2019_06
26
(Wed)20:37

リサイタル前の阿部裕之先生のレッスンを受けて参りました。

先週の日曜日に、阿部裕之先生のご自宅へ、6月30日のリサイタルの曲目のレッスンを受けに行って参りました。

全体を1曲ずつ、通して聴いて頂き、これまでのご注意の再確認や、細かなところだけ、アドヴァイスを頂きました。

具体的には、

シューベルトは、ダイナミックスの幅が狭くならないこと、バッハ=ブゾーニ シャコンヌは、拍子の厳格さや情熱的に弾くところ、

ドビュッシー映像では、第1曲「水の反映」では、テンポが急ぎすぎない箇所や、次の曲との間、 第2曲「ラモー讃」では、音色や響きの変化のための間の取り方、テンポの持って行き方、第3曲 「運動」では、テンポを一定に保つこと、

ラヴェルのラ・ヴァルスでは、全体を一つにまとめるのが難しい曲ですが、クライマックスへの持って行き方などを、アドバイス頂きました。

6月30日のリサイタルまで、あと4日ほどと迫って参りました。

秋篠音楽堂にて、お待ち申し上げております。

補助席20席追加しましたので、当日券もございます。


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ