シューベルト ピアノ・ソナタ 第20番 イ長調 D.959/Schubert Piano Sonata No.20 in A major D.959

シューベルト(1797~1828)のピアノ・ソナタ第20番はシューベルトが最晩年の1828年に作曲したピアノ・ソナタ3部作(19番、20番、21番)のひとつです。

死のわずか2ケ月前、兄の元に身を寄せたシューベルトは、体調を崩しながらも創作意欲は衰えず3つのソナタを一気に書き上げます。

10年後の1838年にディアベリ社から19番、21番と共に「シューベルト最後の作品、3つの大ソナタ」として出版されました。

シューベルトはフンメルに献呈するつもりでしたが、出版の前年にフンメルが没したため、出版社の判断でシューマンに献呈されます。

19番の暗いベートーヴェンを思わせるような重厚さ、21番の静謐さと比べて、20番は美しく明るい作品です。 しかしどの作品にも死期を悟っているかのような葛藤が内包しており、これが最後の3つのソナタの魅力といえるのではないかと思います。

シューベルト ピアノソナタ19番♫~ポリーニ
シューベルト ピアノソナタ19番♫~ケンプ
シューベルト ピアノソナタ19番♫~ブレンデル
シューベルト ピアノソナタ19番♫~ニキタ・マガロフ


ピアニスト谷真子公式サイトはこちら
プロフィール

谷真子 masakotani

Author:谷真子 masakotani
東京音楽大学卒業

ADRESS
奈良市学園前

ピアニスト谷真子公式サイト
http://masakotani.co
奈良市学園前 谷真子ピアノ教室 教室ブログ「musica」
最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
カウンター