2016_06
24
(Fri)09:27

ブラームス 4つの小品 作品119/Brahms 4 Stucke Op.119

「4つの小品作品119」はブラームス(1833~1897)が1893年に作曲したピアノ独奏のための性格的小品集です。

ブラームスが作曲した最後のピアノ独奏作品です。

第1曲は1893年5月に残りの3曲は1893年6月に着手されオーストリアのバート=イシュルでのブラームスの夏の休暇中に完成しております。

初演は1894年3月7日ロンドンでアイベンシュタッツのピアノにより作品118と合わせて演奏されております。

P1030432.jpg

第1曲 間奏曲 ロ短調
1
決して悲観的でも絶望的でもなくすべての感情を超えた穏やかさが感じられます。

第2曲 間奏曲 ホ短調
2
近く訪れるであろう死への漠然とした不安を感じさせる曲です。 中間部は天国で来るであろうな宗教的な達観を感じさせるシンプルな曲です。

第3曲 間奏曲 ハ長調
3
テーマは東洋的な五音音階で作られていますが、ドイツ的な生真面目さを併せ持った「giocoso」です。

第4曲 狂詩曲 変ホ長調
4
堂々としたファンファーレのような重厚な和音によるテーマで幕を開け非常に交響的な曲です。 最後は重々しい変ホ短調で劇的に終わります。

ブラームス 4つの小品♫~ケンプ
ブラームス 4つの小品♫~ぺライア
ブラームス 4つの小品♫~ルプー
ブラームス 4つの小品♫~リヒテル
ブラームス 4つの小品♫~シフ
ブラームス 4つの小品♫~ルドルフ・ゼルキン


ピアニスト谷真子公式サイト