シューマン トッカータ ハ長調 作品7/Schumann Toccata C-Dur Op.7

シューマン(1810~1856)のトッカータは1833年に書かれたピアノ独奏曲ですが、この頃のシューマンはピアニストを目指しておりパガニーニの曲をピアノのために編曲するなどしてピアノ演奏技術の向上を目指しておりました。

そのような時期に書かれたこの曲は、きわめて高い演奏技術を前面に押し出し技巧を追求した曲で、華やかな外面的効果を狙った作品です。

親友のピアニスト・作曲家のルートヴィッヒ・シュンケに献呈され、シュンケは返礼として「大ソナタト短調」作品3を献呈しますが翌1834年肺結核で夭折したため、後シューマンは自作のピアノ協奏曲に「大ソナタ」の一節を引用しております。

1830年に書かれたトッカータの初稿は「練習曲」と題されておりますが、近年自筆譜が発見され2009年にヘンレ社から出版されております。

曲はソナタ形式で書かれておりますが、活気溢れた運動性の強い曲の中に叙情的なメロディや緻密な和声、対位法的書法までもが盛り込まれ、様々な作曲技法が光る名曲です。

P1030211.jpg

シューマン トッカータ♫~シフラ
シューマン トッカータ♫~ホロヴィッツ
シューマン トッカータ♫~キーシン
シューマン トッカータ♫~アルゲリッチ
シューマン トッカータ♫~リヒテル
シューマン トッカータ♫~フランソワ
シューマン トッカータ♫~ケンプ

P1030210.jpg
ホロヴィッツ(ピアノ)


ピアニスト谷真子公式サイト




プロフィール

谷真子 masakotani

Author:谷真子 masakotani
東京音楽大学卒業

ADRESS
奈良市学園前

ピアニスト谷真子公式サイト
http://masakotani.co
奈良市学園前 谷真子ピアノ教室 教室ブログ「musica」
最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
カウンター