グリーグ ピアノ協奏曲 イ短調 作品16/Grieg Piano Konsert a-moll Op.16

ノルウェーの作曲家グリーグ(1843~1907)のピアノ協奏曲イ短調作品16はグリーグが完成させた唯一のピアノ協奏曲で、古今のピアノ協奏曲の中でも重要な位置を占める名曲です。

1868年グリーグが25歳の時デンマークで作曲したグリーグの初期の傑作で、親友のエドムント・ノイぺルトに捧げられており完成の翌年ノイぺルトによって初演されました。

グリーグはその後何度も改訂を行い現在演奏されるのは最晩年の1906年から1907年頃にかけて改訂され1917年に出版されたものです。

グリーグのピアノ協奏曲は同じイ短調という事もありシューマンのピアノ協奏曲とよく比較されますが、実際にグリーグはシューマンのピアノ協奏曲をライプツィッヒ音楽院に留学していた1856年にクララ・シューマンの演奏で聴いておりそれに大きく影響を受けております。

1870年グリーグと面会したリストはグリーグの手稿譜を初見で弾き絶賛したというエピソードが残っております。

P1030163.jpg

第1楽章
1
ティンパニーのクレッシェンドに導かれて登場するピアノの流れ落ちるような冒頭のフレーズはテレビのBGMなどでもしばしば使われる非常に有名な音楽です。 これは北欧のフィヨルドに注ぐ滝の流れを表現したものと言われております。
グリーグ ピアノ協奏曲 第1楽章♫~キーシン

第2楽章
2
第2部でようやく現れるピアノのパートはそれまでの弱音器を付けた弦楽器の柔らかい和音の旋律を受け継ぎながら発展して行くパッセージであり印象的です。 アタッカで次の楽章へと続きます。
グリーグ ピアノ協奏曲 第2楽章♫~キーシン

第3楽章
3-1
マーチによる導入の後ピアノのカデンツァで開始します。 ノルウェー舞曲を思わせる第1テーマはピアノが提示し中間部ではフルートが叙情性にあふれた牧歌的なメロディを歌い上げます。

3-2
その後クアジ・プレストにテンポを急迫させます。

3-3
最後はアンダンテ・マエストーソとなり堂々とした終曲に至ります。
グリーグ ピアノ協奏曲 第3楽章♫~キーシン

グリーグ ピアノ協奏曲♫~リヒテル
グリーグ ピアノ協奏曲♫~ルービンシュタイン
グリーグ ピアノ協奏曲♫~ルプー


レッスン問い合わせ


プロフィール

谷真子 masakotani

Author:谷真子 masakotani
東京音楽大学卒業

ADRESS
奈良市学園前

ピアニスト谷真子公式サイト
http://masakotani.co
奈良市学園前 谷真子ピアノ教室 教室ブログ「musica」
最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
カウンター