ハイドン ピアノ三重奏曲 ト長調 Hob.XV-25 Op.73-2(ランドン版 39番)

ハイドンはピアノ三重奏曲をおよそ45曲作っておりますが、その中でもHob.XV-25は明るくさわやかな演奏効果の高い曲で良く演奏されます。

作曲されたのはハイドンがロンドン滞在中の1795年です。

ハイドンのクラヴィーア3重奏曲は、初期・中期・後期に別れていますが、初期は、ハイドンの若い1760年頃、モルツィン伯爵の下に出入りしていた時期の作品です。 タイトルはディベルティメントとなっていて、クラヴィーアのパートは明らかにチェンバロを想定して書かれております。

そして約20年後、エステルハージ侯爵の時代の後半に書かれた作品群が中期で、その後ロンドン時代に書かれた作品群が後期です。 ロンドン時代の作品はクラヴィーアのパートは明らかにピアノフォルテ用に書かれております。

第1楽章 アンダンテ ト長調 2/4拍子
ピアノが優しい調べで始まり、ヴァイオリンと温もりある対話をしているかのようです。
第2楽章 ポコ・アダージョ ホ長調 3/4拍子
ピアノの素朴な調べは郷愁を誘い深く共鳴するものがあり慰めを感じる調べとして響いてきます。
第3楽章 フィナーレ:ハンガリー風のジプシー・ロンド
プレスト ト長調 2/4拍子
ピアノ、ヴァイオリン、チェロが喜びを分かち合うように、生き生きと明朗軽快に展開していきます。

第3楽章から通称「ジプシー・ロンド」とも呼ばれます。

ハイドン ピアノ三重奏曲 ト長調♫~コルトー



ピアニスト谷真子公式サイト
プロフィール

谷真子 masakotani

Author:谷真子 masakotani
東京音楽大学卒業

ADRESS
奈良市学園前

ピアニスト谷真子公式サイト
http://masakotani.co
奈良市学園前 谷真子ピアノ教室 教室ブログ「musica」
最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
カウンター