて下さり、大変参考になりました。

その後、兵庫県立芸術文化センターへ、佐渡裕さん指揮のハイドン・オラトリオ「天地創造」を聴きに行きました。

聖書の創世記が良く分かる、素晴らしい演奏でした。

4芸

3芸

1芸

2芸



ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2018_09
16
(Sun)10:44

全日本学生音楽コンクール大阪大会ピアノ部門高校生の部予選の結果

毎日新聞社が主催する、第72回全日本学生音楽コンクールの大阪大会ピアノ部門高校の部予選が9月14日と15日、大阪市のザ・フェニックスホールで行われ、審査の結果、以下の方が、10月21日に同ホールで行われる本選への進出を決めました。

本選進出者は次の通り。

工藤桃子(東京音大付属高3年)
二俣菜月(京都市立京都堀川音楽高2年)
板舛李空(広島県立祇園北高3年)
藤原京香(京都市立京都堀川音楽高1年)
肥塚菜々花(兵庫県立北須磨高3年)
鈴木こはるマケナ(大阪府立夕陽丘高2年)
戸村奈央(京都市立京都堀川音楽高2年)
加古彩子(兵庫県立西宮高3年)
角 優奈(東京芸大付属高3年)
野瀬桃香(奈良県立高円高2年)
友近凪紗(兵庫県立西宮高2年)

このコンクールは、予選を通過するだけでも超難関のコンクールで、ピアニストを目指す学生さんのあこがれのコンクールです。
私も、小学部門入選、中学部門入賞しておりますが、高校部門は東京へレッスンに通っておりましたので、参加はしておりません。

今は、ふるさと参加という形で、東京の音高の方も、地元で参加できるようです。

♪全日本学生音楽コンクールサイト♪

ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2018_09
14
(Fri)20:19

全日本学生音楽コンクールを聴きに行ってきました。

梅田のフェニックスホールへ、全日本学生音楽コンクール大阪大会ピアノ部門予選高校の部を聴きに行って来ました。

エントリーは100名弱のようですが、30名ほど聴きました。

厳しいコンクールですので、聴いた30名の中から、予選を通過できるのは、2名くらいだと思います。

東京音楽大学附高の方が、ふるさと参加の枠で、参加されていました。

1毎日

2毎日

♪全日本学生音楽コンクールサイト♪

ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2018_09
13
(Thu)17:46

関孝弘先生コンサートのお知らせ

中学・高校とお世話になったピアニストの関孝弘先生のコンサートのお知らせです。

関先生は東京在住のピアニストの方ですが、東京藝術大学大学院ご卒業の後、イタリアに長く留学されていたので、イタリアの音楽を日本に紹介する事をライフワークとされており、毎夏にはコンクールの審査と演奏会のため、イタリアへ行かれます。

関先生から、イタリアでのコンサートのお写真と、演奏会のご案内をメールで送って頂きましたので、ご紹介させて頂きます。

1関先生

イタリア

2関先生

日時:2018年11月13日(火) 19時開演
会場:東京文化会館大ホール 交通アクセス
料金:5,500円


私のホームページでも、チケットのお問い合わせ受け付けております。


ピア二スト谷真子公式サイトはこちらへ
2018_09
11
(Tue)14:37

第72回全日本学生音楽コンクール大阪大会ピアノ部門中学校の部予選結果

毎日新聞社が主催する、第72回全日本学生音楽コンクールの大阪大会ピアノ部門中学校の部予選が9月8日と9日、大阪市のザ・フェニックスホールで行われ、審査の結果、11人が10月21日に同ホールで行われる本選への進出を決めました。

全日本学生音楽コンク―ルは、日本の学生コンクールの中では、一番歴史が古く、最難関と言われ、権威あるコンクールです。

将来、ピアニストを目指す人が、あこがれるコンクールですが、課題曲の量も多く、レベルも高い、予選を通過できるのは一握りの人だけで、大変厳しいコンクールです。

本選進出者は次の通りです。

入江未菜(広島市立安西中2年)
大山桃暖(帝塚山学院泉ヶ丘中1年)
近藤里咲(堺市立三原台中3年)
藤本莉奈(広島市立矢野中3年)
岡久涼葉(徳島市立城東中1年)
城上千夏(八尾市立南高安中2年)
池田彩乃(和歌山大付属中3年)
伊藤梨花(向日市立寺戸中1年)
倉橋陽土(宇治市立木幡中2年)
伊藤陽莉(白陵中3年)
太田かのん(広島女学院中2年)

私が師事する阿部裕之先生は、ピアノ部門の審査員で入っていらっしゃいます。

私自身、第47回小学校の部入選、第48回中学校の部入賞させて頂きましたが、阿部先生は当時から審査員で入っていらっしゃいました。


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2018_09
02
(Sun)16:53

生徒さんがコンクールで優秀賞という最高の賞を頂きました。

第10回三木楽器フレッシュピアノコンサートが、本日、大阪本町の開成館で開かれました。

当ピアノ教室からも、加登志乃さんとおっしゃる生徒さんが参加され、見事、優秀賞という最高の賞で予選を通過されました。

大変、良く弾かれるお子様で、益々の研鑽を積んで、大きく成長してくれる事を願っております。

弟さんも副科ピアノですが、すいすい弾かれ、優秀な姉弟さんです。

本選は11月18日、ムラマツリサイタルホール新大阪で開催されます。

P1040841.jpg

P1040843.jpg

2コンクール

1コンクール


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2018_09
01
(Sat)19:00

お教室の一番小さい生徒さんが、教室に飾られた絵画について色々聞いていました。

お教室の一番小さい生徒さんが、後藤昭弘さんに描いて頂いた絵に、フォトフレームの写真とは何か違うものを感じたようで、レッスンの後、教室から出てきて、お母様に絵のお話をされていました。

レッスン中もピアノを弾きながら、しきりに2枚の絵画の方を見て、絵について色々聞いていました。

お母様も、玄関にかかっている絵を見られて、人物というより、コンサートそのものを描かれていて、絵から世俗でない音が聴こえて来るような感じですと、ため息をつかれていました。

芸術性の高い絵に、子供でも、飾っている写真とは違うものを感じるのだと思います。

ラヴェルの音が絵になっているようで、後藤さんの絵に込められた思いが伝わってまいります。

♪お願いしておりました絵が届きました。

P1040833.jpg


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ