2022_10
19
(Wed)12:00

パリ管弦楽団を聴く

東京芸術劇場にてパリ管弦楽団コンサートを聴きました。

四階席まで満員のお客様でした。


なんて、言うんでしょう。素晴らしい音楽に、言葉なんていらないという感じです。それくらい素晴らしかった。

25,6才指揮者ですが、そうは見えない風格で15,6年のキャリアがもうあるとか。
1996年生まれだそうです。

見やすい指揮で、後ろから見ていても、合わせられそうなくらい大ぶりの指揮です。

ドビュッシーの、海は、美しい響きで、フランス。故郷を感じました。

なんのくせもない正統派の音楽。



美しいパリの響きとドビュッシーの海など情景豊かな演奏に心打たれました。

ボートに乗っての荒波のような情景は、午前中に見た相模湾ではなく、黒海の荒波をイメージ人生の厳しさを彷彿とさせる演奏でした。

1楽章の最後ではやはり感極まり、感涙。よく聴く曲ではなく、ましてや、ライブでは初めて聴きました。

太陽のない海上は暗黒の海でその生活は大変厳しいものですが、時には光も見え、3楽章まで、航海の旅に誘われて、人生の旅路。最後は穏やかで沖に引き揚げられました。

次はラヴェルのボレロ。大変明るい音色と強烈な音響効果で、圧巻。楽団員さんも大活躍。


衣装もおしゃれ。目が肥えました。

ストラビスキーの春の祭典では、変拍子多用の現代音楽ですが、照明もあり、音楽と赤やオレンジの暖かな光による色彩効果でリラクゼーション効果があるように感じました。

リズムが変拍子など、見ていても面白く、音響もすごい厚み。
照明も、色鮮やか。はっと目が覚めました。

#東京芸術劇場

#ORCHESTREDEPARIS



20221018143415da7.jpeg

20221018143419f45.jpeg

20221018143419d7e.jpeg

20221018143422bf8.jpeg

2022101814342066e.jpeg

20221019095016480.jpeg



♪ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ♪