ショスタコーヴィチ ピアノ三重奏曲 第2番 ホ短調 作品67 

ショスタコーヴィチ(1906~1975)のピアノ三重奏曲第2番は1944年に完成された室内楽曲ですが、17歳の時に作曲された第1番に比べて演奏の機会は比べものにならないほど多く、ショスタコーヴィチのピアノ三重奏と言えばこの2番を指す事も多いようです。

チャイコフスキーピアノ三重奏曲がニコライ・ルビンシテインのため、ラフマニノフのピアノ三重奏曲第2番がチャイコフスキーのための追悼曲であったように、ショスタコーヴィチピアノ三重奏曲第2番はショスタコーヴィチの友人であり音楽学者・評論家のイワン・イワノーヴィチ・ソレルチンスキーの追悼音楽として構想され、1944年11月レニングラードで初演されました。

第1楽章の冒頭はチェロのハーモニクス奏法によって開始しますが、これは当時モスクワ音楽院で教鞭をとっていたショスタコーヴィチが入学してきた16歳のロストロポーヴィチのチェロ演奏を聴き作曲したと言うエピソードがあり、チェロ奏者にとっては難しい技法のようです。

ショスタコーヴィチ ピアノ三重奏曲第2番♫~アルゲリッチ(ピアノ)、ミッシャ・マイスキー(チェロ)


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
プロフィール

谷真子 masakotani

Author:谷真子 masakotani
東京音楽大学卒業

ADRESS
奈良市学園前

ピアニスト谷真子公式サイト
http://masakotani.co
奈良市学園前 谷真子ピアノ教室 教室ブログ「musica」
最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
カウンター