2017_09
02
(Sat)09:59

ガーシュウィン ラプソディ・イン・ブルー/Gershwin Rhapsody in Blue



ラプソディ・イン・ブルーはアメリカの作曲家のガーシュウィンが作曲したピアノ独奏と管弦楽のための作品です。

ラプソディ(狂詩曲)は自由奔放な形式で民族的または叙事的な内容を表現した楽曲という意味です。

タイトルからガーシュウィンがジャズをアメリカの民俗音楽としてとらえていたことが分かります。

オーケストレーションに精通していなかったガーシュウィンは1924年当初は2台のピアノ用に作曲し、グローフェがジャズバンド用にオーケストレーションしました。

1927年にはガーシュウィンはピアノソロ版も書いております。

現在良く演奏される版は、ガーシュウィンの死後の1942年にフランク・キャンベル=ワトソン(ガーシュウィンの作品の出版社の編集者)がグローフェ編曲版に加筆修正したものです。

日本ではジャズピアニストの小曽根真さんがアジアをはじめ各地で演奏された事から広く知れ渡るようになりました。


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ