ラヴェル ソナチネ 嬰ハ短調/Ravel Sonatine fis-moll

ラヴェル(1875~1937)の「ソナチネ」は、「水の戯れ」の少し後「鏡」と並行して1903年から1905年にかけて作曲されたピアノ曲で、1906年3月10日リヨンでポール・ドゥ・レスタン夫人によって初演されました。 

ラヴェルの友人のゴデブスキ夫妻(イーダとシーパ)に献呈されましたが、ゴデブスキ夫妻の子供のジャンとミミには後に連弾曲「マ・メール・ロア」も献呈されております。

この曲はラヴェルがある音楽雑誌主催の作曲コンクールのために書き上げた曲で、小節数の規定のため小規模な作品となっておりますが、入選したのはラヴェル1人だけだったそうです。

ソナチネというタイトルは作品の難度ではなくラヴェルの古典様式への傾斜を映し出しているに過ぎません。 きりりと引き締まった古典的な佇まいの中に美しく多彩なそしていかにもラヴェルらしい素晴らしく洗練された楽想を配した名作です。 その完成度の高さは名匠の手で磨き上げられた宝石を思わせます。

第1楽章 モデレ
P1030043.jpg
ソナタ形式の優しいメランコリーをたたえた曲です。 コンパクトにまとめあげられた中で新鮮な響きや流麗な美しさが印象深い楽章です。

第2楽章 メヌエット
P1030044.jpg
繊細で高貴な旋律を持ったメヌエットで中間部を経てやや変形されて再び現れますが古典的なフォルムは失っておりません。

第3楽章 アニメ
P1030045.jpg
循環形式のソナタを形作っております。 わきたつばかりの喜びに溢れる終曲は「青春と練達の妙技が混然一体となった名作」とのロマン=マニュエル(1891~1966)の讃辞にふさわしい終曲です。

ラヴェル ソナチネ♫~コルトー
ラヴェル ソナチネ♫~ギーゼキング
ラヴェル ソナチネ♫~クララ・ハスキル
ラヴェル ソナチネ♫~ラローチャ
ラヴェル ソナチネ♫~アヴデーエワ
ラヴェル ソナチネ 第1楽章♫~アルゲリッチ
ラヴェル ソナチネ 第1・2楽章♫~ラヴェル

P1030050.jpg
ペルルミュテール

P1030046.jpg
ギーゼキング

P1030047.jpg
パスカル・ロジェ

P1030048.jpg
モニク・アース

P1030049.jpg
ポール・クロスリー


レッスン問い合わせ









プロフィール

谷真子 masakotani

Author:谷真子 masakotani
東京音楽大学卒業

ADRESS
奈良市学園前

ピアニスト谷真子公式サイト
http://masakotani.co
奈良市学園前 谷真子ピアノ教室 教室ブログ「musica」
最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
カウンター