FC2ブログ
2019_07
31
(Wed)14:12

ドイツ・グラモフォンの7月のカレンダー

ドイツ・グラモフォンの7月のカレンダーはこちらです。
毎月、著名なアーティストの写真が大きく映っています。

生徒さんが、このカレンダーを見て、「7月早く終わってくれないかな~。このおじさんが僕の方を見ているような気がして、怖いんだよな~」と、言っています。


カレンダー

ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2019_07
29
(Mon)22:28

阿部裕之先生フルートとピアノのコンサートのお知らせ

2019年9月29日(日)14時~大阪梅田にあるザ・フェニックスホールで、中務晴之さんによるフルートリサイタルが開催されます。現在、師事しております阿部裕之先生がピアノで共演されます。

【プログラム】
バッハ フルートソナタロ短調BWV.1030
T.ベーム シューベルトの主題によるファンタジー作品21
プロコフィエフ 無伴奏ソナタ ニ長調 作品115(原曲ヴァイオリン)
フランク ヴァイオリン・ソナタ イ長調 FWV.8

以前、大阪のドルチェ楽器でのトリオ・コンサートを聴きにお伺いしたことがありますが、温かみあるフルートとヴァイオリンとピアノの音色で、楽しくコンサートを聴きました。
私は当日、生徒の発表会があり、伺えず残念ですが、母が聴きに伺います。

10月5日(土)に、紀尾井町サロンホールでも、同プログラムによるリサイタルが行われます。

関西・東京の皆さま、是非、お出かけ下さいませ。

中務先生チラシ

先日のレッスンで、阿部裕之先生より、チケットを分けて頂きました。
中務先生チケット

チケットご希望の方は、教室受付にてお申し出下さいませ。

ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2019_07
29
(Mon)18:53

9月16日(日)神戸・芦屋でのコンサート出演のお知らせ

9月16日(日)、salon classic芦屋にて、イブ・アンリ教授とのジョイントコンサートに出演することになりました。

プログラムは、ラヴェルの La Valseです。

こちらのコンサートは、コンサートの前に行われているイブ・アンリ教授による公開レッスンを受けた後、その後コンサートに出演するという主旨のコンサートです。海外の音楽大学ではよく行われているようです。

オーナーの中西様より、先日のリサイタルへ行けなかったので、リサイタルのプログラムから是非演奏してほしいということで、
出演することとなりました。

また、先日のリサイタルでお世話になった東京音楽大学校友会関西支部の事務局の矢野光子さんから、リサイタル当日は、スタッフで大忙しでしたので、演奏をホールで聴けなかったので、残念でした、また、プログラムの曲を弾いて下さいとのご要望も頂いておりました。


是非、皆様のご来場をお待ち申し上げております。



ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2019_07
29
(Mon)18:53

9月16日(日)神戸・芦屋でのコンサート出演のお知らせ

9月16日(日)、salon classic芦屋にて、イブ・アンリ教授とのジョイントコンサートに出演することになりました。

プログラムは、ラヴェルの La Valseです。

こちらのコンサートは、コンサートの前に行われているイブ・アンリ教授による公開レッスンを受けた後、その後コンサートに出演するという主旨のコンサートです。海外の音楽大学ではよく行われているようです。

オーナーの中西様より、先日のリサイタルへ行けなかったので、リサイタルのプログラムから是非演奏してほしいということで、
出演することとなりました。

また、先日のリサイタルでお世話になった東京音楽大学校友会関西支部の事務局の矢野光子さんから、リサイタル当日は、スタッフで大忙しでしたので、演奏をホールで聴けなかったので、残念でした、また、プログラムの曲を弾いて下さいとのご要望も頂いておりました。


是非、皆様のご来場をお待ち申し上げております。



ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ




2019_07
28
(Sun)23:45

阿部裕之先生のレッスンを受けに参りました。

今日は、夕方より、京都へ阿部裕之先生のレッスンを受けに参りました。

リサイタル後、初のレッスンでした。

グリーグのホルベア組曲と、モーツァルトの幻想曲ニ短調、ディティユーのソナタより3、コラールと変奏、チェロの序奏と華麗なる大ポロネーズをレッスンして頂きました。

ホルベア組曲の「ホルベア」とは、「ホルベアの時代の~」という意味で、中世の舞曲を模して作曲された組曲だそうです。

タイトルには、バッハのフランス組曲と同じようなバロック舞曲が並びますが、グリーグらしいロマン派的な豊かな音楽となっています。

元は、弦楽合奏の曲ですが、ピアノ用に編曲されています。

モーツァルトの幻想曲は、大変有名な曲ですが、冒頭は、即興的な雰囲気を出すそうです。

モーツァルトもグリーグも、どちらも、レッスンで弾かれた阿部裕之先生の演奏はとても、素晴らしかったです。

チェロの序奏と華麗なる大ポロネーズは、ショパンにチェロのお友達がいて、その人ために、書かれた作品だそうです。

先生とご一緒に御相談したプログラムの案を載せてみます。

♪Vol.3ソロ・リサイタル 自主企画プログラム

グリーグ ホルベア組曲 
モーツァルト幻想曲ニ短調
シューベルト 優雅で感傷的なワルツ

ラヴェル ソナチネ
ラヴェル ラ・パレード
ディティユー ソナタより3、コラールと変奏

先日の、リサイタルの焼き増したDVDもお渡し致しました。

ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ