2017_06
25
(Sun)11:00

メシアン 8つの前奏曲/Messiaen Preludes

メシアンはフランスの現代音楽の作曲家ですが、同時に神学者・鳥類学者・共感覚の持ち主としても有名です。

1919年11歳でパリの国立高等音楽院に入学し、多くのプルミエプリ取得後、1930年卒業します。

1931年、22歳でパリのサントトリニテ教会のオルガ二ストに就任し、最後までその職を務めあげます。

1942年、母校の教授となりますが、弟子にはブレーズ、シュトックハウゼン、クセナキスなど多くの弟子を育て上げています。

8つの前奏曲は1929年作曲されたメシアンの最初の重要なピアノ曲ですが、各曲に付けられた詩的なタイトルはドビュッシーの前奏曲集をイメージさせられる所もあります。 しかしドビュッシーとは一線を画した音楽観を呈しており、メシアンの独立した世界を表現しております。

1 鳩 / "La colombe" 
2 悲しい風景のなかの恍惚の歌 / "Chant d'extase dans un paysage triste" 
3 軽快な数 / "Le nombre léger" 
4 過ぎ去った時 / "Instants défunts" 
5 夢のなかのかすかな音 / "Les sons impalpables du rêve" 
6 苦悩の鐘と告別の涙 / "Cloches d'angoissse et larmes d'adeu" 
7 静かな嘆き / "Plainte calme" 
8 風のなかの反映 / "Un reflet dans le vent" 

メシアン 8つの前奏曲より 鳩


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ