ブラームス 2つのラプソディ Op.79-1/Brahms 2 Rhapsodien Op.79-1

ブラームス(1833~1897)の2つのラプソディはブラームスが46歳、1879年に作曲したピアノ独奏曲で、Op.79-1とOp.79-2の2曲から成っております。

ブラームスは1877年から1879年にかけて夏の間オーストリア南部のペルチャッハという町で過ごし、2つのラプソディを書き上げます。 ぺルチャッハはヴェルダー湖のほとりにあるアルプスの山々に囲まれた保養地ですが、ブラームスもその地を好み、クララ・シューマンにもその美しさを書き送っております。 ブラームスは3回目の滞在の1879年の夏に2つのラプソディOp.79を作曲し、翌1880年には自身によって初演をしております。

またかつての弟子のエリーザベト・フォン・シュトックハウゼンに献呈されております。

ブラームスは1850年代初期にピアノ・ソナタを3曲作曲、その後パガニーニの主題による変奏曲などの変奏曲に取り組み、1860年~1870年にかけてはハンガリー舞曲集等の連弾作品があります。

その後、2つのラプソディを作曲しますが、これ以降はピアノ作品には手を付けず、1892年になってピアノ小品を作曲します。

ラプソディは古代ギリシャ吟遊詩人の歌を指しますが、音楽的には自由奔放な形式で民族的または叙事詩的な内容を表現した楽曲を意味します。

ブラームス 2つのラプソディ Op.79-1♫~アルゲリッチ
ブラームス 2つのラプソディ Op.79-1♫~ルービンシュタイン
ブラームス 2つのラプソディ Op.79-1♫~ペライア
ブラームス 2つのラプソディ Op.79-1♫~シフラ


ピアニスト谷真子公式サイト
プロフィール

谷真子 masakotani

Author:谷真子 masakotani
東京音楽大学卒業

ADRESS
奈良市学園前

ピアニスト谷真子公式サイト
http://masakotani.co
奈良市学園前 谷真子ピアノ教室 教室ブログ「musica」
最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
カウンター