FC2ブログ
2020_06
30
(Tue)13:49

ラヴェルソナチネ

梅雨が続き、じめじめしたお天気で、外出もままならない状態なので、在宅で出来る事を続けています。
レッスンの記録としての保存のために、書いています。


先日、レッスンを受けた阿部裕之先生ラヴェルレッスンのソナチネのご注意を楽譜にPCで書き込んでみました。

・一段目
少しテンポを落として、左手のテヌートの音だけでなく、ソプラノも出すこと。

・二段目
赤丸を付けた音は左手で取ることが可能。その後も、4度の下降音型を大切に。

・四段目
前後の流れのつながりを大切に。

・五段目
左手の響きも大切、よく響かせて。


お散歩中に、見つけたお花。梅雨のうっとうしい天気を吹き飛ばすかのような清涼な紫。
106539914_878615642648219_4355189792099377335_n.jpg

ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2020_06
29
(Mon)15:20

第74回全日本学生音楽コンクール申込が始まります。

→今年度の開催(HPより)

第74回全日本学生音楽コンクールの参加申し込み受付が7月よりもうすぐ始まります。

記事によると、コロナ感染状況によっては、映像審査に切り替えられこともあるとのことです。




皆さまのご健闘をお祈り致します。

ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2020_06
28
(Sun)09:00

ラヴェルソナチネ


先日、ラヴェルのオーソリティでいらっしゃる阿部裕之先生にラヴェルソナチネのレッスンを受けました。


♫ラヴェルの指示により、テンポがよく変わるので,テンポの統一が取れるよう


🎶この曲の冒頭のテーマは、展開形による4度音程の下がる音型がいつも出てくるので、それに注意する
などが、この曲の重要な注意するところとのことです。


👆1小節目
冒頭の4度下降によるフア~ド~の有名な始まりは、in Tempoでなくても、少しルバートしても良いとのことでした。
しかし、あまり遅すぎると年よりくさくなるとのこと。

👆3小節目
ppによる繰り返しは、左手のペダル(ウナコルダ)を使って、音色を変える


👆9~11小節目
強さを2段階に渡って、変えて行くこと。途中で、しぼんでしまわず、fになった後も、急にゆるまず、第12小節のRall.(ラレンタンド)で、次第にゆっくりすること。


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2020_06
25
(Thu)10:25

ディティユーソナタ第3楽章 コラールと変奏

現在、取り組んでいる新プログラムは次の通りです。

グリーグ ホルベアの時代から
モーツァルト 幻想曲ニ短調
ハイドン ソナタ変ホ長調

ラヴェル ソナチネ
ブラームス 2つのラプソディー
ディティユー ソナタ第3楽章 コラールと変奏
レスピーギ イタリア―ナ

ディティユーのソナタ第3楽章は、テーマの近代的な響きのするコラールが変奏され何度も出てきます。

テーマを冒頭のテーマと見比べ、原型そのままで出てくるテーマと、逆行型テーマなどアナリーゼしながら、練習しています。

102648440_662595794288601_7525524216285134424_o.jpg


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2020_06
24
(Wed)17:54

CD が納品されることとなりました。

あと1週間程で、作成中のCDが納品されることとなりました。
500枚まとめて、届きます。


1枚ずつ手売りで販売していくことに致しました。


今回の初のCD作成では、簡単に出来るかと思いましたが、思った以上にコンサート一つ開催するのと同じぐらいエネルギーと時間が必要でした。


コンサート会場で置く予定にしておりましたが、無事演奏会が開催されるようになることを、祈るばかりです。