スカルラッティ ソナタ ヘ長調 K.17 L384/Scarlatti Sonate F-Dur K.17 L.384

スカルラッティ(1685~1757)の鍵盤のためのソナタのうちカークパトリック番号のK.1からK.30までは「Essercizi per Gravicembalo」として出版されポルトガル王ジョアン5世に献呈されました。

これは生前に唯一、作曲家自身が出版した曲集で、その序文はスカルラッティの文書資料として貴重なものです。

その序文によると「チェンバロのための練習曲集」は演奏技法の修練を目的としている事が示唆されており、音楽教師として仕えたポリトガル王女マリア・バルバラの日々の練習用という実用的な目的で書かれたと思えます。

全30曲の配列は後の作品になるほど長く難しくなるように並べられております。

K.17は上声と、低声または内声の3度と6度の平行が全体を特徴づけております。 形式に関しては後半が作品冒頭の動機で始まらないことが注目されます。 これは前半が冒頭の分散和音で終わるためだと思えますが、K. 16までこうした例はほとんどありませんでした。 なお前打音が加わったり、連続して長い下行となる刺繍音型のような動機の変形が楽曲構成の要となっております。

P1030464.jpg

P1030465.jpg

スカルラッティ ソナタ 参考ブログ

スカルラッティ ソナタ K.17♫~セルゲイ・ババヤン
スカルラッティ ソナタ K.17♫~プレトニョフ
スカルラッティ ソナタ K.17♫~シェルバコフ
スカルラッティ ソナタ K.17♫~ハープシコード


ピアニスト谷真子公式サイト
プロフィール

谷真子 masakotani

Author:谷真子 masakotani
東京音楽大学卒業

ADRESS
奈良市学園前

ピアニスト谷真子公式サイト
http://masakotani.co
奈良市学園前 谷真子ピアノ教室 教室ブログ「musica」
最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
カウンター