グリーグ ペールギュント組曲 作品46, 作品55/Grieg Peer Gynt Suites Op.46, Op.55 

グリーグ(1843~1907)はノルウェーの民族音楽から深い影響を受けた国民楽派の作曲家です。 ピアノのために数多くの小品を残しており「北欧のショパン」と呼ばれる事もあります。

グリーグの「ペール・ギュント」作品23はヘンリック・イプセンの戯曲「ペール・ギュント」のためにグリーグが作曲した劇付随音楽ですが、のち1891年にグリーグは原曲の第13,12,16,8曲の4曲を選び管弦楽のための第1組曲として編曲しております。(作品46) また1892年には原曲の第4,9,21,19.曲の4曲を選び第2組曲として編曲致しましたが、翌1893年第9曲の代わりに第15曲を入れてそれを改訂しております。(作品55)

{イプセンの「ペール・ギュント」は1867年にイプセンが書いた戯曲ですが、これを舞台で上演するにあたり1874年イプセンは同国人のグリーグに劇音楽の作曲を依頼します。 グリーグはそれを翌年1875年に完成させ、初演は1876年2月24日現オスロの王立劇場で行われました。(作品23)}

他にもグリーグ自身の編曲で何曲かがピアノ独奏曲やピアノ伴奏の歌曲に編曲されております。

P1030125.jpg
ピアノ独奏用楽譜 作品46

ピアノ1


ピアノ2
オーセの死

ピアノ3
アニトラの踊り

ピアノ4
山の魔王の宮殿にて

P1030154.jpg
ピアノ独奏用楽譜 作品55

1
イングリッドの嘆き

2
アラビアの踊り

3
ペール・ギュントの帰郷

4
ソルヴェイグの歌


P1030126.jpg
第2組曲作品55 スコア

1
イングリッドの嘆き

2
アラビアの踊り

3
ペール・ギュントの帰郷

4
ソルヴェイグの歌

グリーグ「ペール・ギュント」第1組曲 作品46

オーセの死
アニトラの踊り
山の魔王の宮殿にて

グリーグ「ペール・ギュント」第2組曲 作品55
イングリッドの嘆き
アラビアの踊り
ペール・ギュントの帰郷
ソルヴェイグの歌

P1030127.jpg
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、カラヤン指揮


レッスン問い合わせ





プロフィール

谷真子 masakotani

Author:谷真子 masakotani
東京音楽大学卒業

ADRESS
奈良市学園前

ピアニスト谷真子公式サイト
http://masakotani.co
奈良市学園前 谷真子ピアノ教室 教室ブログ「musica」
最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
カウンター