ショパン チェロ・ソナタ ト短調 作品65/Chopin Sonate fur Violoncello und Klavier g-moll Op.65

ピアノの詩人として有名なショパンですが、1846年に作曲し、翌1847年に出版した曲にチェロ・ソナタ ト短調 作品65という室内楽曲があります。

ショパンはピアノとチェロのための作品を3曲書いていますが、この作品はショパンが生前に発表・出版した全作品の中で最後の大作です。

ショパンと10数年来の親交がありショパンを支え続けた親友のチェリストのフランショームに献呈されており、彼との共演を想定して作曲されたと思われます。

ショパンはピアノの次にチェロと言う楽器を愛しており、この作品によってショパンは室内楽と言う新たな境地を開拓しようとしていたのではないかと考えられます。

ピアニストにとってはあまり有名な曲ではありませんが、チェリストにとってはショパンの作曲した曲という事で大変あこがれの曲でありますが、少し難解な部分もあり決して簡単な曲ではありません。

4楽章から成っていますが、全楽章に亘ってチェロとピアノを対位法的に扱い、協奏的にフレーズを展開しております。 そのためチェロとピアノが常に対等で相補的な関係になっております。

ショパン チェロ・ソナタ ト短調♫~ピリス
ショパン チェロ・ソナタ ト短調♫~アルゲリッチ



ピアニスト谷真子公式サイト
プロフィール

谷真子 masakotani

Author:谷真子 masakotani
東京音楽大学卒業

ADRESS
奈良市学園前

ピアニスト谷真子公式サイト
http://masakotani.co
奈良市学園前 谷真子ピアノ教室 教室ブログ「musica」
最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
カウンター