バッハ ゴルトべルク変奏曲(アリアと30の変奏曲) ト長調/J.S.Bach Goldberg-Variationen Aria mit verschiedenen Veranderungen G-Dur BWV988

ゴルトベルク変奏曲はバッハ(1685~1750)によるアリアと30の変奏曲から成る2段の手鍵盤のチェンバロのための練習曲です。

全4巻からなる「クラヴィーア練習曲集」の第4巻であり1742年に出版されました。

バッハ自身の表題は「2段鍵盤付きクラヴィチェンバロのためのアリアと種々の変奏」となっております。

ゴルトベルク変奏曲というのは俗称で、バッハが音楽を手ほどきしたゴルトベルクが不眠症に悩むドレスデンの延臣カイザーリンク伯爵のためにこの曲を演奏したと言う逸話からこの俗称が付けられましたが、演奏には高度な技術を必要としゴルトベルクは当時まだ14歳であったことから、この逸話については懐疑的な見方が多くあります。

ピアノが主流となった時代から20世紀初頭まで演奏されることは少なかったですが、ランドフスカのモダンチェンバロによる演奏録音やグールドのデビュー録音によって世界的なヒットとなり広く知られるようになりました。

バッハ ゴルトベルク変奏曲♫~シフ
バッハ ゴルトベルク変奏曲♫~ニコライエワ
バッハ ゴルトベルク変奏曲♫~ランドフスカ(チェンバロ)
バッハ ゴルトベルク変奏曲♫~レオンハルト(チェンバロ)


ピアニスト谷真子公式サイト



プロフィール

谷真子 masakotani

Author:谷真子 masakotani
東京音楽大学卒業

ADRESS
奈良市学園前

ピアニスト谷真子公式サイト
http://masakotani.co
奈良市学園前 谷真子ピアノ教室 教室ブログ「musica」
最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
カウンター