2017_02
13
(Mon)07:00

モーツァルト ピアノ・ソナタ第1番 ハ長調 K.279/Mozart Sonate fur Klavier Nr,1 C-Dur K,279

モーツァルトのピアノ・ソナタ第1番は1775年の初めの頃、ミュンヘンで書かれたモーツァルトの最初のクラヴィーアのためのソナタです。

P1030818.jpg

第1楽章
1

第2楽章
2

第3楽章
3

同時期に6つのピアノ・ソナタが1つのセットとして作曲されましたが、デュルニッツ男爵に頼まれ作曲したためこの6曲はデュルニッツ・ソナタと呼ばれております。

これら6曲はモーツァルト自身によって一連の番号が付けられていますが、番号順に書いたのかは定かではありません。

調性は1番はハ長調、第4番まではそれぞれ前曲の5度下の下属調となっており、第2番ヘ長調、第3番変ロ長調、第4番変ホ長調です。 一方第5番は第1番ハ長調の5度上の属調で、第6番は更にその5度上のニ長調となっております。

モーツァルト ピアノ・ソナタ第1番♫~リりー・クラウス



ピアニスト谷真子公式サイト