2017_09
30
(Sat)17:15

エル・システマ

南米のベネズエラで1975年に始まった教育プログラムにエル・システマというプログラムがありますが、日本の福島県の相馬市でもその南米の知恵を取り入れたプログラムが実行されているそうです。(朝日新聞記事より)

ベネズエラのエル・システマというのは貧困層の子供に楽器を与え、オーケストラ演奏を目指す事で、生きる力を育むのが狙いで世界の50以上の国・地域に広がっているプログラムです。

福島の相馬市の課題は貧困ではありませんが、東日本大震災で被災し困難な状況にある子供達に、音楽の力で夢や希望を与えるため、有志が立ち上がり、相馬市がそれに理解を示し、子供オーケストラが結成されたそうです。

音楽は聴くだけでも大きなエネルギーをもらいますが、自身で演奏するとより大きな生きる力になります。

原発事故の影響で故郷を去らざるをえない子供たちにとって、楽器演奏は大きな夢と希望を与えてくれるものと思います。

また被災された指導者の方々にとっても大きな力になるプログラムだと思います。

東日本大震災の時は、私たちも何かのお手伝いができればと、コンサートの後で募金活動を致しましたが、少しずつ復興して来られている様子に良かったと喜んでおります。


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ