クラシック音楽の楽しみ方

クラシック音楽は難しい音楽理論に則って作曲されておりますので、それを専門に学ぼうとすると長い年月のかかる壮大な世界ですが、趣味でクラシック音楽を聴かれる方にとっては一時世俗を忘れ心が癒される楽しい世界ではないかと思います。

もちろん音楽学者顔負けの知識を持たれ、趣味とは言ってもかなり専門的に楽しまれている方も中にはいらっしゃいますが、多くの方は難しい事は分からないけれどもクラシック音楽を聴いたら心が浄化され安らぐから好きという方が多いのではないかと思います。

演奏にはもちろん正しい演奏と間違った演奏の2種類がありますが、しかし正しい演奏に唯一の正解があるわけではありません。

その点が数学やスポーツと異なる点ではないかと思います。 100点の演奏にもいくつかの正解があり、また1位の演奏も一つとはかぎりません。

最終的には、どのピアニストを好むかは聴かれる方の好みによって決定されるのではないかと思います。

お洋服を選ぶ場合も、インテリアを考える場合も、その他日常のあらゆる場面で何かを選択する時に自分の好みと言うものがあるのではないかと思います。

育った環境や友人の影響や現在置かれている社会的ステータスなど様々な要素で人間の好みと言うものは形成されるのではないかと思いますが、自分の感性に合ったものに触れると安堵感を覚えます。

どのピアニストを好むかと言うのもこれに近い所があるのではないかと思います。

ちなみに私は自分でも好みは保守的な方だと思うのですが、お洋服でもインテリアでも伝統的で端正なものを好みます。

ですから好むピアニストもクラシックの王道を進む正統派の端正なピアニストを好みます。

でもそうではない音楽関係者の方も多くいらっしゃいます。 伝統を打ち破り斬新な演奏をするピアニストや華やかな聴衆を引きつけるパフォーマンスをされるピアニストを好まれる方も多く、これはどちらが良いまたは悪いという問題ではありません。

クラシックの世界は敷居が高くてと敬遠される方々も、難しく考えずご自分の好むピアニストの音楽を理屈抜きで楽しく聴かれたらそれで良いのではないかと私は思います。

演奏は人生経験そのものですので、若い人の演奏には血気盛んなエネルギーがあり、また人生経験豊かな方の演奏には人生を語るものがあります。 また男性ピアニストには男性の、女性ピアニストには女性特有の良さがあります。 

いずれにしましても日本でもお食事に行くように気楽に生の演奏会に足を運ばれる方が増えていく事を日々願っております。


ピアニスト谷真子公式サイト
プロフィール

谷真子 masakotani

Author:谷真子 masakotani
東京音楽大学卒業

ADRESS
奈良市学園前

ピアニスト谷真子公式サイト
http://masakotani.co
奈良市学園前 谷真子ピアノ教室 教室ブログ「musica」
最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
カウンター