2020_09
11
(Fri)16:46

中学・高校の恩師関孝弘先生のところにCDが届いたようです。

先日、東京でお世話になりました関孝弘先生のところへ、お送りしました新しくリリースされたCDが届いたとメールがありました。

後日、ゆっくり聴かせて頂きますとのことで、生の音をまた聴かせて頂きたいですねとのことでした。

東京の等々力在住でいらっしゃいましたが、現在は横浜市にお住まいです。

奥様のマリアンジェラ様はイタリアの方で、小児がんなどの難病の子ども達へのコンサートを提唱されていらっしゃいます。

関先生はそのチャリティーコンサートで演奏をされたり、ご自宅を開放され、グループレッスンやソノリタ講座なども開講されていらっしゃるようです。

コロナ渦のため、出国が出来ず、イタリア・ドイツでのコンサートは中止になったそうです。

また、上京の際には、立ち寄って、ピアノを聴いて頂けたらと思います。



https://youtu.be/Sh-hqR3j4Qk



CDご希望の方は、TEL0742-46-2302(谷)または、ピアニスト谷真子公式サイトconcert欄お問い合わせフォームへお申込下さい。


Masako Tani plays

Bach=Busoni,Schubert,Debussy,Ravel

fc2blog_20200720163543bfd.jpg

img_p114.gif

【収録曲】シューベルト即興曲Op.90-2,3,4,
バッハ=ブゾーニ シャコンヌ
ドビュッシー 映像第1集
ラヴェル ラ・ヴァルス
ラヴェル ボロディン風に、シャブリエ風に

【レコーディング】2020年2月12日(水)
【会場】B-techJapan Osaka Studio
【ピアノ】ベーゼンドルファーBösendorferインペリアル

【品番】RS-02003
【発売元】RAPT SOUND

img_p114.gif
CD購入はこちら!

【定価】1枚 \2,000(税込)

お電話でのお申込
button124.gif
TEL 0742-46-2302
メールでのお申込
000m07111.gif
こちら
(CDのご感想等もこちらから、お聞かせ下さい)

収録曲目
106335192_346889906301009_9073169121223619077_n.jpg

profile
107072870_1215264335477123_8378889782355666591_n.jpg
CDを取り出すと私が撮影したプラハの写真が浮かび上がるデザインになっております。

107152705_980698532384045_9183563763591296852_n.jpg
(録音製作 瀬口晃平 RAPT SOUND)

profile
クラシック音楽を専門とするレコーディングディレクター。
2001年、株式会社ラプトサウンドに入社。
スタジオUSENでアシスタントエンジニアを経験後、2004年に退社して渡独。2年の研修期間を経て、ドイツ・ハイデルベルクにあるレコーディングスタジオ、Tonstudio van Geest社に入社。
Claves、ECM、Hänssler Classics、NAXOSなどのレーベルの依頼により、 シプリアン・カツァリス、シュトゥットガルト室内管弦楽団、ラ・プティット・バンド、アルボ・ペルト、エストニア交響楽団など、数多くのCD作品の制作を手掛ける。 レコーディング技術、デジタル編集を担当した、「マンハイマー・モーツァルトオーケストラ」のCD作品は、2011年ロサンゼルスで開催された、「グラミーアワード」にノミネートされた。

自宅に飾ってある絵:後藤昭弘画伯(建築家) ピアノを弾いている私の絵 CD表紙のジャケットの絵より
P1040829.jpg

後藤昭弘デザイン シャンデリア↓ウイーンロブマイヤー製 GTO Chandelier.長野オリンピックOfficial hotel 長野国際ホテル21ロビー/長野県花りんどう がモチーフ、高さ8メートル国内最大級シャンデリア。20数年前の作品です。

117627171_1001127803668557_3840474254463876767_o.jpg
光に温かみがあり、綺麗なシャンデリアです。



♪ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ♪<
2020_08
05
(Wed)21:28

CDのご感想を頂戴致しました。


fc2blog_2020080421045952a.jpg


東京都文京区のYAMAH池袋店の田端様より、お振込み確認の事でメール致しましたところ、CDのご感想を頂戴致しました。

田端均様  
 御無沙汰申し上げております。お元気でいらっしゃいますでしょうか。
 この度は、新しいCDをご購入頂きまして、ありがとうございます。
   ~略~
 ベーゼンドルフア-の調律の菊池和明さんや、エンジニアの瀬口晃平さんなど、素晴らしいスタッフに囲まれての録音で、納得の行く出来に仕上がったと思います。楽しんで聴いて頂けたら、嬉しく思います。
 暑い日々が続きますので、どうぞお身体お大切にお過ごし下さいませ。谷真子

.
.
こんにちは。
お振込み遅くなりまして失礼致しました。
CDありがとうございます。楽しませていただいております。
真子さんのきっちりした演奏とベーゼンドルファーの重厚な音色をとても興味深く拝聴しております。
フランス物も感じがガラッと変わって楽しいですね。
もっといろいろな演奏会でもベーゼンドルファーの音に接したいです。

そういえば、バッハ館もマンションに建て替わってしまいましたね。
伺っていた頃が懐かしいです。
前回は予定が合わなかったのですが、またリサイタルされる時は是非聴かせていただきたいと思います。

今日の東京は暑かったです。きっとそちらもですよね。
ではますますのご活躍を陰ながら応援しております。
田端 均

.
.Masako Tani
田端様
 ご感想ありがとうございます。そのように言って頂けて、とても嬉しいです。
 
 次のリサイタルは、再来年の6月頃を予定しています。なら100年会館というところで、ベーゼンドルフア-が入っています。また、チラシが出来上がりましたら、ご案内させて頂きます。奈良は、今日もとても暑かったです。また、奈良の方へも、是非遊びにいらして下さい。😊


田端さんは、YAMAH池袋店で、東京音楽大学入学時に購入したYAMAHAC3のグランド・ピアノの調律でご紹介頂きました。
当時母と住んでいたバッハ館というマンションに調律に来て下さっていたのですが、最初、住所を見られて来られて、こちらの同じ部屋に住んでおられた前の方も調律に来ていましたとおっしゃっておられました。中のレイアウトが違うと違うように見えるそうですが、来られて同じだったようで、びっくりされたようです。偶然で驚かれておられましたが、それだけ東京には音大や音大生用のマンションの数が多いということです。
 東京では大学へ行く以外はお知り合いも少なく、調律に来られた時には、よくお話しをしました。趣味でホルンをされているとおっしゃられていたように思います。最近の年賀状では、息子さまがホルンを熱心にされていらっしゃるようです。

お元気そうで何よりです。




CDご希望の方は、TEL0742-46-2302(谷)または、ピアニスト谷真子公式サイトconcert欄お問い合わせフォームへお申込下さい。

a_blt018.gif
CDが新しく発売になりました。

Masako Tani plays
Bach=Busoni,Schubert,Debussy,Ravel


106002538_3159355770809816_7873576474051557812_n.jpg
購入はこちら!

お問い合わせ先 TEL 0742-46-2302
お問い合わせフォームはこちら

収録曲目
106335192_346889906301009_9073169121223619077_n.jpg

profile
107072870_1215264335477123_8378889782355666591_n.jpg

CDを取り出すと私が撮影したプラハの写真が浮かび上がるデザインになっております。
107152705_980698532384045_9183563763591296852_n.jpg
(録音製作 瀬口晃平 RAPT SOUND)

profile
クラシック音楽を専門とするレコーディングディレクター。
2001年、株式会社ラプトサウンドに入社。
スタジオUSENでアシスタントエンジニアを経験後、2004年に退社して渡独。2年の研修期間を経て、ドイツ・ハイデルベルクにあるレコーディングスタジオ、Tonstudio van Geest社に入社。
Claves、ECM、Hänssler Classics、NAXOSなどのレーベルの依頼により、 シプリアン・カツァリス、シュトゥットガルト室内管弦楽団、ラ・プティット・バンド、アルボ・ペルト、エストニア交響楽団など、数多くのCD作品の制作を手掛ける。 レコーディング技術、デジタル編集を担当した、「マンハイマー・モーツァルトオーケストラ」のCD作品は、2011年ロサンゼルスで開催された、「グラミーアワード」にノミネートされた。


♪ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ♪


.




























2020_07
19
(Sun)13:28

母のアメリカ留学時代の恩師明石紀雄先生からCDのコメントを頂戴致しました。





秋篠音楽堂でのリサイタルでDVDを見て下さったお礼に頂きました。冬場、シンプルなセーターにスカーフをしております。お出かけする時に。ダックスのスカーフです。イギリス紳士。




母の同志社女子大学時代の恩師の明石紀雄先生へCDをお送り致しましたところ、可愛い和菓子を頂戴致しました。
度々下さる母宛てのお葉書には、演奏会の事や、小学4年生でハイドンのピアノ協奏曲を演奏していて驚かれたりなど、よく演奏のコメントを下さいます。

母の女子大学時代のアメリカ留学の話で、私が生まれる前の話で、当然知らないわけですが、何かとアメリカ留学のお話は母から聞いていて、明石先生のお話もよく聞いています。娘さんが「麻子さん」とおっしゃるので、私の名前の”まさこの”ま”に「麻」という字を使いたかったとか、一緒に行った人がアメリカで音楽家に入門するんだといっていたけど、帰りの飛行機で一緒に帰っていたとか・・・。

アメリカのタングルウッド音楽祭へも訪ずれたらしく、小澤征爾の若かりし頃のボストンでの演奏会も聴いたようで、うらやましく思っていたものですが、ちょうど、母と同じ20歳の頃、学んでいた東京音楽大学へ私用で小澤征爾さんがキャンパスへ訪れられたことがあり、”小澤征爾が来ている”という情報が学内で回ってきたので、探していたら、サインはしないということでしたが、J館の狭い部屋から突然出てこられて、「頑張って下さい」とすぐ近くでお声をかけて頂き、とてもパワーをもらいました。
小澤征爾さんは、若い方への御指導も熱心にされている方ですので、お近くで拝見すると、パワーあふれる音楽家の方です。

ちなみに、母の祖母は、小澤征爾さんの奥様の入江美樹さんの(デザイナー)の大ファンでいました。

祖母は、結婚する前、山口県から単身で親戚の家で出てきて、大阪でデザイン学校へ通い、ドレスのデザインをしていました。(そのままパリへ留学したかったそうですが、曾祖母が山口県に連れて帰って、勉強を続ける事は叶わず、祖父とお見合い結婚させられそうです)
 祖母は結婚後も働く女性で、私が小さい頃も、祖母の兄の経営する大阪の会社(建設会社)の経理を一手に引き受けて家で仕事をしていました。祖父母の大阪(当時)の家に行っても、小さい私たちと遊んでくれるということはなく、銀行の人が来るからと朝早くからピリピリして机に向かってソロバンをはじいていました。

若い頃、デザイナー業界ではとても有名な人で皆の憧れの的の人であったそうで、小さい頃、大丸百貨店で祖母(母は付き添い)が見立てて購入していた私のドレスは、入江美樹さんのデザインのものです。(靴とストッキングは森英恵さん) 私がピアノを頑張っていた事から「ご主人は指揮者の方よ」とよく祖母が話していました。
祖父もアメリカへ良く行っていて、祖父が孫の代わりに現地のマネージャーさんに案内してもらって、ウオルトディズニーランドへ訪ずれてみたと言う話をよくしていて、祖母が「アメリカには2つディズニーランドがあるのね~」と話していて、私はデイズニーランドはアメリカにあるものだと思っていて、中学生の修学旅行で東京ディズニーランドを訪れて、初めて東京にもあるものだと知ったのでした。

母のアメリカの話です。音楽を専攻するなら、子どもの時に海外へ出た方が良いわよと言う母のアドバイスもあり、中学生の頃、ヨーロッパへ音楽研修も兼ねて、訪ずれたのです。大人になっていくよりも、感性が柔らかいですので、後々になって、音楽を続けていくのに大変良かったと思っております。

高校生の時は、韓国へ関西国際空港から飛行機で飛び、ウイーン国立音楽大学の先生陣による夏期セミナーに参加しました。東京音楽大学時代は授業料と、滞在家賃に費用が多くかかるので、海外へはあまり行けておりませんが、東京は国際都市ということもあって、コンサートの数が多いので、主に海外からのアーティストのコンサートへコンサートへ足しげく通いました。

”写真についての説明”
明石先生は、私が、ボストン郊外のアムハースト大学へ、夏期留学をした際、同行下さった先生です。
現在は、筑波大学の名誉教授でいらっしゃいます。
当時の、お写真を、二枚。
一枚目は、アムハースト大学キャンパス内を歩かれる、明石先生。(向かって左の長髪の先生です。)
二枚目は、当時の私。
向かって右から二人目の、赤いTシャツを着た学生です。
向かって一番右におられるのは、当時、マサチューセッツ州立大学教授の小沢先生です。
同志社大学の出身でいらっしゃるので、同志社とアメリカの大学の交流に意を尽くしておられた方です。

109781032_726175614889183_5730852244803943001_o.jpg
107763600_726175678222510_2890999689769399320_o.jpg


CDご希望の方は、TEl0742-46-2302(谷)または、Mailフォーム
へお問い合わせ下さい。

a_blt018.gif
CDが新しく発売になりました。


Masako Tani plays

Bach=Busoni,Schubert,Debussy,Ravel

106002538_3159355770809816_7873576474051557812_n.jpg

購入はこちら!
お問い合わせ先 TEL 0742-46-2302
お問い合わせフォームはこちら

収録曲目
106335192_346889906301009_9073169121223619077_n.jpg

profile
107072870_1215264335477123_8378889782355666591_n.jpg

CDを取り出すと私が撮影したプラハの写真が浮かび上がるデザインになっております。
107152705_980698532384045_9183563763591296852_n.jpg
(録音製作 瀬口晃平 RAPT SOUND)

profile
クラシック音楽を専門とするレコーディングディレクター。
2001年、株式会社ラプトサウンドに入社。
スタジオUSENでアシスタントエンジニアを経験後、2004年に退社して渡独。2年の研修期間を経て、ドイツ・ハイデルベルクにあるレコーディングスタジオ、Tonstudio van Geest社に入社。
Claves、ECM、Hänssler Classics、NAXOSなどのレーベルの依頼により、 シプリアン・カツァリス、シュトゥットガルト室内管弦楽団、ラ・プティット・バンド、アルボ・ペルト、エストニア交響楽団など、数多くのCD作品の制作を手掛ける。 レコーディング技術、デジタル編集を担当した、「マンハイマー・モーツァルトオーケストラ」のCD作品は、2011年ロサンゼルスで開催された、「グラミーアワード」にノミネートされた。


ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ
2020_07
10
(Fri)13:48

CDジャケットのピアノの絵を描かれた後藤昭弘さんから、CDのご感想を頂戴致しました。

早速、東京の方のところへも、お送りしたCDが届きましたようで、CDを聴いて下さったコメントを頂きました。

CDジャケット表紙に使わせて頂くことをご快諾頂きました、ピアノの絵を描かれた画家・建築家の後藤昭弘様(東京都三鷹市)より、次のようなメッセージを頂きました。


谷睦子・谷眞子様  

 ご無沙汰していますかますますご健勝のことと拝察しています。さて此の度は眞子様のCDをお送り頂き誠に有り難うございました。早速ベーゼンドルファーから流れ出る爽やかにもパッシヨネイトな音色に聴き入ってしまいました。不確かな21世紀にも変らぬ芸術の強さを眞子さんか流布されて行かれます様祈っております、有り難うございました。又CD発刊にご協力させて頂き光栄です!!   後藤昭弘

(返信~コメントどうもありがとうございます。また、CDをお聴き頂き、感想を頂きとても嬉しく思います。CDは演奏会と違って、映像がないので、音が命かと思います。そのようなコメントを頂き、嬉しく思います。作って下さった皆様のおかげでこのようなCDを作ることが出来ました。また、ジャケットには、後藤さんの絵を使わせて頂き、どうもありがとうございます。表紙のジャケットの色合いと絵が自分でも気に入っているので、ピアノの譜面台に飾って毎日練習しています。これからもどうぞ宜しくお願い申し上げます。)


原画
72253801_753057775147808_7636173143270227968_n.jpg

106002538_3159355770809816_7873576474051557812_n.jpg


後藤さんは、母のお知り合いで、私が東京音楽大学に進学する前から、存じ上げております。

東京藝術大学の受験の頃、母が買い物帰りに、東京の目白通りを通りかかったところ、共同個展を開かれていて、なんとなく母が入ったことでお知り合いになりました。個展のご案内お葉書を頂いたのを持って帰って来て、母が「娘が東京藝大受験を受験するのに頑張っているとお話したら、今度娘さんを連れて個展に一緒に来られたら良い」って、言われてたわよと話していたのはよく覚えています。

ピアノを本格的にする前、油絵教室へも通っていたのと受験もあり、なんとなく、その時は、中へは入りませんでしたが、通りがかりに、外からは、期間中、個展の風景や絵をよく見ていたので、なんとなく、私も存じ上げております。

20年近く経って、母が思い立って連絡先を画廊に問い合わせたところ、後藤様の連絡先が分かり、ご縁がまた繋がり、今回のCDジャケットでも絵を使わせて頂くこととなりました。

絵を見ると、その頃の事を思い出すので、私の記念の絵画&CDとなっております。

表紙のジャケットの背景のミルクティ-色ような淡い配色は、第1稿のデザイン案よりもう少し淡い色を私が希望したので、
CDディレクターの方と、デザイナーの方がこのようにまとめられ、このような感じに落ち着きました。

a_blt018.gif
CD発売になりました。
Masako Tani plays
Bach=Busoni,Schubert,Debussy,Ravel




106002538_3159355770809816_7873576474051557812_n.jpg
購入はこちら!
お問い合わせ先 TEL 0742-46-2302
お問い合わせフォームはこちら
収録曲目
106335192_346889906301009_9073169121223619077_n.jpg
profile
107072870_1215264335477123_8378889782355666591_n.jpg
CDを取り出すと私が撮影したプラハの写真が浮かび上がるデザインになっております。
107152705_980698532384045_9183563763591296852_n.jpg
ピアニスト谷真子公式サイトはこちらへ