2020_10
28
(Wed)21:22

同志社同窓会館でのコンサート2021年9月5日



新しいCDをAMAZONでもご購入頂けるようになりました。



→Amazonご購入ご予約お申込受付サイト

→facebook Pianist 谷真子公式サイトのAmazonページよりご購入ご予約お受付開始致しております。
発売予定日は11月15日です。
順次、amazonサイトより、ご予約の受付申し上げております。

どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

(谷真子公式サイトMail お問い合わせフォ-ムまたは、直接お電話の方でもお申込を承っております。)

106002538_3159355770809816_7873576474051557812_n.jpg


Masako Tani plays
Bach=Busoni,Schubert,Debussy,Ravel




fc2blog_20200720163543bfd.jpg
img_p114.gif
2002-00796-01 谷真子様 アップサイズ変更
【収録曲】シューベルト即興曲Op.90-2,3,4,
バッハ=ブゾーニ シャコンヌ
ドビュッシー 映像第1集
ラヴェル ラ・ヴァルス
ラヴェル ボロディン風に、シャブリエ風に
【レコーディング】2020年2月12日(水)
【会場】B-techJapan Osaka Studio
【ピアノ】ベーゼンドルファーBösendorferインペリアル
【品番】RS-02003
【発売元】RAPT SOUND

CD購入はこちら!
【定価】1枚 \2,000(税込)

A.お電話でのお申込
button124.gif
TEL 0742-46-2302

B.メールでのお申込

000m07111.gif→こちら

♫収録曲目
106335192_346889906301009_9073169121223619077_n.jpg

♪profile
107072870_1215264335477123_8378889782355666591_n.jpg

CDを取り出すと私が撮影したプラハの写真が浮かび上がるデザインになっております。
107152705_980698532384045_9183563763591296852_n.jpg
(録音製作 瀬口晃平 RAPT SOUND)
profile
クラシック音楽を専門とするレコーディングディレクター。
2001年、株式会社ラプトサウンドに入社。
スタジオUSENでアシスタントエンジニアを経験後、2004年に退社して渡独。2年の研修期間を経て、ドイツ・ハイデルベルクにあるレコーディングスタジオ、Tonstudio van Geest社に入社。
Claves、ECM、Hänssler Classics、NAXOSなどのレーベルの依頼により、 シプリアン・カツァリス、シュトゥットガルト室内管弦楽団、ラ・プティット・バンド、アルボ・ペルト、エストニア交響楽団など、数多くのCD作品の制作を手掛ける。 レコーディング技術、デジタル編集を担当した、「マンハイマー・モーツァルトオーケストラ」のCD作品は、2011年ロサンゼルスで開催された、「グラミーアワード」にノミネートされた。


~~~~~~~blog 「message」~~~~~~~

かなり先ですが、来年の2021年9月5日に同志社同窓会館で会員制のコンサートを開きます。

【プログラム】は、グリーグ ホルベアの時代から
       ブラームスのラプソディOp.79-1,2
       ラヴェル ソナチネ

です。
【日時】2021年9月5日(日)13時開演
【会場】同志社同窓会館(大ホール)


お客さまは、同志社同窓会(同志社女子中学・高校・大学のご卒業)の方限定です。10名ほどとお聞きしているのですが、もう少し増えるかもしれません。母の英文学の恩師でいらっしゃる坂本清音先生をお招きしての会というような形で、コンサートを開催致します。先日、母が同志社同窓会の小川裕惠さまとおっしゃる藍染め作家のご先輩にお誘い頂き、十二段家という料亭にお食事に行ったそうで、その時に同志社同窓会館へ会場の本予約にいったと申しておりました。

レッスンは子供の頃関西に住んでいた頃は、奈良から電車で2時間半かけ、母の付き添いで兵庫県宝塚市中山寺の片岡みどり名誉教授のご自宅へプライベートレッスンに通い、中学3年生から高校生までは、東京藝術大学非常勤講師の関孝弘氏のところにレッスンに通っていました。東京音楽大学の宮原節子先生に作曲学的見地からレッスンを受け、大学では、東京音大の関先生のお弟子さんから、関先生のところへレッスンに来るように関先生が言っていたよと声をかけられ、月に1回ほど再び、通うようになりました。


京都へは、大人になってから、神戸大学大学院社会人受験&ピアニストとして演奏活動をするために、ピアニスト阿部裕之氏の元をお尋ねするようになってから、よく訪ずれるようになりました。

片岡みどり先生は大学4年生の夏休みと卒業してから何度かご自宅にお伺いしたことがあるのですが、「東京音大に行くんだったら、東京音大の教授を紹介してあげたのに」とおっしゃておられました。もう、その時は大学4年生になっていました。ご自身の相愛大学でのお弟子さんのために、オルヒデーンクランツというコンサートを開催されていらっしゃり、そちらのコンサートに出なさいと2つほどコンサート出演を促されたのですが、大学推薦の新人演奏会があったので、そちらに出て、大学が違うので、出ませんでした。

当日は、オーストリアウイーンの名器ベーゼンドルファインペリアル290を使用したCD販売も行う予定です。

2017年演奏会からラヴェル 鏡より
ラヴェル