2017_05
17
(Wed)08:42

グリンカ 幻想的ワルツ ロ短調/Glinka Valse-fantaisie h-moll

グリンカ(1804~1857)は近代ロシア音楽の父と呼ばれたロシアの作曲家です。

幻想的ワルツは、グリンカが1839年思いを寄せていたエカチェリーナ・ケルンのために作曲したピアノ曲でエカチェリーナに献呈されました。

グリンカはこの頃、妻ともうまくいかず、仕事への情熱も失っていた時期で、友人の家を泊まり歩く日々でした。

グリンカは1845年この曲も編曲し「ワルツ・スケルツォ」としています。

また亡くなる前年の1856年に、管弦楽編曲も行っております。

グリンカ 幻想的ワルツ♫~ピアノ版
グリンカ 幻想的ワルツ♫~管弦楽版


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ